【2024コスタセレーナ乗船ブログ2】2024年日本発着クルーズドリンクパッケージ利用感想|PKG種類内容料金|無料飲み物情報

【コスタセレーナ】2024年ドリンクパッケージ利用と感想

今回乗船したコスタセレーナでは、ドリンクパッケージ『マイドリンクス』付きのクルーズ旅行プランだったので乗船直後からフリードリンクを楽しみました。私はコロナ禍を経てアルコール摂取量が減り、最近ではノンアルコール類しか飲まなくなったのでアルコール類の情報はお届けできませんが、ドリンクパッケージの利用と感想を記したいと思います。

ドリンクパッケージ「マイドリンクス」で飲んだドリンク類

コスタセレーナのドリンクパッケージは主に「マイドリンクス」「マイドリンクスプラス」「マイソフトドリンクス」があり、その他に子供用、ビールパッケージ、ミネラルウォーターパッケージなど(種々の詳細は↓下記参照)があり種類としては豊富でした。
「マイドリンクス」パッケージの飲み物は、すべてグラスでの提供になり量は多め…炭酸類が入っているカクテルなどは炭酸がキツ目なので一杯でお腹が膨れてしまいました。

【1杯目:ペプシ】船内のコーク類はペプシのみ。250ml缶を全部注いでいたので容量は250mlだと思われますが、氷も沢山入っていてグラスも重く半分も飲めませんでした。

【2杯目:フルーツポンチ(ノンアル)】微炭酸で飲みやすかったのですが、結構甘め。

【3杯目:モヒートゼロ(ノンアル)】すっきりした味わいで甘さは少しなので食事の時でも飲めそうでした。船内で飲んだ飲み物の中でいちばんのお気に入りに。

【4杯目:エスプレッソ(デカフェ)】濃いめ、苦めのデカエスプレッソ。

【5杯目:ミネラルウォーター】マイドリンクスパッケージでミネラルウォーターを注文するとグラスで炭酸水が提供されました。「普通にさっぱりしたい時はこの無糖炭酸水でいいかも…」と思いました。

【6杯目:ストロベリーカイピロスカゼロ(ノンアル)】ストロベリーベースにライムの酸味がアクセント、でも甘めでやっと一杯飲み切れた、という感じでした。
他の乗客の方が飲んでいるのを見ると、ビールだとそんなに大きくないピルスナーグラス、ワインだと普通のワイングラスで提供されていました。

「マイドリンクス」パッケージ利用の感想

4日間のクルーズ中、ドリンクパッケージで飲んだドリンクは以上の6杯。ノンアルコールドリンクは結局ジュースに等しく、個々のノンアルカクテルの甘みが強いので1日の間でそんなにしょっちゅう飲めなかったのが現状でした。「マイドリンクス」パッケージの元を取れたかどうかは計算するまでもありませんが、比較計算すると下記の通りで4日間で1日分のパッケージ料分位しか飲めませんでした。

ドリンクパッケージと単品購入の比較

「マイドリンクス」パッケージを購入した場合(今回は旅行代金に含まれる)
3泊×38ドル=114ドル(約18,214円)
単品購入した場合
・ペプシ:3.5ドル+0.535ドル(15%サービス料)=4.025ドル
・フルーツポンチ(ノンアル):8.0ドル+1.2ドル(15%サービス料)=9.2ドル
・モヒートゼロ(ノンアル):9.0ドル+1.35ドル(15%サービス料)=10.35ドル
・エスプレッソ(デカフェ):2.50ドル+0.375ドル(15%サービス料)=2.875ドル
・ミネラルウォーター(ガス入り):1.2ドル+0.18ドル(15%サービス料)=1.38ドル
・ストロベリーカイピロスカゼロ(ノンアル):9.0ドル+1.35ドル(15%サービス料)=10.35ドル
上記合計:38.18ドル(約6,101円)

以前同じコスタクルーズのコスタネオロマンチカに乗船した時のドリンクパッケージの内容に比べるとノンアルの種類が増え、種類も豊富になったような気がしました。

ドリンクのメニューとオーダー方法

レストラン、バー、プールサイド、ラウンジとコスタセレーナの船内のあちこちで飲み物をオーダーすることができますが、基本的に紙のメニューは置いておらず、各所のテーブル置いてあるこのQRコードをスマホやPad類の端末機で読み取りメニューを表示させます。QRコードを読み取る機器を持っていない方は、紙のメニューを要求すれば見せてもらえるということでした。


