月別アーカイブ: 2017年11月

コスタネオロマンチカ乗船記(33):ジャルディーノで夕食|船内足止めライフ-10|コスタクルーズの食材廃棄削減の取り組みとは?

【2017年コスタネオロマンチカ:古都と城下町を巡る麗しの日本海と釜山6日間(金沢港発着|寄港地/境港、釜山、博多、舞鶴)の旅行記・体験記】

短いようで長かった(?)台風18号(2017年)の影響で釜山港で足止めになっていた私たちのコスタネオロマンチカの旅もいよいよ翌日変化を見せようとしていました。

ブッフェレストランの夕食が固定化した理由は?

コスタネオロマンチカで食べる夕食もこの日を入れて、あと2回となりました。朝食、昼食は船内や船外であちこち食べていましたが、夕食はブッフェレストランのジャルディーノに固定しつつありました。

その理由は、
1.メインレストランであるポッティチェッリとあまり変わらないメニューであること。
2.シーティング(着席指定時間)に縛られず好きな時間に食べられる。
3.食べたい量を調節できる。
4.ドレスコードは関係ない。
5.料理が出てくるまで待たなくていい。
ドレスコードも当初予定されていたのと毎日全然違うし(笑)、カジュアル船ならカジュアルで存分に楽しんだ方がいいのかもしれません。(あくまでも個人的見解です)

この日のドレスコードはカジュアル/トロピカル…って持って来てない〜ので無視です。


この日のアフタヌーンティーで食べたキウイケーキもディナータイムで食べれるところがブッフェのいいところ!


この辺りは定番中の定番。パンに挟んで食べている人もいましたよ。


ハム的な?


こちらはローストポークかな?


チキンや野菜類の煮込みも定番化ていました。味付けが違うのかもしれません。他にもたくさんのお料理がありました。全部を写真に収めてないのはおそらくこの時あまり空腹ではなかったからでは、と推察されます…。


この日のパスタはペンネとラビオリ。個人的にはラビオリよりペンネの方が美味しかったです。保温状態になっているので、表面がドライになっています。お皿に盛る前にひと混ぜした方がいいかもしれません!


今日はアフタヌーンティーまで食べたのでいささか夕食時には食欲ダウンで野菜中心の私の盛り皿…ブラックオリーブが嬉しい(好物)。


それにひきかえ、我が相方はよく食べるねぇ…感心します。


釜山港の夜景がぐるっと見渡せる『夜景の見えるレストラン』のジャルディーノ。それもあって夕食はここで食べるようになった、ということもあります。

この夜のメインレストラン ポッティチェッリのメニューは?


全部が同じではありませんが、だいたい似たような感じです。いつもよりサンプルの数が少ない気がしました。

コスタクルーズの食材廃棄削減の取り組みは?

クルーズ船に乗船すると船内でいつでも何か食べれるし、ブッフェにもたくさんの種類のお料理が並んでいます。大量の食を提供する裏側には廃棄されてしまう食材も多いということになります。
(以下引用:CRUISE<クルーズ>12月号)
“コスタクルーズでは、食材廃棄物を削減するための取り組みとして「Winnow(ウィノー)」という技術会社と提携。

タッチパネル式のタブレットをスタッフが使い無駄に廃棄しているものを特定し重量やコストを把握するシステムを現在最新船のコスタディアデマで試験的に行なっているとのことです。今後は他船でも採用する予定ということです。”
”食材の在庫管理や品質管理を徹底し無駄がなくなれば、クルーズ料金にも反映するのでは?”とも記事中にありましたがそうなれば嬉しいですね。


食事の後はヴェローナワイン&チーズバーでワインを楽しむことにしました。

クルーズの旅いろいろ!旅行ブログ 船旅

最大58%値下げ!ダイヤモンド・プリンセス2018年日本発着最新パンフレットに注目!

日本発着の外国船、ダイヤモンド・プリンセスの最新パンフレットに今すぐ注目です。

ダイヤモンド・プリンセス大幅値下げのクルーズも

手前のパンフレットを先日JTBでもらってきたもので、その奥が夏頃にもらってきたもの。
同じ2018年日本発着クルーズの日程を載せたパンフレットですが、表紙にご注目!手前のパンフレットには、19-58%値下げと大きく記載してあります!

