【海外クルーズ】最新情報|スペイン港深刻な干ばつによりクルーズ船に給水はしないことで合意|外国船情報

海外クルーズ関連情報

海外のクルーズ情報、ニュースのまとめです。

スペインの深刻な干ばつでクルーズ船に給水されないことで合意new!

【2024.2.16】スペイン・カタルーニャに影響を及ぼしている深刻な干ばつ状況に対応し、クルーズライン国際協会とその会員は、緊急時を除いてクルーズ船への給水を停止することでバルセロナ港と合意に達した。またバルセロナ港以外の港も同様の政策を採用するように求められており、今夏のクルーズが懸念される。スペインは現在過去100年で最悪の干ばつを経験しており、特にバルセロナを含むカタルーニャ地方で影響を受けており、スペインで人口の最も多いアンダルシア地方にもその範囲が広がっている。港での取水不足がクルーズ船に大きな影響を与えるかどうかは船内の水を生産する能力にかかっているが、近年クルーズ船では蒸発機や逆浸透プラントなどの水生産における革新的技術により、船舶で必要な水90%以上を独自生成できるようになってきている。約50社以上のクルーズ会社が含まれるクルーズライン国際協会の今年の目標は、気候中に水を必要とするクルーズ船の数を10%にすることとしている。バルセロナはヨーロッパでも最も発着の多いクルーズ港の1つであり、環境活動家たちはスペインで2番目に利用客の多いクルーズ港であるマヨルカ島を含むバレアレス諸島でも同様の措置を求めている。(引用:cruisehive)

2030年までに各クルーズ会社で建造中、発注中のクルーズ船

【2024.2.12】クルーズ会社は過去10年間で記録的な数の新しいクルーズ船が今後就航を予定しおりその数は50隻をも超えるとされている。

ロイヤルカリビアン

・ユートピアOTS:2024年7月就航予定
・スターOTS:2025年就航予定
・船名未定:2026年就航予定
現在27隻を運行する世界最大のクルーズ会社、2026年までに3隻追加予定。ユートピアOTSは最後のオアシス級船となる。

MSCクルーズ

・MSCワールドアメリカ:2025年初頭就航予定
・船名未定:2026年就航予定
急成長している大型客船のクルーズ会社のMSCクルーズは、何年にも渡り3つの異なるクラスのメガシップを追加、今後就航が予定されているワールドクラスのクルーズ船は総トン数20万トンを超える同社最大の客船となる予定。

プリンセスクルーズ

・サン・プリンセス:2024年2月就航予定
・スター・プリンセス:2025年初頭就航予定
サン・プリンセス、スター・プリンセスは共にスフィア級の姉妹船となり、総トン数17.5万トンを超える同社最大のクルーズ船となる。

ノルウェージャン・クルーズ・ライン

・ノルウェージャン・アクア:2025年初頭就航予定
・船名未定:2026年、2027年、2028年に新造船就航予定

ディズニー・クルーズライン

・ディズニー・トレジャー:2024年12月就航予定
・ディズニー・アドベンチャー:2025年後半就航予定
・船名未定:2025年就航予定
同社は今後数年間で3隻のクルーズ船をデビューさせ、最大船となるディズニー・アドベンチャーはアジア地域を就航する予定。

セレブリティ・クルーズ

・セレブリティ・エクセル:2025年就航予定
セレブリティ・エクセルは同社の最後のエッジクラスのクルーズ船となる。

キュナード・ライン

・2024年5月:クィーン・アン就航予定

ヴァージン・ヴォヤージュ

・ブリリアント・レディ:就航時期未定

バイキングクルーズ

・バイキングヴェラ:2024年12月就航予定
・バイキングヴェスタ:2025年夏頃就航予定
同社は2030年までにさらに8隻のクルーズ船を発注した模様。

シルバーシークルーズ

・シルバーレイ:2024年6月就航予定
・船名未定:建造、,就航時期未発表
ロイヤルカリビアングループの超豪華クルーズ会社であるシルバーシークルーズは1隻の新しいクルーズ船を建造中。

オセアニアクルーズ

・Allura(アルア):2025年6月就航予定
・船名未定:建造中、就航時期未発表
ノルウェージャン・ホールディングの高級クルーズ船であるオセアニアクルーズは1隻の新しいクルーズ船を建造中。

その他のクルーズライン

以下のクルーズ会社は現在、建造中または発注中のクルーズ船がある。
アイダクルーズ、アザマラ、カーニバルクルーズ、コスタクルーズ、ホーランドアメリカライン、P&Oクルーズ、リージェントセブンシーズ、シーボーン

※いずれも2024年2月現在の情報です。(引用:CruiseFever)

中国のクルーズ会社6社が集結し新クルーズ会社設立へ

【2024.2.8】中国の現地情報筋によると、中国のクルーズ会社6社が集結し、華夏国際クルーズに新たなクルーズ持ち株会社を設立する可能性があるとし、新会社は12月月順に署名された株主協力協定に基づいて運営されるという。新ブランドの株主の中には、現在バイキング・クルーズとの合弁事業の一環として旧バイキング・サンを運営しているチャイナ・マーチャンツ、中国観光集団、中国遠洋海運集団、晋江国際集団、上海呉松口文化観光投資集団、上海九牛集団の6社が新ブランドの株主となっている。同社は海南、深圳、その他の中国の港の協力開発を考慮しながら、上海宝山呉淞国際クルーズ港を主要母港として使用する予定であるとしている。(引用:Cruise Industry News)

バハマ:クルーズ船のプライベート島に新たな税を課す

【2024.2.8】バハマ政府は3月1日よりクルーズ会社が運営するプライベートアイランドの商品やサービスに付加価値税を新たに課すことにしている。この課税はクルーズ会社のプライベートアイランドの運営を地元企業と連携させることを目的としており、9年間の付加価値税免除が終了、主要クルーズ会社に影響を与える新しい税制改革がバハマ政府より発表された。クルーズ会社がプレイベートアイランドを所有している場合、飲食、レクリエーション活動、用具のレンタル、スパサービスなどの幅広いサービスの年間課税売り上げが10万ドルを超えている場合には、VAT呼ばれる付加価値税に登録しなければならず、今回新課税導入で税率10%が課せられることで、地元企業と同等な立場に置くことを目的としている。課税に導入によりロイヤルカリビアン、ディズニークルーズ、MSCクルーズなどに影響が及ぶとされ、今後クルーズ代金の価格設定に影響を与える可能性がある。(引用:curisehive)

2024年香港啓徳クルーズターミナル昨年再会よりさらに受け入れ増へ

【2024.1.26】中国がパンデミックに関する規制を緩和した後、香港の啓徳クルーズターミナルは2023年3月に国際クルーズ船の受け入れを開始した。同クルーズターミナルは他国よりもはるかに遅れてクルーズ船の受け入れを再開したが、2023年には138隻のクルーズ船を受け入れ、2024年には同クルーズターミナルは2023年よりも受け入れ数を上回と予想され、より多くのクルーズ会社を誘致し、新しい啓徳地下鉄駅、新しい道路、高速鉄道、バスターミナルの増加により香港のダウンタウンへのアクセスを容易にするターミナルへの往復の交通手段の改善に向けた取り組みが行われている。この交通機関の改善により、市内のグレーターベイエリアでのクルーズ乗船前後の観光旅行の選択肢が増加することが期待される。2019年以来の通年営業となる同クルーズターミナルでは、ホーランド・アメリカ・ライン、コスタクルーズ、セレブリティクルーズ、キュナード、ロイヤルカリビアン、MSCクルーズ、ノルウェージャンクルーズラインなど主要なクルーズ会社の発着クルーズが予定されている。(引用:cruisehive)

3クルーズ会社の株主優待特典の比較

【2024.1.14】上場しているクルーズ会社の株式を保有すると株主優待の特典がある。全てのクルーズ会社が米国株式市場で上場しているわけではないが、世界中のクルーズ船の大多数は上場され投資可能である親会社、カーニバルコーポレーション&PLC、ロイヤルカリビアングループ、ノルウェージャンクルーズラインホールディングスリミテッドの3つの親会社の下で航行している。
各クルーズ会社の特典と要件は非常に似ており、特典である『船内クレジット』を利用するにはそれぞれの会社の株式を100株以上所有する必要がある。

カーニバルコーポレーション&PLC

【子会社】
・カーニバルクルーズライン
・プリンセス・クルーズ
・ホーランドアメリカライン
・シーボーン
・P&Oクルーズ
・P&Oクルーズ(オーストラリア)
・コスタクルーズ
・アイダクルーズ
・キュナード
【船内クレジット付与/室】14日〜250ドル/7~13日100ドル/6日以下50ドル
【制限事項】
・従業員、旅行代理店料金、インターライン料金などでクルーズを行う旅行代理店、添乗員、または割引料金または無料クルーズの乗客はこの特典から除外
・株主優待の船内クレジットの譲渡、現金化、カジノ使用、船内チップ充当は不可

※インターライン=複数の航空会社にまたがる運送のこと(INFINI FOREST)

ロイヤルカリビアングループ

・ロイヤルカリビアンインターナショナル
・セレブリティクルーズ
・シルバーシークルーズ
【船内クレジット付与/室】14泊〜250ドル/6~13泊100ドル/5泊以下50ドル/ワールドクルーズ1,000ドル
【制限事項】
・ロイヤルカリビアンインターナショナルとセレブリティクルーズのみ利用可能
・ガラパゴスクルーズでの利用不可
・株主優待の船内クレジットをチャーター便や無料便への引き換え不可 他

※全てのクルーズブランドが親会社の特典の対象とはならない。

ノルウェージャンクルーズラインホールディイングスLtd

・ノルウェージャンクルーズライン
・オセアニアクルーズ
・リージェントセブンシーズクルーズ
【船内クレジット付与/室】15日〜250ドル/7~14日100ドル/6日以下50ドル
【制限事項】
・全てのグループクルーズラインで利用可能
・旅行代金200%支払う1人乗客であれば、船内クレジットの全額を受け取ることが可能
・未使用の船内クレジットの返金、現金への換金、譲渡は不可
・従業員割引、旅行代理店を通じて予約したクルーズなどの特定の特別料金には適用されない

株主優待の船内クレジットは、クルーズ船内で支払うことができるほぼ全てのもの、スパトリートメント、マッサージ、フェイシャル、ヘアトリートメント、専門レストラン、ギフトショップでの購入などに利用できるが、チップへの充当、カジノでは利用ができない。年間を通して頻繁にクルーズ旅行に出る場合は利用価値が高いかもしれませんが、コロナによる操業停止で各クルーズ会社共に大きな打撃を受けており、財務の安定性が疑問視されていることにも留意し、この優待特典が今後変化する可能性もある。(引用:CruiseFever)

