月別アーカイブ: 2017年10月

上田寿美子さんが語るクルーズの旅の魅力(1)|クルーズ船のランク分けは何故あるの?|ドレスコードの変遷|クラブツーリズムクルーズ説明会

10月28日、東京・有楽町にて、クラブツーリズムが主催の2018年のプリンセス・クルーズ、日本発着クルーズ、アラスカ、エーゲ海などのフライ&クルーズの魅力や見どころなどをクルーズライターの上田寿美子さんの経験談やクルーズエピソードを交えながらの説明会に参加しました。

クルーズライター上田寿美子さんの解説付き説明会 

クルーズ旅で地球を21周、年間多い時で200日もクルーズ船上にいるというクルーズ界の強者、上田寿美子さんがゲストでいらっしゃると聞いて早いうちからこの説明会に参加を決めていました。

最近はクルーズに関するメディア情報や乗船された方のブログで各船を知ることができますが、やはりクルーズ歴45年の上田さんのお話はとても貴重です。

今年はクルーズスタイル2017でも上田さんのお話を聞く機会がありましたが、今回はクラブツーリズムがお勧めする2018年度のクルーズツアーを紹介しながら、クルーズ船や旅の魅力を上田さんが解説するという、従来の説明会にはないスタイルで最後まで楽しめました!

関連記事:【イベント】クルーズスタイル2017&東京みなと祭に行ってきました

上田寿美子さんが語るクルーズとは? 

「設備の整った動くオーシャンフロントホテルに乗ったまま移動する旅」と上田さんはクルーズ船について説明されていました。確かにその一言に尽きますね。
続けて「食べて、遊んで、学べる。同じ船に乗り、同じ目的地に向かう乗客同士は仲間意識が芽生え仲良くなることも」ともおっしゃっていました。

クルーズが初めての方もなんとなくイメージがつかめる的確な表現だと思いました。

船のクラス分けは何故あるの?最近のクルーズ船事情 

説明会では、『何故、クルーズ船にはクラス分け(ラグジュアリー、プレミアム、カジュアル)があるの?』という質問に対して上田さんがわかりやすく、そして最近のクルーズ船事情についてもお話がありました。

1.クラス分けがある理由は
昔、大型船は、移動や輸送目的が主でした。移動や輸送はその後飛行機に取って代わり、やがて1960年以降、娯楽がメインのモノクラス制となりました。
伝統を重んじる船会社(クィーンエリザベス号、メリー号などを運行するキュナードラインなど)は、その頃の名残りで現在に至っている、ということです。

映画『タイタニック』では、その様子がよく描かれていますよね。

今でもラグジュアリー船では、客室ランクによってダイニングが異なることがあるようです。

2.最近のクルーズランク事情
最近は船のランクに関わらず、スィートルーム特典として、バトラーサービス、専用のラウンジ、ジャグジー、プール、ダイニングなどを設けてスィートルームに”特別感”を出す、というのが流行しているようです。

その解説を聞いて思い出してみると、今まで乗船した船には上級客室用のダイニングやラウンジがあったような…(実際目にした訳ではありませんが)ラグジュアリー船をプレミアムやカジュアル船でもスィートルームクラスならば体験できる、ということなのかと思います。

ドレスコードの移り変わり
1972年に上田さんが初めてロッテルダムの横浜発区間クルーズに乗船した時には、なんと連日フォーマル、インフォーマルで上下金色のタキシードの方もいたほど華やかだったそうです。

現在では、世界的にドレスコードの制限が緩やかになってきているそうです。その理由として

1.飛行機の重量制限が厳しくなっているので、フライ&クルーズの場合は荷物がかさばる為

2.日常での服装がドレスダウンしている為。
上田さんのお話では、昔はホテルの入り口に『女性のパンツスタイルお断り』と書かれていたそうです!
今は女性もパンツスタイルでも男性もジャケットなしでもホテルで食事はできる、ということからドレスコードもレベルダウンしているのではないかということでした。

先日観ていたクルーズのテレビ番組でも、「ラグジュアリー船でもドレスコードがない」というクルーズ船を紹介していました。
キュナードラインなどは、フォーマルナイトで男性のブラックスーツ着用者は1割弱というのですから、船によって違うこともありますね。