>>安心のルックJTBや、魅力のクルーズJTBクルーズ旅行!<<

まだ2018年クルーズが始まっていないのに、すでにクルーズツアーの値下げが始まったようです!

この最新パンフレット(パンフレット有効期限2017年12月1日ー2018年3月31日)で値下げになったダイヤモンド・プリンセスクルーズツアー(2018年4月、8月から10月を除く)のほとんどは内側の客室が割引対象となっているのが特徴的です。元々価格が一番安い客室がさらに安くなっているので「部屋は寝るだけ」というアクティヴ派の方には嬉しい値下げかもしれません。

2018年11月から2019年3月の沖縄、台湾方面のクルーズは全室が半額近く割引となっていて、横浜発着名古屋、大阪、那覇、基隆(台北)の9日間のクルーズ料金は、最も高いグランスィート384,000円(706,000円)、もっとも安い内側77,000円(132,000円)という価格になっていたのにはびっくり!プレミアム船なのにカジュアル船に近い価格…ひっそり割引になっていたのには驚きでした。(ひっそり、ではないのかもしれませんが)

同じく日本発着のカジュアル船コスタネオロマンチカ号も今週から太平洋クルーズを開始し、来年からはドリンク飲み放題込みの価格で通年運行の予定なので、それに対抗してダイヤモンド・プリンセス号もクルーズ料金の割引を導入してきたのかもしれません。(個人的見解です)

最新パンフレットを要チェック!

兼ねてから不思議に思っていたのですが、クルーズパンフレットは何ヶ月かおきに新しいパンフレットが何故か出ていました。出発日やコースなどは同じなのに何故だろうと思っていました。
表紙のデザインが違うだけなのかな、と思ってもらってもきていませんでしたがこのように割引や特典などが追記されていたのかもしれません。

パンフレットの表紙右下(旅行会社によって違うかと思いますが)に有効期限が記されています。ここを見て中身をチェックしたいと思います。



クルーズ旅行:ドレスコード対策(1)|胸元から上で魅せるカンタンな方法は?


クルーズ旅行の「ドレスコード、どんな洋服を持って行けばいいの?」とよく聞かれます。クルーズ船ごとそれぞれのサイトやクルーズガイドには大まかなドレスコードの内容を明記していますが、それでも初めてのドレスコードだと戸惑いがあるかもしれません。

何度か乗船してドレスコードを体験して思うこと。
上半身…もっと絞ると胸元から上をアクセサリーや洋服の装飾、ストールなどで『華やかさ』を演出することが一番カンタンにドレスコード(スマートカジュアルなど)に対応できる、と思います。
もちろん、全身華やかでゴージャスならもっとステキですが、やっぱり私も含めビギナーは最初は気後れするのが普通かと…。

胸元から上を華やかにする理由

1.写真映りが良い
胸元、顔まわりにキラキラするアクセサリーや発色の良い服だとレフ板効果などが期待される。(ただし、自分に似合う色に限る)
2.ファッション小物でバリエーションが増える
ベースになる服装がシンプルでも小物を変え、組み合わせ次第でバリエーションが増える。
3.荷物の量が減る
ベースのドレスや洋服類を着まわして小物で回転させることにより、荷物の量が減る可能性が!?
4.上半身しか見られない
ドレスコードが敷かれる夕方以降は、ダイニングで座りだったり、パーティーの立席であってもそうそう全身を舐めるように見てくる人なんていないので、目線から上あたりが華やかなら十分。
(あくまでも個人的見解です。)

手頃な値段で大人可愛いは買える!

「できればクルーズ旅行中以外でも使えるアクセサリー類で手頃な値段のものはないか」に応えてくれそうなモノはないか?
…にヒットしたcawaiiのサイト↓↓↓


首元に存在感がある色違いのツバキのネックレスは値段より高見えしそうですし、汎用性も高そうです。
こちらのビジューネックレスを実際に購入してみました!
↓↓↓
関連記事:クルーズ旅行:ドレスコード対策(2)大人のプチプラ<ビジューアクセサリー>|Cawaii


 シンプルで清楚。首回りのホワイトが嬉しいつけ襟。

黒と白のコントラストと肌見せで可愛さ×女子っぽさ。チュニック的に着れるのも気軽。アクセサリーいらず。



チュニック以外は全て1,500円以下なので冒険しやすい価格です。それゆえにいつもすぐに売り切れになっていることもしばしばです。


これからの季節、クリスマスパーティーや年末年始の集いにホワイトモヘヤニット×ホワイトレースのトップス。冬のクルーズの装いにも!


