【2023年版】<日常使可>今年クルーズに持っていってよかった&おすすめ商品8選|クルーズの持ち物に関する情報

2023年クルーズ旅行に持って行ってよかったモノ

2023年の今年クルーズ旅行に持って行ってよかったモノをまとめてみました。当管理者独自(女性、ミニマリスト寄り)からの目線での「よかったモノ」の選出なのでご了承ください。全て個人的感想です。

1.ビーチサンダル

客室内履き&船内履きとしてビーチサンダルが活躍しました。客室履きとして今まで不織布のスリッパや布製の旅行携帯用スリッパを持ち込みましたが、耐水性のない履き物は客室バルコニーへ出る時に困ります。バルコニー床は雨や湿気で湿っていることが多く、布製のものだと水分で染みてしまうし、不織製スリッパだとすぐに破れます。ビーチサンダルは製品の特性上、濡れてもOK、サンダル底がゴムで布製スリッパよりも滑りにくいです。(どんな靴底での床面が濡れている場合は滑る可能性が高いので注意が必要です)また、不織製のスリッパや布製のスリッパでは客室外に出るには人目につき、底面が布で滑りやすく船内歩きには適当ではありませんが、ビーチサンダルは日中だったら船内やデッキ歩きもOKです。普通のサンダルよりもペンタンコで重ねると薄くかさばらず、日常使いもできるので汎用性が高いです。デメリットとしては、寒時期や靴下などを履くと歩きずらいという点はあります。

ビーチサンダルここがおすすめ!

・客室、バルコニー、船内、プールサイド、ビーチなどで着用可能で帰宅後も使えるので汎用性が高い
・耐水性、速乾性がある
・軽量、コンパクト

2.可視光調光レンズ・調光レンズメガネ

クルーズ旅行に必須のアイテムといえば「サングラス」。船上デッキ、プール、寄港地観光での直射日光から目を保護してくれて眩しさも防ぎます。普段メガネを着用されている方は、度付きのサングラスを掛け替えるために、メガネとは別に持ち歩いていませんか?私もその一人でしたが、今年はとてもいいモノを購入しました。度付き、度なしのメガネに「JINS 可視光調光レンズ」を追加でつけることにより『紫外線や光によってカラー濃度が変更するレンズ』になります。遮光空間ではクリアに、屋外ではサングラスになるレンズです。

(引用:JINS 可視光調光レンズ・調光レンズ)

紫外線によって勝手にサングラスのようにレンズが濃くなっていくのですが、サングラスと違う点は、掛けている自分自身の視界は暗くならないことです。多少レンズの色味が出ますが、ちゃんと色彩を判別できます。旅行中はこの可視光調光レンズの度付きメガネをかけているだけで、掛け替えなしでものすごく便利でした。JINSで購入しましたが、同様のレンズはZoffでも販売されています。

調光レンズここがおすすめ!

・サングラスへの掛け替えが不要
・持ち物が減る

3.ペーパーナプキン・ペーパーハンカチ


(引用:無印良品 竹100%携帯用ペーパーナプキン)
100円均一ショップでも取り扱いのあるペーパーナプキン、ペーパーハンカチは使い捨てハンカチとして旅や外出に携帯しています。コロナ後、船内のトイレや手洗い場にはペーパータオルが十分に設置されていますが、たまに「品切れ」になっている時にハンカチ代わりに使ったり、ブッフェでクッキーなどのお菓子を部屋に持って帰りたい時に包めたりするので食事の際に持っていると便利です。中位のスカーフの大きさがあり、両手を1回分十分拭ける位の吸水力があり、使い捨てできるのでハンカチとして衛生的です。

ペーパーハンカチここがおすすめ!

・使い捨てができて衛生的
・コンパクトに折り畳まれて取り出しやすく、持ち運び便利
・手を拭く他の用途幅が広い

4.歯ブラシスタンド


(引用:LEE ダイソーの歯ブラシスタンドと珪藻土コースター)
客室浴室の限られたスペースで歯ブラシの居場所を確保できる『歯ブラシスタンド』があると便利です。100円均一ショップや雑貨店なのでいろんな種類の歯ブラシスタンドを買うことができます。シンプルにイニシャル分けで使っています。それぞれの洗面用具に忍ばせておけば忘れることもありません。

歯ブラシスタンドここがおすすめ!

・歯ブラシを立てて置ける
・100円〜買えるので安価
・個人識別ができる

5.レッグウォーマー

船内や寄港地観光ツアーのバスの中など寒い時にふくらはぎを温められるレッグウォーマー。アームウォーマーにも転用できるため半袖では「ちょい寒」の時に装着可能。また、UV加工されていれば腕の日焼け防止にも使えるので、旅に同伴させない訳がない!となったアイテム。私的なミニマルな日常使いとしてハイソックスを処分、通年履けるショートソックスとこのレッグウォーマー2セットで過ごしています。靴下の種類が減って管理も楽です。

【楽天市場】ケータイウォーマー/  薄手で使いやすい 携帯便利なレッグウォーマーレディース メンズ/ コンパクト/日本製(792円)

レッグウォーマーここがおすすめ!

