【2019コスタベネチア乗船記ブログ10】デッキ4シアター・カジノ・麻雀ルームの様子

コスタベネチア デッキ4

テアトロ ロッソ(シアター)




コスタベネチアのデッキ4,デッキ5の船首にあるシアター『テアトロロッソ』。収容人数は927名、総面積1,134㎡。ステージを中心にぐるりと客席が囲むそう大きくはないシアターなのでショーの臨場感は感じられます。


デッキ4後方にはバーカウンターも設置されていました。座席にはドリンクホルダーがあ流のでグラスなどを手元に置くことができます。
テアトロロッソでは昼間のイベント、夜は2回制のショーなどが行われていました。

サン・マルコショップ(デッキ4)


3層吹き抜けのピアッツァ・サンマルコのデッキ4部分に演者のステージがあり、吹き抜け部分を囲むようにショップがありました。


お酒やタバコ類、コスタクルーズのグッズ販売のショップ、かなり小さめ!そしてコスタクルーズのグッズはほんの少ししか置いていません。


ファンネルだけ色付きのしぶーいコスタベネチアの船模型。49ドル!

その他にこのエリアには、くまモン商品とか、ご当地ポッキーなどのお菓子類他日本土産のお店、ブランドバック・リュックなどを置いているお店などがありました。

カジノ




デッキ4中央あたりから後方にかけて、広いカジノがありました。マシンと同じくらいテーブルゲーム台がありこの規模クラスのクルーズ船にしてはカジノ面積「広め」な印象でした。


中央にバーもカジノの中のバーにしては広い〜。最初はゲームをする人ほとんど見ませんでしたが、クルーズの後半には年配の方が多数楽しんでいたようでした。


カジノのエリアは禁煙。端に喫煙室がありました。

カジノ麻雀ルーム


「さすが中国向けに造られた船だね〜」と他の方も言っておりましたが、麻雀ルームも広く取られていました。有料利用で1時間8ドル。一組だけプレイしていたのを見ましたが、それ以外はほとんど無人エリアでした。

マスクラウンジ


ステージとフロアをぐるりと取り囲むように座席がある『マスクラウンジ』。収容人数は390人。夜はムーディーな生バンド演奏がありました。日本の歌を中国語で歌っていたのはなんとも微妙な感じでした。夜遅くになると、コスタお得意のディスコが催されていた模様です。


昼間はJTB主催の寄港地レクチャー、船の講座などが開催されていて満席、立ち見状態でした。

カナル・グランデレストラン


デッキ3と4の後方は吹き抜けになっているカナル・グランデレストラン。ゴンドラがある3デッキの上は…



テーブル席が最後方まで広がっています。私たちのダイニングもここ、カナル・グランデレストランのデッキ4後方あたりでした。明るくていい雰囲気でした。

 

【タイトルから読みたい記事を探す】
→コスタベネチア乗船記タイトルインデックス
→クルーズ船別乗船記タイトルインデックス

Pocket