痩せてる人でもそうでない人も1着で特別な装いに。

(参考:cawaii)

アクセサリー大きさと骨格の関係

骨格診断では、自分に似合うアクセサリーの大きさという一応の目安があります。身長の高さや顔の輪郭、体格などの総合判断で行うのが一般的です。

私を例にすると身長156cm、顔の輪郭は卵型、体格は小さめで似合うとされているアクセサリーの大きさは『小さめ』になるのですが、目が大きいのであまり小ぶりのアクセサリーだとアンバランスに見えてしまいます。
ドレスコード用などのネックレス、イヤリングなど一点だけで付ける場合はやや大き目のものをチョイスし「ちょっとこんなキラキラしたの恥ずかしい」というようなフェイクな輝きのもので丁度良い…というのが最近分かってきたところです。


クルーズの旅千差万別。他の人のクルーズ旅行記は→→→旅行ブログ 船旅

 

<追記>サン・プリンセス98日間世界一周JTBチャータークルーズ2019年1月販売決定!|JTBクルーズ×プリンセスクルーズ


JTBがサン・プリンセス号をチャーターし、98日間の世界一周旅行が来年1月18日より販売開始となるようです!

日本史上初!プレミアムクラス外国客船による世界一周

旅行日程:2019年4月10日〜7月18日
発着地:横浜・名古屋・神戸の3港から選択可
寄港地:20ケ国 31寄港地
日本、台湾、シンガポール、モルディヴ、アラブ首長国連邦、オマーン、スエズ運河通行、ギリシャ、クロアチア、イタリア、フランス、スペイン、ポルトガル、イギリス、アイルランド、アイスランド、アメリカ、ジャマイカ、蘭領アンティル島、パナマ運河通行、コスタリカ、メキシコ、カナダ
旅行代金:大人1名/2名1室利用/早期全額支払割引適用時
1,880,000円(内側ツイン)〜8,480,000円(オーナーズスィート)
早期全額支払割引(2018年5月3日までの支払)だと40万円割引
第二弾早期割引(2018年9月30日までの支払)だと20万円割引

その他諸費用として、港湾諸税120,000円、船内チップ海側バルコニーいかが158,000円、ジュニアスィート以上182,000円が別途かかります。

コースのおすすめポイント

1.日本発着地が、横浜・名古屋・神戸から選べる!
2.旅行代金は1泊あたり20,000円から!
3.20ケ国31寄港地98日間の日程期間中に世界三大運河の2つ(スエズ運河とパナマ運河)が含まれている!
4.JTBならではのゲストエンターテイナーによるショーやオリジナル船内イベントの実施や代表的な寄港地ではセレモニーイベントも開催!
5.日本語スタッフ約50名乗船、日本語の船内新聞、メニュー、日本食の用意など日本人向けのサービスを提供!

JTBのチャータークルーズなら、長期のクルーズ旅行でも安心できますね。特に日本語がスタッフがたくさん乗船しているのはとても心強いと思います。

サン・プリンセス:シップデータ

◯総トン数:77,441トン
◯全長:261m
◯全幅:32m
◯乗客定員数:約2,022名
◯船籍:バミューダ
◯建造年:1995年(2018年改装予定)
“2013年より日本発着クルーズとして本格的に投入された。国内客船の半額近い低価格クルーズの登場は「黒船」とも呼ばれ、国内船社に衝撃を与えた。 2014年はダイヤモンド・プリンセスと合わせて2隻体制で日本発着クルーズを40回以上展開。しかし2015年よりオーストラリアへ通年配船となり、日本を撤退した。”(wikipediaより引用)

現在はアラスカやバハマを就航しているようです。2019年の世界一周クルーズに合わせてか、来年は改装予定とされているようです。

販売開始に先立ち、各地でJTBによる説明会が行われる予定です。

今日(11月25日)現在では、JTBのwebでは申し込み受付サイトや詳細を記したサイトが見当たりませんでした。参加費は無料とのことですが、各会場定員が設けられており、満席になり次第締め切りとのことです。

【JTB専用サイト&説明会web申し込み】11/27追記
本日メディアリリースとなったようで、JTBに専用サイト、申し込みサイト、専用問い合わせ先が出ていましたので下記に追記いたします。

