ハーモニー・オブ・ザ・シーズ乗船記(34):4日目ジャマイカ・ファルマス(2)ファルマスの街の様子

ハーモニー・オブ・ザ・シーズ(以下、ハーモニー)乗船4日目、ジャマイカのファルマス港で下船しました。

関連記事:ハーモニー・オブ・ザ・シーズ乗船記(32):4日目ジャマイカ・ファルマス(1)ターミナル港内の様子

ファルマスの街中を歩く

ファルマスではエクスカーションに参加しない予定でした。
街の治安も悪いということだったので、ファルマス港ターミナル内でブラブラするだけにしよう、とノープランでした。

しかし、添乗員さんが街中へ散策に連れて行ってくれるということでそのプランに乗りました!

ファルマス港の出入り口付近は物物しく、車の往来も多ければクルーズ乗船客の客引き、土産物屋さん、そしていきなり路上で酔っ払って泥だらけで寝ている人がゴロゴロしていたりしてカメラを向ける雰囲気ではありませんでした。


街の中心あたりではポリスが複数人巡回中。


ドレッドヘアを編むお店。


少し行くと道がひらけ、建物は相当古いけれどパステルカラーに塗られたお店などが見えてきました。


上の写真、パステルカラーの建物の道を挟み前が街の中心だと聞きました。ランドマークは時計塔!でもこの時計塔も時間は不正確でした(笑)。


この空と建物の色!今見ると合成写真のように思えます。


レンタカー屋さんらしき建物。街中を走る自動車は道が狭いのにハイスピードで往来します。道を横断する時は細心の注意が必要でした。


街の中心と呼ばれるところから外れると一気に人通りがなくなります。だんだんディープなエリアに入って来ました。


時々こんな素敵な塗装のお家も見られるのですが…


だいたいが台風が来たら飛びそうな屋根、レンガが剥げ落ちた壁面のお家が多かったです。


街中のコンビニ的なお店。ノスタルジックな壁の色が印象的です。
とても私たちだけでは中に入れないお店にも添乗員さんはズンズン入って行きます!



ミネラルウォーターも置いてありました。メープルシロップがひと瓶100円前後で売られていましたが、本当にメイプルシロップなのかは謎…。
ブレブレ画像ですみません(><)。


こちらはジョージ王朝様式建築の教会です。
古いけれど教会の敷地内、外観など整備されていました。



教会の裏の路地に後方が潰れたこの白い自動車は売り物でした!フロントガラスに『For Sale』どびっくりです。


最後に添乗員さんが連れて来てくれたハーモニーの全形を見られる原っぱでそれぞれ記念撮影〜!このクルーズで初めてハーモニーの全形を見ました。

往復およそ30分弱の散策でしたが、私は想像以上にディープな街並みに驚きました。街並み、というよりお店や銀行などの軒下ではだし、埃まみれで突っ伏して寝ている(?)人が多くそれに衝撃を受けました。
「生きてるのかなぁ…」と思いながら横目で通りすがると突然起き上がったり、「見るんなら金払え」のようなこともあり…添乗員さんと一緒じゃないと絶対に行かなかったと思うのでいい体験になりました!

トローリーで市街地観光


通常、市街地を見学する際にはファルマス港ターミナル内から出ているトローリーに乗って回ることができます。
2両連結のトローリーは大人気でした。当初私たちも乗車の列に並んでいましたがものすごく待ちそうなのでやめました。

こちらは所要時間1時間で有料です。記憶が定かではないのですが、一人25ドルだったと思います。「高い」という印象があったので2人で25ドルではなかったと思います。

トローリーで所要時間1時間ということなので遠くまで行くのだと思われます。


再びファルマス港ターミナルに戻って来てなんだかホッとしました。

添乗員さんと行くフライ&クルーズ☆ハーモニー・オブ・ザ・シーズの旅!>>クラブツーリズム<<

ほかの人のクルーズ乗船記・旅行記をもっと読みたい☆旅行ブログ 船旅

 

Pocket