「2024年クルーズラインが○○してくれたら素晴らしいでしょう」

海外クルーズサイトCruiseFever2024.1.14『クルーズ乗客が2024年に望んでいる23の変化』に関するまとめ記事です。
「クルーズ乗客が様々なクルーズ会社にどのようなことを望んでいるのか」をSNSを通じてアンケートをとった結果です。
◾️より良いサービス◾️
クルーズ会社や期待値により異なるが、各のクルーズ会社のサービスの素晴らしさを体感しているクルーズ乗客は多いと思われる。しかし、更に乗組員の細部への配慮が必要という回答があった。「無料とされているブッフェ、ピザのブッフェに長蛇の列ができないようにしてもらいたい。有料サービスエリアに配置している人員を回して改善を求む。」など。
◾️デッキチェア独占の解放◾️
「デッキチェアに場所取りのためにモノが置かれ、朝早く確保しないと座ることができないことを解消してほしい」という回答に、デッキチェア利用時間を規制する方向で検討しているクルーズ会社も出てきている。
◾️インクルーシブ料金◾️
「クルーズ料金に含まれる範囲を増やして欲しい」有料サービスである範囲を旅行代金に含めて欲しい。船内でのあらゆる些細なことに追加料金が請求されるのは面倒、という一方で包括的になると旅行代金が上がる、という悩みも。
◾️大人専用エリアの拡大◾️
大人専用クルーズ船もあるが、ファミリークルーズ船での大人専用プール、ラウンジなど船内に子供立ち入り禁止エリアを増やして欲しい。
◾️大人限定クルーズの販売◾️
クルーズ会社が年間を通じて『大人限定のクルーズ』を数回実施運行して欲しい。
◾️今ある船の改良◾️
新造船は必然的に旅行代金が上がるので、新しくクルーズ船を作るのをやめて、今あるクルーズ船を改修して運行して欲しい。
◾️より質の高い食品◾️
クルーズ会社や個人の好みによるが、最近の食品の品質に不満を持っている意見も多数あり。
◾️大きなシャワールーム◾️
標準的な客室のシャワーブースは小さいので、シャワーを利用する際不便を感じる。
◾️ロイヤリティプログラムの特典向上◾️
乗船時に加算される「ポイント」付与に応じたあらゆる種類の特典の向上。
◾️フレーバーコーヒークリーマーの提供◾️
標準的なミルクとコーヒークリーマー以外に風味豊かなクリーマーを置いて欲しい。
◾️ペットの同伴◾️
ペットを同伴してクルーズ旅行を楽しみたい。
◾️もっとコメディアン◾️
クルーズ会社によるが、家族向けや大人限定のコメディショーを提供しているカーニバルクルーズラインは、一流のコメディアンを擁している。ノルウェージャンクルーズライン、ディズニークルーズなどは素晴らしいコメディがあり他クルーズ会社にも力を入れて欲しい。
◾️カジノ内の煙対策の改善◾️
一部の新しいクルーズ船ではカジノからのタバコの煙を制御しているが、各クルーズ船ともにカジノ内の煙対策を万全に行って欲しい。
◾️単一の追加利用金の撤廃◾️
一人クルーズの場合、客室の1名分の料金は2名分支払わなくてはいけないことへの不満。
◾️既存のルールの強制◾️
上記のデッキチェアの長時間の場所取りや利用など、規定のない取り締まりをして欲しい。
◾️完全無料のルームサービス◾️
パンデミック前はほぼすべてのクルーズ会社ではルームサービスが無料だったが、現在は有料となっている場合も多いので元に戻して欲しい。一部のクルーズ会社では無料のルームサービスを提供しているが、メニューが限定されている。
◾️セルフランランドリー設備◾️
荷物軽減のため、セルフランドリーサービス設備の増加を希望。
◾️スィートティーの提供◾️
美味しい甘いお茶を提供してお欲しい。
◾️利用しやすいwebサイト◾️
クルーズの予約や検索が簡単にできるwebサイトの提供。
◾️混雑をなくす◾️
混雑の回避。
◾️チップの仕組みを変更◾️
世界の様々な場所によりチップの認識も異なるが「旅行代金にチップを含めて欲しい」「サービス毎に現金で支払いたい」などチップに関する問題の解消。
◾️より新鮮な旅程◾️
同じクルーズ旅程に飽きてきたので新しい旅程の提供を希望。

クルーズブッフェの10のルール

【2024.1.10】海外クルーズサイトCruieFeverの記事「すべての乗客が従うべきクルーズブッフェの10のルール」のまとめ要約記事です。
ほとんどの主要なクルーズ船には少なくとも1種類のブッフェがあり、クルーズ料金に含まれています。ブッフェには知っておくべき以下の『暗黙のルール』があります。
◾️1.順番を待つ◾️
ブッフェには列に並び、料理を取るラインを守るルールがあります。取りたい料理までスキップしたい場合は辛抱強く待つか、前に並んでいる乗客に通り過ぎても良いかを尋ねましょう。
◾️2.最初に手を洗う◾️
船内での感染症拡大を防ぐために、ブッフェ会場に入る前に手を洗いましょう。また入り口付近に設置されている消毒液を使用することも奨励されています。
◾️3.トングを利用する◾️
子供だけではなく、大人も料理をお皿に取る際には必ずトングを利用しましょう。
◾️4.子供を管理する◾️
ブッフェエリアにはホットプレート、食品、ガラス製品などのアイテムがあり、適切に扱わないと子供やほかの人に危害を及ぼす可能性があります。保護者としてブッフェで子供を見守り、付き添うの責任があります。「列に並んでいる人を邪魔しない」「食べ物を手づかみで取らない」「不適切な場所で走り回らない」などブッフェのエチケットについて子供たちに注意する必要があります。
◾️5.常に新しいお皿を使う◾️
ブッフェの料理を取るトングやスプーンなどが、利用した食器に触れないようにするため、使用済みの皿はテーブルに残し、スタッフに下げてもらい新しいお皿を使いましょう。
◾️6.食器を動かさない◾️
各ブッフェステーションには、さまざまな食品の相互汚染を避けるため、独自のトング、スプーン、フォークまたはナイフのセットがあります。これらは主にアレルギーや食事上の理由からですが、香りの混合を避けるためでもあります。甲殻類やナッツアレルギー、ベジタリアン、グルテンフリーなどの食事をとっている乗客もいるため、食器類、カトラリーなどは適切な場所に置くことで乗客全員が快適に食事をすることができます。
◾️7.クッキーを全部取らない◾️
最後のいくつかを残すことにより、供給少のサインとなりブッフェスタッフが補充します。全部取ってしまうしかない場合はブッフェスタッフに声がけしましょう。
◾️8.列に並びながら食べない◾️
ブッフェの列に並びながらお皿に取った料理を食べない。食事の前に食べ物を皿に盛り付ける手段として使用している食器に触れるのと同じことで不衛生です。
◾️9.山盛りに料理を取らない◾️
各料理を少しづつ摂取して食べましょう。
◾️10.スタッフ全員に親切に接する◾️
クルーズスタッフ全員がクルーズ客の思い出が特別なるよう努めています。乗客はスタッフに敬意と感謝の気持ちを持ち、「お願いします」「ありがとう」「大丈夫です」など親切に誠実に接しましょう。

クルーズ船で食べない食べ物10選

【2024.1.3】海外クルーズサイトCruieFeverの記事「クルーズ船が避けるべきと言っているクルーズ船の食べ物10選」のまとめ要約記事です。
CruiseFeverが「クルーズを予約する際に最も重要な要素は何か』」というアンケートを実施、特定のクルーズ会社またはクルーズ船が選ばれた主な理由の1つとして『食事』が挙げられた。「クルーズ中に食べない食べ物は何か?」というアンケートを取り、600件以上の回答があり、集計した結果は以下の通りです。
◾️1.エスカルゴ◾️
この質問に対し、全体の22%がクルーズ中に食べたくない食べ物の1つとしてエスカルゴを挙げました。カタツムリを「珍味」と考える人もいる一方で「食用軟体動物を避ける」という人もいます。
◾️2.寿司◾️
多くのクルーズ船の寿司店は人気があり、すぐに予約が埋まってしまうくらいに人気があるのにも関わらず、エスカルゴと同じくらいの回答があったことは驚きです。寿司は偏見のある食べ物の一つであり、寿司の品質はクルーズ会社やレストランにより異なります。
◾️3.カエルの足◾️
カエルの足は、クルーズ船内で避けるべき食べ物として3番目にランクインしました。カエルの足の食感と味は万人向けではないものの、挑戦する人もいます。カーニバルクルーズのメインダイニングのメニューでは「珍しい発見:ずっと試してみたかったが、まだ勇気がなかった食べ物」という項目でカエルの足がよく見つかります。
◾️4.スクランブルエッグ◾️
トロトロな食感のスクランブルエッグは粉卵のような食感、と多くの人が挙げています。卵料理はオムレツが多くの人に好まれています。
◾️5.ブッフェ料理◾️
「新鮮さ」「清潔さ」が最大の理由となっています。
◾️6.ロブスター◾️
最近の一部のクルーズ会社では、ロブスターは追加料金となることが多くなりその点において避ける理由にもなっています。他には「火を通しすぎ」「より良いロブスターを家で食べられる」などの回答もあります。
◾️7.ビザ◾️
クルーズ船のピザステーションは人気がありますが、避けたいという人も多くいます。ピザ生地の厚さ、食感はどのクルーズ会社でのほぼ同じですが好みによって好き嫌いが分かれます。焼きたてピザの行列に並ぶのが嫌いという声も。
◾️8.牡蠣◾️
苦手海産物のトップ10に入った「牡蠣」。胃腸疾患を引き起こす原因となる恐れがあり、クルーズ中に危険を冒して食べたくない食べ物の一つです。
◾️9.サラダ◾️
避けるべき食品として挙がった「サラダ」。他に美味しいものがあり、それらでお腹を満たすことができるのにサラダを食べる必要があるのか?という回答。クルーズ中にパンを避けるのも同じ理由でした。
◾️10.家にあるものならなんでも◾️
「クルーズ船に乗船してまで家にあるものを食べたくない」「滅多に食べることができないものを食べたい」というのが理由です。
◾️上記以外◾️
・アスパラガス、ブロッコリー、芽キャベツ、ほうれん草などの野菜は一般的な野菜に対する嫌悪感、食べず嫌いによるもの。
・ソフトクリームは子供たちが食べすぎてしまうという理由。

