【横浜クルーズ港近いホテルVo.2】アパホテル&リゾート<横浜ベイタワー>宿泊記|横浜港クルーズ乗下船前後泊

交通至便!新港ふ頭客船ターミナル,みなとみらいエリアへ徒歩移動可能!

横浜港の新港ふ頭客船ターミナル(横浜ハンマーヘッド)へは徒歩圏内、横浜大さん橋国際客船ターミナル、大黒ふ頭に近いホテルです。交通至便、観光、周辺ではショッピング、飲食店などが豊富、みなとみらいや夜景が楽しめる立地がとても良いホテル。アパホテル&リゾート<横浜ベイタワー>を今回はご紹介いたします。
開業は2019年9月と比較的新しいホテルです。


【ホテル名】アパホテル&リゾート<横浜リゾート>

【ホテルへのアクセス】
●電車&地下鉄
・横浜高速鉄道みなとみらい線「馬車道駅」から徒歩約3分
・JR根岸線・京浜東北線,横浜市営地下鉄ブルーライン「桜木町駅」より徒歩約9分
・JR根岸線,横浜市営地下鉄ブルーライン「関内駅」より徒歩約10分
●空港バス
・羽田空港(京急バス/約33分)→馬車道駅
・成田空港(リムジンバス/約1時間40分)→横浜駅(JR/約4分)→桜木町(徒歩/8分)→馬車道駅
【新港ふ頭客船ターミナル(ハンマーヘッド)までの所要時間】
●タクシー利用(約2分/普通車約500円)
ホテル前→新港ふ頭客船ターミナル
●徒歩(約7分)
万国橋通り経由
【横浜大さん橋国際客船ターミナルまでの所要時間】
●タクシー利用(約5分/普通車約800円)
ホテル前→横浜大さん橋国際客船ターミナル
●徒歩(約18分)
海岸通り経由他14分,国道133号経由
●みなとみらい線&徒歩利用(約11分/183円)
馬車道駅(みなとみらい線/約2分)→日本大通り→横浜大さん橋国際客船ターミナル(徒歩/9分)

馬車道駅から徒歩3分,みなとみらいエリアも徒歩圏内

途中昇り降りはありますが、ホテルから新港ふ港客船ターミナルに直進で徒歩7分、最寄駅の馬車道駅から徒歩2分という好立地にあるホテルです。

【ホテル正面】


ホテル入り口には車寄せがあり、タクシーや車の乗降車もスムーズです。
【チェックインカウンター/レセプション/ロビーエリア】


Apaアプリによるチェックイン機は少なく、他のチェックインカウンター機の方が断然多く、チェックインはセルフ操作。カウンターにスタッフの方がいるので、わからないことはすぐに聞くことができます。ホテルチェックイン開始時間の15時は混み合いましたが、小一時間もすると↑この通り。



チェックアウト時に特に精算などがなければ、ルームキーをこの中に入れてチェックアウト完了です。

アパカラーのオレンジ、黒、ゴールドの派手派手エリアは1F、3Fまで。客室フロアは落ち着いた色合いになっています。

コンパクトサイズのシングルルーム




今回宿泊したのは「眺望あり」指定の禁煙シングルルームの20階のお部屋。部屋からはみなとみらいの遊園地の観覧車あたりからベイブリッジ方面まで見渡すことができ、真正面には新港ふ頭客船ターミナルとハンマーヘッドが見えました。この日は新港ふ頭客船ターミナル(ハンマーヘッド)、横浜大さん橋国際客船ターミナル共にクルーズ船が停泊していなかったのが少し残念でした。
シングルルーム客室のベッドサイズはおそらくセミダブルかと思います。今回はシングルで利用しましたが、通常はセミダブルの部屋ではないかと思います。『必要最小限の設備と広さ』と謳われている通り全てがコンパクトサイズといった印象の客室でした。
ホテル内の詳細は動画を作成しましたのでこちらでも確認できます。

