ハーモニー・オブ・ザ・シーズ乗船記(28):3日目夕食|ウィジャマー・カフェ|テーマブッフェ

ハーモニー・オブ・ザ・シーズ乗船3日目は『抜港』という事件があったものの、船内ライフは平穏に過ぎていきました。日が落ちるのが遅いように感じました。

この日は指定のダイニングに行かずにディナーはブッフェレストランのウィジャマー・カフェで食べることにしました。


この日は全体的に夜のドレスコードは『カジュアル』でしたが、フォーマルナイトでもここではカジュアルでOK!赤ちゃん連れ、子供連れのファミリーが多いように思いました。



ウィジャマー・カフェにはサラダバーの新鮮葉物野菜がいつでも豊富です。

ビーフ、チキンのローストも定番でおいてあるのは…


自分で作るスペシャルハンバーガーのため!お肉以外にバンズに挟む具が選びたい放題、ケチャップ、マスタードなども盛り放題!
こちらは朝もありますが、夜は具が多め!ただ…ビーフはジューシーにはほど遠いです。昔、米軍座間キャンプの中で食べたハンバーガーと同じ味でした。そういう食感なのだと思います。

一期一会のテーマブッフェ



この日は全体的に『イタリアン』的なお料理が多いかも?と思っていると…


数種類のパスタをその場でソースと和えてくれるコーナーがありました!


パスタの種類やソースは指さしでもOK!シェフに「どこから来たの?」と聞かれ日本だと答えると「ラーメンがすごく好きなんだよ〜。また日本で食べたいな」と言っていました。


主人が注文したジェノベーゼ。ものすごく美味しかった!茹でたて、和えたてもあるかもしれませんがソースも美味しい。
「あとで私も注文しに行こう!」と思ってその間に色々食べていると…



こんなに食べた後でパスタお代わりまで手が届かず…「明日また来よう」とその場を離れたことを未だに後悔しています。

後で知りましたが、夜のブッフェは毎夜テーマ料理があり、この日以降は寄港地のご当地料理が出てくるためにこのシェフが作るパスタには2度とお目にかかれませんでした。

その他にも「美味しかったからまた明日も食べよう」と思っていたきのこ料理なども翌日以降にはブッフェカウンターに登場していなかったこともあるので、ブッフェの料理は『一期一会』と思っていいと思います!美味しいと思ったものは心置きなく食べて下さい!!

そういう意味で考えると、ハーモニーのブッフェは同じものが出ている頻度が低い、ということになるのかもしれません。

おすすめデザート


自分で具を乗せるクレープ!子供に大人気で混じって並びました。こちらはクレープを液体生地から焼いてくれて、そのあとカウンターにあるトッピング具材を思う存分(?!)乗せるだけです。クレープは結構な頻度で見かけました。パスタは食べれなかったけど、クレープは別腹でした。


ケーキ類は甘すぎず、大きすぎずで食後のデザートぴったり。チョコレート系はやや甘いかも。カラフルなフルーツゼリーも美味しいです。


夜のウィジャマー・カフェは朝食や昼食時の2/3位しか開放していません。夜はダイニングやスペシャリティレストランへと乗客も分散されるのでしょう。ブッフェカウンターから遠いところだと、こんなに空いていて貸切状態。

本当に隅っこで黙々と食事を摂っていたのですが、我が添乗員さんが連絡事項を伝えに来てくれて、いやはや「ありがたい」。「抜港になって一日どう過ごされていましたか?」などと心配して頂きました。

自分たち以外の人と英語のコミュニティーの中で日本語で話せるってなんだか安心します。

>>初めての国内発着クルーズ、フライ&クルーズもお世話になったクラブツーリズム<<

クルーズ乗船記・旅行記をもっと読みたい☆旅行ブログ 船旅

Pocket