【2019セレブリティミレニアム乗船記ブログ6】乗船説明会・避難訓練|スーツケースが届かない理由

北九州港からセレブリティ・ミレニアムに乗船し、昼食後はしばらく船内をブラブラしていました。


ほとんどの乗船客が下船しているのか、船内はほとんど誰もいません。こんなに船内に誰もいないクルーズ船を見たのは初めてかもしれません。


ジャグジーにお二人のみ…。ほぼ誰もいないので、種々のデッキチェアに腰掛けて座り心地をチェックしました。


デッキ11から見る北九州港。遥か向こうまで敷地。

乗船説明会に参加


乗船後3時間後位に船内のミーティングルームで乗船説明会があったので参加しました。ここ最近、クルーズ船乗船時には乗船説明会に参加するようにしています。

会場は満員!50人以上参加されていたので北九州港から乗船した人ほぼ全員の参加だったのかもしれません。

ミキ・ツーリストのチャータークルーズ

今回の『秋の日本周遊クルーズ』のクルーズは(株) ミキ・ツーリストのチャータークルーズでした。スタッフの方は20人乗船されているとのことでした。
ミキ・ツーリストの方から乗船に関するお話、出入国に関わる乗下船の説明、レストランのプロモーションなど説明などがありました。

釜山での下船&入国・出国手続きは?

今回のクルーズでは釜山に寄港するスケジュールとなっており、今回釜山で下船しない予定の人は「下船しての入国手続きは必要なし」とのことでした。
この辺りはクルーズ船によって「全員下船」となる場合もあるのでしっかり確認しておきたいところです。下船するかしないかによって自分の行動スケジュールが変わってきます。

乗船客ほぼ全員が日本人

日本発着ということもあり今回のクルーズの日本人乗船客は2,000人以上!外国人乗船客は37人ということでした。
セレブリティ・ミレニアム乗客定員数は2,158人なのでほぼ全員日本人!乗船中、台湾の方には遭遇しましたが、欧米人の方には出会わなかったです。

セレブリティ・ミレニアムの日本人クルー

セレブリティ・ミレニアムには日本人クルーの方がいるとのことでした(2019年9月現在)。デッキ5カフェアルバーチョ、もうお一方はキャニオンランチスパにそれぞれ女性の方にはお会いしましたが、その他にもいらっしゃいました。

説明会の最後に避難訓練(の映像)

説明会の最後に避難に関する映像を観ました。
「もしかして避難訓練はこれで終わり?」
説明会会場を出るときに出欠席を取られたのでこれで避難訓練だったようです。

説明会への参加は任意で、ライフジャケットの持参の通知もなかったので、部屋に帰って一応ライフジャケットの場所を確認…と思ったけれどそういえば「クローゼットの中には何もなかった!」
客室内を探してみるとなんとライフジャケットはベッド下に収納されていました。(ベッドサイドテーブル下にマークあり)
避難時の集合場所(マスターステーション)はクルーズカードに記載されているので場所を確認
しておきました。

 

「スーツケースが部屋に届かない」ハプニング!その理由は?

手荷物の客室到着に時間がかかる場合も

乗船説明会が終了して部屋に戻ると、チェックインをした際に運んでもらうように預けたスーツケースがまだ部屋に届いていませんでした。

乗船してから4時間が経過…。ゲストリレーションズで尋ねると「4,5時間はかかる場合がある」あるいは「夜遅くなることも」という回答。
北九州港からの乗船客がそんなに多くないので運ぶのにそんなに時間がかかるハズがない、と思いギャングウェイへ見に行くと、手荷物検査周辺にひっそり自分のスーツケースが置いてありました。

手荷物検査で引っかかっていた…(汗)

やっぱり運び忘れかと思い、手荷物検査のクルーに「そのスーツケース自分のだから自分で運んでもいい?」と聞いてみるとクルーはやや怖い顔でスーツケースを横にして「スーツケースを開けて」と言いました。

ギャングウェイの人が出入りするところでスーツケースの中身チェックが始まりました。
どうやら、手荷物検査で引っかかったらしく、ポーチの中身、衣類などが広げられ…ちょっと恥ずかしかったです。
特に異常はなかったのでなんの没収もなくそのまま自分で部屋までスーツケースと運ぶことになりよかったです。

スーツケースの部屋までの運び入れ時間が長い場合は「運び忘れ」「運ぶのに時間がかかる」の他にこういったケースもあることを学びました。

 

【タイトルから読みたい記事を探す】
→セレブリティ・ミレニアム乗船記タイトルインデックス
→クルーズ船別乗船記タイトルインデックス

Pocket