【2024コスタセレーナ乗船ブログ1】寄港地観光(OP)ツアー内容|ビハインドシップ(船内見学)ツアー詳細感想

2024年コスタセレーナ寄港地観光ツアー

2024年6月12日発、福岡発金沢着コスタセレーナ4日間に乗船した際、寄港地釜山、舞鶴(京都)でのコスタクルーズ主催の寄港地観光ツアーは乗船前に予約出来たものと、乗船後に募集があったものがありました。

コスタセレーナ寄港地観光ツアー

2024年6月10日/12日発日本発着,8日釜山発コスタセレーナ寄港地観光ツアーは以下の通りです。事前の申し込みはコスタアプリ、コスタwebサイトから予約が可能でした。

【韓国(釜山)】


実際に催行されたのは上記の2ツアー「釜山1日観光」「ディスカバー釜山」のみだったようです。

【舞鶴】

寄港地観光ツアー【乗船後】申し込み方法

コスタクルーズ主催の寄港地観光ツアーの申し込み方法は3つ。寄港地観光ツアーは予約=催行とは限らず、集客状況、バスの手配状況などにより中止になる可能性もあります。催行の可否は船内で確認できます。

コスタセレーナ寄港地観光ツアー申し込み方法

1.コスタアプリ『My Costa』から予約が可能(英語)
2.船内My Tour Officeで予約が可能(有人)
3.船内My Tour Office前専用機械にて予約が可能(セルフ操作/英語・中国語)

【コスタアプリ My Costaからの予約】

乗船後もコスタクルーズのアプリで寄港地観光ツアーの詳細案内を見ることができ、また申し込みをすることが可能でした。↓こちらはwebサイトの申し込み方法ですが画面はほぼ同じです。

【船内ツアーオフィスMy Tour officeで予約】

デッキ3にあるMy Tour Officeにてスタッフの方応対での寄港地観光の相談や申し込みなどが可能です。実際、私も乗船当日にこのカウンターで対面によるツアーの申し込みをしてみました。スタッフのほとんどはあまり日本語ができない感じですが、お一人は日本語ができる方がいらっしゃいました。私に対応してくれた方も日本語は話せず、英語のやり取りで申し込みました。申し込みだけなら、ツアー詳細が書かれた紙を持って行き指差しでOKだと思います。


カウンターが開いている時間は船内新聞に記載されており、日によって時間は違うので注意です。

【My Tour office前専用予約機械で予約】


My Tour Officeの斜向かいに設置されている寄港地観光ツアー予約専用機械でも予約、ツアー内容の確認ができます。ただし、言語の選択は英語と中国語のみです。実際この機会を利用している人はほとんど見ませんでした。こちらは終日利用可能のようでした。

乗船後に発表、募集される『船内ツアー』


乗船後『ウエルカムタイム』という日本語での船上生活、エンターテイメント、レストラン、寄港地観光ツアーなどの案内があるプログラムに参加したところ、乗船3日目に行われる『コスタセレーナの船内ツアー(コスタセレーナの秘密))』のエクスカーションツアーが紹介されました。船内ツアーとは、クルーズ船の裏側、普段乗客が立ち入ることができないエリアを巡るツアーです。このような船内ツアーは乗船してから募集されるケースがほとんどで、どのクルーズ船にも毎回あるという訳でもなく、また航路によってない場合もあり募集があること自体がとてもレアケースです。申し込んでも天候や船の運行状況によって一部キャンセル、またはツアー自体がキャンセルになってしまうので上手く催行されれば「超レア体験」ということになります。そんなレアなツアーは人気が高くすぐに満員になってしまうので参加希望であればすぐに申し込みをするべきです。MSCベリッシマに乗船した時は迷っている間に満席となってしまったので今回はすぐにツアーオフィスで申し込みを完了させました。

