ダイヤモンド・プリンセス乗船記:(21)船内の通信環境とwi-fi料金

【2017年ダイヤモンド・プリンセス寄港地:高知・広島・釜山・長崎|船内の通信事情・wi-fi料金】

IMG_4153

有料wi-fiを契約しないで通信できるか

寄港地の情報を調べたり、メールの送受信SNS投稿などで船内でネットって使えるのかどうかが気になっていましたが、大方の予想通りほとんど航行中は圏外表示でした。

すぐに『圏外』になると諦めもつきますが、微妙にアンテナが立っているとついついスマホをいじりたくなります。

行きはダイヤモンド・プリンセスの右舷側が本土側だったので、右舷デッキに出るとメールやLINE、メッセージなどは受信できたりしました。

左舷側の私たちの部屋は、室内もバルコニーもずっと『圏外』表示が出ていました。

基本的につながらないと思った方がいいと思います。

船内のインターネットカフェ(有料)

ダイヤモンド・プリンセスで通信環境として船内で有料のインターネットカフェがあります。

”ウェブサイトの閲覧やメールの送受信(Gmail、Hotmail、
Yahooなどのウェブメール)ができます。日本発着クルーズでは日本語入力にも対応致します。”
(ダイヤモンド・プリンセスHPより)

時々ご年配の方が使っていらっしゃる以外はほとんど利用者は見かけませんでした。

船内wi-fi料金は1分79セント

“客室ではお客様のパソコンを持参して、無線LANインターネット接続が可能です(有料)。回線がつながりにくい場合がございますので予めご了承ください。インターネット使用料はいずれも1分約79セントでお得なパッケージ料金もございます。”(同HPより)

インターネットカフェを利用しても自分のPCやスマホで有料wi-fiを使っても同じ値段だそうです。

1分79セントって、10分で7.9ドル…高かいですね。

HPのお断りにある通り、噂では遅くて高いらしいのですが、いかに?

長崎から釜山へ向かっている途中からdocomo表示からKTに表示が変わったので、「なんのローミングサービス手続きもしてないけれど勝手に料金かかってる?」と不安になったので以下、HPにも記載がありましたが機内モードに設定変更しておきました。

“日本近海であっても航海中の通信料は国際ローミングサービスに接続するため高額になる場合がございます。
携帯電話やスマートフォンなどの通信機器をご利用の際は充分にご注意ください。携帯電話のローミングサービスご利用されないお客様は事前に設定の変更もしくは日本の寄港地停泊中以外は念のため電源をお切りになるか機内モードへの設定変更をおすすめします。(同HPより)”

国内寄港地に着けば通常通り使えるので、特に問題はありませんでした。むしろ使えない方が、船内生活を楽しめると思いました。

BlogPaint
通信フリーの「非日常を楽しむ」と思いながらも、最後の長崎港ではバルコニーでゴロっとしながら、うっかり1巻が無料だった『あなたのことはそれほど』を読んでしまい、続きが気になってhontoで出港ギリギリまで読み進めてしまいました。

ドラマも観ていま下が、原作もコワい。長崎港の爽快な風景に似合わず私ひとりゾゾゾ…(笑)してました。

>>電子書籍なら国内最大級の総合書店honto>>

 

Pocket