・レッグウォーマー、アームウォーマーなどとして複数の用途で使える

6.【女性向け】サロペット

「船内着は何を着るか」がこれまで十数回のクルーズ旅行での課題でした。特に船内にいる時は「締め付けられない」「ゆるい」「ウエストが楽」「風に煽られにくい」「あまりダラけ過ぎない」衣類を着用したいし、荷物は増やしたくない。そこで見つけたサロペット。トップスを替えるだけで、サロペットは濃い色だと汚れも目立たず、薄い生地なら折り畳んで小さくなるので嵩張らないし、パンツタイプならデッキでの風にも煽られにくいです。1着あると旅行に重宝。デメリットを挙げるとしたら、トイレの時に多少面倒ですね。

【楽天市場】オールインワン/レディース /ワイドパンツ /ワイド ゆったりHUG.U(3,999円)

サロペットここがオススメ!

・ウエスト周りを含め全体的にゆったりとしたシルエットでリラックスできる
・下に重ね着も可能
・トップスを変えるだけで着回し良好
・パンツタイプは船デッキでの風に煽られにくく、捲り上がらない
・日常でも着用可能

7.【女性向け】マキシ丈ワンピース(ドレス)

ダイニングでディナーを出る時には、その日のドレスコードもしくは日中とは違ったエレガントな装いルールはまだ多くの船で存在し、今なおクルーズ旅行のハードルを少し上げてしまう要因になってしまっているかと思います。最近では年齢も上がってきたこともあり、また肌見せも最小限に抑えて「楽したい」という気持ちも膨らんできたことにより、クルーズでエレガントな装いが必要なシーンでは足が隠れるマキシ丈(=くるぶしが隠れる長さ)のワンピースを用意しています。

マキシ丈ワンピースここがオススメ!

・足全体〜足元が隠れる
・ウエストの締め付けがなくラク
・上下のコーディネートに悩まない
・スカート下にレギンス、ソックスなど重ね着可能
・ストッキングの着用不必要、ナマ足OK
・ヒール不要、ペタンコ靴でもOK

普段着ないような肌見せドレスやワンピももちろんあってもいいと思いますが、気楽で「ゆるい」ワンピースもあってもいいかと。マキシ丈を着る時は袖が短くして手首を見せる、または首周りの少し開いたものだとバランスも取れて◎。写真も上半身を写すことがほとんどなので、アクセサリーは大ぶりでキラキラしたものをつけると華やかな印象になります。デメリットとしては、ワンピース丈が長いので屈んだり、階段を昇降時に自分自身でスカート裾を踏んでしまいがちです。

【Rakuten Fashion】SHIPS any:<洗濯機可能>ダブルクロス Aライン シャツワンピース(13,970円)

8.【女性向け】折りたたみパンプス

かかと部分にゴムが入っているパンプスは脱げにくく船内履きとしても着用可能です。上記で紹介したマキシ丈ワンピース着用時に履いても可!汎用性高く使いたい場合は、マットテイストよりつま先がパテント(エナメル)になっていると普段着・ディナー時にも使えます。つま先にスパンコールがついたシリーズもあり購入してみましたが、日常で履く出番がなく手放してしまいました。デメリットとしては、折りたたみで携帯用なので靴底が厚くなく長時間履くのには適していません。

折りたたみパンプスここがオススメ!

・折り畳みの携帯用なので荷物としてかさばらない
・汎用性の高いデザイン、色を購入すると普段使いで着用可能


つま先のみパテント仕様なシンプルなデザイン
【楽天市場】BUTTERFLY TWISTS バタフライツイスト OLIVIA B21036B ブラック/携帯バレエシューズ (7,480円)

シューズ全体がパテント仕様でリボンも大きめ
【楽天市場】バタフライツイスト パンプス シア  エナメル 黒 ・紺  折りたたみ バレエ,フラット, シューズ (7,920円)

【まとめ】2023年クルーズに持って行ってよかった&おすすめ商品

1995年からクルーズ船に乗船し12回程乗りましたが、その都度自分の求めている「持ち物」が違うので今年自分的に「ヒット」だった持ち物も来年になったらまた変化があるかと思いますし、身につけるもの、所持するもの・したいものは人それぞれだと思いますので自分にあったものを持って行くのがベストだと思います。今は我が家的に所持するモノの総数を減らしており、ミニマリスト傾向にあるので、「旅行で使うもの」「クルーズに持って行くもの」という限定的使い方は解放して「旅行でも日常でも使える」をモットーとし『汎用性が高く多目的で普段使いができる』目線で選んでいます。パッキング、荷解きに時間をかけず、死蔵品にならなずにモノを回して、これからも「身軽に」クルーズ旅行を続けていきたいと思います。

Pocket