コスタセレーナ船内ツアー『コスタセレーナの秘密』の内容

『コスタセレーナに秘密』船内ツアー見学箇所

操作室、ステージ、ステージ楽屋、クルーキャビン、クルーバー、ランドリー、修理室、ラーニングセンター、冷蔵庫、冷凍庫、キッチンなど

 これからコスタセレーナで船内ツアーに参加される方もいらっしゃると思うので、ネタバレしないよう諸所の内容は伏せ、回った箇所を思い出して列挙してみました。おそらく毎回同一な内容ではないと思うので、上記で訪れた箇所は参考例としていただけると幸いです。

『コスタセレーナの秘密』 船内ツアー参加詳細

【所要時間】3時間(8:00〜11:00)
【ツアー代金】50ドル(大人13歳以上),40ドル(子供5〜13歳)
【衣服・靴】スリッパは不可,歩きやすい靴とジャケット
【持込禁止】携帯電話、カメラ、貴重品、バッグ類の持ち込みは禁止
【注意】ツアー中の写真撮影、ビデオ撮影の禁止

船内ツアーこそ写真撮影や動画の撮影をしたいところですが、これはどの船の船内ツアーに参加しても同じで撮影は一切できないと思います。(過去には指定されたところはOKというクルーズ船もありましたが)バッグ類も持って入れないので、クルーズカードのみを持ち当日スマホは客室の金庫の中に入れておきました。幅の狭く急な階段を昇り降りし、また船特有の浸水を防ぐ扉があるのでフロアはフラットではないところが多いので踵がしっかり入った靴、スニーカーでの参加がいいと思います。冷凍室・冷蔵庫の見学があって寒いのと、キッチンやランドリーなどは暑いので脱ぎ着ができる羽織物があると安心かもしれません。

コスタセレーナ船内ツアー『コスタセレーナの秘密』の感想

3時間のコスタセレーナの船内ツアーは、内容が充実していてとても満足し参加できて良かったです。船内ツアーは船を運航しながら行うので、当日になって「ここは今日公開できません」みたいな箇所が出てくるのは当たり前で、特に操舵室の見学は中止になることも多いと聞くのであまり期待していませんでしたが、今回は操舵室を始め、各部署長の説明や質問にも丁寧に対応して頂きました。また、ツアー途中でクルー専用のバーでジュースを頂けたのもクルーの気分を味わえ、おもてなしを感じました。少しでも興味があれば参加されると楽しいと思いますし、クルーズ船への理解も深まるかと思います。

関連記事♪

ロイヤルカリビアン/ハーモニー・オブ・ザ・シーズの船内ツアー参加記事(2018年)
【ハーモニー・オブ・ザ・シーズ乗船記ブログ40】5日目船内アクティヴィティ|オールアクセスツアー

2024コスタセレーナ乗船記【乗船前ブログ前】荷物ラベル取付|寄港地観光(OP)ツアー内容・料金|Wi-Fi料金
【乗船ブログ1】寄港地観光(OP)ツアー内容|ビハインドシップ(船内見学)ツアー詳細感想
【乗船ブログ2】2024年日本発着ドリンクパッケージ利用感想|PKG種類内容料金|無料飲み物情報
【乗船ブログ3】有料Wi-Fi購入方法と使用感想|Wi-Fiパッケージ料金詳細
【乗船ブログ4】サムサラスパメニュー料金&ランドリーサービス料金情報
【乗船ブログ5】乗船1日目(1)福岡港クルーズターミナル乗船|内側客室詳細|室内充電事情
【乗船ブログ6】乗船1日目(2)乗船1日目(2)クレカ登録・説明会・ディナーメニュー他|ルームサービスメニュー
【乗船ブログ7】乗船2日目(1)寄港地 釜山|ブッフェレストラン|プールエリア
【乗船ブログ8】乗船2日目(2)ブッフェ・レストラン・有料メニュー紹介|デッキ3施設紹介
【乗船ブログ9】乗船3日目(1)寄港地 舞鶴|朝昼食ブッフェ全メニュー|赤レンガ倉庫無料シャトルバス

Pocket