2019コスタベネチア乗船記(18):3日目夕食『令和』ディナー|リドデッキのプール



コスタベネチア乗船3日目。最初の寄港地、鹿児島では下船中ずっと雨でしたが、出港間近になってようやく雨も上がり、桜島も最後に顔を出してくれました。


定刻通りに鹿児島港を離れ、小さくなっていく鹿児島港マリンポート。またいつか!

関連記事:2019コスタベネチア乗船記(16):3日目鹿児島港〜桜島フェリーターミナルまでの移動手段・料金など


船内に戻ると、ブッフェレストラン には『令和』ケーキが。文字が踊ってますね。


カーヴィングがすごい!

3日目夕食:カナル・グランデレストラン


3日目の夕食もダイニングレストランで取ることにしました。2回目20時からのシーティングですが、席を探す必要がないので、いつもクルーズ船では夕食もブッフェ派ですがブッフェよりも全然楽です。


メニューのサイズがA3位なので全部が写真に収まりません。そして、我がテーブルのお料理担当のクルーは優秀なので注文取りが早いのでメニューを渡されてから時間をかけずに選びます。


まずビール。これ、飲みかけではないんです!
飲み物担当クルーも注文取りが早いんですが、持ってくるのがものすごく遅く、ビールの命、泡がなくなっているんですぅ〜。緩くなってるしね、グラスに注いでから相当時間が経っていますよ!


テーブルパンはこんな感じ。だいたい種類も毎回同じです。ブッフェのパンより柔らかく美味しいです。


トマト、オリーブ、ヒラメのスープ。ほとんどトマト風味。浮いているのは黒オリーブです。


ムール貝、トマト、チリソースのパスタ。見た目通りトマトベースのパスタ。そして想像通りかなり味が薄かったです。


ポークチョップとソーセージのトマト炒め。豚肉柔らかい、ですが料理名と見た目に相違なく想像通りの味です。ちょっと甘めでした。


ニジマスとポテトのチーズの重ね焼き。私はニジマスが苦手なのであえて味見をしませんでしたが…コスタは魚料理はちょっと不得意なのかもしれません。


今日のご飯もの。キムチチャーハン。やっぱり何か「ご飯物」が食べたい!キムチチャーハンが意外とつまみになりました。


デザートの直前にサラダ。この日はドレッシングが沈んでなかったので出来たてを持ってきてくれたようです。


私のデザート2種類。チーズの盛り合わせとフルーツの盛り合わせ。


ヘーゼルナッツケーキ。主人の別腹スィーツ。特に感想なし。

この日は桜島フェリーの中でうどんしか食べてなかったので、2人のオーダーも多めとなり、無難なお料理しか選んでないことがわかります。
朝からの移動と空腹で「確実なものを食べたい」という気持ちが現れていることが今となって読み取れます。

ブッフェでもそうなのですが、魚料理は火が通り過ぎて固いかバサバサしているかどちらかのものが多かったです。ふんわり火が通っている魚料理はサーモンのムニエル的なもの以外は諦めています。


夕食時間のリドデッキのプールでは子供達が気持ちよさそうにプールで遊んでいました。最初は「小さいプールだな」と思いましたが、小さいからこそプールサイドで目が届きやすく遊ばせるのにちょうどいいプールのような気がしました。

ほかの人のクルーズ乗船記・旅行記をもっと読みたい☆旅行ブログ 船旅

 

Pocket