月別アーカイブ: 2018年4月

ハーモニー・オブ・ザ・シーズ:ライジング・タイド・バー|洋上初!上下するバー


上階はセントラルパークから下階のロイヤルプロムナードへ降りてくる上下するバー、ライジング・タイド・バー。


「次の出発は3時です」というインフォメーション。

バー?宇宙船?フロアごと上下するライジング・タイド・バーはいつも満席でした。


これは下階のロイヤルプロムナードへゆっくりと降りてくるところのショットです。下へ降りてきたらまた上に上がる、ということを繰り返しています。

最初は皆、足を止めて上下するバーを眺めていましたが、7日も乗船していると慣れてきて普通にこの下を行き来していました。

クルーズ乗船記・旅行記をもっと読みたい☆旅行ブログ 船旅

ハーモニー・オブ・ザ・シーズ乗船記(14):船内新聞CruiseCOMPASの文字が小さい!

ハーモニーの船内新聞文字が小さすぎる!

ハーモニー・オブ・ザ・シーズの船内新聞名は「CRIUSE COMPAS」という名前だった。

船内新聞は夜のルームクリーンサービスの後にベッドに置かれているか、ドアの前に差してあるかのどちらかで、翌日の船のアクテビティ、レストランの営業時間、イベント、ショー、ショッピング、エステなど船内のあらゆるお知らせが載っています。

ハーモニーのこの船内新聞cruise compasはご覧の通り↑まぁ、文字が小さいこと!夜に配布されても、もう夜のうちに目を通すことはアラフィフにとっては辛いの一言です。

しかも、日本発着外国船ではないので当たり前ながらオールイングリッシュ。それもそんなに難しい英文ではないのでドン引きする程ではありませんが、やはりぱっと見わかるような「文字の大きさ」と「内容」が欲しい!

Google翻訳アプリを使う

Wi-Fiが使える状態ならば、翻訳アプリを使って部分的に船内新聞の日本語訳を見ることも可能です。スマホなら文字も大きくできますし。帰国してからGoogle翻訳のアプリを使って試してみました。


(笑)
「なんとなく書いてある内容がわかる」といったレベルでしか日本語訳にはなりませんでした。船内でのセールスや写真サービスのプロモーションのようでです。

客室内のテレビで大きくみる

船内新聞の毎日目を通す項目といえば、ショーのタイムスケジュール、レストランのオープン時間、イベントスケジュールなどでしょうか。この辺りはパッと見たい、けれど文字が小さい…そんな場合は


部屋のテレビで確認できます。文字大きいです!

ROYAL IQアプリの活用


またはスマホに上記のアプリを入れて、テレビ同様に手元で使うことができます。このアプリは有料Wi-Fiを購入しなくても船内だったら使うことができます。
日本でアプリを入れてもこの先へいくことはできません。

このアプリ便利でとても使い勝手がよかったです。サクサク使えましたし、スペシャリティレストランの予約や船内アクテビティの予約も全てこのアプリで行得たので、拙い英会話を繰り広げることなく事足りました!

このアプリでアクテビティの予約をするとその当日までに部屋にチケット↓が届けられます。参加はそれと引き換えになるので、もし手元に届かなかったら一応ゲストリレーションに行って確認した方がベターです。


「文字が小さい」という理由で船内新聞に目を通していなくてもなんとかなったのは、客室のテレビやスマホのアプリなども大きいですが…

添乗員さんの船内新聞抜粋プリント


添乗員さんつきツアーでありがたかったのは、添乗員さんが毎夜、翌日の船内新聞が配られた後にレストランの営業時間、翌日のショーのおすすめ、船内アクテビティやイベントの抜粋・要約した手書きのプリントを配ってくれたことです!

翌朝朝刊のように部屋に届いているので、すっかり宛にして毎朝楽しみにしていました。

船内新聞の要約もよかったのですが、寄港地でフリーで過ごすときの注意(現金があったほうがいいのか、カードは使えるのか、どこのエリアが危険なのか他)はほとんど事前にわからないことばかりだったので心強かったです。

フライ&クルーズに慣れるまでは添乗員さん付きのツアーでラクしてまずは船を楽しむことに専念…いやずっと添乗員さん付きでいいかな、と思いました。

>>フライ&クルーズは添乗員さん付きがよかったとしみじみ…<<クラブツーリズム

クルーズ乗船記・旅行記をもっと読みたい☆旅行ブログ 船旅

 

