ハーモニー・オブ・ザ・シーズ乗船記(49):アルティメットアビス体験|他船内の見学

ハーモニー・オブ・ザ・シーズ(以下、ハーモニー)の最終日も残すところ半日になると活動的になりフィットネス後、夕食時間まで船内をウロウロと散策しました。

船内でのアクティビティは天候不順でのクローズなどタイミングが悪かったのと思いの外寒かったこと、あとは食べ過ぎで体が重かったことでほとんど、いや全部「見てるだけ」状態でした。
遊ぶのも体力がいることを実感し、船上なので『遊び』も「一期一会」だと痛感しました。

10デッキ分を降下!アルティメットアビス

同じツアーでご一緒だった方に勧められて、最後に一つだけ10デッキ分を急降下するスライダーに挑戦しました。

デッキ16最後方に乗り口がある洋上の最驚スライダー「アルティメットアビス」はハーモニーとシンフォニー・オブ・ザ・シーズにしかない施設です。何度滑っても無料!水着では参加できません。

身長111cm以上、体重149kg以下なら誰でも滑ることができます。子供からご年配の方まで列に並んでいました。

私の目に並んでいたご婦人が「アルティメットアビス」のスタッフの方にジェスチャーで「ダメです」サインを送られていて列から外れました。だいぶふくよかな白人女性ではありましたが、149kg以上あるように見えなかったものの下半身がバーンと張っていたからか、と思ったのはスライダー入り口付近に来た時に気がつきました。スライダーのチューブは結構タイトになっていました。

スライダーの乗り口はさらに一段高くなり、足元はガラス張り、真下を見るとハーモニーの航跡が丸見えです!
高所恐怖症の人はこの段階でかなり怖いと思います。私も真下を見ないようにしていました。



スライダーのチューブの中は意外と狭いので狭いところが苦手な方もドキドキしてしまいます。いよいよ順番が来てマット状の足入れ袋をセットし滑っていきます。滑り出し3秒位は「全然大したことないな」と思っていましたが、とにかくスピードが早く左右に体が揺れまくり気がつくと下降口に出ていました。


ボードウォークのアクアシアターの前に滑り降りて出てくるので人の往来がありちょっと恥ずかしいのですが…滑り降りてくる人はみんなとびっきりの笑顔です!楽しい!こんなに楽しいのならもっと早くから挑戦すればよかった〜。
私もハーモニーに乗船する人にオススメしたいアトラクションでした!

静かに過ごす施設もあり

PCルーム:SEVEN HEARTS



デッキ上階後方にひっそりあったPCルーム。ほとんど利用者は見かけませんでしたが広々としたPCルームでした。

カードルームのお友達募集掲示板


カードゲームをする部屋がデッキ14後方にあり、年配の方がカードゲームに興じていました。『お友達募集』のボードがありました。

その他スペシャリティレストラン

アジア料理:泉(IZUMI &HIBACHI)



デッキ4にあったアジア各国料理が楽しめるスペシャリティレストランイズミ&ヒバチ。寿司バーや石焼料理が楽しめるそうで、オアシスクラス全てに入っているお店です。
昼食・夕食はカバーチャージではなく有料アラカルトになっていました。

店構えの雰囲気からすると『日本的』に見えますが、名前にあるヒバチって…なんだ?石焼料理を想像させるネーミングなのでしょうか?

それにしても甲冑の垂れの部分に「前」って書かれているのが笑えます。確かに「前」なんですけれど!

創作料理ワンダーランド

ハーモニーに新設されシンフォニーにも入っている創作料理のレストラン!テレビで紹介されていて私は行きたかったのですが主人が乗り気ではなかったので実現しませんでした。夕食のみカバーチャージは49ドル・要予約です。


(画像:『世界の船旅』BS朝日)
セントラルパークへの開口が天井いっぱいで大きく、明るい雰囲気の店内のようです。

ダンスラウンジ:ダブルス



デッキ8,9吹き抜けのダンスラウンジ・ダブルスは毎晩爆音が響いてノリノリでダンシングに興じている人が沢山いました。後方アクアシアターへの開口部が大きく開放感があるラウンジでした。

ハーモニーの中、特にスペシャリティレストランの中を見て回れるのは乗船して出港する前までだと写真も躊躇なく撮ることができるし、まだスタッフの人もいない状態も多いので店前のメニューをじっくり見たり…と乗船した直後はいつも色々忙しい私たちです。

ほかの人のクルーズ乗船記・旅行記をもっと読みたい☆旅行ブログ 船旅



Pocket