飛鳥II:GW神戸・紀州クルーズ乗船記(10)2日目カジュアルディナー&カジュアルドレスコード

【2016年飛鳥II:寄港地新宮港|カジュアルディナー】

前泊の有馬温泉から始まった義父母と私たち夫婦との飛鳥IIのクルーズ旅行もいよいよ最後の夜となりました。

ドレスコードはカジュアル

2日目のディナーのドレスコードはカジュアルでした。(飛鳥IIのカジュアルスタイルの指定はコチラ)デニムでも着用可能のようでしたがデニムの方は見受けられませんでした。

カジュアルスタイルでしたので、主人と義父にはそれぞれに似合うアスコットタイを用意してスーツをカジュアルダウンに。

BlogPaint
義父には黒と白のアスコットタイ。ポケットチーフもお揃いです。義父も予めパーソナルカラーを診断しておいたのでバッチリ似合っていました。

BlogPaint
主人には赤のアスコットタイ&チーフを。二人ともアスコットタイをしたことがないということで、最初は恥ずかしがっておりました。

私はジャージー素材の黒×青のIラインワンピース。ジャージー素材ですが光沢が出るので少しハデに見えてラクなのにパーティー向きな一着です。この後、結婚式や2次会などに存分に着回すことができました。
全身の写真は、この後乗船したダイヤモンド・プリンセスでのカジュアルディナーで再度着用しまし他のでコチラからみれます。

 

アスコットタイはシャツのボタンを閉めてネクタイのようにキチンと結ぶとお昼の正装としても着用可能です。このように襟を開いて首元に巻くとカジュアルダウンします。首元が緩むだけで、リラックスした感じでした。

2回目のディナーは、早めにダイニングに入ったので窓際のテーブル席に4人で座ることができました。

IMG_1233

2日目のフルコースディナー

美しい夕焼けを楽しみながら最後のディナーの始まりです。

IMG_1245
アワビの前菜

IMG_1246
クラムチャウダーのスープ

IMG_1247
パラフィンに包まれたお魚料理

IMG_1250
IMG_1249
それぞれのメイン料理

IMG_1254
IMG_1253
それぞれのデザート。

デザートのクレープは近くで実演盛り付けが始まりました。

BlogPaint
オレンジ(?)ピールの受けからリキュールをかけて火でアルコールを飛ばしているのでしょうか。火が上がると歓声が!

BlogPaint
楽しそうなレストランスタッフさん。飛鳥IIのスタッフさんは明るくてスマートで好感が持てます。

2日目のディナーも美味しくいただき静かに終わって行きました。この日の夜は、ディナーから帰ってからまたも現実に戻されるように荷物整理。翌朝の朝指定の時間までにスーツケースを前回と同じように客室外に出さなければなりません。本当に現実に戻される荷物整理の時間です…。

夜遅くにグランドスパ(展望風呂)に行き、1日の疲れを湯船にゆっくりと浸かって取りました。

【期間とサイズが選べるレンタルドレス】 DRESSCREA

クルーズの旅いろいろ!旅行ブログ 船旅

Pocket