1/13更新【2021.1~クルーズ再開情報】飛鳥II,にっぽん丸,外国船の再開情報

クルーズ再開関連情報

東京国際クルーズターミナル一般公開中


新型コロナウィルスの感染拡大により、今年7月に開業予定だった東京国際クルーズターミナルの開業が延期となっていましたが、9月10日より一般公開中です。
【一般公開日】
9:00〜17:00
【注意】
・開業当初、売店施設などは準備中となり飲食などの販売はない。
・来館の際はマスク着用、検温等などが行われる。
【参考】東京国際クルーズターミナル
【関連記事】オープン日に見学に行ってきました!
【東京国際クルーズターミナル見学レポート】2020年9月10日一般公開|全フロア見学

2021年1月以降クルーズ再開予定の船会社

再び各国で新型コロナウィルス感染症(COVID-19)の感染が収束せず、各クルーズラインのクルーズ再開予定日も延長されています。
【海外のクルーズ状況】
・米国疾病予防管理センター(CDC)は、2021年11月、米国海域での運航する250人以上の乗客と乗員のクルーズ船の運航禁止命解除しましたが、その後再び2021年3月末までのクルーズ運航を停止としています。
【日本のクルーズ状況】
日本船は2021年秋から国内ショートクルーズの運航を再開しています。

【以降情報随時更新予定】

 

飛鳥II

【1月6日更新】
2021年11月よりクルーズ再開となったが、2021年2月1日発〜18日発7本は最少催行人数に満たないため運航を中止するとの発表が2021年12月23日にあった。
【再開予定日】2021年2月20日〜
【パンフレット】飛鳥II春のクルーズコレクション2021年2月〜3月(PDF)

 

にっぽん丸

【1月6日更新】
2020年11月よりクルーズを再開、運航中。
1月〜3月に新たに9本のクルーズを追加販売を開始。
◉にっぽん丸30周年クルーズ
2021年1月25日(月)~27日(水)
◉瀬戸内夕景クルーズ
2021年2月4日(木)~7日(日)
◉安芸の宮島クルーズ
2021年2月8日(月)~10日(水)
◉瀬戸内小島探訪クルーズ
2021年2月11日(木)~14日(日)
◉美食の船旅 瀬戸内海クルーズ
2021年2月15日(月)~17日(水)
◉瀬戸内美術館探訪クルーズ
2021年2月18日(木)~21日(日)
◉とことん生口島クルーズ
2021年2月22日(月)~24日(水)
◉瀬戸内 味めぐりクルーズ
2021年2月25日(木)~28日(日)
◉ぐるっと四国クルーズ
2021年3月1日(月)~4日(木)

【パンフレット】にっぽん丸2021年1月〜3月クルーズラインアップ速報版

 

ぱしふぃっくびいなす 

【1月10日更新】
予定されていた2021年2〜3月クルーズは最少催行人数に達しなかったため「中止」することを1月8日に発表。
【再開予定日】2021年4月〜

 

コスタクルーズ

【1月6日更新】
イタリア政府は、新型コロナウィルスの感染防止対策として、クリスマス休暇前の2020年12月21日〜2021年1月6日までイタリア船籍のクルーズを一時停止することを発表。これによりコスタスメラルダの予定されていたクルーズがキャンセルとなった。
【1月10日更新】
◉コスタデリチョーザ
【再開予定日】2021年1月31日〜
※3〜4日のショートクルーズ、あるいは7日間のフルクルーズの予定。

 

MSCクルーズ

【1月13日更新】
◉MSCシーサイド、ディヴィーナ、メラビリア、アルモニア
【再開予定日】2021年5月1日〜
※米国を拠点とするクルーズの中止を延長。
◉MSCグランディオーサ
【再開予定日】2021年1月24日
【旅程】ジェノバ-チビタベッキア-ナポリ-パレルモ-バレッタ(3/21まで毎週)
※各港で乗り降り可能にすることにより、乗船客の移動をできるだけ少なくすることを感染予防策とする。
◉MSCマニフィカ
【再開予定日】2021年2月14日
【旅程】ジェノバ-リボルノ-カタコロン-ギリシャ-バレッタ-チビタベッキア(11日間繰り返し)
◉地域
・北米カリブ海 2021年3月2日〜
・日本発着 2021年4月〜
・ギリシャ 2021年2月15日〜