クルーズ船により100席近くのフェリーが遅延、欠航

【2024.1.17】2023年12月ニュージーランドのオークランド全域で合計98便ののフェリーがクルーズ船の渋滞により遅延または欠航となり、地元の通勤者は不満を抱いた。クルーズ船の増加により、クルーズ船がプリンセス・ワーフに発着する間、小型船は安全にダウンタウンのフェリー乗り場に行き来できず地元船のフェリーがその影響を受けている。クルーズ船はエンジンスラスターを使用しているため、強い水中流が発生し、フェリーにとっては危険となっている。ニュージーランドのクルーズシーズンは夏季期間に行われ、通常12月〜3月までとなり今シーズンは始まったばかりで、ここ数年最も混雑するシーズンで今年は更なる混雑が予想されている。通勤ピーク時間帯に大型船がプリンセスふ頭を利用できない時間帯が設けられているが、地元通勤者の通勤時間はその時間以外となっており、フェリーの遅延や結構は通勤客の不満となっており、この問題が本格視するにつれて悪化するのではないかと懸念している。(引用:cruisehive)

シアトルのクルーズターミナルで乗客がAI廃棄物選別機を利用可能に


【2024.1.9】2023年11月、人工知能を利用し誰もがゴミを正しく捨てることができるように支援する新しいゴミ分別アシスタント「オスカー」が米シアトルで発表された。ワシントンDCに拠点を置く非営利団体、リサイクルパートナーシップの昨年の報告書によると、さまざまな種類の廃棄物が適切に処理されず、またその方法や知識などの情報が欠け混乱を起こしていると指摘、米国では毎年約1,500万トンのリサイクル可能な資源が埋め立地行きになっている。廃棄物を分別するAI「オスカー」はシアトルクルーズ港とシアトルのタコマ国際空港に設置され、利用者がごみの分別を迷うことがないようアシストしてくれる。オスカーは、既存の標準的なゴミ箱にフィットするように設計され、カメラの前にゴミを置くとオスカーが分別を分析、肥料、リサイクル、ゴミのいずれかに判断をしてくれる。このAI設置後の最初の1ヶ月で、オスカーを使用した件数は3,000件を超え、仕分け成功率は43%との報告がでている。クルーズ業界全体が、近年、より持続可能で環境に配慮する努力をしている。(引用:cruisehive)

クルーズ船、ホームレスの一時避難場所に

【2023.12.28】フランス・ボルドーでクルーズ船がホームレス問題に貢献している。フランス政府と非営利団体が協力して、MSボルドークルーズ船をホームレスの人々のための一時的避難所に改造した。最大100人が戦場で安全で暖かく過ごすことができる。地元当局によると、このプログラムによりボルドーで利用できる一時宿泊施設の数が2017年と比べ36%増加したとしている。このクルーズ船は16:30から翌8:30まで営業しており、食事と一晩滞在するためのプライベートまたは共用客室を提供している。この取り組みは長期的な解決策ではないが、寒い冬の数ヶ月間、ボルドーのホームレスの人々は路上の厳しい状況から回避し、休息を取ることができる。運営は訓練を受けたチームが行なっており、利用の契約は2週間となっている。(引用:CruiseRADIO.NET)

2023年衛生検査で100点満点を獲得した30隻のクルーズは?

【2023.12.26】2023年、米国疾病予防センター(CDC)の船舶衛生プログラムによる抜き打ち衛生検査で11の異なるクルーズ会社30隻のクルーズ船(以下参照)が100点満点を獲得した。アメリカのクルーズ港を発着するクルーズ船に対し、抜き打ちで行われるこの衛生検査は年2回実施されており、合格ラインは85点となっている。今年は、カーニバル・クルーズ・ライン、セレブリティ・クルーズ、ノルウェージャンクルーズラインの3社5隻が100点を獲得している。6〜8時間の抜き打ち検査では、クルーズ船の8エリアが検査対象となり、医療施設、飲料システム、スイミングプール、温水浴槽、調理室と食堂、キッズエリア、換気システム、客室、船の共用エリアなどが含まれており、クルーズ船のサイズに応じて1,300〜23,900ドルの検査料を支払う。(引用:CruiseFever)

2023年衛生検査100点クルーズ船30隻

⚫︎オセアニアクルーズ:リビエラ、レガッタ、ビスタ
⚫︎ホーランド・アメリカ・ライン:ロッテルダム、ユーロダム
⚫︎ディズニークルーズ・ライン:ワンダー、ファンタジー
⚫︎MSCクルーズ:シーエスケープ
⚫︎バイキング:オクティンティス
⚫︎シルバーシー:シルバームーン
⚫︎サガクルーズ:スピリット・オブ・ディスカバリー
⚫︎ロイヤルカリビアン:アリュール、マリナー、ジュエル、ボイジャー
⚫︎ノルウェージャンクルーズライン:パール、ジョイ、スカイ、ブリス、スカイ
⚫︎セレブリティ・クルーズ:ミレニアム、エッジ、ソルスティス、エクリプス、サミット
⚫︎カーニバルクルーズ:セレブレーション、サンシャイン、ベネチア、コンクエスト、パノラマ

「ぱしふぃっくびいなす」 韓国ドゥウォン商船が購入へ

【2023.12.12】2022年12月出港のクルーズを最後に営業を終了した日本客船クルーズの「ぱしふぃっくびいなす」は、韓国船会社ドゥウォン商船に売却されたとされている。同社はPORO船で中古車輸送を行っており、京都・舞鶴港〜韓国・東海港〜ウラジオストク港でフェリーを運航、2022年3月以降は舞鶴への寄港が行われていない。ぱしふぃっくびいなすは最後のクルーズから帰港した後、JMUアムテック(兵庫県)で係船されていた。売却後は船名を「Eastern Venus」になり、船籍もパナマに変更された。今後は中国のドッグに入り改装され、東海〜ウラジオ航路で運航されるという情報もあるという。(引用:Daily Cargo,WEB CRUISE,朝日新聞DIGITAL

コスメル、コスタリカ 5ドルのクルーズ旅客税の課税を検討

【2023.11.29】メキシコのコスメル島とコスタリカを訪れる乗船客は、2025年から新たに一人5ドルの『クルーズ税』を支払わなければならない可能性がある。メキシコのキンタナロー州で最も混雑するコスメルとコスタリカに寄港するクルーズ船乗客から5ドルの手数料を徴収する議案が同州の財政予算に関する最近の会議で定義された。この2つの港からは年間400万人以上の乗船客があり、新しい課税法が制定するとメキシコ政府は2,000万ドルの収入を得ることになる。この資金はインフラ建設と災害救助に使用されるとしている。同州では毎年6〜11月がハリケーンシーズンとなり、特に8〜9月は最も強いハリケーンが同州都市カンクンを襲い、強風や集中豪雨、地滑り、深刻な洪水が発生している。(引用:CruiseRADIO.NET)

2025年メルボルン港湾税増税に伴いプリンセス、キュナードが寄港を撤廃へ

【2023.11.29】オーストラリア・メルボルンのポーツ・ビクトリアは2025年1月1日より港湾使用料の値上げが決定しており、これにより港湾使用料が乗船客1人あたり28.50ドルから32ドルに値上げになった。この値上げは突然であり、この値上げによりプリンセス・クルーズとキュナードは2025年以降ステーション・ピアへの寄港を撤廃すると発表した。この両クルーズ社により同港への寄港回数実績は40回、乗船客は10万人となり、地元への経済効果は年間約3億8千ドルとなっておりそれが失われることになる。両クルーズ会社の親会社であるカーニバル・クルーズは「事前の通知なしの突然の値上げは容認できない」としていることから、港湾使用料の値上げの議論の余地はあるという見方もある。オーストラリア側の説明によると、両クルーズ社の撤廃による予約の空白はすでに埋まっており、また値上げはステーション・ピアの維持を目的としているとしている。今のところ、カーニバルクルーズグループの9ブランドのうち、メルボルンを離れたのはプリンセス・クルーズとキュナードのみだがその他のシーボーン、コスタ、AIDA、P&Oオーストラリア、ホーランドアメリカライン、カーニバルクルーズラインなどは2025年に同港に寄港を予定しているが、全てのブランドが撤廃をした場合、港側の重大な損失に変わることは予想される。(引用:cruisehive)

3年間に渡る世界一周航海が船が調達できず突然中止に

【2023.11.24】クルーズ会社、ライフ・アット・シー・クルーズは3年間にわたる世界一周13万マイルクルーズを中止することを突然に発表した。長期間にわたるクルーズと手頃な価格で注目を集めたこのクルーズは、当初2023年11月1日にトルコ・イスタンブール出発予定とされていたが、11日アムステルダム発に延期となり、その後出発が30日に変更されたが最終的には17日に「予期せぬ出来事が起きた」という理由でクルーズの中止が乗船予定者に通知された。突然の中止の知らせに乗船予定者は驚きを隠せなかったが、さらにおどろ驚くべきことはこのクルーズを行うためのクルーズ船を購入できていなかったことだ。ライフ・アット・シー・クルーズ社はAIDAauraを購入しその後MV Laraに変更する予定だったが、セレスティアルクルーズが同船を買収、クルーズ船の確保ができず他の船の調達しようとするもできなかった。ライフ・アット・シー・クルーズの親会社であるミレイ・クルーズがクルーズ船を調達できなかった事例は今回が初めてではなく、過去にも購入予定の船の耐久性に問題があり購入ができなかったことがあった。このクルーズ旅行に参加すべく、イスタンブールに前泊していた乗船予定者やその他の予約者への旅行代金の払い戻しは2023年12月から月々の分割払いで支払うことを発表している。(引用:cruisehive)

フレッド・オルセンクルーズ30年間で2,500泊した乗客をお祝い


(Photo by cruisehive)
【2023.11.19】英国を拠点とするクルーズ会社、フレッド・オルセンクルーズでは過去30年間で100回以上の乗船、2,500泊した乗船客をお祝いした。この乗船客は1993年に自身の誕生日を祝うためのクルーズに初乗船し、そこから30年間フレッド・オルセンクルーズの客船に乗船、カナダ、米国、アイスランド、グリーンランド、インド、エジプト、シンガポール、日本、NZ、オーストラリア、ヨーロッパのほとんどの地域を訪れた。その過程で、フレッド・オルセンクルーズの船であるブラックプリンセス、ブラックウォッチ、ブレーマー、ブーディッカ、バルモラル、ボレアリスなど運行中の船に全て乗船しており、今後もボレットでワールドクルーズにも行く予定としている。11月1日に出港したボレアリスに乗船中のこの乗船客を何度も一緒に旅した乗組員らが2,500泊のサプライズパーティーを行った。
(引用:cruisehive)

