ハーモニー・オブ・ザ・シーズ乗船記(56):マイアミ市内観光-3|マイアミ港&ベイサイド・マーケットプレイス

ハーモニー・オブ・ザ・シーズ下船後、バスによるマイアミ観光も終わり一旦ホテルへ荷物を下ろした後、オプショナルツアーに参加しない人方々を添乗員さんがマイアミ港近くのベイサイド・マーケットプレイスまで連れて行ってくれました。

ヒルトンマイアミダウンタウンホテルの目の前の大通り、ビスケーン・ブルーバード通りに沿ってダウンタウン中心部の方へ歩いて歩いて行きました。


通り沿いにはビルなのかマンションなのか…建物が建設中。



ベイフロントに建つ高層マンション、という感じでしょうか。建設の仕方が珍しい光景でした。

マイアミ港入口

ずっとまっすぐ道路沿いを歩いて15分〜20分ほどにマイアミ港の入口がありました。

しかしターミナルはさらに奥、停泊しているクルーズ船も見えることは見えるのですが遠いです。この日は下船、ビーチ散策、昼食などバス移動ではありましたが結構疲れていて流石の私もターミナルまで行く元気が全くありませんでした。本当に残念!

ベイサイド・マーケットプレイス


マイアミ港入口の横からベイサイド・マーケットプレイスへ添乗員さんはどんどん進みます。基本自由行動なので途中離脱でもOKな散策でしたがどこまで行くのか、最後までついて行ってみました。

>>>添乗員さんと行くフライ&クルーズ>>>クラブツーリズム


マイアミ港乗下船の旅行客から地元民までごった返すベイサイド・マーケットプレイス。
ビスケーン湾に面したショッピングモールで、お土産屋、ブティック、ショップ、レストラン、カフェなどのお店があり湾を見渡せるような建物の作りになっていました。
土日にはイベントが多く、夜景が綺麗な場所でも有名なところのようです。


ショッピングアーケードを進んで行くと大きなハードロックカフェが見えるところに抜け、そこで添乗員さんと皆さんとも解散。私たちは今来た道をブラブラ歩きながら戻ってみました。



湾内をクルージングするクルーザーがこれから出航するところでした。イケイケなバブリースタイルのお姉さんたちが続々と乗船していました。↑写真の奥の方にセレブリティやカーニバルのファンネル(煙突)が見えるところがマイアミ港のクルーズターミナルのようです。

マイアミ港 (ポートマイアミPort Miami)

マイアミ港はターミナルA、B、F、Jとありそれぞれ停泊する船の種類が違うようです。

ターミナルA

この時はまだ未完成だったようですが、ロイヤルカリビアンの世界最大級(おそらくオアシスクラス)客船対応の新しいターミナルで2018年後半に開設予定だったようです。17万平方フィート(約5.2万平方m)のターミナルはロイヤルカリビアンの建設・運営とあり、ロゴマークの入った建物なので専用ターミナルのようです。

ターミナルB

小規模船、高級クルーズ船対応のクルーズターミナル。

ターミナルF

MSCクルーズなどの大型船停泊に合わせ改装、拡張されました。

セレブリティ、カーニバル、AIDA、アザマラ、コスタ、ディズニー、FRSカリビアン、MSC、ノルウェージャン、ハパロイド、P&O、オーシャニア、プリンセス、フェニックス、リージェント、シボーン、ビクトリー、バイキングオーシャン、バージンボヤージズ、ザワールド他多数のクルーズラインの発着がある港です。


この時も大型クルーズ船が縦列状態…圧巻、すごすぎる!


買い物に興味がなく唯一ここでお金を使ったのはスタバでフラペチーノを買ったくらいでした。抹茶フラペチーノ、日本と変わらず安定供給。

購入した時に名前を聞かれ、フラペチーノが出来上がると店内に高らかに響く私の名前(らしき音)。ちょっと恥ずかしかったです。

ほかの人のクルーズ乗船記・旅行記をもっと読みたい☆旅行ブログ 船旅

Pocket