サン・プリンセス世界一周チャータークルーズのサイト
http://www.jtb.co.jp/cruise/sunprincessworldcruise2019/
→ツアースケジュール、説明会スケジュール、説明会予約、デジタルパンフレットの閲覧、資料請求など

サン・プリンセス世界一周デスク
0120-184-570

クルーズの旅いろいろ!旅行ブログ 船旅
 

 

【news】飛鳥クルーズでマイルが貯まる・使える!JALマイレージバンク|ディナークルーズプレゼントキャンペーン!トラベルバリュー

JALマイレージバンクでは2017年10月1日から2018年3月31日まで、飛鳥クルーズでボーナスマイルキャンペーンを実施中です。

<申し込み条件>
・郵船クルーズのクルーズですくで申し込み、乗船日まで3日以内の到着便、下船後3日以内にJAL便を利用すること。
※旅行会社を通じてクルーズを予約した場合はボーナスマイル付与対象外となるので注意です。
・乗下船の際に各クルーズごとに明記されている空港を発着するフライトを利用した場合。
・予約時にJAL便利用の申し出が必須となる。
<マイル付与ポイント数>
片道500マイル、往復1,000マイル

☆詳細は郵船クルーズまで

これからのJALボーナスマイル対象クルーズは?

◯12月15日(金)出発 神戸→横浜
「Xmas JAZZ ON ASUKAⅡ」
対象:伊丹、関空、羽田発着便
◯2018年1月23日(火)出発 博多→横浜
「新春の博多・横浜クルーズ B」
対象:羽田、福岡発着便
◯2018年3月11日(日)出発 神戸→横浜
「春の神戸・横浜クルーズ」
対象:伊丹、関西、羽田発着

上記の飛鳥IIクルーズにフライ&クルーズの予定なら是非ボーナスキャンペーンに参加してボーナスマイルを獲得を考えられてみてはどうでしょうか?福岡空港から博多港まではタクシーでも15分位でとても交通の便が良かったです。

ボーナスマイルの他にも特典付き!

JALマイレージバンクではボーナスマイルの他に、飛鳥クルーズの直接予約で旅行代金500円につき、1マイルの積算も!
貯まったマイルを飛鳥クルーズ商品券に交換も可能ということです。

☆詳細はJALのサイトまで

(引用:Ly Team 2017.11.23)

トラベルバリュー:ディナークルーズプレゼント

BS-TBS『極上のクルーズ紀行』のナビゲーター、俳優の高橋克典さんが語るクルーズの魅力と高橋さんのこれまでのクルーズ体験が記載されたトラベルバリューの旅コラムサイトでレディクリスタルの豪華ディナークルーズにペアで招待というプレゼントキャンペーンを展開中です。

応募はこちらのトラベルバリューのサイトから!

私も応募しましたが、これから応募されるのでしたら高橋克典さんのインタビューは全て読んでから…がオススメです!

ところで、先日その高橋克典さんナビゲートの『極上のクルーズ紀行』では先ほど就航した『ガンツウ』の紹介をしていました!

瀬戸内海を運行する『ガンツウ』は以前記事でもご紹介しましたが、内装やお料理の紹介や寄港地に関連する情報など盛りだくさんのスペシャル版でした。
船体はブルーグレーで海色と同化し、動く和風旅館といった感じで興味深かったです。

関連記事:【news】人気上昇コスタネオロマンチカ号&超ラグジュアリー瀬戸内クルーズ船gantuガンツウ

クルーズ旅、読む楽しさ!旅行ブログ 船旅

 

 

 

コスタネオロマンチカ乗船記(32):5日目アフタヌーンティー甘さ控えめスィーツ|船内足止めライフ-9


【2017年コスタネオロマンチカ:古都と城下町を巡る麗しの日本海と釜山6日間(金沢港発着|寄港地/境港、釜山、博多、舞鶴)の旅行記・体験記】

釜山旅客国際ターミナルの周辺を散策してコスタネオロマンチカ号に戻ってくるとちょうどアフタヌーンティーの時間になっていたので、この日の会場、ピッツェリアカプリでお茶をしました。


ピッツェリアカプリはディナータイムからの営業(下船日にはランチ営業もしていましたが)でした。昼間の時間はこうしてアフタヌーンティー会場になっていました。


クッキーやプチケーキが数種類づつ並びます。ケーキは本当にプチサイズ、二口で食べれます。


外国のケーキってギョッとするような色使いで食べる前に気が引けてしまいますが、何故かこの日は黄緑色のキウイのケーキを取りました。
見た目に反して甘酸っぱくって、フレッシュ!甘さが抑えめで甘いものがそんなに得意でない私でも美味しく食べれました。


主人はチョコレートケーキとソース、クッキーなどをチョイス。見るからに甘そうです。これだけ食べたら甘いけれど、一つ一つはそうでもなかったかも?

