ハーモニー・オブ・ザ・シーズ乗船記(41):夕食名物ロブスター料理&2回目のフォーマルナイト

ハーモニー・オブ・ザ・シーズ(以下、ハーモニー)乗船5日目のランチは再びウィンジャマー・カフェのブッフェにて極軽くすませました。

5日目ランチ:ウィンジャマー・カフェ


船内を歩き尽くし、普段の生活でかなり歩き慣れている私たちでもかなり体力を消耗しました。オールアクセスツアーから13時頃終わったのでランチはこちらで。
この時ウィンジャマー・カフェのランチメニューは大好きなイタリアンでしたが…この日の夜のロブスターディナーに備えて(?)極々軽目の盛りですませました。

「野菜を食べるくらいならパスタを食べたい」↑という私の気持ちが出ています(笑)。


主人は野菜モリモリです。

ランチから戻るとそのまま部屋のベッドになだれ込み3時間ほど寝てしまったと思います。気がついたら夕方でした!
この日の夜はドレスコードが2回目の『フォーマル』指定で、ダイニングレストランへ行く予定だったので大慌てで着替えです。

5日目夜のドレスコード:フォーマル


フォーマル指定だったのですが、インフォーマル位の装いです。それでも全然OK、周りとの違和感ありません。
同じフォーマルナイトでも乗船2日目のキャプテン主催のパーティーが行われる時の方がドレッシーということはわかっていたのであえてのワンピースで。

・one piece…ZARA(3,980円)
・bag, neckless,blesslet…Yahoo!auction(3点2,000円前後)
・shoes…Isetan(7,000円前後)

いずれも一度飛鳥IIで既に着用済↓。着まわしの極み。
ショールだけが別物です。

関連記事:飛鳥II:A-style乗船記(5)ドレスコード|女性インフォーマルスタイル


ショールはダイニングではマスト。夜は外気も冷えますが船内はどこに行っても寒いです。


主人は前回のフォーマル時と同じスーツで、シャツとタイは別のものを着用しています。…ほとんどユニフォーム化している主人のフォーマル。
THE FINE LINEの日本人のキャストさんとダイニングで。

5日目夕食:ロブスター料理(ダイニング)

この日のディナーはハーモニー名物の『ロブスターナイト』。ロブスター料理がメインのこの日のはロブスターのお代わりが自由!(と、聞いていました) もちろん、ロブスター以外にもお料理は選べます。


こんがりバターソースで味付けされたプリプリで柔らかいのロブスター!ロブスター自体は一口か二口で食べれてしまいので、本当に何個でも食べれてしまえます。付け合わせも含めて一皿食べるとそれなりにお腹がいっぱいに!それでも私ももう一皿おかわししました!


大胆なシーザーズサラダ!


トマトベースのスープ!
サイドメニューも食べ、ロブスターも2皿完食しお腹がいっぱい!同じツアーの方で最もロブスターを食べた方はなんと4皿!というではありませんか…凄すぎる。しかも「ロブスターだけ持って来て」とお願いしたそうです(笑)。

満腹感半端ないところへ日本人のテーブルだけ『焼うどん』が厨房のサービスでサーブされました!!


これには「ワァ〜オ!」としかいいようがなく、しかもなんで我々だけなのか?添乗員さん曰く「日本人のお客さんに今後も乗船の期待を込めたアピールでは?」とのこと。なるほど!

『焼うどん』ということですが焼かれてません(笑)。どちらかというとオイスターソースベースの汁麺で味は中華寄りです。見た目より美味しかったですがなんせ、お腹がいっぱいの時に出されたのでせっかくのサービスなのに残してしまって申し訳けなかったです。



デザート別腹の主人はこの後に及んでスィーツ2皿注文していて唖然…。

クルーズ料金にダイニングでの食事も込みなので、ロブスターも好きなだけ、スィーツも好きなだけ食べれるということなのですが…!
2ndシーティングではロブスターが足りなくなって「一人一皿でした」と添乗員さんが嘆いていました。

ほかの人のクルーズ乗船記・旅行記をもっと読みたい☆旅行ブログ 船旅



Pocket