【news】2019年コスタネオロマンチカ日本発着クルーズ日程を発表|伊レストラン名称内容変更

2019年4月〜11月のコスタネオロマンチカの日本発着クルーズの詳細が発表されました。

2019年日本発着クルーズの特徴

・新寄港地としてウラジオストク(ロシア)、富山、油津(宮崎県)が加わる予定。

・春の期間(4月28日〜6月24日)は東京(横浜)、神戸発着クルーズ8本に片道クルーズ1本を加えた9本を運行予定。

・夏の期間(6月29日〜9月8日)は、福岡・真鶴・金沢を拠点とした日本海クルーズを展開予定。14本に片道1本を加えた計15本のクルーズ運行となり、4泊5日のショートクルーズから定番の日本海と釜山を周遊する5泊6日のコースの2コースの予定。

・秋の期間(9月8日〜11月18日)は、11月いっぱいまで春の期間で行われる「春の太平洋クルーズ」と同様クルーズを11本実施予定。

有料レストランのカバーチャージ変更

・有料レストラン マンマトラットリアが2014年4月からのパンフレットからレストラン名がリストラン テカサノバに変更され、29ドルだったカバーチャージが39ドルに変更になっています。

マンマトラットリアはイタリアの郷土料理でしたが、リストランテ カサノバは3つ星シェフ監修イタリアンレストランとなっています。

メニューの内容が変更になるのでしょうか!次回乗船時にはまた訪れたいと思います。

2019年コスタネオロマンチカ クルーズ日程


太平洋周遊1Weekクルーズ
釜山・佐世保・宮崎 7泊8日

[横浜発東京着]4月28日(日)
[神戸発大阪着]4月29日(月・祝)
横浜~神戸~釜山~佐世保~細島~東京~大阪
177,800円~566,800円

◉済州島・九州 ロマン紀行
A/Bコース 6泊7日

[東京発着]Aコース5月5日(日・祝)
Bコース6月3日(月)

[大阪発神戸着]Aコース5月6日(月・祝)
[神戸発着]Bコース6月4日(火)

東京~A大阪/B神戸~済州島~鹿児島~東京~神戸
Aコース 100,800円~361,800円
Bコース 118,800円~414,800円

◉太平洋周遊1Weekクルーズ
A/Bコース 7泊8日

[東京発着]Aコース5月11日(土)
Bコース6月16日(日)

[神戸発着]Aコース5月12日(日)
Bコース6月17日(月)

東京~神戸~済州島~A佐世保/B済州島~A細島/B鹿児島~東京~神戸
Aコース 127,800円~436,800円
Bコース 137,800円~462,800円

◉リゾート満喫クルーズ
高知・台湾・宮古島 8泊9日

[東京発着]5月18日(土)
[神戸発着]5月19日(日)
東京~神戸~高知~基隆~宮古島~東京~神戸
クルーズ代金:148,800円~491,800円

◉異国情緒散策
函館・ロシアクルーズ 8泊9日

[東京発着]5月26日(日)
[神戸発着]5月27日(月)
東京~神戸~ウラジオストク~函館~東京~神戸
148,800円~491,800円

◉太平洋周遊1Weekクルーズ
釜山・高知・和歌山 7泊8日

[東京発着]6月9日(日)
[神戸発着]6月10日(月)
東京~神戸~釜山~高知~新宮~東京~神戸
137,800円~462,800円

◉高知・宮崎・釜山
片道クルーズ 6泊7日/5泊6日

[東京発福岡着]6月23日(日)
[神戸発福岡着]6月24日(月)
東京~神戸~高知~油津~釜山~福岡
6月23日 75,800円~296,800円
6月24日 63,800円~243,800円

◉古都と城下町をめぐる麗しの日本海と釜山
Aコース 5泊6日

[福岡発着]
6月29日(土)
7月13日(土)18日(木)27日(土)
8月10日(土)15日(木)・24日(土)

[舞鶴発着]
6月30日(日)
7月14日(日)19日(金)28日(日)
8月11日(日・祝)16日(金)25日(日)

[金沢発着]
7月1日(月)15日(月・祝)20日(土)29日(月)
8月12日(月・祝)17日(土)26日(月)


福岡~舞鶴~金沢~境港~釜山~福岡~舞鶴~金沢

6月29日~7月15日
90,800円~320,800円

7月18日~20日、8月24日~26日
96,800円~334,800円

7月27日~8月17日
108,800円~366,800円

◉古都と城下町をめぐる麗しの日本海と釜山
Bコース 5泊6日

[福岡発着]7月4日(木)8月1日(木)
[舞鶴発着]7月5日(金)8月2日(金)
[金沢発着]7月6日(土)8月3日(土)
福岡~舞鶴~金沢~浜田~釜山~福岡~舞鶴~金沢
7月4日~6日 90,800円~320,800円
8月1日~3日 108,800円~366,800円

