2019セレブリティ・ミレニアムおひとり様乗船記(14)プラザデッキ3|ゲストリレーションズ|トスカーナグリル|グランドフォイヤー

プラザデッキ3F(デッキ3)

私の客室がプラザデッキ3Fは船の中心、グランドフォイヤー、ゲストリレーションズ(受付)、寄港地観光デスク、セレブリティiLounge(PCスペース)、トスカーナグリルなどがあるフロアでした。

グランドフォイヤー


セレブリティ・ミレニアムといったらこの階段、グランドフォイヤー。
フォイヤーは日本語で言う「ホワイエ」でしょうか。ホワイエ(フォイヤー)は
「施設の中の広いスペース」「フロントの前の広い空間」などの意味があります。
今回のクルーズでは残念ながらフォーマルデーに一度も当たらなかったのですが、フォーマルデーではこの階段での記念撮影などでこの階段の周辺は華やかだったでしょう。

ゲストリレーションズ&コンシェルズデスク



グランドフォイヤーの前にゲストリレーションズデスクがありました。
このクルーズでは日本語を話せるスタッフがいて日本語でも対応してくれました。今回チャーターした旅行会社ミキツーリストのスタッフさんも常時2~3人この辺りにいらっしゃって対応してくれて助かりました。

セレブリティiLounge(PCスペース)


受付前すぐ左舷側にPCスペースがあり常時利用ができるスペースとなっていました。

↓有料Wi-fi利用料金
関連記事(1):2019セレブリティ・ミレニアムおひとり様乗船記(10):船内有料Wi-fiの購入|船内での電波状況

エレベーターホール周り


グランドフォイヤー下あたりのスペース。こちらに長いソファーや椅子があり、自分の部屋から外の電波がつながる一番近い場所でした。読書をするには終日薄暗い場所です。


エレベーター内。

日本語デスク


グランドフォイヤーから後方客室の方に進むと小さいスペースがあり、今回のクルーズではこちらに各寄港地のパンフレット、案内地図が置いてあり自由にもらうことができました。
クルーズ前半では各寄港地から案内担当の方が乗船し、寄港地での観光相談も行われていて盛況でした。移動中に船内でこのようなサービスがあるのはとても画期的だと思いました!パンフレット類も各寄港地数種類あり見やすく便利に使わせてもらいました。

寄港地観光デスク


ゲストリレーションズデスクの前右舷側に寄港地観光デスクがありました。こちらはセレブリティクルーズが主催する寄港地観光ツアーの案内・申込所となっており、こちらにも常時ミキツーリストさんのスタッフさんがいらっしゃったので分からないことを聞いたり、通訳してくれました。
必要事項は前日以前にこのように張り出され、ここにきて確認も。部屋から近いので便利でした。

トスカーナグリル


スペシャリティレストラン「トスカーナグリル」はデッキ3後方にあり、ちょっと入り口がわかりにくい「隠れ家」的なイタリアンステーキハウスレストランです。

会議室


トスカーナグリルの近くに会議室。乗船説明会が行われた会場です。

関連記事(2):2019セレブリティ・ミレニアムおひとり様乗船記(6):乗船説明会・避難訓練|スーツケースが届かない理由

ザ・シアター



船首には3層吹き抜けのシアター「ザ・シアター」。毎夜様々なショーがある他、昼間にはセレブリティクルーズのクルーズ紹介などもありました。

プラザデッキ3F(デッキ3)はゲストリレーションズや寄港地観光デスクなどインフォメーション関係が集まっていて、各箇所に常時スタッフがいる状態であまり「再度出直し」ということがなく安心感がありました。特に初めての「ひとりクルーズ」だったの同じフロアに客室があったことは何より心強かったです。

セレブリティミレニアムの乗船記・旅行記をもっと読みたい☆旅行ブログ 船旅

Pocket