>>次回へと続く<<

まだ知らないクルーズ!旅行ブログ 船旅



MSCスプレンディダクルーズのパンフレット|ジャパネットクルーズ

【news】クルーズ旅行に絶対忘れてはいけないモノは?|るるぶ.com

クルーズ旅行に持って行くべきモノ徹底解説!必需品&お役立ちグッズはコレ!(引用:るるぶ.com web siteより)

クルーズ旅行は、一度乗船して荷物を出してしまえば下船するまでパッキングしないのがイイところ!そのラクさといったらありません。また、通常のホテルの部屋よりもクローゼットが広くそのほか収納箇所も多いように思います。

絶対に忘れてはいけないモノとは?

当然ながら、乗船券、日程表、現金、クレジットカード、旅行傷害保険証(加入した場合)、パスポート、ビザ(海外クルーズの場合)など、サイトに書かれていた通りですが、毎日飲んでいる薬があれば多めの日数分を持参された方がベターです。

他はなくてもなんとかなる?

他は現地や船の中で調達できる…ような気がします。実際にボディーソープ類は寄港地で買いました。

シャンプーや石鹸、タオル類は部屋にあることが多いです。この前はうっかりブラシを忘れてしまい、一週間手ぐし(笑)。ショートヘアだからさほど困らないのですが、さすがにフォーマルナイトに出かけるときには必要になりました。

外国船は日本のホテルや旅館とは違って最低限しか備品としてありませんし、船によって部屋に置いてあるものも違うので、あらかじめクルーズガイドで下調べをすることをお勧めします。

歯ブラシ類もないので、日本のホテルでもらった歯ブラシセットを持参して最終的には使い捨てにするのですが、いつも使うと歯茎に傷がついたりしていました。
「簡易的な歯ブラシセットだからかな?」と思っていたのですが、歯ブラシそのものではなく、一緒についている小さなチューブの歯磨き粉が原因でした。
それを使わずにいつも使っている歯磨き粉の携帯用で磨くと大丈夫でした。

クルーズ旅行はそれなりにまとまった日数を旅するので、身に付けるものに変化があると肌などに負担を感じやすくなってきます。
私は、試行錯誤の結果、歯磨き粉をはじめ、化粧品やシャンプー、ボディクリームなどは普段使いのものを面倒ですが小分けにして持っていくことに落ち着きました。


クルーズ旅行といえば、ドレスコードのためにワンピースやドレスを持って行くこともありますが、「忘れてきちゃった」となったとしても、船内にブティックがあるのでOKです。

以前、クルーズライターの上田寿美子さんがテレビで話されていたのですが、船内のブティックには「船内向き」のお洋服やアクセサリーが揃えられていることが多いのだそうです。

ちゃんとよくブティック内を見たことがないので、次回乗船するときにはよく見ておこう、と思うのですが、アクセサリー類はディスカウントをよくやっているので、ひょっとしたら街中で買うよりもお得に買えるかも?知れません。

船によって違うかも、と思ったモノ 

船は鉄板でできているから、船室の壁にマグネットフックが便利!というのは広く知れ渡ったクルーズ旅行あるあるだと思いますが、改装などして壁面が加工してあった場合はそうではないこともあります。

コスタネオロマンチカでは、室内、浴室の壁にはマグネットがつかなかったです。唯一部屋のドアの内側だけでした。吊るせるタイプの化粧ポーチも結局吊るせずに寝かせて使っていた、という…苦い経験も。
化粧ポーチは、どんな形状が使いやすいか、今はまだ試行錯誤中です。化粧品類が取り出しやすく、収納しやすいか…整理収納アドバイザー的にはとても興味があるところです!

>>引用:参考るるぶ.com<< 

クルーズの旅いろいろ!旅行ブログ 船旅

上田寿美子さんの解説付きのクラブツーリズムクルーズ説明会

【news】JTBクルーズ積立期間限定発売!サービス額は年利換算3.0%

JTBクルーズ積立とは?

JTBの旅行積立「たびたびバンク」から、「JTBクルーズ積立」が登場します。受付開始は11月1日14:00から!