2027年までにクルーズ提供を開始予定のクルーズ会社5社

【2023.11.18】今後4年間に運行を開始しようとしている新しいクルーズ会社があります。

(Photo by CruiseFever)
【フォーシーズンズヨット】
最高級ホテルブランド フォーシーズンズは、2025年後半に最初のクルーズ船の航海が予定されている。フォーシーズンズヨットは、乗船客1人あたりの居住スペースを現在利用可能なものよりも50%拡大、各スイートルームの建造費は約420万ドルがかかるとされている。床から天井までの窓と広大なテラスを備えたスイートルームは95室あり、スイートルーム全体の6割は少なくとも818平方フィート(約75.0平方メートル)の屋内外スペースがある。スイート1泊の料金は約5,000ドルとされており2025年12月にマイアミを出港、カリブ海クルーズ、地中海クルーズが予定されている。
【オーシャンレジデンス】
オーシャンレジデンシズデペロプメントにはNJORDと呼ばれるプロジェクトがあり、「世界中のどこでも最高の住所」になることを約束しています。NJPRDはマイヤー・ヴェルフトで建造される予定で、世界最大の居住用スーパーヨットとなり部屋の価格は約850万ドルからで、面積は1,500フィート〜9,000フィート(約457平方メートル〜約2.74キロ平方メートル)で世界最大の居住用スーパーヨットとなる予定。

(Photo by CruiseFever)
【アマンアットシー】
2027年、アマンアットシーは世界初50のスイートルームを備えた豪華ヨットをデビューさせます。現時点ではアマンアットシーの情報はほとんどありませんが、ププライアバシー、平和、寛大なスペース、比類のないサービスが提供される予定です。

(Photo by CruiseFever)
【ストーリーライン】
ストーリーラインズは2018年に15万5千ドルから住める手頃な価格のコンドミニアム船を提供する計画を発表、2019年にデビューしその後すぐ2隻目の計画があ離、古いクルーズ船を購入し改造する予定だった。現在は新造船を建造する予定でクロアチアの造船所に発注契約と締結した。この船は2025年にデビューする予定だったが、造船所がいくつかの破産問題を抱えているため暫定的に2026年に予定が変更されている。MV Narrativeのコンドミニアムの価格は87万5千ドル〜最高8百万ドルまであり、最大4つのベッドルーム構成がある。
【ヴィラ ヴィ レジデンシズ】
ヴィラ ヴィ レジデンシズは約2ヶ月前に発表され、最初の船は3年半かけて世界一周を計画しており、420港に寄港する予定。1泊料金は89ドル〜10万ドルほどで、部屋を購入して居住することも可能。(引用:CruiseFever)

中国の新造船「アドラ・マジック・シティ」と正式命名


【2023.11.4】中国アドラ・クルーズの最新クルーズ船「アドラ・マジック・シティ」が、上海の造船所で正式に命名された。同船は、アドラ・クルーズ社史上最大の客船となり、第2船となる。アドラ・マジック・シティは全長323.6m、総トン数135,500トンのカーニバル・クルーズのビスタ級船を改造した船で、16デッキ、26のレストランやバーに加え、アジア初となる海上ドイツビール醸造所も設置される。船内は東洋と西洋の美学を融合させた多彩な美しさを持つアートスペースがあり、中国人客だけでなく海外旅行者にも船上のシルクロードの魅力が体験できる。予約はすでに始まっており、初公開は2024年1月1日に予定されている。(引用&Photo :cruisehive)

旅行者が懸念すべきクルーズトレンド「トップ8」

【2023.10.24】海外クルーズ専門サイトCruiseFeverの調査&まとめ記事の要約です。
クルーズ旅行は、さまざまなクルーズ旅行者の期待に応え船内の設備やサービスも常に進化し続けていますが、必ずしもいい方向ばかりではなく懸念すべきこともあります。クルーズトレンドは、クルーズ会社が新しいポリシー(規則)を採用し運航を永続的に変更すると、その他のクルーズ会社も追従しその結果「新しいトレンド」が生まれる可能性があります。
1.チップの増加とサービスの減少
クルーズ会社は定期的に1日あたりの乗組員のチップの推奨額を引き上げています。自動的に徴収される毎日のチップは、適切な全ての乗組員が他の業界の賃金や経済インフレ率と同等のレートでチップを受け取るのに役立ちます。チップは1人当たり1泊12〜20ドル徴収されており、最近では短い期間で値上げが行われていますが、1日2回の客室清掃が1回に変更になるなどチップ金額は上がってもサービスは低下しているのが現状です。
2.アトラクションの追加料金
クルーズ船にはウォータースライダー、アクアパーク、劇場など乗船客が楽しめるアトラクションが多数あります。クルーズ会社は長い間、船内のアトラクションや複数のレストラン、ショーなどがクルーズ料金に含まれていましたが、最近ではオプションとして追加料金が必要となっています。予算に優しいとされていたクルーズ旅行ですが追加料金がかかる機能が増えるにつれ、追加料金なしで利用できる船内アトラクションは少なくなります。
3.シップ・イン・ア・シップの独占性
クルーズ船には内側客室からスイートルームまでさまざまなカテゴリーの客室があり、その料金もさまざまです。近年、より多くのクルーズ会社が船内のプライベートエリアの独占性(シップ・イン・ア・シップ)を活用し始めており、ラウンジ、レストラン、プール、サンデッキなどの特別なスペースを備えた船内デザインを取り入れ、利用できる客室の乗船客も限定されています。これらのプライベートエリアにメインラウンジ、シアターの指定席、レストランやスパの優先予約の特典が含まれている場合、その他の客室カテゴリーの乗船客が予約をする前に満席になってしまう可能性もあります。4.船全体のサイズ
主流のクルーズ会社の新しい船は大型傾向にあり、今後初航海を控えているアイコン・オブ・ザ・シーズの乗客収容は最大7,600人とされています。乗船客が多いと、混雑し、食事の提供も遅く、予約を取ることも難しくなる可能性があります。
5.寄港が拒否される
寄港回数、寄港総乗客数、許可されるクルーズ船の総トン数の制限などにより大型クルーズ船が港に寄港することを拒否され、旅程にも影響が出てしまう可能性があります。すでにキーウェスト、ベニス、ジュノー、バーハーバーなどの港ではクルーズ船の寄港制限を求めており、さらに多くの港が同様の措置を検討しています。
6.プラグを抜くことができない
「クルーズ中はデジタルから離れたい」という旅行者も多いかと思いますが、最近はダイニングルームのメニューやニュースレター、予約などクルーズ会社のアプリで行うことが多く、クルーズ中も携帯電話の電源をオンにして持ち歩くことが多くなっていてリラックスした休暇が損なわれる可能性もあります。
7.健康要件
パンデミックによるロックダウン後のクルーズ業界の再開中、多くのクルーズ会社は健康診断、ワクチン接種の義務付けなど乗客乗員の安全を確する必要がありました。病気の発生が注目されたり、インフルエンザなどの季節性の病気が再燃したりする度に、将来この傾向になる可能性があります。
8.食事の質の変化
食事は常にクルーズ旅行の重要な要素で、あらゆる種類の専門レストランを備えているクルーズ船が増えています。専門レストランの多くは、各食事に追加料金がかかるだけではなく、場合によってはメインダイニングルームやブッフェの料理の品質が低下していたりその繰り返しに合っている場合もあります。ロイヤル・カリビアン、カーニバル・クルーズでは、メインダイニングルームでの食事に複数のメインディッシュが有料化、選択肢を減らしてメニューを合理化するなどの制限を課し始めています。

クルーズ船内で購入したもので後悔した10のこと

【2023.10.3】クルーズ船内での様々な特典、販売品など購入して「後悔したもの」10のことは?海外クルーズ専門サイトCruiseFeverの調査&まとめ記事の要約です。
1.ジュエリー
船内で購入するジュエリーの信頼性は高いですが、「免税」ショッピング関する話題ばかりに惑わされお得だと思い込んでしまうことがあります。高額商品である時計、ネックレス、ブレスレットなどを帰国後に修理が必要な問題が発生した場合は厄介なので、購入する場合は対処を販売員に確認することが必要です。どのようなジュエリーを購入する場合でも、家に帰ってからも実際に着用できるものであることの確認が必要です。
2.デジタルカメラ
クルーズ船内で最新のGoProカメラやその他のカメラ機器が販売されていることがありますが、地元の小売店やAmazonの方がお得に買えることがあります。
3.スパのローション
船内でのスパトリートメント後は素晴らしい香りに体が包まれますが、とても高価です。また施術後に提供されている製品のセールストークの押しが強めで断るのが難しい場合もあります。

【体験談】カリブ海クルーズの際、クルーズ船内スパで施術後に製品を勧められたことがありました。英語で強力に押してきましたが一切拒否「I do`nt need it.」で終わりました。曖昧にせずはっきり断れば大丈夫です。

4.ドリンクパッケージ
実際に飲料をどのくらい飲むかを計算してみると、ドリンクを個別で購入した方がはるかに安いこともあります。
5.高すぎるOPツアー
クルーズ会社主催の寄港地観光ツアーでは、船の出航時間に合わせて戻ってくるし仮にツアーが遅れた場合でも乗船を待ってくれますが、一部のツアーは観光客向けの混雑した場所しか提供していない場合もあります。自分で見たり体験したりできるものははるかに安価である場合もあります。
6.水のボトル
クルーズ船内でボトル水価格は非常に高いです。クルーズ船内の無料水は飲んでも安全なので折り畳み可能なボトルを持参すると水代の節約になります。ノルウェージャンクルーズライン、MSCクルーズはボトル入り飲料水を船内に持ち込むことはできませんが、他のクルーズ会社では持ち込みを許可しているところもあります。
7.クルーズ船の送迎
空港からクルーズ港までクルーズ会社が提供している直通バス送迎サービスは、自分でタクシーや公共機関で移動するよりも高い場合があります。このサービスを無料で行っているクルーズ会社もあります。
8.Wi-Fi
クルーズ船で高価なWi-Fiパッケージを購入する前に、本当に必要かどうかを自問自答してみる必要があります。クルーズ中はデジタル類から離れリラックス、必要であれば港にいる間にネットに繋いだり、1日Wi-Fiを購入することも可能です。
9.写真パッケージ
船内でカメラマンに撮影してもらう写真をパッケージで購入すると、一枚あたりの価格が安くはなりますが、多くの場合実際に必要のないプリント写真が余分に残ってしまうことがあります。
10.アートオークション
アート愛好家は船内で開催されるアートオークションに惹かれるでしょうが、海上でのオークションであるため、米国居住者が本国でなれているような消費者保護は提供されません。また、美術品のオークションや入札プロセスで使用される慣行について様々な報告がなされているので、購入前の下調べは必ず必要となります。

●どのクルーズ会社が最安料金を提供しているか?
お得なクルーズを提供している人気のあるクルーズ会社は、カーニバルクルーズ、ノルウェージャンクルーズ、ロイヤルカリビアンなどがあります。

