コスタベネチア乗船記(41):7日目朝食|下船説明会


コスタベネチアでのクルーズも7日目、最後の終日航海日。いよいよ翌日は下船です。
8日間のクルーズ中ようやく朝から晴れ間がのぞき一日中お天気だった7日目。


船首のお気に入り船首デッキまでの朝の船内散策。強風も和らぎこの日の朝はべた凪。

関連記事:2019コスタベネチア乗船記(15):『映え』ポイント-ブリッジ真下の船首デッキ

7日目朝食 カナル・グランデ


7日目の朝食はカナル・グランデにて。クルーズも終盤になってくると朝食会場選びに困ります。どこに行っても基本的に朝食・昼食のメニューがあまり変わらないのは少々不満でもありました。


カナル・グランデの朝食は卵料理などはオーダーできますが、それ以外の料理(ハム・ソーセージ・ゆで卵、サラダなど)はブッフェ形式になっていました。パン、フルーツ、ヨーグルトなども同様です。そして、この通り並ぶのです。


カナル・グランデレストラン以外でもそうですが、朝食・昼食共にフルーツの人気は高い訳です。なので、フルーツはお料理のラインから外すとお料理を取りたい人、フルーツを取りたい人双方があまり並ばなくて済むのになぁ〜と思いました。特に「スイカ」が出ている時のフィーバーぶりは尋常じゃありません!


カナル・グランデではテーブルが相席になることが多く、クルーズの先輩、人生の先輩方から色々教わることが多かったです。

例えば、このようにブッフェで並ぶことに真正面から「不快な気持ち」を得るのではなく「並ばなくても取れるパンやヨーグルトなどを食べればいいのよ〜。」と不快になりそうなことを避ける術を伝授してもらいました(笑)。
船内において大体が食べ過ぎていますし、朝食はいつもパンやヨーグルトで済んでますし。イライラを避ける方が気分がいいです。


と、言っている側から主人が卵料理をオーダーし…容易に想像できますがもちろん運ばれてくる、までに相当な時間はかかりました。オーダーする際は先に卵料理を注文し、その後に他の食べ物を取りに行くのがベスト。そうすれば席に着いた時に運ばれてくる、かも?!

下船説明会

午前中に2回、翌日の下船の説明会がありました。

1回目の下船説明会に出席しましたが、テアトロ・ロッソ(シアター)が超満員になりました。


下船説明会はコスタネオロマンチカでもお馴染みのノリコさんが司会。いつもはコスタネオロマンチカに乗船されていますが、このクルーズに乗船されていました。


コスタネオロマンチカの下船説明会とほぼほぼ一緒ですが、スーツケースなどの回収時間は要チェック!この時は7日目25時まででした。


この説明会で初めて聞いたのですが、おもちゃの銃でも預かりの対象になってしまうらしいです。船会社によって規定は違うのでしょうけれど、なかなか厳しいですね。


午後は部屋で映画やレグスタイルの船内パフォーマンスを楽しんで、荷物整理を引き延ばしていました。午後には客室のテレビで午前中に行われた下船説明会が流れていました。

ほかの人のクルーズ乗船記・旅行記をもっと読みたい☆旅行ブログ 船旅

Pocket