積立プランは30万円、50万円、100万円と3コースから選べて、支払い方法も一時払いと毎月払の2種類が選べます。

JTBクルーズ積立申し込みの特典は?

1.先着1,000名に『るるぶクルーズの全て2018-19(仮)』(2018年2月発行予定最新版)のプレゼント

2.JTBクルーズ商品の申し込み限定特典として、日本船、外国船共にオンボード(船上クレジット)5,000円相当の引換券のプレゼント。

オンボードクレジット5,000円分は嬉しいですね!飲んだり、食べたり、買い物したり、エステに使ったりと旅の楽しみが広がります。

詳細はJTBクルーズ積立のサイトへ

JTBクルーズ積立で利用できる商品

1.クルーズ客船を利用する当社募集型企画旅行
2.クルーズ客船を利用する当社取扱店が取扱う他旅行会社による募集型企画旅行
3.
クルーズ客船の利用を伴う手配旅行(インターネット予約は対象外)

申し込みと支払いはJTBグループ販売店の店頭となっているので、インターネットでの決済はできないので注意が必要です。

JTBクルーズ積立でできないこと

1.クルーズ旅行以外のパッケージツアーに申し込めない。
2.満期前に支払いに利用できない。
旅行申し込み金などが必要な場合は要問い合わせ。
3.解約して現金での払い戻しはできない。
4.満期後、ご利用(旅行代金のお支払い)が5年間ない場合は、割引購入権代金利用の権利がなくなります。(詳しくは重要事項を確認)

(引用:JTBたびたびバンク  JTBクルーズ積立金サイト)

クルーズ旅行に限らず、海外旅行でも行くとなるとまとまった金額が必要となるので、積立があると旅行代金とワクワクを一緒に積立てられそうです!

 

 

コスタネオロマンチカ乗船記(25):4日目無料Wi-Fiエリアで情報収集|台風で足止め船内ライフ-1

【2017年コスタネオロマンチカ:古都と城下町を巡る麗しの日本海と釜山6日間(金沢港発着|寄港地/境港、釜山、博多、舞鶴)の旅行記・体験記】

宮古島市で50年に一度の記録的な大雨をもたらした台風18号(2017)。その影響で釜山港から博多港へ移動するはずだったこの日から3日間、私たちを乗せたコスタネオロマンチカ号は釜山港で停泊することになりました。

船内のモニターに映し出された台風の現在地

関連記事:コスタネオロマンチカ乗船記(23):3日目台風18号の影響による航路変更説明会

前日の釜山も曇りでしたが、この日は雲の流れも速く終始どんよりしたお天気でしたが、まだ雨はありませんでした。

4日目朝食:ジャルディーノのブッフェ


まずは朝食を食べようということで、ブッフェに。
ジャルディーノはこの日空いていました。船内でゆっくり、なのでしょうか。


主人の朝食。…野菜類がありませんよ(汗)


「生野菜類がなかったから、中華料理のお惣菜で補う!」と言って2回目を取りに行っておりました。


私は満遍なく、ノー炭水化物で。あまりお腹が空いていなかったように記憶しています。

クルーズ旅行を中断し、どうやって帰国するか?

食事をしながら、私たちのこれからを話し合いました。この時に考えられる可能性は以下の2択でした。

1.釜山滞在中に東京へダイレクトに戻る
2.3日後の博多港から東京へ戻る

釜山滞在中に仁川空港へ移動して日本に戻るとしたら、台風の移動も考えて、今日この日しかないと思っていました。

そうしないと、韓国では台風の被害がないとしても翌日以降になると、今度は日本への飛行機が欠航になる恐れがありました。
そうなると、今度は仁川空港で足止めになります。しかし、この日から日本では3連休に入っていたので、飛行機も今から取れるとは限りません。

何より、これから全てパッキングして、それぞれの20kgはゆうに越しているだろうスーツケースを引きながら、釜山駅からKTXに乗ってソウル、仁川への移動。
航空会社との荷物超過などのやりとり…などを考えると「この日に帰るメリットが全然ない」ということになり、東京に戻るのは1日遅れにはなるけれど、このまま船内ライフを楽しんで3日後の博多から飛行機で帰京するという選択を選びました。

