飛鳥II:A-style乗船記(6)1日目夕食|インフォーマルディナー&マリナーズバー体験

ダイニングレストランで夕食

飛鳥II初乗船の最初の記念すべきディナーは指定時間ギリギリにダイニングに到着したので、すでにせきは満席状態でした。窓際の席はすでに埋まっていて残念でした。

IMG_0643
前菜各種。残念ながらお料理の名前、内容は忘れてしまいました。

IMG_0647
食べやすい大きさ、食べやすい量での提供。美味しかったです。

IMG_0649
IMG_0650
 IMG_0652
IMG_0659
メインのお料理はお魚かお肉が選べました。私はお魚を選びましたが主人のお肉のメインを見てびっくり。ボリュームが違いすぎます!
最後にデザート。コーヒーか紅茶が選べます。

メインダイニングが満席状態だったからか、一皿一皿の間が長かったです。お料理を待つ間にウェイターの方がパンを持ってきてくれます。どれもほんのり温かく食べ過ぎるとお腹一杯になってしまいます。
全体のボリュームは「軽め」か「ちょうど良い」量でした。

アルコール類他飲み物は有料です。

 

記念日お祝いサービスもあり

クルーズ中にお誕生日や結婚記念日などの記念日をお祝いしてくれるサービスがあります。事前に申し込みが必要です。

この日も広いダイニングの中のあちこちでお祝いがありました。演奏隊がローソクがたったケーキと共に現れて「ハッピーバースデー」を歌ってくれます。サプライズだと嬉しいかもしれません。

ダイニングを見渡すと、お一人でお食事されている年配のご婦人もいらっしゃいました。何度か乗船されているようでクルーたちと談笑している姿は「クルーズ旅行の余裕」と「コミュニケーション能力の高さ」をも感じました!

飛鳥II船内のマリナーズバー

ダイニングでの食事を楽しんだ後は、船内にある英国風の落ち着いたバー、マリナーズバーへ行きました。

こちらではカクテルとサーモン、オリーブをオーダーしました。

IMG_3940
サーモンは肉厚でボリュームがありとても美味しかったです。

IMG_3939
飛鳥IIのオリジナルカクテルが2種類あり、そのうちの一つをオーダーしました。グラスには飛鳥IIのシンボルマークが塩で施されていました。

席がピアノの前だったので、演奏をじっくり堪能できました。船の上にいることを忘れてしまうひと時です。

テレビ、スマホ、ネットなどデジタル機器から離れることができる(実際にはアクセスできる手段はあります)クルーズの旅は、日頃忙しい人がリラックスするのに最適、だと思いました。



十人十色のクルーズ旅行記をいますぐ読む!☆旅行ブログ 船旅

Pocket