ピッツェリアカプリは窓際に面しているので、見晴らしも良く釜山港を見ながらのんびりお茶ができました。思いがけない足止めで、何の予定もなくしたいがままに過ごしている…もし早めに東京に帰ってしまったらこんな日々は送ってなかったかもしれませんでした。

さて、この翌日も丸々釜山港に停泊かと思いきや、翌日12時にいよいよコスタネオロマンチカが博多に向けて出航することになったとのアナウンスがありました。

翌日こそチャガルチ市場に行こうとしたのに、お昼出港では行けない…。今日の下調べは一体 (><)。予定は未定、翌日も続く。

クルーズの旅いろいろ!旅行ブログ 船旅

安心のルックJTBや、お手頃価格が魅力のJTBお買得旅!

コスタネオロマンチカ乗船記(31):釜山国際旅客ターミナルから草梁駅まで散歩|船内足止めライフ-8

【2017年コスタネオロマンチカ:古都と城下町を巡る麗しの日本海と釜山6日間(金沢港発着|寄港地/境港、釜山、博多、舞鶴)の旅行記・体験記】


台風18号(2017年)の影響で、私たちが乗船したコスタネオロマンチカ号は3日目に寄港とした釜山でその後3日間停泊することになりました。
その足止め2日目の午後、コスタネオロマンチカを下船して当初降りる予定がなかった釜山の街を歩くことにしました。

徒歩で釜山港周辺を散策

釜山旅客ターミナルからシャトルバスに乗ろうとしても、時間になっても運転士が来なくて発車せず…その向かい側のタクシーも近場へはいい顔しないという話を聞いたので、とりあえず最寄の地下鉄駅か釜山駅まで歩いてみることにしました。


乗ろうとしたシャトルバスの料金はこのような一律料金。


近場のホテル、最寄駅あたりを巡回するバスだったみたいです。これから歩いて行ってみようとしている駅は草梁駅(チョリャン駅)です。バスに乗ってたら一番最後に着いてた(笑)。



普段から歩き慣れているので、私たちにはどうってことのない距離ですが、足が悪かったり、お子さん連れだと徒歩移動は大変かもしれません。ターミナルを離れ野っ原を超えると最初の大通りにあたります。


激しく雲が動き、この辺りでピーカンな空に。台風は一体どうしたの?
このカーブを曲がると長く、暗いトンネルが…



これを超えないと向こう側に行くのが面倒のようなので、早足で通過。
恐ろしく怖いトンネルだと思いましたが、意外にもゴミなどがなく普段から手入れされている様子が感じられました。それでも一人では歩きたくないトンネルです。


トンネルの向こうは…黄色い壁。


釜山科学体験館、近代的な面白い建物。


この道路の下が地下鉄になっている様子。


この日は日曜日だったはずですが、チョリョン駅の地下道は人がまばら。

翌日にはチャガルチ市場に行ってみようか、ということになり地下鉄の切符を買う下調べ。自販機はどんな感じ?


素晴らしい!日本語表記がバッチリです。これは買いやすい!片道二人で2800ウォンのようです。


以前韓国に来た時にこの改札口に何度引っかかったことか…うまくハンドルを回せずに困りました。そのまま来た道を戻り、再び旅客ターミナルへ。

この時、ウォンを70,000ほど持っていたのでコスタネオロマンチカに戻る前に全て日本円にまた両替し直しました。手数料がもったいないですが、おそらく翌日にチャガルチ市場に行ってもキャッシュを使うことがないかも、と思ったからです。コインは両替できないのでターミナル内のセブンイレブンでチョコを買って使いきりました。

釜山港ぶらぶら歩きを終えてコスタネオロマンチカに戻る際、初めての入国審査ではパスポート原本を出しました。荷物検査も機械に通すだけでコンビニで買ったミネラルウォーターを2本リュックに入れていましたが没収されることもありませんでした。


入国審査が終わると高速船の待合室に出ます。広めの免税店もありましたがこの日は商品の入れ替えか、半分位しか営業していませんでした。他にカフェもあり、フリーWi-Fiも使えたのでここでとりあえず一休み。


乗船開始に沢山のおばちゃんらがゲートに入っていきます。…ただ気になったのが行く先です。『大阪』行きの高速船のようでした。高速船、大阪まで行けるの?高速船が行けるのにコスタは出航できないの?…というギモンが!