スコットランド 寄港するクルーズ船に新たな排出税を導入

【2023.10.29】スコットランドの緑の党は、環境問題や多数の観光客による地域社会への影響に対処することを目的にスコットランドに寄港するクルーズ船に対し、新たな税を課す計画を発表した。循環経済大臣は、この賦課金は最も汚染の多い船舶に重点が置かれる可能性があることを強調、クルーズ船税により運航会社がよりクリーンで汚染の少ない船舶を導入することに期待しているとしている。2019年スコットランドでは、約82万人のクルーズ船観光客を迎え、一部の議会はクルーズ業界への影響についての懸念を表明し、クルーズ船の入港数を制限する措置を承認した。(引用:クルーズマッパ)

米国ニュース『2024年のクルーズで最高のクルーズ会社』を選出

【2023.10.25】USニュース&ワールドレポートは、2024年のベストクルーズラインを発表した。コストパフォーマンス、カリブ海クルーズのベストクルーズラインなどの部門でベスト3を発表している。(引用:CruiseFever)
●コストパフォーマンスに優れた最高のクルーズ会社
1.ヴァージン ボヤージュ
2.セレブリティクルーズ
3.プリンセスクルーズ
●家族連れに最適なクルーズ会社
1.ディズニークルーズライン
2.ロイヤルカリビアン
3.カーニバルクルーズ
●カップルに最適なクルーズ会社
1.バイキングオーシャンクルーズ
2.シーボーンクルーズライン
3.リージェントセブンシーズクルーズ
●カリブ海で最高のクルーズ会社
1.ディズニークルーズライン
2.セレブリティクルーズ
3.ヴァージンボヤージュ
●地中海で最高のクルーズ会社
1.バイキンオーシャンクルーズ
2.シーボーンクルーズライン
3.セレブリティクルーズ
●最高に豪華なクルーズ会社
1.バイキンオーシャンクルーズ
2.シーボーンクルーズライン
3,リージェントセブンシーズクルーズ

インド クルーズ部門を強化へ

【2023.10.22】インド ナレンドラ・モディ首相は、インドのクルーズ部門を強化する「海洋アムリット・カール・ビジョン2047」を発表した。このビジョンの目標は、インフラを改善し、船舶による排出ガスを削減することで、国の海事部門を発展させることになる。同首相は最新のインフラと近代化により、インドのクルーズ業界が世界的なクルーズハブになる可能性があるとのべ、インドが2047年のビジョンを推進し、それを次のレベルに引き上げることを期待している、と述べた。インドのクルーズ会社、コーデリア・クルーズは今年末までに合計45万人の乗船客を運ぶ予定で、この変革において重要な役割を果たすことになる。(引用:Cruise Industry News)

世界初の水上クルーズターミナルが公開


(Photo by cruisehive:MEYER Floating Solurions)
【2023.10.20】世界最大級のクルーズ船の建造で最もよく知られるマイヤー・グループの企業であるマイヤー・フローティング・ソリューションズは、水上クルーズターミナルという斬新なコンセプトを導入、港湾拡張の持続可能な代替手段を提供している。この水上クルーズターミナルは世界初となり、この技術的革新はクルーズの需要の高まりにより、クルーズ港の拡大が不可欠な場合に発揮されこのコンセプトは石油やガス産業などの海事産業で実証され信頼できる技術を利用している。メイヤーグループが採用しているアプローチの重要な部分は、さまざまな分野から実証済みのテクノロジーを借用、シンプルで適用性に優れ、これにより港湾運営者はクルーズ運航の能力を迅速に高め、必要に応じて規模を縮小できるため、大規模な建設工事や土地埋め立ての必要性が軽減されるとしている。(引用: cruisehive)

米CDC 2023年に14件のクルーズ船ノロウイルス発生を報告

【2023.10.16】米国疾病管理予防センター(CDC)によると、10月8日の航行中にクルーズ船ヴァージン・ボヤージュのスカーレット・レディ内でノロウィルスの集団感染が報告された。同船では、10月8〜13日のクルーズ中に70人以上のノロウイルス感染者の報告をし、次クルーズの乗船客には警告が発せられ、更なる感染拡大を防ぐための衛生対策が講じられた。ヴァージン・ボヤージュは「感染者を隔離し、船室や船周囲の接触の多いエリアの追加清掃を含む強化された消毒手順を直ちに実施した」「CDCおよびその医療専門家と緊密に協力している」としている。CDCは、感染リスクを軽減するために、頻繁に手を洗い、十分な休息をとり、十分な水を飲み、症状が出ている場所から離れることを推奨している。(引用:CruiseRADIO.NET)

クルーズ料金コロナ前に比べて平均43%高騰

【2023.10.13】クルーズ料金は上昇傾向にあり、今後も上昇し続ける可能性が高い。航空料金もここ最近高騰しており、クルーズ旅行への関心が高まっていうる可能性も高い。Cruise Criticのデータによると、2023年12月の平均クルーズ料金は約43%上昇、カーニバル・クルーズCEOは最近、第3四半期の純収益と予約数が過去最高であることを明かし、全体の稼働率はコロナ前の水準を上回った。燃料費の上昇はクルーズ会社にとって「逆風」となっているが、それが特に価格上昇になる要因ではないとトラスト・セキュリティーズのアナリストは述べ、価格の情報は需要があり自然なことだとしている。(引用:CruiseRADIO.NET)

バルセロナ10月22日から中央港への客船出港を停止

【2023.10.10】スペイン・バルセロナの中央港は10月22日からクルーズ船の受け入れを停止する。地元当局は、クルーズ船の排出ガスを最小限に抑え、人工密集地域への影響を防ぐため、人気のランブラス地区から離れた他のターミナルに停泊するように要請した。クルーズ船をより大きなモール・アドサット桟橋に移動すると、乗船客がバルセロナ中心部にあるランブラス通りまで徒歩で10分で行けたところを、シャトルバスで30分、徒歩で55分かかるようになる。これらをめぐる変更の議論は、2018年に地元政府と港湾当局がクルーズ船の到着を規制することで合意した。クルーズ船の到着数が2019年上半期と比較して2023年上半期に8%の増加しても合意が覆ることはなかった。(引用:CruiseRADIO.net)

イスラエル攻撃を受けクルーズ会社が旅程を変更、キャンセルへ

【2023.10.10】ハマスによるイスラエルへの攻撃を受け、クルーズ会社は東地中海での旅程の調整を開始した。ロイヤル・カリビアンは現在ラプソディ・オブ・ザ・シーズがイスラエルのハイファ港からクルーズ運行しているが、10月9日以降のクルーズをキャンセル、見合わせている。セレブリティ・クルーズもまた、ハイファに向かう途中で進路を変更した。ホーランド・アメリカ・ラインのニュー・スタテンダムは、紛争勃発時にすでにイスラエルに停泊しており、乗客はOPツアーに出ていたがガリラヤ地方ツアー中ヨルダン川で全員が船に呼び戻され、その後船長から数時間以内に出航するとの連絡があったという。セレスティアルクルーズは今年11月末までに三大陸の旅程からイスラエルを一時的に除外することを決定。紛争とイスラエルの宣戦布告を受けて、多くの航空会社が現在イスラエル発着の航空便を10月10日までに停止している。(引用:cruisecritic)

クルーズ船内に『トイザらス』がオープンへ


(Photo by:Cruise News Weekly)
【2023.10.1】トイザらスの新しい親会社であるWHP Globalは、Go!リテールグループとの提携を発表した。GO!は2024年から米国全土にトイザらスの旗艦店を展開、WHPは空港やクルーズ船向けの新しい小売りを拡大しする。トイザらス初の空港店舗は、11月にダラス・フォートワース国際空港にオープンする予定。クルーズ船内の店舗を置くのか、どのクルーズ会社に入るのかはまだ明らかにさrていないが、WHPによると最初は1隻の船に店舗を置くことからスタートするという。今現在、ほとんどの主要クルーズ会社では船内でおもちゃを販売しているが、ディズニークルーズラインで冴え専用のおもちゃ売り場を導入しているクルーズ会社はない。トイザらスのクルーズ船内店舗で取り扱う商品は、クルーズ中の子供や家族向けに幅広いおもちゃやクルーズをテーマにした限定品を販売する予定。
(引用:Cruise News Weekly)

NYC、カーニバル、NCL、MSCなどとパートナーシップを拡大

【2023.9.28】米ニューヨーク市経済開発公社は、プリンセス・クルーズ、キュナード、ノルウェージャン・クルーズライン、MSCクルーズなどの大手クルーズ会社との新しいパートナーシップを発表した。契約期間は3年から15年で5年間の契約オプションが付いている。クルーズ産業はニューヨーク市経済の大きな推進力であり、ニューヨーカーに高収入の仕事を生み出し、観光やホスピタリティ産業の活性化に貢献しており、これらの大規模産業が持続可能性に重点を置き、あらゆる面でコミュニティと協力し続けることが協定の目的としている。ニューヨーク市は様々なクルーズ船が寄港しており、今年は130万人をこえる乗船客がマンハッタンとブルックリンのクルーズターミナルを通過すると予想され、観光業の回復を示している。(引用:cruisehive)

2023年廃船が「ゼロ」

【2023.9.25】スクラップとして売約されるクルーズ船の数は2022年記録的数字となったが、今年2023年にはクルーズ船の廃船数が「0」となっている。Cruise Industry Newsによるクルーズ船中古市場レポートの最新版によると、2022年には18隻のクルーズ船が解体となり、新型コロナウイルスの感染拡大後最も多い数となった。感染拡大前の2019年に解体されたのは1隻だけで、その後3年間で合計38隻、平均船年齢37年とパンデミック前は平均43年だったのを下回った船が多かった。(引用:Cruise Industry News)

ドイツ キール港とMSCクルーズが陸上発電施設を開設

【2023.9.25】キール港とMSCクルーズは、MSCエウリビアの初寄港中となる今週末にオシュトゥファーハーフェン・ターミナルの陸上発電施設を正式に稼働させた。2023年初め、MSCクルーズは、クルーズ船が港に停泊中に船に電力を供給し、二酸化炭素の排出量を削減するため、自社の船舶をキールの地元電力網に接続する契約を締結した。MSCエウリビアは2023〜2024年冬季北欧クルーズ中にハンブルグの陸上発電施設も使用する予定としている。MSCクルーズは脱炭素化への取り組みとして、ヨーロッパの電力網にアクセスするため、使用可能な陸上電力設備のある15港と2024〜2025年の間に使用契約を結ぶ予定としている。(引用:Cruise Industry News)

