ダイヤモンド・プリンセス乗船記(10):2日目終日航海|朝食&船内新聞

【2017年ダイヤモンド・プリンセス寄港地:高知・広島・釜山・長崎|終日航海・アクティビティ参加・船内新聞】

ダイヤモンド・プリンセス2日目は、横浜港から次の高知港に向けて終日航海日となっていた。朝目が覚めると、ダイヤモンド・プリンセスは駿河湾をゆっくり進んでいた。


前日のディナーの時は、船の揺れを感じたがこの日の朝は海は穏やかで船も静かに進んでいました。



残念ながら、富士山はうっすらとしか見えませんでした。
バルコニーで見ていましたが、朝7時はかなり冷えてありとあらゆる衣類を重ね着して着ぶくれていました。

船内の冷え対策は必須

出発して次の日のこの日は4月30日でしたが、朝の甲板は数日寒かったです。薄いダウンジャケットを着ていた人もいた人もいました。風を通さないナイロン地のジャケットなどは一枚あった方がいいかもしれません。又、船内の冷房もかなり効いていて、あるアクティビティに参加した時は、靴下を部屋に取りに帰ったこともありました。

「空調の温度を上げて欲しい」とお願いしていたご婦人がいらっしゃいましたが、「船の一部だけを調節することはできない」とクルーの方は答えていましたので、自分の服装で温度調節するしかないようです。

日中の船内での服装は、リネンのワンピースにレギンスと上にロングカーディガンを羽織ったりしていました。

2日目の朝食:ホライゾンコート


2日目の朝食は、ホライゾンコートで朝食ビュッフェでした。朝以外、なんとなく野菜を取る機会がないと感じたので野菜中心に…盛ったつもりでしたがそうでもなかったかもしれません。
私はパンケーキ好きなので、いろんな種類のものに挑戦しましたが、プレーンのものが一番良かったです。


主人は卵料理を中心に。スィーツ別腹な人なので炭水化物は控えめに?ホライゾンコートの朝食ビュッフェは、毎日少しづつ出ているお料理が変わります。昨日あったからといって今日またあるとは限らないので食べたいな、と思ったらその日に食べておくのがベターです。

ビュッフェで毎朝混んでいたのは、ヨーグルト、野菜、果物でした。

船内新聞:プリンセスパター

船内のイベントやドレスコード、お知らせなどが書かれた船内新聞『プリンセスパター』は前日夜に翌日分が部屋に届きます。


びっしり1日の予定が書かれています。これを見て出てみたいアクティビティに参加するのですが、残念なことに1室に1枚しか配布されないので一人が占有することができません。

そこで、私と主人はそれぞれプリンセスパター紙面を全部スマホで写真を撮りそれぞれ見ることにしました。写真に撮ると小さくなりますが、スワイプして必要なところを大きくしてみていました。
寄港地先で、戻り時間を確認するときも便利でこの方法は使えました。

Pad類で写メすれば見やすかったかもしれません。

 

Pocket