◉お気軽日本海ショートクルーズと釜山4泊5日
[福岡発着]
7月9日(火)23日(火)
8月6日(火)20日(火)29日(木)

[舞鶴発着]
7月10日(水)24日(水)
8月7日(水)21日(水)30日(金)※

[金沢発着]
7月11日(木)25日(木)
8月8日(木)22日(木)31日(土)※

コース:福岡~舞鶴~金沢~釜山~福岡~舞鶴~金沢
7月9日~11日、8月20日~22日、29日発
83,800円~300,800円
7月23日~25日、8月6日~8日
90,800円~320,800円

8月30日発 62,800円~243,800円
8月31日発 41,800円~186,800円
※8月30日発は舞鶴から福岡までの3泊4日
※8月31日発は金沢から福岡までの2泊3日

◉列島ぐるっと片道クルーズ
東北・北海道と釜山 6泊7日

[福岡発東京着]9月2日(月)
福岡~釜山~富山~函館~東京
75,800円~296,800円

◉太平洋周遊1Weekクルーズ
釜山・高知・和歌山 7泊8日

[東京発着]9月8日(日)10月20日(日)
[神戸発着]9月9日(月)10月21日(月)
コース:東京~神戸~釜山~高知~新宮~東京~神戸
クルーズ代金:137,800円~462,800円

◉太平洋周遊1Weekクルーズ
A/Bコース 7泊8日

[東京発着]Aコース9月15日(日)Bコース10月27日(日)
[神戸発着]Aコース9月16日(月・祝)
[神戸発名古屋着]Bコース10月28日(月)

東京~神戸~済州島~A八代/B佐世保~A細島/B鹿児島~東京
~A神戸/B名古屋

Aコース 137,800円~462,800円
Bコース 127,800円~436,800円

◉済州島・九州 ロマン紀行 A/Bコース 6泊7日
[東京発着]Aコース9月22日(日)
Bコース10月14日(月・祝)

[神戸発着]Aコース9月23日(月・祝)
Bコース10月15日(火)

東京~神戸~済州島~A鹿児島/B細島~東京~神戸
Aコース 118,800円~414,800円
Bコース 112,800円~394,800円

◉リゾート満喫クルーズ
高知・台湾・宮古島 8泊9日

[東京発着]9月28日(土)
[神戸発着]9月29日(日)
東京~神戸~高知~基隆~宮古島~東京~神戸
144,800円~483,800円

◉日本一周グランドクルーズ 8泊9日
[東京発着]10月6日(日)
[神戸発着]10月7日(月)
東京~神戸~釜山~浜田~金沢~酒田~東京~神戸
144,800円~483,800円

◉済州島・九州 ロマン紀行 6泊7日
[東京発着]11月3日(日・祝)
[名古屋発神戸着]11月4日(月・祝)
東京~名古屋~済州島~鹿児島~東京~神戸
112,800円~394,800円

◉リゾート満喫クルーズ
宮崎・台湾・石垣島 8泊9日

[東京発着]11月9日(土)
[神戸発名古屋着]11月10日(日)
東京~神戸~細島~基隆~石垣島~東京~名古屋
144,800円~483,800円

◉済州島・釜山 韓国満喫クルーズ
8泊9日/5泊6日

[東京発着]11月17日(日)
[名古屋発神戸着]11月18日(月)
東京~名古屋~釜山~済州島~神戸~新宮~東京
11月17日発 144,800円~483,800円
11月18日発 90,800円~317,800円
※11月18日発は神戸までの5泊6日

>>クルーズ専門旅行会社ベストワンクルーズは早期割引の他に独自の割引もあり<<

クルーズ乗船記・旅行記をもっと読みたい☆旅行ブログ 船旅

ハーモニー・オブ・ザ・シーズ乗船記(13):1日目バイオニック・バーでカクテルをオーダー


ハーモニー・オブ・ザ・シーズに乗船したらまず行ってみたいところ!
それはデッキ5にある洋上のロボットバー、バイオニック・バーでした。

バーテンダーはロボット!このバイオニック・バーはロイヤル・カリビアン・インターナショナルのクルーズ船、オアシスクラスではこのハーモニーと、新船シンフォニー・オブ・ザ・シーズにしかありません。