↑こんな感じで日本語メニューが表示されます。バー、レストラン、プールサイド、ラウンジなどで若干提供されるメニューの内容が違います。ダイニングレストランではコーヒー類のメニューがないので、別場所に移動して飲むしかありませんでした。カクテル類や名前が長い飲み物など口頭で言うのが面倒な場合、上記のメニューを指差しで注文すると間違いがありません。私はアルコール入りと間違われると嫌だったので全て指差し注文で済ませました。

無料水・コーヒー・お茶類の提供




デッキ9にあるブッフェレストラン『プロメテオ』で提供されていた無料の飲み物は以下の通りでした。

ブッフェレストランでの無料提供ドリンク

【終日】無料水、氷、コーヒー
【朝食時間のみ】オレンジジュース、アップルジュース
【ブッフェ営業時間】ティーパック類
上記の他にホットミルク、熱湯などの提供もありましたが終日ではなかった気がしました。


無料水、ジュース類のベンダーにはマイボトルへ入れる場合の注意書きが記されていました。「ベンダー注ぎ口下にマイボトルの口を直に充てるのではなく、一旦コップに取ってからマイボトルに入れましょう」ということらしいです。マイボトル使用の方は皆様忠実に指示を守っていらっしゃいました。マイボトルの口は広めの方が注ぎ易いようでした。無料水は可もなく不可もなくですが、普通に飲むのに不味くもありませんでした。アップルジュースは「何か間違えた?」と思うくらいにびっくりするほど味が薄かったです。

【コスタクルーズ/セレーナ】2024年 ドリンクパッケージの内容と料金

2024年日本発着【コスタセレーナ】ドリンクパッケージ

2024年日本発着クルーズで提供されるコスタセレーナのドリンクパッケージは以下の種類です。日本発着クルーズはドル料金での支払いになります。

【マイ・ドリンクス/38ドル】

マイ・ドリンクス内容





【マイ・ドリンクス・プラス/52ドル】

マイ・ドリンク・プラス内容

【マイ・ソフトドリンクス/26.50ドル】

マイ・ソフト・ドリンクス内容


【マイ・ドリンクス・ヤング/18ドル】

マイ・ドリンクス・ヤング内容


【マイ・ドリンクス・プラス/18ドル】

【スペシャルオファー/その他パッケージ】

コスタクルーズ:ドリンクパッケージの条件

◉ドリンクパッケージは個々の乗客飲みによる購入と使用が可能で共有はできない
◉同室の乗客全員、または同じ予約番号を持ちまたは一緒に旅行する乗客全員が購入しなければならない
◉アルコール飲料を含むパッケージは18歳以上(アメリカでは21歳以上)のみが購入できる
◉グラスで提供されるアルコール、ノンアルコール飲料が含まれている
◉ワインやスピリッツはボトルでの提供はできない
◉ミニバー、ルームサービス、プレミアムブランドの飲料は、マイ・ドリンク・プラスパッケージを購入者のみ含まれる
◉酔った乗客へのサービスは拒否される
◉パッケージを購入していない乗客に飲料を提供することで飲料パッケージを濫用した場合、パッケージ権利が取り消される
◉乗船日、下船日もドリンクパッケージが利用できる
◉マイ・ドリンクス・ヤング・パッケージは大人用飲料パッケージと組み合わせてのみ購入が可能
◉マイ・ドリンクス・ヤング・パッケージは4歳から17歳の子供のみに提供される
◉4歳未満の子供は飲料無料

【コスタクルーズ/セレーナ】2024年 飲み物料金
















 

2024コスタセレーナ乗船記【乗船前ブログ前】荷物ラベル取付|寄港地観光(OP)ツアー内容・料金|Wi-Fi料金
【乗船ブログ1】寄港地観光(OP)ツアー内容|ビハインドシップ(船内見学)ツアー詳細感想
【乗船ブログ2】2024年日本発着ドリンクパッケージ利用感想|PKG種類内容料金|無料飲み物情報
【乗船ブログ3】有料Wi-Fi購入方法と使用感想|Wi-Fiパッケージ料金詳細
【乗船ブログ4】サムサラスパメニュー料金&ランドリーサービス料金情報
【乗船ブログ5】乗船1日目(1)福岡港クルーズターミナル乗船|内側客室詳細|室内充電事情
【乗船ブログ6】乗船1日目(2)乗船1日目(2)クレカ登録・説明会・ディナーメニュー他|ルームサービスメニュー
【乗船ブログ7】乗船2日目(1)寄港地 釜山|ブッフェレストラン|プールエリア
【乗船ブログ8】乗船2日目(2)ブッフェ・レストラン・有料メニュー紹介|デッキ3施設紹介
【乗船ブログ9】乗船3日目(1)寄港地 舞鶴|朝昼食ブッフェ全メニュー|赤レンガ倉庫無料シャトルバス

Pocket