クルーズ船の船尾側バルコニーの価格が高くなる理由

【2023.9.16】海外クルーズ専門サイト記者が海外クルーズで体験した記事の要約です。
どのクルーズ船を予約する場合でも、後部バルコニー付き客室には割増料金がかかる。その理由は何か?
【船尾バルコニーは特別】カーニバル、ロイヤル・カリビアン、ノルウェージャンのクルーズ料金を調べたところ、標準的なバルコニー付き客室と後部バルコニー付き客室の価格差は10〜25%も後部客室の方が高くなるかのう背があることがわかった。価格の差は旅程や時期よりもクルーズ船自体の影響が大きく、船尾のバルコニー付き客室はすぐに完売となる。ロイヤルカリビアンのオアシス級の船尾客室は通常室の価格を遥かに上まっており、船尾のアクアショーをバルコニーから鑑賞できること、海だけでなくボードウォークの素晴らしい景色を眺められることなどが価格に転化されている。
【より広いバルコニースペース】船の側面にある通常バルコニー付き客室は、かなり窮屈であることが多く足元のスペースがほとんどないが、船尾バルコニー付き客室の方がスペースが広い場合が多い。
【船尾バルコニーの数に限りがある】船尾に面したバルコニー付き客室の数は圧倒的に少ないので価格も通常室よりも高い。
【わずかに静か】船尾にアクアシアターがあるロイヤル・カリビアンのオアシス級船以外はほとんどの場合、シアターは船尾にあるためショーなどの音が聞こえることはない。
【素晴らしい景色】航跡を眺めてリラックスでき、航跡と共に泳ぐ海洋生物を見ることができる。(CruiseFever)

寄港地コスメルで交通事故、パスポート・保険なしの乗船客

【2023.9.18】アメリカ・タンパ在住のカーニバル・パラダイスの乗船客2人が、寄港地であるメキシコ・コスメルで交通事故に遭い病院に搬送、手術が必要な入院となったが保険に加入していなかったため入院費が賄えず退院せざる得なかった。この乗船客は、コズメルでスクーターをレンタルし走行中にひき逃げ事故に巻き込まれた。クルーズ会社では、コスメルやナッソーで頻繁に衝突事故が発生するため港でスクーターをレンタルしないように呼びかけていた。2人は病院に搬送されが、保険がなかったために十分な医療を受けられず病院からは1〜2万ドルの請求をされたという。彼らの状況を把握していなかったカーニバルクルーズは出港時間にコスメルを出発した。この乗船客らは退院はしたものの、病院から請求されている1〜2万ドルが未払いのため病院かれ出ることを禁止され、支払うまでの出国が許可されなかった。二人のパスポートはクルーズ船の中であるため、連絡を受けた親が帰国のための航空券は押さえたが、パスポートがないので帰宅までの道のりは困難と思われる。(引用:CruiseRADIO.NET)

ジブラルタルに新しいクルーズターミナル建設計画発表


(Photo by:cruisehive)
【2023.9.8】スペインの南端に位置するジブラルタルに新しいクルーズターミナルが建設される。新しいクルーズターミナルは、目的地の競争力を高め、より多くのクルーズ船を誘致する。ジブラルタルは地中海ではないが、一部の西地中海クルーズに近く、特に大西洋横断クルーズなどで寄港する場所でもある。現在のクルーズターミナルは1997年に建設され、新しいターミナルは約40,000平方フィート(約12,000平方メートル)の2階建、クルーズ旅客サービス、小売店、イベントや会議室にスペースが割り当てられる。既存のターミナルは、最大4隻の中型船または2隻の大型船を同時に受け入れることが可能なため、様々なクルーズ船が寄港している。政府は9月8日に建設計画を発表したが、建設に関する最終決定はクルーズ業界やその他の関係者と協議して行われると述べ、建設スケジュールや投資コスト、資金源は明らかにされていない。
(引用:cruisehive)

クルーズ船の客室で絶対やってはいけない10のこと

【2023.8.237】海外クルーズ専門サイト記者が海外クルーズ港で体験した記事の要約です。

【サージプロテクター付きの電源コードの使用】
サージプロテクター付きの電源タップの仕様はほとんどの船舶で使用禁止しており、おそらく保安検査場でさえ通過できない可能性がある。クルーズ船の電気配線が地上とは異なり、サージプロテクターを使用すると火災の危険性がある。但し、サージプロテクターを備えていない場合は、クルーズ会社によって承認されているケースもある。
*サージプロテクターとは:異常高電圧、異常大電流などから保護する機器(引用:サージ防護器)
【裸火】客室内でのキャンドルの使用、喫煙、電子タバコの使用は厳禁で発見された場合は250ドル以上の罰金がかかる。バルコニーでの喫煙を認めているクルーズ会社もあるが、常に規則は変更されているので確認が必要。
【トイレに余分なものを流さない】客室のトイレにはトイレットペーパー以外のもの、おしり拭き、生理用品、綿棒などを流さない。クルーズ船の配管システムは非常に繊細で、特定の種類の資材にのみ対応数量にできている。
【カーテンを開けたまま裸で歩き回らない】寄港地などで数メートルに別のクルーズ船が停泊していたりすると客室内が丸見えの可能性がある。
【バルコニーのドアを開け話にしない】バルコニーのドアを開け放すと湿度があがりエアコンの稼働が激しくなり、また強力な突風により突然ドアが閉まることで近くにいる乗船客の迷惑になる可能性がある。港地でほんの数メートル隣に別のクルーズ船が停泊している場合など、客室内が丸見えの可能性もある。
【手すりに座らない】落下防止のために絶対に手すりには座ってはいけない。この規則を破るとクルーズ会社からの出入りを禁止される。
【客室内の備品を持ち出さない】クルーズ会社の備品、厚手のバスタオル、傘、双眼鏡などを持ち帰ると後から高額な請求を受ける可能性がある。
【客室で騒がない】のクルーズ船の客室は、騒音を最小限に抑えるという機能を果たしているが、完全防音ではない。他の乗船客との距離が近いことを意識し、テレビや音楽の音量、話し声などを大きさを気をつける。
【ミニバーの使用】オールインクルーシブのクルーズでは追加料金なしでミニバーを楽しめるクルーズ会社もあるが、一般的にドリンクパッケージでは客室内の冷蔵庫内の飲み物の商品は対象外。客室係に冷蔵庫の飲み物を撤去してもらうことも可能で、空いたスペースに自分で購入した飲料水などを入れておくことができる。
【壁にテープを貼らない】クルーズ船の客室内では、テープ、接着剤その他の使用は禁止されている。壁やドアは金属でできているため、マグネットやマグネットクリップなどを利用する。(引用:CruiseFever)

クルーズ港で気をつけたい10のこと

【2023.9.7】海外クルーズ専門サイト記者が海外クルーズ港で体験した記事の要約です。(引用:CruiseFever)
【キャッシュカード詐欺】カリブ海某クルーズ港で人目につかないATMで現金を引き出し後、銀行カードに不審な請求があった。詐欺師が機械の既存のカードスロットに緩く設置できるカードスキマーがないかを確認し、暗証番号を入力する時は手で覆い、心配な場合は使用しない。現地通貨を調達する場合、クルーズ船のATMは現地ATMよりも高額な手数料となる。
【偽札】メキシコ・カリブ海諸国からの最近の報告によると、観光地でメキシコ ペソの偽札が発見されていることが明らかになった。メキシコの多くの港、特にカリブ海では米ドルが受け入れられるため、通常はペソを使用することがない。米ドルで支払う場合、釣り銭は現地通貨の小銭となる。2023年度は偽札が増加しているため、現地で支払う予定がある場合は少なくとも本物の通貨についてよく知っておくことが大事。
【タクシー】タクシー運転手がよく使う手口の一つは、乗車料金が記載されていてもそれが一人分の料金であり、2人乗車すると2倍支払わなければならなくなるということ。決まった目的地に旅行する場合は、必ず事前に正確な費用を調べておく必要がある。また釣り銭を受け取る時は支払い金額と釣り銭が本物であるかどうかを確認すべき。
・タクシー番号または会社コードを取得し、地方自治体から認可を受けているかどうかを確認。
・後で必要になる場合に備えて、携帯電話でナンバー プレートの写真を撮影する。
・ドアを閉める前に最終的な価格を交渉して合意する。
・地元の港湾管理者にお勧めのタクシー サービスまたは運転手を尋ねる。
・可能であれば現金で支払いし、釣り銭が戻ってこない場合に備えて少額紙幣を用意する。
【寄港地ツアー】寄港地でのプラベートツアーや船会社主催の観光ツアー時に本来の目的地の他に土産物店などハシゴされないかどうか、ツアーの内容とその値段を確認してから申し込む。
【模造品と偽物】偽ブランド製品は、ナッソーやセントトーマスなどのクルーズ港で船積みで見つけることができる。クルーズ港周辺の店でお買い得のブランド品や宝石を手に入れることはできるがそれが本物かどうかは専門家でないとわからない。
【港周辺店にある”無料ギフト”】港周辺で使える全て免税のクーポンブックが配られ「無料ギフト」をもらえる特典がついてもらいに店に行くと、無料ギフトだけをもらって帰れない「圧」や営業トークを店側がかけてくるので注意。
【巧妙なスリ】財布や貴重品はマネーベルト、もしくは前ポケットに入れるなどスリに注意する。
【レンタカー】評判のいいレンタカー会社と提携しているかを確認。走り出す前に必ず車の写真または動画を撮影する必要がある。後に出発前のレンタカーが壊れた、不具合が起きたなどのレンタカー会社の主張に備え証拠として残しておく。
【大道芸人の写真撮影】クルーズ港やそのほかの大道芸人は個人事業主で、音楽を聞いたり、芸を見たりするために立ち止ま理、写真撮影をした場合はチップを残すべき。大道芸人と一緒に写真を撮る場合はチップ以上の金額を要求される場合がある。
【安全でないWi-Fi】クルーズ港周辺では利用可能なWi-Fiスポットがたくさんあり、無料からリーズナブルな価格で利用できるが、第三者によって利用者の個人情報が流出する可能性がある。海外でワイヤレスネットワークに接続する場合は必ずVPNを使用する。

トルコ・イスタンブール地元民クルーズ船にうんざり


(イスタンブールに停泊中のクルーズ船:Photo by cruisehive)
【2023.9.5】トルコ・イスタンブールにあるガラタ港クルーズターミナルは、東地中海を航行するクルーズ船の人気が高い寄港地で、2001年にオープンしたこのクルーズターミナルは1日あたり15,000人、年間約150万人のクルーズ客を受け入れることができる地下施設となっている。他の港湾都市と同様に、クルーズ船は入港の際汽笛を鳴らして入出港を知らせること、巨大クルーズ船が港に出入りすることを見ることなどにうんざりしている地元民が多いという。今後、このクルーズターミナルにはノルウェージャンクルーズライン、プリンセスクルーズ、セレブリティクルーズ、MSCクルーズなどそれぞれ複数隻のクルーズ船が停泊する予定となっている。
(引用:cruisehive)