まず船内を見て回る前にここで一杯!…と思って早速バイオニック・バーに行ってみると見物客、購入客それぞれ沢山の人が集まっていました。

バイオニック・バーでのオーダーの仕方


バイオニック・バーのテーブルの上にはこのようなタブレットがおいてあり、右上のロイヤルカリビアン のマークの部分に、シーパスカード(クルーズカード)かWOWバンドをタッチさせます。

あとは画面に沿って、カクテルにしたいお酒を選んでいくだけです。ノンアルコールドリンクもあるのでアルコールが苦手、飲めない人でも大丈夫です。

只今カクテル制作中表示

オーダーが確定すると、自分のカクテルの製作順番がボードに映し出されます。


左上の部分、カクテル名と名前(ハートマークで隠している部分)、そしてあと何分待ちなのかも表示されます。
「今7分25秒待ちです」という表示も!
右側は今制作中のカクテルの行程が写っていて楽しい!

ロボットバーテンダー、フル回転!

シェイクが終わるとプラスチックカップに注がれ、そのまままっすぐレーンに流れ、カウンターの手前まで運ばれます。

受け取りはオーダーしたカードをタッチする

出来上がってきたカクテルを受け取るには、各レーンの末端にまたシーパスカード、WOWバンドをタッチさせないとカップが取れない仕組みになっています!なので、出来上がっても他の人に取られてしまう心配ナシ!

しかも、オーダーした時のシーパスカード出ないと反応してくれません。主人のカードでオーダーして、私のカードで受け取ることはできませんでした!


私がオーダーしたカクテルは、ジンベースのメロン味(?)の物。もっとジュースに近い感じなのかな、と思いましたがしっかりジン強めでした。空きっ腹ならすぐに酔いますよ〜。この一杯で14.88ドル!


船内で販売されているバドワイザー1本が約8.5ドルだったので、高めですね。

バイオニック・バーの空いている時間

バイオニック・バーは通常15:00〜深夜までのオープンです。航海中一番混み合っていたのが、乗船した日でした。それ以外は割と空いていてゆっくりタブレットで注文ができそうでした。

バイオニック・バーには女性のスタッフが1名いますが、カウンターを拭いたりストローなどを補充しているスタッフで注文は自分でタブレットからとなるようです。
操作が分からなければ教えてくれると思いますが、英語オンリーと思われます。

閉店時間帯は待合わせ場所としても

バイオニック・バーは午後からの営業なので、閉店している時間帯はテーブルやソファなどのスペースはオープンスペースとして利用ができます。
またギャングウェイのあるフロアで、階段、エレベーター、ゲストリレーションデスク(受付)が近いので船内の待ち合わせスポットとして利用ができる多目的なスペースで利用されても便利です。

私たちのツアーも閉店時のバイオニック・バーでの集合がほとんどでした。



クルーズ乗船記・旅行記をもっと読みたい☆旅行ブログ 船旅

【news】MSCスプレンディダ2019年日本周遊クルーズ6回実施予定

株式会社ジャパネットサービスイノベーションはMSCスプレンディダの2019年に日本一周チャータークルーズを6回実施することが決まったようです。このほどMSCクルーズCEOとの調印式が行われました。

日本一周9泊10日クルーズを1年間に6回!

ヨーロッパ最大級のクルーズ会社MSCクルーズのスプレンディダ号をチャータークルーズするという豪快さに、驚きです。

横浜発着を予定しており、寄港地は函館、秋田、金沢、釜山、佐世保、徳島。販売開始は2018年5月下旬頃を予定しているとのこと。

①    2019年 5月  6日(月)~  5月15日(水)10日間
②    2019年 5月15日(水)~  5月24日(金)10日間
③    2019年 5月24日(金)~  6月  2日(日)10日間
④    2019年 9月21日(土)~  9月30日(月)10日間
⑤    2019年 9月30日(月)~ 10月 9日(水)10日間
⑥    2019年10月 9日(水)~ 10月18日(金)10日間

今現在では価格の発表はありませんが、「お客様の生活をより豊かに魅力的なサービスを発掘・追求し、常に驚きと感動を与え続けられるような価格を生み出していく」ということなのでジャパネットならではの販売展開が楽しみです。

6回のチャータークルーズの日程は新緑の初夏と紅葉の秋の2シーズンで展開する予定となり、新しい寄港地として函館、徳島、長崎・佐世保を選定。特にジャパネットホールディングスの本社がある佐世保では、ジャパネットらしいおもてなしと地元長崎の魅力を伝え、MSCクルーズとともに日本全国にクルーズ旅行の素晴らしさを広めたい意向です。