役に立った釜山港のFree Wi-Fi 

博多港から帰るとなったら、博多から羽田行きの飛行機の手配をしなければなりません。iPhone、ノートPC、iPadを持ってきていたので、とりあえずネットができる環境を探します。

コスタの有料Wi-Fiを購入する手段は一番最後とし、なんとか無料でWi-Fiが使える環境がないか!…あります、ありますよー。


船を降りてすぐの釜山港ターミナルエリアにWi-Fiエリアがあり、前日も入国審査の帰りにここで通信たので、そこへ行けばなんとかなる!と思っていました。
前日はクルーの人でいっぱいでしたが、この日は乗客の人が家族と連絡を取ったり、帰りの手配に没頭している人で満席!そのそばを釜山で下船する人が何組も通ります。

私たちもここで航空券の手配、双方の親への連絡、LINEの返事やら何やらで3時間程座っておりました。


Wi-Fi環境が最高なエリアでした。サクサクとネットが見れるし、Face timeで双方の両親と顔を見ながら通信できました。

双方の親にガラケーからスマホに替えさせたタイミングだったので、このようにカンタンに連絡が取れることができてラッキーでした。

無事に博多空港から羽田空港行きの航空券も手配し、台風情報や博多港から博多空港へのアクセスなどの情報を取り、お昼過ぎに船内に戻りました。この日は、港外へ避難する可能性がある、ということで釜山へ出ることは許可されていましたが、戻り時間は15:00(うろ覚えです)とされていたように記憶しています。

ただし、こちらのエリアに出てこれるのは、釜山港がコスタネオロマンチカに許可した時間内だけで、それ以外は船から外には出れないので注意です。


同じ頃、サービスデスクでは途中下船のための情報を集めている方で長蛇の列でした。情報をもらっても、帰りの手配は自力でしないといけないのは厳しいですよね。旅に通信機器は必須だと思いました。

ハプニングもまた楽しい?!クルーズの旅いろいろ!旅行ブログ 船旅



コスタネオロマンチカ乗船記(24):サムサラスパで受けたトリートメント

【2017年コスタネオロマンチカ:古都と城下町を巡る麗しの日本海と釜山6日間(金沢港発着|寄港地/境港、釜山、博多、舞鶴)の旅行記・体験記】

台風18号の影響で、クルーズ3日目の夜に寄港していた釜山港で停泊することになりました。

関連記事:コスタネオロマンチカ乗船記(22):3日目ピッツェリアカプリで食べ応えピザ!と台風による足止めアナウンス

その夜に航路変更の説明会が行われることになりました。しかし、説明会は主人に任せて、私は乗船初日に予約していたサムサラスパ&ビーナスビューティーへ行きました。

関連記事:コスタネオロマンチカ乗船記(23):3日目台風18号の影響による航路変更の説明会

サーマルエリアパスとトリートメントのセットメニュー

私が受けた施術はファイヤー&アイスマニュキア+ペディキュアでサムサラスパのタラソプール&サーマルエリア(サウナ)1日パスがついたプラン160USドルでした。

関連記事:コスタネオロマンチカ乗船記(8):サムサラスパ|スパ&エステ予約

この日の予約は20:45とかなり遅め。おそらく最終受付直前の時間なのでしょうか、航路変更の説明会に出る方が多いのでしょうか…サムサラスパのビューティーエリアは人が全くいませんでした。


サムサラスパのビューティーエリアは、受付を済ませたら同じフロアに施術室があるのですが、表からは全くわかりませんが中はとても細かく仕切られていてアリの巣のよう!
そのような空間なので、施術室はおそらく他のお客さんと会うこともないプライベート感はありました。

私の選んだコースは、マニュキアとペディキュアを塗ってもらい、腕や膝から下の足の軽いトリートメントが含まれたものでした。

おしゃべりを楽しみながらリラックス 

担当して下さった方は日本人の方で、ネイルのこと、船酔いのこと、前職のこと、スピリチュアルなこと、クルーズのことなどを話しながら私は楽しい施術のひと時でした。写真を撮るのも忘れてしまいました!