香港クルーズターミナル クルーズ船寄港増加で定期バスサービスを強化


(出典:Cruise Industry News)
【2023.9.2】香港に寄港するクルーズ船の数が増加しているため、香港市は啓徳クルーズターミナルのカバーをする定期バスサービスの強化をしている。啓徳クルーズターミナルからの出発は、月〜金曜日の7時25分〜20時35分の運行で滑走路エリア、油麻地、旺角、尖沙咀間の定期バスサービスを提供する。新しいバス停は、聖京街、星豊路、香港小児病院、牧泰街、EMSD本部に設置される予定。
(引用:Cruise Industry News)

オーストラリア 新型コロナウイルス対策規制を撤廃へ

【2023.8.30】オーストラリアでは、新型コロナウイルス感染症対策プログラムが夏のクルーズシーズン前に全て撤廃され、これによりクルーズ乗客はマスクの着用、検査、ワクチン接種の証明が義務ではなくなる。これによりオーストラリアは国際的に他の国々と足並みを揃えることになり、クルーズ特有の措置を維持してきたオーストラリアでは、検査とワクチン接種の継続的義務が旅行者の間で混乱を招いており、特に陸上や空港での措置が撤廃されていた。(引用:cruisecritic)

P&Oクルーズ船タンカーに衝突し航行不能、乗船客は航空機で帰国へ


【2023年8月28日】P&Oクルーズ船のブリタニアは、8月27日にパルマ・デ・マヨルカで石油タンカーと衝突、救命ボートやその他の施設が破損しており、クルーズは中止され乗船客は下船することになった。現在、クルーズ会社は乗船客が帰るための航空券の手配を行っている。事故当日、パルマ・デ・マヨルカで突然の激しい嵐に見舞われ、ブリタニアは係留から外れて漂流、近くの石油タンカーに衝突した。この事故で両船は軽度の損傷を受けたが、ブリタニアが搭載している救命ボート、救命設備の一部が損傷しクルーズの続行は不可能となった。海事法では、乗船客と乗組員の総定員に基づいて、すべての船舶で人数分の救命ボートの搭載が義務付けれれている。そのため、乗船者数を減らすため、どの乗船客が下船することになるかは定かではないが、船内に残る乗船客の不安に対応するためのボランティアを募集する場合もあるとしている。
(引用:cruisehive)

ロサンゼルス港、クルーズ旅客料金を値上げへ

【2023.8.25】クルーズ業界が急成長を続ける中、アメリカ・ロサンゼルス港湾委員会はクルーズ船の乗船客に対する旅客料金の値上げを承認した。2024年から2028年まで、乗船客1人当たりの料金は毎年3%引き上げられることになった。ロサンゼルス港は2023年クルーズ船乗船客の利用が130万人となる予定で、乗船客数の増加によって港が利益を得られるようにするため、ロサンゼルス港湾委員会は8月24日、乗船客一人あたり現在徴収している金額16.12ドルを2028年までに19.25ドルまで段階的に値上げすることが決まった。この決定は、ロサンゼルスのクルーズ事業の急増が予想されることを受けてのことで、今後カルフォルニア州サンペドロにある既存の施設を改良しクルーズターミナルを増設することも検討されており、提案募集は2023年度末までに発表される予定。(引用:cruisehive)

バルセロナ:クルーズ船の一部運航禁止が10月から始まる

【2023.8.23】2023年10月22日からスペイン・バルセロナの北部埠頭へクルーズ船の入港が禁止される。この措置は、市内中心部に近いところでの排気ガスを制限することを目的としている。バルセロナの2つのクルーズ船の停泊地は、南北に分かれておりクルーズターミナルのある南の埠頭は通常、バルセロナを母港とするノルウェージャンクルーズライン、ロイヤルカリビアン、カーニバルクルーズ、MSCクルーズなど、カタルーニャ州の首都から出航する大型クルーズ船が使用しており、北部の埠頭はリージェント、シルバーシー、セブンシーズなど小型船が停泊している。今回の禁止により、バルセロナに向かう乗船客は、観光地に徒歩10分だったところをシャトルバスに乗るなどして30分かかることになる。バルセロナから約1時間のスペイン・タラゴナにクルーズ船が停泊できる新しいクルーズターミナルを現在建設中。(引用:ceuisehive)

5千人超調査結果 2024年に99%がクルーズ旅行を計画

【2023.8.22】クルーズ専門サイトcruiseline.comとShipmate(アプリ)による調査結果によると5,000人以上の回答者のうち、約99%が2024年にクルーズ旅行に参加予定あると回答した。この調査は昨年も同様に行われており、昨年の結果より7.5%増加していることがわかった。クルーズ旅行の期間で一番人気だったのは4〜6日以上の長期クルーズの傾向にあった。回答者の約90%がカリブ海クルーズの経験者で、そのうち63%がすでに2024年のカリブ海地域のクルーズを予約しており、予約したいクルーズ会社はロイヤルカリビアンがカーニバルクルーズに僅差で勝利した。サイトのマネージャーによると、クルーズは復活しており、2024年以降は1つ以上のクルーズ旅行を予約するつもりだという旅行者が増えており、全体としてより長いクルーズ期間、世界中の地域への旅行を希望している旅行者が増えている、としている。(引用:CruiseRADIO.NET)

スペイン クルーズ乗船客へのシティサーチャージを値上げへ

【2023.8.21】2022年スペイン・バルセロナ市が「シティ・サーチャージ」を旅行客に課すようになった。バルセロナがあるカタルーニャ地方では、すでに1泊1〜3.5ユーロ(約160〜560円)の宿泊税を課税していたがこれに上乗せされた価格となる。シティ・サーチャージは旅行客とバルセロナに寄港するクルーズ船の旅客が課税対象者となる。現在は一人2ユーロ75セント(440円)だが、2024年4月から3ユーロ25セント(520円)に値上げされる予定。シティ・サーチャージは、バルセロナの税収として、公共設備への投資や観光保護に使用されるという。歴史的な観光都市の観光客に対する徴収税は以下の通り。
【クロアチア】ドゥブロブニクでは宿泊税2ユーロ65セントの課税。2021年以降クルーズ税の税収1約2,880万円となった。
【オランダ】アムステルダムでは宿泊税としてホテル代の7%の課税に加え、一人3ユーロ(約480円)を課税。
【イギリス】マンチェスターではビジター・フィー1人1ポンド(約180円)の徴収を2023年から実施。(引用:Yahoo!ニュース-COURRIER)

乗り遅れたピアランナー電話でクルーズ船長に戻るよう懇願

【2023.8.18】ピア(桟橋)ランナーとは、クルーズ船に戻るのが遅れ、桟橋を走らなければならない乗船客のことです。イタリア・バーリに寄港していたMSCスプレンディダは、出港時間に間に合わなかった男女の乗船客を置き去りにして出港した。驚くべきことに、この取り残された男女の乗船客は、岸壁からMSCスプレンディダの船長に電話し、「船長、待ってください!(船を戻すことを)やろうと思えばできますよ。」と船を戻すように懇願した。この件に関し、イタリア・南アドリア海港湾局会長は「今回の件は非常に残念だが、時間に制限があり、また非常に費用のかかる運航であるクルーズ船にとって彼らの懇願は不可能であることは明らかである」と述べている。ピアランナーは、通常は活気のあるバーや安い飲みので有名な寄港地で発生することが多く、メキシコやカリブ海などで多く見られるが、そればかりではなく寄港地のショッピングセンターから船に戻る時間を過小評価している、ビーチに長居しすぎているなどの原因で間に合わなくなってしまう。クルーズ船が、埠頭から僅か数メートル離れた距離にある場合、遅れた乗船客を簡単に迎えに戻れるというのは誤解です。港の停泊スケジュールは非常に厳密に定義されていて、船舶が割り当てられたスペースから出航に遅れた場合、高額な罰金や追加税金が課せられる可能性があり、遅れにより他のクルーズ船、貨物線、地元のフェリーなどに影響を与えてしまう可能性もある。(引用:cruisehive)

欧州のオーバーツーリズム問題、各都市の観光客抑制策とは

【2023.8.15〜16】2030年国境を超えて旅行する人の数は、約18億人に達すると世界観光機関では予測している。ヨーロッパの人気の観光地では、訪れる観光客が多すぎるために地元住民の生活が維持できない状況になっている。EUではまだこの件に関する正式な声明を発表していないが、多すぎる観光客への対応策の議論が進められている。
【イタリア】2021年ベネチアのラグーンへの大型クルーズ船の乗り入れを禁止。首都ローマにある「トレビの泉」「スペイン階段」で観光客の行動を制限する措置など。
【オランダ】アムステルダム市議会は、同市への訪問をしないよう呼びかける活動の一環として大型クルーズ船の入港を禁止など。
【スペイン】ガリシア州では観光税の導入を計画。
【ポルトガル】ビーチで大音量で音楽をかけることへの罰金など。
【クロアチア】ドブロブニクでは11月から騒音を最小に抑える措置としてキャスター付きのスーツケースを引いて石畳を歩くことの禁止するなど。
【英国・オークニー諸島】英国で最も人気のあるクルーズ寄港地の一つ、オークニー諸島ではクルーズ船の乗船客の増加を受けて、クルーズ船の到着制限の導入を検討している。オークニー諸島の島々には、1日に7,000人以上のクルーズ客が訪れる日があり、地元住民は歓迎する一方で、地域資源の負担、道路閉鎖など日常の生活に支障をきたしている。地元住民の懸念に応え、市議会では特定の日に寄港する大型客船の数を制限するために予約方針を策定している。(引用:Yahoo!ニュース-Forbes Japan,cruisehive)

