ダイヤモンド・プリンセス乗船記:(22)3日目イタリアンレストランサバティーニでの夕食

【2017年美しい日本風景と釜山クルーズ8日間|横浜発着|寄港地:高知・広島・釜山・長崎】

スペシャリティ・レストラン利用

ダイヤモンド・プリンスでのディナーは予め指定されたダイニング以外でのスペシャリティ・レストランでも食べる
ことができます。

・イタリアンレストラン:サバティーニ

・寿司・刺身:海(kai)寿司

・ステーキ・シーフード:スターリング・ステーキハウス

・魚介類料理:クラブ・シャック


海(kai)寿司は注文の料理によって料金が異なりますが、それ以外はカバーチャージという席料29ドル(一人)を支払うとメニュー表に料金記載がない料理、飲み物は全て含まれている、ということになります。(アルコル類やスペシャリティコーヒーなどは別料金)

イタリアンレストラン サバティーニを予約

前夜にサバティーニで席の予約をしたところ、全クルーズ日程のいいディナー時間帯がほぼ予約で埋まっていました。かろうじて空いていた3日目の夜、20:30という遅い時間が取れました。


お店の前にはメニューが並んでいます。昼間の閉店時でも置いてあるので、時々眺めていました。定番メニューと日替わりで少しづつメニューも変わっていたように思います。


サバティーニも、いつものダイニングディナーと同じ注文方法です。
前菜、スープ類、パスタ、メイン、デザートに分けられたメニューから自分の食べたいものを指差し注文でOKです。
有料アラカルトメニューもありますが、メニューに表示されています。メニューは日本語なので安心です。まずは、赤ワインをボトルで入れて乾杯しました。


座るとすぐに出て来たオリーブと生ハムの盛り合わせ。
ハムは少し塩気が効いているので少しづつ食べました。


主人の前菜は、トマトとモッツァレラのカプレーゼ。チーズが豪快な盛りです。

私の前菜はエビと豆のサラダ。エビはプリプリ。


徐々にテーブルがお料理でいっぱいになってきました。


メインの前に魚介のトマトソースパスタがやってきました。量も多くなくて丁度良かったです。2人でシェアしても十分かもしれません。魚介の旨味が凝縮されたソースは美味しかったです。
量は「少なめに」とか「半分で」というリクエストに応じてくれるようです。


メインは牛ステーキ。どこの部位だったか忘れてしまいました。お肉はやはり食べるとかなりズシンときます。食べ応えがしっかりあって美味しかったです。


主人のスィーツ。私はほとんどデザートを食べないので、いつの主人だけ。

最後にエスプレッソをいただいて、22時近くになっていました。お店を出たのは私たちが最後でした。

お肉も美味しかったですが、いつものメインダイニングと同じくらいかも?やはりパスタは美味しかったです。ピザも食べておけば良かったと思いました。

サバティーニは入りやすい気軽な感じのイタリアンレストランでした。リラックスした雰囲気の中で、親しい人、家族などとテーブルを囲むにはいいレストランだと思います。

3日目のドレスコード

3日目のこの夜のドレスコードは、スマートカジュアルでした。しかし、私は何を勘違いしたか。『カジュアル』だと思い込んでしまって…


結構ラフな格好でディナーに行ってしまいました。
だからと言って、指摘されるとか、怒られるということはありません。

ドレスコードは、指定のダイニングルームでなくても、カジュアルレストラン以外は適用されます。

Pocket