 

プリンセスクルーズ

【1月13日更新】
【再開予定日】
・カリブ海2021年5月9日〜
・米国西海岸2021年5月2日〜
・アラスカ2021年5月16日〜
・北欧2021年5月15日〜
・地中海2021年5月5日〜
・日本発着 2021年6月26日〜
◉サン・プリンセス,シープリンセス
売却のため全ての予定されていたクルーズは中止。
◉ダイヤモンド・プリンセス
日本発着の外国船、ダイヤモンド・プリンセスを保有するプリンセスクルーズ は8月6日、2021年10月〜2022年4月の間、日本とアジアでのクルーズ予定をキャンセルすることを発表した。ダイヤモンド・プリンセスは別地への配線が予定されているという。日本発着のクルーズ船があるのか、別船が配船されるのかは現時点では未定。

 

ホーランドアメリカライン

【1月6日更新】
【再開予定日】
2021年4月1日〜

 

ノルウェージャンクルーズライン

【1月6日更新】
【再開予定日】
2021年4月1日〜

 

ロイヤルカリビアン

【1月13日更新】
【再開予定日】
2021年5月1日〜(以下を除く)
・シンガポール,中国クルーズ
・オーストラリアクルーズ(2021年5月2日〜再開予定

セレブリティクルーズ

【1月13日更新】
【再開予定日】2021年5月1日〜
※5/1発セレブリティ アペックスの大西洋横断クルーズも含む。
【中止】2021年5月〜10月までのヨーロッパクルーズ、セレブリテエッジ、セレブリティ コンステレーションの大西洋横断クルーズ


アザマラ

【1月13日更新】
【再開予定日】2021年5月1日〜

 

キュナードライン

【1月 6日更新】
◉クィーンエリザベス
【再開予定日】
2021年6月5日
◉クィーンメリー2
【再開予定日】
2021年5月29日
◉クィーンビクトリア
【再開予定日】
2021年5月17日

 

ディズニークルーズライン

【1月6日更新】
【再開予定日】
2021年4月1日〜

 

バハマパラダイスクルーズライン

2020年7月31日ドイツ、スイス、オーストリアの居住者のみを対象に、ヨーロッパIIとハンザティックインスピレーションに乗って限定航海が再開。

フッティルーテン

【1月6日更新】
2021年1月現在、ノルウェー沿岸航行は地元人、貨物輸送のみを対象。南極大陸へのクルーズは2021年3月までキャンセル、MSトロルフィヨルドによる遠征クルーズは完全キャンセル。
◉ロアール・アムンセン、フラム、フリットジョフナンセン
【再開予定日】2021年6月〜

※再開後のクルーズで新型コロナウイルスが発生、8月に無期限キャンセルとなりその後2021年1月までの予定されていたクルーズはキャンセルされた。
【関連記事】【news】コロナ後再開したクルーズ船フッティルーテンで感染者が発生

 

ドリームクルーズ

◉エクスプローラードリーム
【再開日】7月26日
【航路】
・基隆発着澎湖島、馬都島、金門諸島など台湾の離島を巡る「台湾アイランドホッピング」クルーズ。
・乗客は台湾人が対象。
【安全対策】
・ノルウェー・ドイツ船級協会 感染予防認証「CIP-M」を受け、新たな規程作りの基礎とした。
・徹底的なクリーニングを実施。
・乗組は厳格な手順に従い2週間の陸上検疫を受け、陰性の場合はさらに1週間船上で隔離を行い3週間の予防措置期間をおく。

せとうちクルーズ

◉ガンツウ
【再開予定日】7月5日
【航路】瀬戸内海沿岸
【安全対策】
・「バイオ・セーフティー・マネジメント・システム」ガイドラインを策定し日本海事協会の認証を受けている。
・乗客乗員の同線を考慮し、接触感染と飛沫感染のリスクを低減させるための予防対策を行う。

ポナン

【再開予定日&航路など】
7月〜フランス国内のクルーズ
【安全対策】
・新型コロナウイルス感染防止のためのガイドラインを策定し、フランス船級協会の認証を取得済み。
【乗船対象者】フランス国民

 

Pocket