(引用:PRTIMES 2018.4.25)

ジャパネットの魅力はテレビ放送があることと、物販の信頼性の高さが魅力であり安心感があるような気がします。パンフレットで見るよりクルーズ船の動く映像を見る方がクルーズ旅の臨場感も湧くというもの。これから幅広い世代のクルーズ人口が増加していくような気がします。

関連記事:【news】通販ジャパネットが旅行業に参入!MSCスプレンディダのクルーズを販売予定

関連記事:MSCスプレンディダ船内見学会&クルーズ説明会|2018年横浜・金沢

MSCクルーズ

ジャパネットがチャータークルーズを行うMSCスプレンディダ号を運航する船会社MSCクルーズの特徴は地中海クルーズをメインとしており乗客も多国籍で船内アナウンスも多言語に対応しています。近年にはカリブ海クルーズも展開し、カリブ海専用のMSCシーサイドを投入しました。

MSCスプレンディダ:シップデータ

総トン数:137,936トン
全長:333.33m
型幅:37.92m
初就航:2009年7月
船籍:パナマ
乗客定員:3,274人

カジュアルクラス船でありながら、ラグジュアリーエリア「MSCヨットクラブ」が設置され専用ラウンジ、プール、専用バトラーがつくサービスがある。

(引用:クルーズ客船データブック2018・2019 海事プレス社)

外国のカジュアル船でも全てがカジュアルクラスではなく、その中で部屋もサービスもワンランク上のクラスがある船が多いですよね。ノルウェージャン・ジュエルやハーモニー・オブ・ザ・シーズなんかも同様なクラスがあったように思います。

「百聞は一見にしかず」ということで近々横浜港に入港予定のMSCスプレンディダをじっくり見てこようと思います。

(画像引用:MSCクルーズHP)

クルーズ乗船記・旅行記をもっと読みたい☆旅行ブログ 船旅

【追記あり】セレブリティ・ミレニアム船上見学&メインダイニングでのスペシャルランチ(1)船内の様子

4月14日 (土)、15日(日)の両日に横浜大さん橋ホールでクルーズのイベント『クルーズスタイル2018』が行われました。前年に続き私と主人は2回目の参加、催しとしては今年で3回目とのことです。

関連記事:【イベント】クルーズスタイル2017&東京みなと祭に行ってきました


開催両日に横浜大さん橋にセレブリティ・ミレニアム号が停泊中とのことでクルーズスタイル2018の船内見学会と船内でのスペシャルランチ(無料)が楽しめるというイベントに参加申し込みをしていました。

関連記事:【イベント】セレブリティ・ミレニアム船内見学会の募集

セレブリティ ・ミレニアムシップデータ

総トン数:90,963トン
全長:294m
全幅:32m
定員数:2158人
乗組員数:999人
就航年:2000年7月

2000年就航を記念して名付けられたセレブリティ ・ミレニアムはセレブリティ クルーズの9万トンクラスシリーズの第1船でサービスと食のクォリティーが高い評価を受けているクルーズ船。昨年は春と秋に日本一周の自主クルーズを実施していて、今年も同様のクルーズを行うことになっています。

グループに分かれて見学開始

申し込み時に申請したパスポート番号の表示と引き換えにビジターのクルーズカードをもらい、乗船前に手荷物検査が行われました。一つ一つ丁寧に検査が行われたのが印象的です。

3Fプラザデッキ

GRAND FOYER周辺

ビジターであるにも関わらず、ギャングウェイから船に入る時に顔写真を撮られました!入るとすぐにゲストリレーションズ(受付)、寄港地観光デスクなどがありました。
日本発着では日本人コーディネーターが乗船し、日本語でのエクスカーション、船内新聞なども用意されるそうです。



3層吹き抜けになっているGRAND FOYER。船のメイン階段は記念写真スポットだそうです。(FOYERはフランス語で『玄関』『入口の間』という意味)。船の中心のアトリウムとしてはそんなに広くはありませんが明るく解放的なエリアです。


同じフロアの窓際。椅子とカーペットが調和しています。派手さはなく全体的に落ち着いた雰囲気です。


トスカーナグリル


同じデッキ3後方にある『トスカーナグリル』はイタリアンステーキレストランでカバーチャージ45ドルのスペシャリティレストラン。落ち着いた空間です。奥のテーブルではスタッフの方が大勢でミーティング中でした。


スターター、サラダ、スープなどのメニュー表示を見ることができました。オーソドックスなメニューでなんだか安心?!
熟成牛のステーキや自家製パスタ、イタリアンワインを楽しめるとのことです。

