ハーモニー・オブ・ザ・シーズ乗船記(18):フローライダー|アルティメット・アビス|ジップライン

デッキ15 、プールエリアからもっと後方に歩いていくと、子供のエリアに出ます。

デッキ15:ティーンエリア



ミニゴルフは子供だけではなく年配の方やカップルも楽しんでいました。卓球やバスケットコートもあり常に子供と大人で溢れかえっていました。

セルフアイスクリームマシーン


ティーンエリアの手前、両舷にアイスクリームをセルフで作るマシーンが置いてあり、いつも長蛇の列でした。主人も自分で作っていましたが簡単にできました。ヨーグルトアイスのようでした。

ジップライン



ミニゴルフとバスケットコートの間の短い距離でいささかの恐怖体験?船内のジップラインはテレビで紹介された時よりも短い距離でした。25mの距離だそうですがそれよりも短くみえました。

ジップライン営業時間が短めで夕方前の早い時間で終わります。
天候が悪いときや揺れのある時は予定外にクローズになったりしていて、私自身やってみたかったのですが、この写真を撮ってる時しか稼働していませんでした。
これもタイミング!先延ばしだとチャンスがないかもしれません。

利用制限があり、身長132cm以上、体重34kg以上/124kg以下の人が利用可能。18歳未満の人は保護者のサインが必要で、利用者全員同意書にサインが必要とのこと。

さらに船尾に移動し、一デッキを上がるとデッキ16に出ます。

ワイプアウトバー


立ち飲みカフェバー。ビールやワインなどを片手にフローライダーの見学といきますか!

フローライダー

奥行き12mの波を船上に再現、大波に乗ってサーフィンやボディーボードを楽しむ船上サーフィン場が2箇所あります。

ボディーボードエリアは半分に仕切って使ってました。人口波は結構強烈、音もすごいんです!


反対側はサーフィン用フローライダー。初心者と思しき男の子がスタッフからレクチャーを受けていました。


端でボードに乗せて波の中央までスタッフが支えながら移動させてくれます。


スタッフが手を離して、いざRide on!


なかなか上手!すぐに波に乗れていました。バランスを崩して波にさらわれたら終わり。


フローライダーを利用する際は、全員同意書(タブレット)にサインが必要です。ボディーボードは身長132cm以上、サーフィンは身長147cm以上の人が利用可能、18歳未満の人は保護者のサインが必要とのこと。

実は私はフローライダーを体験してみたくてラッシュガードと短パンまでちゃんと持参して行ったのですが、やっぱり寒さには勝てずチャレンジする気になれませんでした。
サーフィンは難しそうですが、無料なので何度もチャレンジしている人が多くだんだんとうまくなっていくのが見ていてもわかりました。ボディボードの方は楽しそう、すぐできそう?な感じです。

こちらも天候不良や揺れがある場合一時的にクローズになっていることもありました。

アルティメットアビス(スライダー)


デッキ16の最後方に10デッキ分を急降下するスライダー、アルティメットアビスはハーモニー・オブ・ザ・シーズに初登場!これはトライしてみなくてはでしょ!と思いつつその長さに腰が引けていました。


こちらは特に事前の同意書の記入はありませんでした。
利用制限は身長111cm、体重149kg以下であれば滑ることができますが、私の前に並んでいた体格の良い年配のご婦人は、直前にスタッフの方から目視で「ダメ」と言われて列を離れました。149kgもないと思うのですがおそらくスライダーの横幅限界以上だったのかもしれません。

アルティメットアビスのこのスライダーは、半寝袋みたいなものに足を入れてそのまま滑っていきます。


(画像引用:ロイヤル・カリビアン・ジャパンFB)
スライダーの入り口のフロアがこのようにクリアになっているのでここで待っているだけでそれなりの恐怖は味わえました…。画像でも怖い!


写真に写っている紫色の管がアルティメット・アビスのスライダー部分!デッキ16からデッキ6のボード・ウォークまで急降下です。

滑り出しは「たいしたことないな」なんて余裕だったのですが途中でかなりの遠心力に影響されスライダーの中でゴロンゴロン、見事に肘を打ちました。自力ジェットコースターともいいましょうか。結構スリルありました!


デッキ6にはスタッフの人がいて、ここで半寝袋を回収。ここから出てくる人みんな笑顔!興奮気味の顔ばかり!私自身もスッキリしました。

4つのプールも、フローライダーも10デッキ分のスライダーも船上であることがすごい、やっぱりハーモニーはすごいいろんな意味で度肝を抜かされました。

添乗員さん同行のフライ&クルーズの旅>>クラブツーリズム

クルーズ乗船記・旅行記をもっと読みたい☆旅行ブログ 船旅

Pocket