高速船のゲートの並びに『クルーズ乗客』専用のゲートがありました。係員も誰もいません。そして狭くドアが開いていて…いいの?
恐る恐る入って行くと一旦係りの人に呼び止められましたが、コスタカードを見せるとそのまま「行っていいよ」のジェスチャー。なんだか簡単だなー。


ゲートに入るとそのまままた長い道のりを経てコスタネオロマンチカのギャングウェイへと続きます。この時、同時に台風回避で停泊していたダイヤモンド・プリンセスがすでに出航していたようでした。ダイヤモンド・プリンセスも出航できるのに、まだ釜山を離れられないの?というギモンが再び…。どういう事情かはわかりませんが、私たちにはどうすることもできません。

強烈な湿気とクルクル変わるお天気で、この日は少々体調が優れませんでした。「船に帰ってごろっとしたい」気分で出かけたので本当にターミナルの周辺をちょろっと歩いただけで終わってしまいましたがいい気分転換にはなりました。
大通りを走る車の速度はやたらと早かったような気がします。横断歩道を渡る信号の間隔も短い気がしたのでそのあたりは注意した方が良さそうだとは思いました。

他の人のクルーズ体験も見逃せない!旅行ブログ 船旅

安心のJTBクルーズ旅行:行先が豊富です

【news】クルーズ船旅行「行きたい」は7割越え|静岡県政調べ|清水港に初寄港する外国船も増加

“静岡県の県政インターネットモニターを対象に『クルーズ船旅行』に関するアンケートを行った。
「是非行きたい」
「どちらかと言えば行きたい」
との回答は全体の7割を超えたことがわかった。しかしクルーズ船旅行への関心は高いものの、「経験がある」と答えた人は1割程度。”
(引用:静岡新聞SBS@S 2017.11.21)

関心はあるけれどまだ現実的ではないのはやはり「高い」というイメージ先行が払拭できないせいなのでしょうか?

クルーズ旅行を決める要因は?

”クルーズ船旅行を検討する決め手になる要素で最も多い順の回答は以下の通りでした。(2つまで選択可能としたアンケート)
「旅行代金が適正」(67.6%)
「行きたい寄港地」(39.5%)
「仕事などの都合の付く日程」(29.7%)”

と、いう結果でしたが、ほとんど我が家でも同じ基準です。特に社会人現役世代はやはりまとまった休みが取れるかどうか、が一番の優先基準かもしれません。また、この回答が上位にきているということは、現役世代にも関心があるということで、もはや「クルーズ船旅行」は「リタイヤ後の旅行」というシニア中心の旅行ではなくなってきていることがわかります。

クルーズ船旅行の周知が広まっている

また、6割超の人が「ほとんどのクルーズ船旅行で、代金に宿泊代や食事代、イベントの観覧代が込みである」ということを「よく知っている」「だいたい知っている」と答え、「クルーズ業界では手頃なクラスから豪華なクラスまで様々なツアーが企画されている」ことを「知っている」と答えた人は3割超となったようです。

テレビや雑誌の取り上げ率も増え、特にテレビでは情報番組、クイズ番組、バラエティ番組と幅広くクルーズ船旅行やクルーズに関するこことが取り上げられるようになりました!

クルーズ船旅行者増加のための効果的PRは?

”「どのような点をPRすればクルーズ船旅行者が増えるのか?」という質問の回答(2つまで選択可能)では以下の2つが最も多かったようです。
「カジュアルからハイクラスまでの様々なツアーが企画されている」(60.6%)
「旅行日程や寄港地先のバリエーションが多い」(48.0%)”
という結果でどちらも高回答率となりました。

個人的には、ゴールデンウィークやシルバーウィークに気合の入ったクルーズツアーが様々なクルーズ船で企画されることを願います。私たちを含め初心者はある程度の日数、寄港などがあってクルーズ旅行を楽しめると思うので各船ともよろしくお願いします!

