ダイヤモンド・プリンセス乗船記(1):乗船手続き

【2017年ダイヤモンド・プリンセス寄港地:高知・広島・釜山・長崎|横浜港乗船手続きの様子】

image

ダイヤモンド・プリンセスに初乗船

2017年4月29日〜5月6日のゴールデンウィーク期間にダイヤモンド・プリンセスに初乗船しました。昨年のゴールデンウィークに乗船した飛鳥II神戸・紀州クルーズから1年。今年もまたクルーズ旅行に行くことができました。初の2泊以上のクルーズ、外国船籍のクルーズ、今回は夫婦だけの1週間を超える長旅と初めてのことばかりでした。

 

今回はクラブツーリズムのチャータークルーズで、参加者はほぼ全員日本人の方ばかり。チャータークルーズは初めてなのですが、事前にご挨拶の連絡をクラブツーリズムの担当の方から頂いていたので安心してリラックスして臨めました。

ゴールデンウィーク期間ということもあり、ご年配から家族連れまで幅広い年代の方と一緒の乗船となりました。

2017-04-29-11-45-37
今回のクルーズツアーの出航はいつもの横浜大桟橋からです。
出港時間は17:00。乗船受付は12:00から部屋タイプから順に受付開始でした。私たちは11:30頃にすでに大桟橋に到着。まず、この時点で写真を撮りまくるカメラおじさん(主人)待ちです。

2017-04-29-11-52-39
ダイヤモンド・プリンセスは、飛鳥IIの約倍の総トン数(約11万トン)、近くで見ると、一つの大きな建物、ホテルといった感じで大きさに圧倒されます。それもそのはず、15階まであるというではありませんか。この中で迷子にならないの?と、いうくらいに大きい!船籍はイギリスですが、日本で製造された船です。

2017-04-29-11-45-37
大きいと「揺れなさそう」と安心します、が…果たしてどうでしょうか?

2017-05-01-18-55-37
今回のクルーズは横浜を出て、高知、広島、釜山、長崎に寄港し横浜に戻ってくるというコースでした。ダイヤモンド・プリンセスは外国船籍なので国外の寄港地が入ります。クルーズツアー参加にはパスポートが絶対に必須。たとえ釜山で下船しなくても必要です。

 

横浜大桟橋出入国ロビー

 

一番最初の受付時間の30分前に着いたのに、すでに出入国ロビーは受付を待つ乗客でいっぱい!みなさん待ちきれない!といった感じです。座れる座席はありませんでしたので、お茶でもしようと思って期待していたカフェは、この日改装中でした。

image
*後日大桟橋に来た時には、blue terminalがリニューアルオープンしていました。グルメバーガーがメインのようです。

ロビーの出入り口で、荷物のカートを準備して待機して下さるクラブツーリズムのスタッフの方々!
IMG_2502
車椅子も待機していて、至れりつくせりのきめ細やかなサービスです。

IMG_2506
しばらくすると、アナウンスが流れ乗船受付が混み始めたので整理券を取って待つようにとのこと。

IMG_2503
瞬く間にチェックイン整理券配布場所は人だかりに!

IMG_2505
チェックインに必要な書類の健康状態質問票もあらかじめ送られてきてはいましたが、こちらにも沢山用紙がありました。全てを記入していないと受付できません。

いよいよ乗船!乗船手続き

整理券番号が呼ばれ、いよいよ乗船手続きに。その前にセキュリティーチェックと手荷物検査が行われます。空港で行われるのと同じ要領で行われていきます。整理券番号順で呼ばれているので、スムーズに流れていきノンストレス!

IMG_2513
手荷物検査を終えると次はチェックインに進みます。長いカウンターが横並び一列に並び、申し込みグループ毎に手続きしてクルーズカードをもらいます。クルーズカードをもらう際、ここで船内決済のためのクレジットカードの登録をしてしまいます。
※現金決済の場合は、デポジット(預け金)が必要になるようです。

IMG_2516
いよいよダイヤモンド・プリンス船内へ!

IMG_2514
スーツケースもものすごい勢いで船内に積み込まれています!
今回も自宅ー横浜港往復の宅急便を手配たので、おそらく私たちのスーツケースもこの中のどこかにあってあとで部屋まで届けてもらえるのだと思います。
また、手荷物として横浜大桟橋まで持って来た荷物も、出入国ロビーに手荷物預かりがあるので、そちらに預けてしまって船内へ運んでもらうこともできました。

 

Pocket