【2017ダイヤモンドプリンセス乗船記ブログ23】4日目広島-1|シャトルバスで移動|出国審査

広島港に入港

↓広島港入港の様子をまとめました。

全ての寄港地でのスケジューリングは主人が行なっており、私は100%ついて行くだけ、食べるだけとなっていました。現地ので交通や食事をするところもお任せでした。

4日目の朝食


4日目の朝食は、クルーズ中の朝食で本当に一番少ない量。ランチが早め、そしてガッツリ食べる予定だったので全体的に軽めに調節です。


広島港はかなり整備された印象です。倉庫のような建物が見えます。

乗船時に出国審査


広島の次の寄港地が、韓国・釜山になるので、
広島港では下船して観光する人も、終日船で過ごす人も乗客やクルーは全員一度ダイヤモンド・プリンセスをパスポートを持って降りて、あの倉庫の建物で出国審査を受けなければなりませんでした。

この感覚が不思議でしたが、でもそういうことなんですよね。

出国審査を受けたら、もう船に乗船するしかできないので、広島観光中はパスポートを持ち歩かないといけません。

下船する際には最終乗船時刻は必ず確認

広島の入港は9:00で出港は20:00。当初の予定よりも1時間出港時間が遅くなっていました。また、ドレスコードも『スマートカジュアル』から『カジュアル』に変更されていました。

前日に配布されたプリンセスパターや新たに配布されたお知らせなどは必ず目を通して出るか、全て写メして下船するといいと思います。

特に連絡先などは絶対必要だと思います。

広島港→五日市駅シャトルバスで移動



広島港と最寄駅五日市駅を往復する無料シャトルバスが
10-20分間隔で運行されていました。
ほとんど待たずに行きも帰りも乗れたので、こういうサービスは本当に助かり嬉しい限りです。五日市駅のシャトルバスを乗る場所にもクラブツーリズムのテントがあって、そこにもスタッフの方がいるので安心。

寄港地の街中に緑のジャケットを着たクラブツーリズムの方が沢山いてくれたおかげで、こちらもわからないことを聞けたし、またウロウロしてるとスタッフの方から声をかけて下さってありがたかったです!

 

五日市駅からひろ電で宮島口へ


五日市駅からひろ電に乗り宮島口へ向かいます。


降りるときに料金を支払うというバスのような感じなのですが、一体いくら払えばいいの?
写真左上に運賃表があるのですが座っている場所から見にくかったりして、行きは焦ってしまいましたが、乗り換え案内のアプリで調べれば金額が出てくるので焦らず使ってみるのがオススメ。

運賃はお釣りが出ないので小銭はマスト。両替は混むとしにくいので、小銭かプリペイドカードか、もっと乗り降りするならば、ひろ電一日乗車券も特典付きで乗る回数によってはお得かもしれません!


宮島の駅に着きました!改札口外に出ると、もう観光客でいっぱいです。駅目の前の『あなごめし うえの』でランチを食べる予定でしたが既に長蛇の列!40分待ちということで座って待つことにしました。

【タイトルから読みたい記事を探す】
→ダイヤモンド・プリンセス乗船記タイトルインデックス
→クルーズ船別乗船記タイトルインデックス

Pocket