2019コスタベネチア乗船記(33):5日目台湾・基隆港周辺を散策|基隆港ターミナルの無料Wi-fiの状況|ハンバーガーランチ

基隆の街を散策

基隆では全くのノープラン下船だった、そのために一切の両替をせずに下船して憂き目にあいました。

関連記事(1):2019コスタベネチア乗船記(32):台湾・基隆でのカード決済|利用できたクレカは?|現金持参は必要か?

喉が渇いて…水分補給ができるすべも無く(↑関連記事参照)、基隆港の海洋広場(↑)この辺りですでに体力消耗気味になったのは不覚でした。


この海洋広場からだとコスタベネチアの全景を撮るのは難しいので、全景スポットは対岸がオススメです。この時対岸にはナッチャンWorldが停泊中でした。

ひとしきり写真などを撮った後に喉の渇きに耐えながらユルユルと歩き出しました。




十数年前に台北に行ったことがありますが、台北だとレトロな建物と近代的な外資系ホテルや建物などが混在している街並みでしたが、ここ基隆はどっぷり建物がレトロ。地震も頻繁にあるのにこんなに古くて大丈夫?と思ってしまいます。
レトロすぎてノスタルジーを超越している感もありますが、街はゴミなども無く綺麗で歩きやすかったです。

高台からコスタベネチアを見ようと中正公園方面に行ってみることに。

中正公園


いきなりの石階段、転げ落ちそうでした。降りてきた日本人の年配女性に「ここが一番急だからあとは楽よ、頑張って!」と励まされました。
体力よりも、喉が渇いてすでに虚ろでした…。

忠烈祠


階段を上ると日本統治時代には基隆神社だったという忠烈祠。台北にも大きな忠烈祠がありますがここもそうだとは帰国して知りました。



さらになだらかな傾斜になっている道を登って行きました。なだらかだけれど、結構な距離。途中に小さな公園で猫を眺めつつ、公園のリアルな動物像に驚く。

主普壇


ひらけた場所に出てきた!やっと中正公園の頂上。ここは主普壇という場所で民族資料館。現在は一階しか公開されていないようで、上階への階段は閉鎖されていました。


ここから基隆港が一望できます。ここから見るコスタベネチアは大きい!

ここまで登ったら喉が乾きすぎてヘトヘトになったので、中正公園の中心まではいかずゆっくりと港へ戻ることに。短い散策でした。


ブラブラしたのは本当に港周辺でした。


建物の間にコスタベネチア、異空間。


約2時間弱の基隆の滞在時間、終わり。乗船手続きをする前に台湾鉄道・基隆駅をのぞきました。

関連記事(2):2019コスタベネチア乗船記(31):5日目寄港地基隆|基隆港から九份・台北市内のアクセス法

基隆港ターミナル無料Wi-fi


基隆港ターミナルの出入り口付近で無料Wi-fiを繋いでみました。無料で繋げられるWi-fiは3つ位あったと思います。繋ぎ方も簡単で、結構サクサク通信できました。
客室は港側だったのでバルコニーに出るとうすーくここで繋いだ無料Wi-fiが使えました。

昼食:バーガーバー


基隆で街ブラしていた時に見かけたマクドナルドの見たこともないハンバーガーが美味しそうだったので…


いつもは行列でありつけるまで時間を要するバーガーバーでセルフハンバーガーをゆっくり、じっくり、好きなだけしっかり時間をかけて盛り…


心ゆくまで堪能しました。もちろんビールも一緒です。やっと喉を潤せました。


コスタベネチアに戻ってきたと思ったら、どんよりしていた曇天も綺麗に晴れ渡り、李ドマーケットプレイスのプールサイドも明るく開放的な雰囲気に。



食後はいつも人で溢れているデッキ11のソラリウムのデッキチェアをフルフラットにしてまったり。青空が気持ちイイ〜。


この日はクルー達の避難訓練が行われるということで、訓練中海の上には救命ボートが浮いていました。浮かんでいる救命ボートは結構大きかったです。

ほかの人のクルーズ乗船記・旅行記をもっと読みたい☆旅行ブログ 船旅

 

Pocket