船全体に天井の低さが感じられます。その為が「広々している!」という印象は薄いですが、「守られている感じ」「家のような空間」に思え船内の雰囲気と合間ってアットホームに感じられると思いました。

11Fサンライズデッキ

クイジーヌ

クイジーヌはモダン創作料理のスペシャリティレストラン。こちらもカバーチャージは45ドル。
先ほど見学していたデッキ3あたりの落ち着いた雰囲気から一転、天井も高くモダンな内装。黒とオレンジの変わったカットの椅子が気になります。著名なクルーズ誌でデザイン賞を受賞した内装だそうです。

「斬新でユニークなお料理」が出るということですが、果たしてどんな創作料理が出るのでしょうか?気になります。


同じく11Fにはデッキが広がり、眺めは最高です!


プールもそんなに「広い」という訳ではないので泳ぐより「浸かってのんびり」ジャグジー気分のように楽しめそうです。船首から船尾までもそんなに距離がないので移動もしやすそうです。

セレブリティ ・ミレニアムの船内エレベーターは全て外の景色がみれるシースルーエレベーターらしいです。大型手前の大きさなので内側エレベーターがないとのことでした。

コスモラウンジ

11F船首にはブルーの色調爽やかなコスモラウンジ。船首を臨む展望ラウンジ、動いていたら爽快でしょうね〜。飛鳥IIの船首にあるビスタラウンジに雰囲気が似ていると思いました。


10Fリゾートデッキ

リゾートデッキの名にふさわしく、10Fフロアに向かう途中からリラックス系のいい香りとプールの匂いがふんわり漂ってきました。

フィットネスセンター

船首にはフィットネスセンターがあり、船の規模としては大きめ?
ランニングマシーンなど船首窓際においてあったので、トレーニングしながら見る海原、気持ち良さそうです。

ペルシャンガーデン

女性に人気のアロマの香りのする温浴施設だそうです。香りのスチームが出て水着でくつろぐ感じでしょうか?こちらはアクアクラス客室の利用者は無料ということなので、その他の客室タイプだと有料なのだと思います。

ヘアサロン


窓際のヘアサロンチェアが贅沢です〜。一度船内のヘアサロンを利用してみたいとは思いますが言葉の壁は高し…でも日本人コーディネーターの方にアシストしてもらえばいいのです、よね?

ソラリウム


屋根付きプール、ソラリウムは大人限定の癒しの空間です。

この日外は風が強かったのですが、この中はポカポカぬくぬく。「このまま出港しちゃえばいいのに…」と思わせる程の気持ち良さそうなサンデッキ。

この後もまだまだ船内見学が続きます。

【2018.4.25 以下追記】

セレブリティ・ミレニアム船内有料Wi-Fi

船内有料Wi-Fi料は1日30ドルということでした。
「繋がり具合は以前に比べて良くなりました」という説明でした。

クルーズ乗船記・旅行記をもっと読みたい☆旅行ブログ 船旅

ハーモニー・オブ・ザ・シーズ乗船記(12):シーパスカードとWOWバンド

ハーモニー・オブ・ザ・シーズで乗船前にチェックインカウンターで受付をし、乗船してから自室でクルーズカードを(ハーモニーでは『シーパスカード』といいます)自ら受け取るまでは、チェックイン時には渡される仮のシーパスカードの代用SETSAIL PASSで船内での有料の決済をできることは以前このブログでも記事にした通りです。

関連記事:ハーモニー・オブ・ザ・シーズ乗船記(9):フォートローダーデールにて乗船手続き


SETSAIL PASS↑右側に上部に自分のキャビンが記されています。
DECK10   SATTEROOM◯◯(部屋番号)  OCEANVW BALC(消されている箇所)となっており10デッキ◯◯号室海側バルコニーであることがわかります。これを見て部屋に行くと部屋の前にシーパスカードがあるのでそれで開けて客室に入ります。


部屋の前にある船内新聞が差さる所に封書に入っているシーパスカード。

シーパスカード


クルーズカードは普通セキュリティからカード券面に名前は記されていても部屋番号は記載していないのですが、ハーモニーのシーパスカードには一番下ハートマークで隠してある箇所に『部屋番号』が印刷されています。