その一方で、航路変更説明会のことも気になっていたのですが、どこかでイタリア語で歌う大音量の歌が聞こえて笑ってしまいました。

リラックスと、心配と、おおらかさと、マニキュア、みたいな。とにかくどうすることもできないのでその場を、翌日からの停泊ライフを大いに楽しむことに決めました。


手も足もフューシャピンクのネイルカラーで!
この時塗ってもらったネイルは1カ月以上も剥げずにいました。ジェルネイルでなく自爪に塗ったものなのですが持ちが良かったです。

施術時間は約2時間以上で、客室に戻ったら23:00を超えていました。23:00過ぎでも船内のどこかではとても盛り上がっている声が聞こえてきました。

クルーズ中のサムサラスパ&ビーナスビューティーの他のメニュー、パッケージメニューはコチラでも見れます。

人の数だけクルーズ旅!旅行ブログ 船旅

 

 

【news】オットージャパンクルーズファッション特派員募集!|クルーズファッション特集公開中

(画像はドリームクルーズHPよりお借りしました)

世界30カ国123社でオーダー・オンラインショピングを展開するオットーグループ。
ファッション通販『オットー』は、エレガントで知的な大人の女性に向けて艶のある個性的なアイテムを提案しているブランドです。

クルーズファッション特派員募集

”オットージャパン株式会社(本社:東京都世田谷区)が展開する、海外レディースファッション通販ブランド『オットー』は、オットーと一緒にクルーズファッションを発信していただく「クルーズファッション特派員」を女性限定で2組4名様募集いたします。”
(引用:@Press 2017.10.25)

>>キャンペーン概要<<

1.旅行期間
2018年3月1日~3月4日 4日間(船中2泊3日)
発着地 東京(成田/羽田空港)


2.旅の行程
1日目 成田/羽田空港→シンガポール
2日目 ゲンティンドリーム号乗船
3日目 終日航海日
4日目 ゲンティンドリーム号下船→シンガポール→成田/羽田空港

3.対象:女性

4.当選者:2組4名様

5.応募期間:2017年10月20日~12月5日

応募方法:Ottoウェブサイト内キャンペーンページにて
http://www.otto-online.jp/cruise/

特派員に選ばれた方は、オットージャパン「クルーズファッション特派員」として、ゲンティンドリーム号シンガポールクルーズの旅に招待され、渡航前後、渡航中にブログ、SNSでオットークルーズファッションを発信することになるようです。

クルーズ旅行の幅広いドレスコードに対応

今、注目を集めているクルーズ旅行ですが、船会社によってドレスコード指定の表現が違うので悩まれたりしませんか?

私も最初はそうでした。
フォーマルは想像できるけれど、「インフォーマル」や「スマートカジュアル」ってどういう服装のこと?と悩まれてしまう方も多いかと思います。

”オットーでは格式高いドレスコードから、平服レベルのインフォーマルな場面にも適する幅広いジャンルのドレスや華やかなワンピースが取り揃えられており、現在上記キャンペーンを記念してOttoオフィシャルサイトではクルーズファッション特集として、クルーズライターの上田寿美子さんによる「最先端のクルーズファッション」を3回にわたって公開される”とのことです。(引用:@Press 2017.10.25)

特集ページ:http://www.otto-online.jp/landing/cruise17/

8月に『マツコの知らない豪華客船の世界』でクルーズライターの上田寿美子さんがお召しになっていたお洋服も『オットー』さんのものだと話されていました。エレガントなトップスが印象的でした。

クルーズファッションの特集サイトを私も拝見しました。
上田さんのアドバイス通り、ドレスの裾の丈は重要であることを度々実感しています。自分で自分のドレスの裾を何度も踏んでしまった経験はありますね。

クルーズ経験が豊富な上田さんならでは度レコードのアドバイスは大変貴重だと思いました。

私とオットーの服

社会人になりたての30年程前にカタログ通販でワンピースを購入した記憶があります。
知的でエレガントな雰囲気のある洋服が多い印象でした。洋服ラインがキレイで肌見せ感もあるオットーのワンピースはジャケットと合わせてよく着用していたので懐かしいです。

 

