ハーモニー・オブ・ザ・シーズ乗船記(50):下船説明会|アルコール持込詳細|喫煙場所など

ハーモニー・オブ・ザ・シーズ(以下、ハーモニー)でのカリブ海クルーズの乗船最終日には添乗員さんによる『下船説明会』がありました。

>>>添乗員さんと行くフライ&クルーズ>>>言葉の心配ナシ☆クラブツーリズム<<<<

荷物出し&タグ

下船前夜の夜10時までに部屋の外に出してくださいとアナウンス。
逃すと当日自分たちで船外へ運び出す羽目になるので夕食に行く前までに荷造りを終えると安心。部屋の外に出した瞬間にスーツケースが回収されていてその早さに驚きました。

船外で運び出された荷物をピックアップする際に必要な『カラータグ』の色と番号は添乗員さんから指示があり、教えてもらったカラータグと番号以外はつけないようにとのお達しがありました。

スーツケースバンド

自分の荷物の目印となるスーツケースバンドは、船外への運び出しの際に紛失しても見つからないことが多いとのことでした。

タグの色が変わることもある

以前コスタネオロマンチカに乗船した際の下船荷物タグの色が直前になって変わったことがありました。あとは部屋の外に出すだけ、という状態だったのでタグを付け替えましたが、部屋の外に出すのはギリギリでもいいのかもしれません。

船内精算の確認

現金精算や一部現金精算が可能

下船前夜、午後11:00までに精算手続きをデッキ5のゲストサービスで行います。請求の全ての現金生産をする人は精算手続き終了後、船内での買い物やアルコールなどの注文などはできなくなるので注意が必要です。

中間明細書にクレカが登録されているか確認!

乗船日にクレジットカードをほとんどの人が登録するかと思うのですが、乗船中に中間明細書が届いた時に最下欄(請求合計額の下)にActive cardと表記されているかを必ず確認します!表記されていないとクレジットカードが登録されていないことになり、『全現金払い』になってしまうので支払いが済まないと下船当日予定時間に下船ができないことになってしまいます!

チップの支払い

クルーズ旅行代金と一緒にすでに支払い済みなので支払う必要はありません。今回個人的に担当ルームスチュアートに支払いました。ハーモニーでは部屋に届けられている『WOW!』と書かれている白い封筒に入れて直接手渡しました。

船会社からのアンケート

船会社からのアンケート次第によってスタッフの雇用契約が更新になったりならなかったりするので、チップよりもアンケートに「よかった」と思うスタッフ名と「Excellent」と記入される方が喜ばれるのだとか!

この船会社のアンケートって、船によって「いつ届くのか」かがいつも不明です。本当に良いサービスをしてくれたので記入したかった例もありましたが、荷物整理や下船のどさくさで紛失したり、出すのを忘れたりしてしまいます。あと、名前もしっかり覚えておかないといざアンケートに名前を記入できなかったりします。

船預かりになっているものの返

寄港地で購入したお酒などは下船前夜中にキャビンまで届けられるそうです。他に持ち込み禁止物(刃物や発熱する電化製品などの預かり品も同様)

船内での買い物

下船日はお店が開かないので前夜までに買い物を済ませておいたほうがいいです。

アルコールの船内持込制限と飲酒年齢制限

ハーモニーに乗船する際、アルコールの持ち込みが可能です。ただし、寄港地で購入したものは、船預かりとなり下船前夜まで手元に置いて置けません。(上記記載)

持ち込みできるアルコール種類:ワイン・スパークリングワインのみ
持ち込みできる数量とサイズ:1客室750mlの上記種類2本まで
開詮料:部屋以外で飲料の場合1本あたり15USドルの課金

自分の部屋で飲む場合には無料です。

船内では21歳未満の乗船客はアルコール飲料の注文ができません。22歳上でないと注文ができないということなので、日本と若干違います。

ヨーロッパ・南米・アジア・オーストラリア・ニュージーランドクルーズの場合は18歳上21歳未満の人は乗船手続きの際保護者が同意のサインをすれば注文可能、という複雑なもの。バーではスタッフが年齢を証明する書類の提示を求める場合もあるそうです。

喫煙場所と罰金金額

ハーモニーで喫煙ができる箇所はデッキ15のプールデッキ左舷側とデッキ4のカジノの灰皿のある場所に限定されています。

ダイニングルーム、バルコニー、シアターを含む客室内は全面禁煙となっており、上気指定場所以外での喫煙は250USドルの罰金が課せられます。


帰国後「ハーモニーのどこが喫煙場所だったのか?」と改めて調べる程、乗船中「タバコの煙、臭いっ!」と感じたことはなかったくらい今まで乗船した外国船の中で快適でした。
カジノは喫煙場所だと知っているのでいつも近づきません。それでもモクモク煙い、という印象はありませんでした。

ほかの人のクルーズ乗船記・旅行記をもっと読みたい☆旅行ブログ 船旅

 

 

Pocket