【2022[改装後]飛鳥IIクルーズ乗船記ブログ3】コロナ禍クルーズ|1日目ディナー&アスカバル|おひとり様クルーズ

第一日目夜ディナー

1回制で席指定のディナー

乗船1日目の夜はフォーシーズンダイニングルームにてディナー。今回のクルーズではディナー時間は18:00の1回制でした。感染予防対策のため、予め指定されたテーブルに着席となりました。

ドレスコードは「カジュアル」

ドレスコードは「カジュアル」でした。飛鳥IIでドレスコードがカジュアルだったのは初めてだったような。
飛鳥IIでの「カジュアル」ドレスコードは、
男性:ポロシャツ、セーター、スラックスなど
女性:ブラウス、スカートなど 
と、クルーズガイドに記されています。
実際この日はどういう服装が多かったかというと…
男性:ジャケットや襟付きシャツを着用されている方が多かったです。足元はスニーカーのようなカジュアルな靴が多かったように思いました。
女性:ブラウス、カットソー、スカート、パンツ、足元はぺたんこ靴やカジュアル靴などが多かったです。中にはお着物をお召しの方も見られましたが「友人とカジュアルな場所に食事に行くような格好」で十分だったように思いました。


着席した席から周りを見渡してみると、90%以上の席にナフキンとメニューがありました。私と同じくおひとりで席に着かれている方もいらっしゃいました。隣席との間に置かれた感染防止パネルは、テーブルではなく床に置かれたしっかりしたもので安定感がありました。

 ディナー&ドリンクメニュー


この日のメニューは、スープとメインディッシュが選べました。
★印はシェフのおすすめとなっていたので、どちらともシェフのおすすめを選びました。



無料のソフトドリンクの中からスパークリングウォーターを選び、その後にソフトドリンクのグランドメニューからノンアルコールカクテルのフレッシュレモンスカッシュ(880円)をオーダーしました。ノンアルコール…というかもはやジュースのような甘味が強いドリンクでした。
ドリンクのグランドメニュー(↓)は「見せてください」とお願いすると持ってきてくれます。


アミューズ:カツオとクレソンのマリネ
ほんの一口…マリネ感がほぼほぼなかったです。素材良しで生臭い感じはなかったです。

マリネのお皿の下に敷かれた飛鳥IIと海面がデザインされたお皿が素敵でした。

アペタイザー:奥州いわい鶏胸肉のヴァプール パプリカのクーリー
鶏胸肉は柔らかく、野菜もフレッシュなんだけれど…下のソースと絡みにくくそれぞれ別々に食べているような感じでした。

↑スープ:冬瓜と穴子のスープ
このスープが出てくるまでに結構時間があり…配られたパンを食べるしかなく…相当スープに期待が入ったけれど冬瓜も穴子も小さい衝撃。

↑サラダ:小エビとアボカドの彩りサラダ
「3回混ぜて食べてください」というウェイターさんの助言に従い、混ぜて食べてみました。「あぁ〜これだよ〜これが飛鳥の料理!」と言うほどエビのプリ感良し、香味野菜とドレッシングなどなどの自分では出せないプロのハーモニーを感じ、以後の料理への期待値も上がりました!

↑メイン:仔羊フィレ肉のデュクセル巻き ホワイトポートワインソース
仔羊肉の柔らかさを感じたが、ソースの味が至極薄かった。向かいのテーブルの男性も塩をかなり振っていた…。

↑デザート:濃厚バニラアイスとライチのマリアージュ ヴェルガモットの香り
メインからこのデザートが出てくる間、またもや待ち時間が長く…コーヒー飲み終わっちゃうな〜とテンションが下がり始めた頃に出てきたので、期待値は大きかったが、それを上回るような美味しさ!ヴェルガモットの香りがフレッシュで強く、このデザートのどの部分にどうやってヴェルガモットが使われているのかを考察している間に全てお腹の中に!

1日目のディナーの感想

3年以上ぶりの飛鳥IIのディナーでしたが、以前乗船した時よりも全体的に味がかなりの薄味でした。今年になって飲酒を止めたせいか、結構味に敏感になっているところはありますが、お酒を飲んでいる方にはさらに薄く感じたのではないかな?と思いました。そのせいか、正直、「飛鳥IIのディナー!」という特別感はなかったのが残念すぎました。また、パン類も冷めていて、以前はお代わりのサービスがあったと思うのですが今回は一度配布されたきりでした。お料理のポーションも小さめ、少なめなのでもう少しパンが欲しかったです。

アスカバル

リドカフェ&リドガーデンで18:00〜22:00間に行われている『アスカバル』にディナーの後に寄ってみました。
生ハム、チーズ、揚げ物などのおつまみ類から、デザート類が小さいポーションでカウンターに並び、特にデザートの種類がものすごく多かったです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

@cruise_lover_jpがシェアした投稿

ディナーの料理が全体的に少なめなので、こちらでまた食べることもあり!
チーズと生ハムを頂きました。


出航したこの日の夜から、風の影響を受けて船が揺れると船内放送がありました。歩きづらいほどの揺れだとは感じませんでしたが、波は結構立っていました。この後プールの水は完全に抜かれ、プール周りの椅子やテーブルは完全に撤去されました。

【関連記事】
●この前の記事→【2022[改装後]飛鳥IIクルーズ乗船記ブログ2】コロナ禍クルーズ|Kステート客室&設備|おひとり様クルーズ
●この後の記事
【2022[改装後]飛鳥IIクルーズ乗船記ブログ4】コロナ禍クルーズ|改装された船内の様子&船内無料Wi-Fi&感染対策感想|おひとり様クルーズ
●今までの飛鳥II乗船記→【飛鳥IIタイトルインデックス】

Pocket