ちなみに、清水港では飛鳥II、ぱしふぃっくびーなすなどの日本船やダイヤモンド・プリンセス、スーパースターヴァーゴなどのお馴染みの外国船も頻繁に入港し、来年以降にはノルェージャン・ジュエル、スター・レジェンドなど初寄港のクルーズ船の入港予定ということです。今後もますます増えそうですね。

クルーズ旅行ブログで乗船気分:旅行ブログ 船旅



コスタネオロマンチカの博多&舞鶴オプショナルツアーの内容・料金|2017年日本発着寄港地観光ツアー

残念ながら、寄港地に含まれていましたが台風の影響で立ち寄ることもなく帰京となってしまった、幻の博多と舞鶴のオプショナルツアー。2017年度のプランですが、今後の目安と参考の備忘録として載せたいと思います。

GWや夏休みはテーマパークや体験を含んだオプショナルツアーがあり家族で楽しめそうです。

【博多の寄港地観光ツアー(オプショナルツアー)】
※全てUSドル/(  )内は子供料金
・福岡終日観光<6h40分>昼食付 112.00ドル(84.00)
・福岡半日観光<4h>昼食付 85.00ドル(63.75)
・世界遺産候補「宗像大社」世界最大涅槃像「南蔵院」と日本最大座像「東長寺」<6.5h>昼食付 112.00ドル(84.00)
・ユネスコ無形文化遺産の唐津&呼子のイカを味わう
<6h20分>昼食付 125.00ドル(93.75)
・白秋のふるさと柳川下りと名物うなぎ&太宰府天満宮
<6h>昼食付 132.00ドル(102.00)
・人間国宝柿右衛門 作品見学と有田焼ショッピング
<6h>昼食付 150.00ドル(112.50)
・博多とんこつラーメンと糸島観光<6h>昼食付 120.00ドル(90.50)
・博多郷土料理の昼懐石と博多の街<5h>昼食付 270.00ドル(202.50)
・スペースワールド※GW&夏休み限定<6h>102.00ドル(76.50)
・水族館「マリンワールド」と志賀島※GW&夏休み限定
<5h20分> 102.00ドル(76.50)

【舞鶴の寄港地観光ツアー(オプショナルツアー)】
※全てUSドル/(  )内は子供料金

・日本三景「天橋立」と歴史的建造物「伊根の舟屋めぐり」
<6h> 99.00ドル(74.25)
・歴史的建造物「伊根の舟屋」と「もんどり漁」体験
<5h>110.00ドル(82.50)
・「天橋立」と「ちりめん街道織物手作り体験」
<5h>90.00ドル(67.50)
・世界遺産と日本遺産のある舞鶴<4h> 82.00ドル(61.50)
・舞鶴市内&海の京都巡り半日観光<4h10分> 98.00ドル(73.50)
・舞鶴と福知山歴史探訪<4h45分> 100.00ドル(75.00)
・舞鶴かまぼこ作り体験※夏休み限定<4h15分>105.00ドル(98.75)
・人気観光列車『丹後くろまつ号』で行く天橋立と智恩寺
<4h15分>軽食付 150.00ドル(112.50)

関連記事:コスタネオロマンチカの境港オプショナルツアーの内容・料金|2017年日本発着寄港地観光ツアー

関連記事:コスタネオロマンチカの釜山オプショナルツアーの内容・料金|2017年日本発着寄港地観光ツアー

クルーズ旅行記録十人十色⇨⇨⇨旅行ブログ 船旅

 

コスタネオロマンチカ乗船記(30):5日目釜山港に初下船・韓国料理の昼食|台風足止め船内ライフ-7


【2017年コスタネオロマンチカ:古都と城下町を巡る麗しの日本海と釜山6日間(金沢港発着|寄港地/境港、釜山、博多、舞鶴)の旅行記・体験記】

釜山に初下船

台風18号(2017年)の影響で3日目の寄港地釜山で3日間足止めになった2日目の午後、初めて釜山に下船してみることにしました。
ゴールデンウィークに乗船したダイヤモンド・プリンセスも釜山に寄港しましたが、その時も下船せずに船内で過ごしていました。