クルーズ船のオリジナルストラップ&カードホルダー

コスタネオロマンチカ乗船記(23):3日目台風18号の影響による航路変更の船内説明会

【2017年コスタネオロマンチカ:古都と城下町を巡る麗しの日本海と釜山6日間(金沢港発着|寄港地/境港、釜山、博多、舞鶴)の旅行記・体験記】

台風18号の影響により釜山港に足止め

9月13日に金沢港を出港した私たちを乗せたコスタネオロマンチカ号は、3日目の15日夜、翌日より3日間釜山港に停泊した後に出港し、その後の航路が変更になることがアナウンスされました。

2017年台風18号は、9月9日にマリアナ諸島で発生。当初は台湾を通り中国大陸への進路が予測されていました。

しかし、出発した13日には沖縄先島諸島に接近し、東シナ海で急カーブしその後予測された進路は、日本海側を沿って北上してくるかも…?と実は我々は台風の行方をずっと気にしていました。

それでも、「博多や舞鶴での寄港地で雨に降られるかも」くらいの軽い気持ちでいて、まさか船自体が足止めになるとは思いませんでした。

デッキに出ると、釜山港のFreeWi-Fiが弱々しく使え、そこで今現在の情報をキャッチ。この時点で予想された台風進路は、私たちを乗せているコスタネオロマンチカの航路と丸かぶりです。

航路変更が発表されたその日の夜、日本人クルーによる今後の説明会が緊急に行われました。私はこの夜、乗船した日に予約していたサムサラスパでのトリートメントが同じ時間に入っていたので、主人だけ出てもらうことにしました。 

台風18号による航路変更の説明会では

航路を変更する理由は「クルーズに影響を及ぼす可能性があるため、乗客の安全を第一とする」とのことでした。

クルーズ行程は中止せず、翌日から3日間の釜山港での停泊の後に予定されていた寄港地を巡るということで、安全上このまま船に残り金沢までの乗船をお勧めします、ということでした。
その際、滞在においての船内サービス料金(クルーズ料金・寄港税・ホテルサービスチャージ)は不要(無料)。

つまり、私たちのクルーズ日程でいうと、金沢→境港→釜山→博多→舞鶴→金沢という当初の予定は、金沢→境港→釜山→釜山→釜山→釜山→博多→舞鶴→金沢になり、18日に金沢に到着予定が21日に到着することになります。

説明会に出る前にこの旨のアナウンスもありましたが、ピザを食べながら「21日まで仕事は休めない」と主人が言っていたので、そのまま乗船し続けるという選択は私たちにはなく、非常に残念ではありますが、どこかの時点で途中下船する選択しかありませんでした。

途中で下船して帰国、帰京する場合は

都合のため、釜山で下船して帰国する場合は一人53,000円、次の寄港地博多で下船する場合は一人44,000円、舞鶴で下船する場合は一人18,000円を上限とし帰宅するための交通費がコスタクルーズから支給されることになりました。(金沢発着の乗船客の場合)

寄港地で楽しめなかったお詫びにと、オンボードクレジット100USドルも支給されるということでした。

途中下船を選択した場合、航空券などの手配は、必要な情報はお知らせするが、手配は自分でしてください…というつれなき説明文書の一文に愕然としました。

せめて日本国内のどこかの港に停泊なら、電話やネットなどの通信環境も問題なかったのですが、足止めになる地は韓国・釜山です。
一応、通信可能な電子機器は持ってきていますが、せめて船内の有料Wi-Fiを無料で使わせてもらえないの?航空券を手配してとは言わないからぁ〜という嘆き…。

3日目の釜山は一日が濃すぎて、疲れて終わりました。


同じ釜山港にダイヤモンド・プリンセスも停泊中。ダイヤモンド・プリンセスも出港できないのだからその半分の総トン数のコスタネオロマンチカが出港できないのも仕方ない…。

現在停泊中の釜山港も台風の状況によっては、釜山港が閉鎖になり港外へ避難する可能性もあり、この先一体どうなるのやら…?
停泊しているダイヤモンド・プリンセスを眺めながら眠りにつきました。

 

クルーズの旅いろいろ!旅行ブログ 船旅