コスタベネチア乗船記(6):<あって良かった-1>混み合わない最新式船内エレベーターシステム

コスタベネチアの最新式エレベーター


コスタベネチアの船内エレベーターは最新式!このシステムは船内外でも初めての体験でした。


金ピカのエレベーターの扉の横の柱にタッチパネルがあり


軽く触れて表示し、自分の行きたいデッキ(階)をタッチします。そうすると音声で「Car U」と流れ、タッチパネルにも「U」文字が出て、そのエレベーターに乗るように指示されます。
最初はその指示されたエレベーターがどこにあるのかウロウロしてアタフタ…。


指示された「U」エレベーターは、何デッキ(階)に停まるのかがエレベーターホールの上部に取り付けられたモニターに表示されます。このモニターがあったのは下の方のデッキだけだったような気がしました。

「到着したエレベーターに集中して乗らないように」
「エレベーターの運行状況がわかるように」

という、中国人向けのシステムなのでしょうか。
確かに混み合わないという利点はありますが、指定されたエレベーター以外が来ても乗れないという不利な点も。またエレベーター内に停車デッキ階数の点灯が左右違うエレベーターもあり…(笑)


英語での説明も。


エレベーターの隣にはJTBさん制作の日本語での操作方法や各デッキに何があるのかが書かれた案内書があり慣れないうちは助かりました。

初めは「ん?」と違和感がありましたが、慣れると使いやすかったです。各デッキのエレベーターホールは広くてゆったりしていたのがよかったです。

ほかの人のクルーズ乗船記・旅行記をもっと読みたい☆旅行ブログ 船旅

Pocket