2019セレブリティ・ミレニアム乗船記(16)乗船3日目舞鶴寄港|ヘリパッドでの見学|オーダーオムレツの朝食

舞鶴港への入港 リパッド解放

北九州港から乗船3日目、この日の寄港地は京都・舞鶴でした。
舞鶴港への入港時間は10:30、最終乗船は22:30と丸12時間の長い寄港となっていました。


舞鶴港への入港前午前9:00に「天気が良ければヘリパッドを解放します」という事前アナウンスがあったので間に合うように集合場所の「ザ・シアター」へ。




シアターのいつもはクローズドになっているドアが開いて歩いて、登って船の先にあるヘリパッドへ!
客室から見えないこの部分はクルーの憩いの場になっているのでしょうか。テーブル、椅子、サンドバックなどが置いてありました。


船の突端!ヘリが駐機できるヘリパッドはデッキの上から見るよりも広々していました。180度以上見渡せて半端ない開放感でした。
ヘリパッドを解放してくれるなんて粋な計らい、素敵なサービスだと思いました!


ヘリパッドから船体を見るとこんな感じ。



入江から静かに舞鶴港へ進むセレブリティ・ミレニアム。水辺に並ぶ家、行き交う漁船など「ここが京都?」と思うほどに別時間が流れる異空間に感じました。
「今回だけではなくセレブリティ・ミレニアムでは他港へ入港の際にはヘリパッドを解放するよ」と隣に並んでみていたおじさまが教えてくれました。
今回のクルーズでも他港入港時にまたここにこれるかな?という期待が高まります。


デッキ11にあるコスモスカイラウンジからでも着席してゆったりと入港の様子を見ることができます。外が寒い時はこちらがおすすめです。

3日目朝食 オリジナルオムレツ


ヘリパッドでひとしきり見学してからブッフェレストラン オーシャンビューカフェでの朝食。ちょうどパンが焼けた頃でパンコーナーからいい匂いが漂ってきました。


昨夜のパスタステーションが


オムレツステーションになっていました。

陽気に楽しそうに作っている姿が爽やか!朝には必須の笑顔です。


舞鶴港への着岸の様子を見ながらブランチ。作っていただいたオムレツにはセレブリティクルーズのロゴマーク「X」をケチャップで施してみました。
チャンドリスさんに敬意を表して。「素敵な船に乗船させてくれてありがとう」


舞鶴港では下船の予定をしていましたが、今回のおひとり様クルーズのテーマである「ノープラン」を持って記の向くままにブラブラする予定です。たっぷり12時間ありますし!

セレブリティミレニアムの乗船記・旅行記をもっと読みたい☆旅行ブログ 船旅

Pocket