関連記事:ダイヤモンド・プリンセス乗船記(28):5日目釜山下船しない過ごし方-2|船内アクティビティ

しかし、同じ場所に3日もいるとなると「一度くらい下船しても」という気になってきました。

船を出て、釜山旅客ターミナルの建物内に出るとすぐにおなじみのFree Wi-Fiエリアに出ます。今日もほぼ満席。今日は素通りでこのまま歩いて、歩いて入国審査の場所まで向かいます。

下船して釜山に出るには、その都度原本パスポート、クルーズカード、そしてコスタの方でコピーしてくれるパスポートコピーを持っていかなくてはなりません。
停泊中は1日1回許可されていましたので、パスポートのコピーは毎日部屋に届けれました。
入国審査では、このパスポートコピーのみが回収されて、パスポート原本には出入国のスタンプは押されませんでした。

荷物の検査は、入国するときにはありませんでした。


入国ゲートを出るとピカピカの床のフロアが広がります。2015年8月にここへ新設移転となったようです。どうりでピカピカで綺麗な訳です。

日本円から韓国ウォンへの両替

まず、両替をしなくてはなりません。入国ゲートを出てすぐのところ、左側に銀行窓口があります。

何か食べようと思っていたので、とりあえず10,000円を両替。後から紙幣単位で両替してもらえることを知りました。
両替は韓国ウォンに両替するときにはそのままお札を出せば明細書とともにウォンを渡してくれます。


さて、何を食べましょうか?…と思って見回しても、コンビニ、カフェ、チキン屋さんなどファストフード的なところが多く…


思いっきり日本語でメニューが書いてある、安心の?韓国料理食堂に入店。

ターミナル内の食堂で昼食


『チャンミプンシク』と読むのかな?私は、韓国語検定5級を持っていますが、ハングルは読めるけれど、語彙力がないという半端な語学力。チャンミ…人の名前?「プンシクってなんだったっけ?」という具合。シクは多分「食」だなぁ。(帰宅後調べ*プンシク=軽食)


食べたかったメニューが売り切れで、なんだかんだでようやくたどり着いた牛タンスープ定食10,000ウォン(約1,000円)。街だったら半額位では?ターミナル内だから仕方ないです。


ターミナルの端にあるお店なので、釜山港が一望できてナイスビューな食堂でした。

オンマ(母)、アドゥル(息子)、ハラボジ(おじいさん)、アジュンマ(叔母さん)<と思われる>で経営している家庭的な食堂。 ご飯とスープ、キムチに他のおかずが妙に落ち着きます。ご飯の国の人だもの…(古)洋食続きだったので、ここで一旦胃袋リセット!思い切って入国してよかった!と思いました。


テーブルの脇にスプーンとお箸などが入る引き出しが!って、ジェスチャーで教えてくれたハラボジ。
小学生くらいのこの店の息子さんが、手伝っていたのですが、しきりに私のこと「イルボンアネ」と連呼していたので「イルボン(=日本)の何だと言ってる?”アネ”ってなんだっけ?」とずっと気になっていて、韓国語スクール時代の友人にLINEして聞いたら「”妻”だよ」ということで解決。まぁ「日本人妻」なんだけれどね(笑)

さて、少しターミナル周辺でも歩いてみますか?ということで外に出たわいいけれど…


少し出てみると、野っ原が広がって…空港から出ているバスで最寄の地下鉄の駅か釜山駅に行ってみようということで


バスが発車するのをひたすら待っていたのですが、運転士が時間に来ません!なんで?

先ほどの食堂で隣に座っていた日本人ご家族(コスタ乗客の方?)もバスを待っていたのですがしびれを切らし、日本ご案内の受付まで言いに行って下さいました。
受付のお姉さんはカタコトの日本語で「通常運転と聞いています」というだけで結局バスの運転士は現れませんでした。

この道路の向こうにタクシー乗り場があり、タクシー車がズラーっと並んでいるのでタクシー移動も考えましたが、その日本人の方が「あのタクシー、近い場所には行ってくれないわよ」と教えてくれました。どうやら近場へは稼げないようなので乗車拒否(された)らしいです。

…あぁ〜、なんだか一気に外国に来た感が高まってきましたよ。日本じゃ考えられません。

やっぱり野っ原沿いを歩いて最寄駅まで行くしかないのか!まぁ、こちらは時間があるからいいけれど。歩き始めたら雨が降り出してきました。

クルーズの旅いろいろ!旅行ブログ 船旅