ただし!デッキ番号の記載がないので、フロアがわからない仕組みになっています。ですので、デッキ番号は覚えておくかスマホに記録しておくなりする必要があります。

ダイニング情報、避難先の情報も

ハーモニーのメインダイニングはシーティング制です。カードにはダイニングレストラン、時間、テーブルナンバーが記されているのがわかります。D4とあるのは避難先です。

私たちは日本からのクラブツーリズム御一行なので、クラブツーリズムの方で数テーブル確保されていたのでダイニングに着いた順にその中で好きな場所に座りました。ですので、毎回周りは日本人…一緒のツアーの人でした。

身分証明書代わり大事なカード

クルーズカードはどのクルーズ船でも、寄港地で乗下船する際に自分の身分証明書になる大事なカードである他に、クレジットカードと紐付ければクレジットカードになります。

シーパスカードを初めて手にする時に「自分の部屋の前に差さっている」(↑写真)って聞くと自分たちが部屋に行く前に「誰かに盗られたりしない?」と他の外国船でも同様なシステムのところがあったので心配になります。

既に、このカードはクレジットカードに紐づいていますので、船内で使いたい放題されたら!…と思いがちですが、各種有料サービスや買い物時にサインするのでそこで一応のセキュリティはありますが「サイン真似されたら?」とか妙な不安になったりして…乗船したらすぐ部屋に行ってカードをピックアップする方が安心かもしれません。

WOW(ワウ)バンド

ハーモニーではシーパスカードの代わりに同様の機能を持つWOWバンドというものがあります。(↑上の写真の人たち、皆手首に装着しています)
手首に巻く時計タイプのもので、WOWバンドには何も文字が記載されていません。(↓こんな感じ。)非接触ICチップが組み込まれています。


ハーモニーでは、船内に沢山のアクティビティがあります。ジップライン、フローライダー、プールなど。
その際にカードタイプのシーパスカードを首から下げていると危ないし、また水に濡れたりしてしまうのを避けるためでもあるかと思うのですが、乗船してからゲストリレーションデスク(受付)で一つ4.99ドルにて購入が可能です。

WOWバンドの機能

シーパスカードと同じで、船内での有料の飲食、ショッピング、アクティヴィティなど同じように使えます。
ただ一つ、シーパスカードと違うのは身分証明証の代わりにはならないということです。つまり、寄港地などで乗下船する際には使えないのでその時はシーパスカードも携帯しなければなりません。

WOWバンドは夫婦に1つで十分

ハーモニーに乗船する前からWOWバンドの存在は知っていたので、絶対に購入するぞ!と思っていたのですが、とにかく航行中は肌寒くてプールやフローライダーなど水系アトラクションに参加しませんでした。
ですので、我が家はずっとシーパスカードで事足りてしまいました。

ツアーで一緒になった方々は、同行者(ご夫婦、親子など)に一つだけで購入している人が多かったです。結局行動を共にするので、二人それぞれひとつづつ購入する必要はないようです。

友人同士というようにクレジットカードをそれぞれ別のものをシーパスカードに紐付けている場合はそれぞれ必要なのかもしれません。

クルーズ乗船記・旅行記をもっと読みたい☆旅行ブログ 船旅



 

 

ハーモニー・オブ・ザ・シーズ(11):スーペリア海側バルコニーの客室の様子

ハーモニー・オブ・ザ・シーズに乗船してウィジャーマンカフェで昼食を取った後はいよいよ自分たちのキャビン(客室)に向かいました。

ルームキー、すなわち本クルーズカード(シーパスカード)は部屋の前にある部屋番号のプレートに置かれて、中に入るともう一枚がベッドの上にありました。

スーペリア海側バルコニーの客室

スーペリア海側バルコニー約16.9+4.9平米、シャワー付きの部屋です。入口から入ってバルコニーまでが細長い印象の部屋です。

ベッドはデフォルトだとタブル仕様になっていますが、この後部屋に来てくれたキャビンスチュアート(客室係)の人に「セパレートにしてくれますか?」と頼んだらすぐその場でシングル二つにしてくれました。でも、「なぜ?(セパレートにする)」と聞かれました(笑)。
「別々で寝たいから」というと笑っていました。

窓際のソファベッド


この部屋で一番のお気に入りは掃き出し窓側にあるこのソファベッド!ゴロンと寝ながらよく外を眺めていました。このソファベッドを広げると後2人寝れることになるのでしょうか。

デスク&キャビネット


ソファベッドの向かいにはキャビネットと鏡、デスクがあります。よくある船内の分厚い説明書はなし!それは全てベッド前のテレビで見ることができます。ペーパレス!


