ダイヤモンド・プリンセス:自動会計確認機|ドリンクパッケージ

【2017年美しい日本風景と釜山クルーズ8日間|横浜発着|寄港地:高知・広島・釜山・長崎】

IMG_6112

ダイヤモンド・プリンセスクルーズカード

BlogPaint
ダイヤモンド・プリンセスのクルーズカード。リピーターの方は乗船回数に応じて、ゴールドルビー、プラチナ、ブラックとカードの色が異なります。

このクルーズカードは、部屋の鍵、クレジットカード、身分証 を兼ねているので絶対に失くせません。また、夕食ダインングルームの名称、夕食開始時間、テーブル番号、緊急時集合場所がすべて記載されているので便利です。

船内でいくら使ったのかを知りたい時は?

有料飲食や買い物でカードで決済すると「今、一体いくらくらい使っているの?」不安になりますよね。

今、このクルーズカードでいくら使っているかを確認できる自動会計確認機が6階アナトリウムの受付付近にあります。(そのマシンの写真がなくて本当にすみません!)

それにクルーズカードを通すと、直前のカード利用明細が印刷されて出てきます。↓

BlogPaint
なんだか、学生時代の成績表のようなそっけないカード利用明細表です。詳細は日本語で書かれています合算の利用明細と、使用した人の明細表が出てくるので見誤らないように注意です。

BlogPaint
最終的にはこのような用紙でカード利用明細表が下船早朝に部屋に届きます。
どこで、何に使ったかの詳細がはっきり出ているので、事前に確認しておいた方がいいですね。下船してしまってからの問い合わせは受けれないということなので注意したいところです。

image

ドリンクパッケージとは

10ドル以下のすべての飲み物、カクテル、ワイン、ビール、飲料水、紅茶、炭酸飲料、特製コーヒー(カプチーノやラテなど含)など52ドル+15%サービス料1日限り1名料金で飲めるプランがドリンクパッケージです。

単純に8ドルのビールを7杯以上注文すれば元は取れる計算です。アルコール以外で使えるので汎用性はあるようですが1回あたり結構な金額ですよね。

寄港地が入ると船内にいる時間は短いのでそんなに飲めないかも?連続して買うこともできるし、1日のみでもOKのようです。

関連記事:飛鳥IIの船内精算方法


 

Pocket