充実のホテル4F設備・レストラン

アパホテル&リゾート<横浜ベイタワー>の4Fには、コンビニ、大浴場、プール、フィットネス、ランドリールームが同じフロアにあり利用しやすい動線となっています。
【コンビニが2店舗】
ホテル内にファミリーマートEAST,WESTの2店舗がありました。通常のコンビニと同様のお酒、お弁当、スィーツ、消耗品など商品があり、特にお酒のおつまみ(乾き物系)が豊富にありました。24時間営業なのも利用しやすく、朝はドリップコーヒーを買う宿泊者で若干列ができていました。
【フィットネスジム】

18歳以上の宿泊者のみの利用が可能で料金は無料。こじんまりしたジムです。
【大浴場&ランドリールーム】


男女の大浴場も4Fにあり、女子大浴場の隣にはランドリールームがありました。女子の大浴場、脱衣場には同じタイプの洗濯機&乾燥機がさらに3台ありました。ランドリールーム、大浴場の中共にランドリーマシーンはフル稼働していました。
【プールサイドテラス】


4Fにはさらにプールサイドテラスがあり、キリンレモンプールは今の時期は遊泳期間外ですが、大浴場から出て来た方が多くこのプールサイドで涼んでいました。

ホテル内にクラフトビール工場&レストラン


【REVO BREWING】
ホテル1Fにあるクラフトビール醸造所併設レストラン レボ・ブルーイング。バーとレストランエリアが分かれ、利用する時間帯によってフードの種類も変わります。

天井が高く落ち着いた空間。ホテル側を流れる運河やその向こうのみなとみらいのビルや観覧車を見ながらクラフトビール、ワインなどお酒を楽しむことができます。

ビールの種類があり過ぎてどのビールにしようか悩んでしまったら、スタッフさんにビール選びを手伝ってもらえます。今回は「あまり苦味がないビールを」という私のリクエストにお薦めしてもらったのは、コリアンダーセゾンというビール。ほんのりスパイシーな香りながらも飲みやすいビールでした。つまみで注文したポテトフライはシェアしてちょうどいい感じの量でした。

夜のみなとみらい&ハンマーヘッド


陽が落ちた後は夜景を楽しむためホテルから徒歩でハンマーヘッド(新港ふ頭客船ターミナル)までお散歩。運河上を走行する横浜エアキャビンは21頃(日によって変動)まで乗車できるようです。


ハンマーヘッド内店舗も一部23時(変動あり)まで営業しているようです。淡いピンク色にライティングされたハンマーヘッド。誰もいなさそうに見えますが、カメラ撮影者が多かったです。

アパホテル&リゾート<横浜ベイタワー>に宿泊した感想

クルーズ船の乗船前後泊にお薦めしたいアパホテル&リゾート<横浜ベイタワー>。その理由は新港ふ頭、大さん橋共にクルーズターミナルに近く、バスや電車などの公共交通機関も利用しやすく移動がラクという点と。みなとみらいエリア、赤レンガ倉庫、中華街他横浜を代表する観光地にも近くホテル周辺には飲食店も充実している点です。ホテルにはコンビニや大浴場、ランドリーもあり外国船の下船後には「湯船に浸かりたい!」という欲求も満たされるかと思います。
今回宿泊したシングルルームは、大きなスーツケースを開くスペースの余裕は全然ありませんでした。部屋自体がとてもコンパクトなので、荷物少なめの(?)前泊向きかもしれません。
↓↓↓動画作成しました↓↓↓

【関連記事】
【横浜クルーズ港近いホテルVo.1-2】オークウッドスイーツ横浜宿泊記(後編)|スタジオスーペリアツインの全貌&宿泊感想|横浜港クルーズ乗下船前後泊
【横浜クルーズ港近いホテルVo.1-2】オークウッドスイーツ横浜宿泊記(後編)|スタジオスーペリアツインの全貌&宿泊感想|横浜港乗下船前後泊

Pocket