キャビネットの右下は空のミニバー(保冷庫)になっていて、それ以外は全てやや深めの引き出しになっていました。


キャビネットの中にはドライヤーとティッシュの予備が入っていました。

バルコニー


ベランダの幅は狭いですが十分な広さです。


ベランダの椅子に足置きがあるのが良かったです。ベランダ内はもちろん禁煙です。禁煙を破ると250ドルの罰金です。

クローゼット


ベランダ側のベッド横にある大きめのクローゼット。下段3/4にもかけられるように引き出し式のバーもありました。ハンガー数も20本近くあり固定式のハンガーではないので使い易かったです。


反対側のベッドの横には細身の棚、引き出し付きクローゼット。どちらかというと引き出しや棚があるのでこちらの方が使い易かったです。


このクローゼットの中に金庫があります。金庫はよくある自分で暗証番号を設定するタイプです。

客室の電話(留守番電話機能付き)


ベッド横に部屋の電話があります。 客室から客室への電話はもちろんのこと、船内にある電話から部屋への電話もかけることも可能です。

しかも、留守番電話機能付きで、メッセージが入っていると電話機が赤く点滅して再生できます。電話の掛け方、留守電の再生の仕方などは電話機の液晶画面に表示され簡単な英語で書いてあるのですぐわかります。

添乗員さんから予定の変更などの連絡がよく入っていました。この留守電機能は便利だと思いました。

テレビ


客室内のテレビでは、避難訓練、寄港地観光などの各種案内、レストラン、ショー、エクスカーション等の予約、船内で利用したクレジットカード(シーパスカード)の利用明細など全てこの画面で確認できました。

また一日中映画や音楽番組なども放映しているようです。

船内の注意事項をドラマ仕立てになっていて、見入ってしまいました!

バスルーム

こちらはトイレ・洗面・シャワーブースです。


なんと、シャワーブースはカーテンタイプではなく、キッチリとドアが閉まる1/4ドーム型なので洗面所への濡れを配慮しなくていいのが画期的!本当にストレスフルでした。新しい船、バンザイ!素晴らしい!

シャワーブース内は水はけがよくすぐに乾きます。

シンプルで使いはやすかったバスルーム!
片壁全部が鏡なのも広さを感じた要因かもしれません。洗面台のシンクは浅めなのでここでの洗濯は少しづつしなければいけないのがやや難でした。

シャワーブース内部



シャワーヘッドは可動式、湯圧量も申し分なし!お湯の温度調節もシンプルでいつでも快適なバスタイムでした。

シャワー内に備え付けのコンディショナーインシャンプーがありましたが、持参したものを利用したのでその使い心地はわかりません。

トイレ


トイレは温水便座ではなく普通のトイレです。客室以外の船内のパブリックトイレも全てウォッシュレット機能はありません。

アメニティ


アメニティは固形石鹸のみ!シンプルです。


歯磨きやうがい用のグラスが2つ。

客室内に飲み物用のカップなどはない

グラスは洗面に置いてあったグラスだけでした。
客室用にグラスやカップが設置されていないのは、おそらく室内に湯沸かし器がないからだと思います。


洗面所の水は飲めません!夜中にちょっと水が飲みたい時、ペットボトルの水をコップに入れて飲もうと思ったら「室内にない」ことがわかり…仕方ないのでシカゴ空港のスタバで買ったコーヒーカップを使っていました。

ミネラルウォーターはルームサービスで持って来てもらったり、船内のバーでも購入が可能です。
ブッフェなどにあるタップウォーターも普通に飲めるので、やっぱりマイボトルを持ってくれば良かった…と再度思いました。

客室内でカップが使いたい場合は、ブッフェレストラン・ウィンジャマーカフェでコーヒーや紅茶を飲むカップを持って来てもいいし、そこにはテイクアウト用の蓋つき紙コップなどが置いてあるのでそれを利用しても!

室内の空調と室内の体感温度

室内のエアコンは私たちの部屋はバスルームの外ドア上あたりについていました。暖房にしたければつまみを赤いほうへ、冷房にしたければつまみを青色の方へただ回すだけ。とてもシンプルです。つまみを中央に回せば暖房も冷房もOFFになりますが、空調機から風は出てきます。

添乗員さんによると「船の運航、構造上どうしても止めることのできない風」という説明でした。

ですので、室内は若干寒いです。また、ベッドの位置によってはこの空調機から出る風が乾燥を招くので風邪防止のためにマスクはあったほうがいいと思います。

クルーズ乗船記・旅行記をもっと読みたい☆旅行ブログ 船旅

初のフライ&クルーズは添乗員さんつきで良かったです>>>クラブツーリズム

 

 

クルーズスタイル2018横浜