クルーズ船から消える可能性のある5つのもの

【2023.8.11】クルーズ業界が進化するにつれて、環境や安全への配慮により将来的にクルーズ船からなくなる可能性があるものがいくつかあります。
【船内新聞】一部のクルーズ会社ではすでに紙の船内新聞を廃止しようとしていたが、乗船客の苦情を受けて廃止を中止した。それでも、今後クルーズ会社がコスト削減を決定すれば、デジタルへの移行がトレンドになる可能性もある。今日の旅行者は、旅の計画や情報収集などにデジタルツールを使用することに慣れており、デジタル船内新聞への移行は自然の流れとなってきている。また、環境保護への持続可能性の点から環境負担の削減に貢献することにもつながる。
【オーバーツーリズム】過剰な数の観光客により観光地が圧倒され、地元の文化、環境、コミュニティに悪影響を与えている場所もある。クルーズ業界では、寄港先への運航の影響を管理する責任を認識しており、混雑を最小限に抑えるためにクルーズの到着を分散、あまり知れていない港へ寄港するよう調整し最終的には観光のメリットが様々な場所で均等に共有されるよう対策を講じる。
【プラスチックストロー】クルーズ船でのプラスチック製ストローの使用を禁止または制限する決定は、使い捨てプラスチックが環境に与える重大な影響に対処するため広く世界的な運動から生まれた。多くのクルーズ会社は、プラスチック製ストローを廃止または紙製などの代替品に置き換えるなど移行するしている。
【ペットボトル】水のペットボトルはクルーズ船に常備されてきたが、これらのボトルが環境に与える影響などにより、段階的に廃止されてきている。ノルウェージャンクルーズラインでは、フローグッズ社と提携し、植物由来の水パックを乗船客に提供、セレブリティクルーズは多くのペットボトルをアルミニウムに置き換えている。
【客室内の照明のつけっぱなし】クルーズ業界では、持続可能性を高めてエネルギー消費を削減する取り組みとして客室内の照明のつけっぱなしを防止、ルームキーを室内のスロットに挿して照明と電源を作動させるシステムを導入し始めている。(引用:CruiseFever)

マウイ島山火事でクルーズ港が廃墟に


(出典:CruiseRADIO.NET)
【2023.8.11】8月8日から始まったハワイ・マウイ島の山火事の影響で、西マウイ島の港は無期限に稼働不能となり、ラハイナへの寄港を含むクルーズ船は、今後クルーズ会社からの最新情報に注意を払う必要がある。年間通じてプライド・オブ・アメリカ号でハワイクルーズを行っているノルウェージャン・クルーズ・ラインは、ハワイ・コミュニティ財団に5万ドルを寄付した。寄付に加えて、クルーズ会社で保有している物資もマウイ島に寄付している。8月11日時点で、この山火事で少なくとも55人の命が奪われており、歴史あるラハイナ野町はほぼ全勝、被害総額は数十億ドルと推定されている。火災の原因に関する正式な調査はまだ行われていないが、ハリケーン・ドーラ(のち2023年台風8号)の風が火災の速度と強度を悪化させたと消防当局は述べている。(引用:CruiseRADIO.NET)

ハリケーンや嵐がクルーズにどう影響を与えるのか

【2023.8.12】米国海洋大気庁(NOAA)は、ハリケーンシーズン前の6月には「今年はほぼ平年並み」と予測したが、8月10日に発表された最新予測では「通常を上回る」に更新、現在6〜11のハリケーン、14〜21の暴風雨などを予想している。大西洋のハリケーン活動に影響を与える主な気候要因は「エルニーニョ現象と、記録的な暖かさの海面温度」としている。ロイヤルカリビアン、カーニバルクルーズ、アイダクルーズなどでは船舶にスターリンクインターネットを導入し、船舶が陸上の気象センターとより緊密かつ即時に連絡を取り合い、継続して最新の情報を得ており、嵐からクルーズ船を避けるために寄港地のキャンセル、変更、旅程ルート逆行などを行い船、乗客、乗組員の安全を常に優先事項としている。(引用:cruisehive)

チリ:あらゆる規模のクルーズ船にカボタージュ許可法案検討

【2023.8.9】2019年にチリは法律を改正し、少なくとも400人を収容できる外国船籍の船舶が、(チリ以外の)外国の目的地に寄港することなくチリの港でクルーズ発着ができるようにした。400人という基準は、チリ国内のクルーズ業界を保護しつつ今後の「伸び代」を残すために設けられた。このカボタージュ問題は、クルーズ関連問題の一つで全ての外国船籍クルーズ船にカボタージュを解放することを指示する当局者は、チリ下院の公共事業・運輸・電気通信委員会に意見を表明するよう招待された。(引用:Seatrade Cruise News)

中国政府団体旅行解禁 韓国へのクルーズ船53隻寄港申請

【2023.8.11】中国政府は韓国への団体旅行を解禁、中国のクルーズ船53隻が済州島への寄港申請をした。韓国・済州特別自治道が明らかにしたところによると、10日に中国政府が韓国向けの団体旅行を全面的に解禁してから10日午前までの時点で上海を出航するクルーズ船53隻の済州島への寄港申請があったという。中国のクルーズ船が一度に機構を求めた影響で、済州島江汀港では従来のクルーズ船寄港を含めた現時点で2024年3月までの約8ヶ月分の予約申請が締め切られたという。これらのクルーズ船は上海を出港し、済州島を経て日本などに向かう予定。(引用:Yahoo!ニュース)

造船会社、クルーズ船用の原子力を検討

【2023.8.8】原子力技術企業ニュークレオは、世界的に有名なフィンカンティエリと検査、認証、コンサルティングエンジニアリングを専門とする企業RINAとの提携を発表した。今回の提携は最先端の密閉型ミニ原子炉の設計を通じて、原子力をクルーズの世界に導入実現可能かを調査する目的。原子力発電の利用は、クルーズ業界を2050年までカーボンニュートラルにするという目標につかづけるための取り組みの一つとしている。フィンカンティエリは、プリンセスクルーズ、シーボーン、カーニバルなどのクルーズ船を手がける造船所。(引用:cruisehive)

英・消費者団体によるクルーズ会社格付けランキング

【2023.8.7】イギリスの人気消費者団体「Which?」はクルーズ会社をランク付けし、最も人気のあるクルーズ会社と最も人気のないクルーズ会社を発表した。この調査では、顧客サービス、船内設備、客室の質、飲食、エンターテイメントなどの特徴を比較して、総合的な評価スコアを出している。この調査が行われたのは2022年1月で、調査対象者には「過去2年以内に乗船したクルーズ船」について尋ねているが、パンデミック後のクルーズで「制限」が設けれている期間なので偏った回答も一部含まれている可能性がある。当然のことながら、オールインクルーシブの豪華クルーズ会社は評価が高く、ノーブル カレドニア オーシャン クルーズが評価90%でトップになった。
【評価80〜87%】バイキング、サーガ、シーボーン、マレラ、リージェント・セブンシーズ、ヴァージン・ヴォヤージュ
【評価79%】カーニバル
【評価78%】ディズニー
【評価77%】ノルウェージャン、ロイヤルカリビアン
【評価69%】コスタ
【評価68%】MSC
【評価67%】プリンセス
プリンセス・クルーズは様々なカテゴリーでの投票結果で5つ星の評価を獲得した項目が1つもなかった。プリンセスクルーズの評価の一部は、様々なパッケージの拡張が混乱を招いている料金や、料金に基づく含まれる項目レベルの違いなど、階級的な価格設定システムが原因している可能性がある。(引用:cruisehive)

2024年オリンピックサーフィン参加者にクルーズ船を提供

【2023.8.4】2024年パリオリンピックのサーフィントーナメントに出場する選手のために、クルーズと海上貨物輸送の両方を担うアラヌイ号がヴィオラ湾に停泊し、競技会場へ近距離アクセスを確保する。アラヌイはサーファーやスポーツ代表団のために指定されたオリンピック村として機能するが、参加者は自費で代替の宿泊施設を選択することも可能。競技会場から半径45分以内の宿泊施設の条件を満たすパリオリンピックの基準を満たし、宿泊施設として可能となった。環境への影響に関する懸念に応え、組織員会は調査を開始、クルーズ船の宿泊施設に関連する潜在的な二酸化炭素排出量を軽減するための措置を講じる予定としている。(引用:CrewCenter)

オランダ・アムステルダム市でクルーズ船出禁に賛成票

【2023.7.21】アムステルダム市議会は、汚染の抑制と観光管理を目的とした措置として、アムステルダム市中心部へのクルーズ船の停泊を禁止することを可決した。アムステルダムを訪れるクルーズ客は観光客の典型的な例で、市にとってほとんど利益がなく、イナゴの大群のように市中心部に迷惑行為を行いながら移動してくる、として批判的にみられている。アムステルダムではクルーズ船の陸上電力に接続ができないため、機構中エンジンを稼働し続ける必要があるため環境汚染への影響も最大の懸念事項となっている。クルーズ船が否定的な注目を集めているのはアムステルダムだけではなく、ベネチアはすでに大型船の入港を禁止しており、バルセロナ、サントリーニ島。ドブロブニクではクルーズ船の入港を制限している、または今後制限する予定としている。(引用:cruisehive)

クルーズ船のバルコニーの手すりに座る乗船客を逮捕

【2023.7.25】クルーズ船のバルコニーの手すりに座っている子供を映した写真がSNSで拡散され、安全性やマナーの悪い行為など、さまざまなクルーズ会社やクルーズ会社全体で懸念が高まっている。

(Photo by cruisehive)
写真に撮られたこの子供の乗船客が、どのクルーズ船に乗船していたのか、写真が撮影された日など不明で、拡散共有されたために写真の出処も不明となっている。写真に映るバルコニーの形状やデッキ家具から、この船がロイヤルカリビアンのクルーズ船だという可能性が高い。多くのクルーズ会社では、危険、無謀、または破壊的な行動を明示的に禁止する規則を設けている。ロイヤルカリビアンでは乗船客に「常に本契約の条項、適用されるすべての法律、規則、政策、規制に従うものとする」という文言をクルーズチケット契約に記している。また、同社乗船客の行動方針の中で船舶のセキュリティへの介入、乗船客への拘留、ロイヤリティ特権の停止、クルーズラインからの出禁などを執行できる権利を有している。(引用: cruisehive)

ヴァージンクルーズ マイアミ港で係留施設に衝突

【2023.7.17】ヴァージンクルーズのクルーズ船、スカーレット・レディは7月16日に米国マイアミ港で到着時、係留施設と接触した。着岸時、右舷側を岸壁に接岸しようとしたところ、係留施設までの距離を誤り衝突したと見られる。


スカーレット・レディの船体の修理はすぐに開始され、約6時間30分遅れたが次のクルーズへと出航した。(引用:cruisehive)

クリスタルクルーズ寿司ノブ・マツヒサとパートナーシップ再強化

【2023.713】クリスタル・セレニティとクリスタル・シンフォニーの両船は、スィートの大型化を含む大規模改修が行われている。オーロラスパの改修、寿司と高級料理愛好家のために寿司職人ノブ・マツヒサとパートナーシップを再強化し、専門レストラン「Umi Uma」を再開する。昔のUmi Umaでの名物料理「黒タラの味噌漬け」は1994年にノブのレストランでデビューし、シェフの代名詞となった料理で、全世界60店舗全てのレストランで提供されている。


(Photo by cruisecritic)
スパイシーなマグロとアボガドのディップソース添えクリスピーライススクエア、マグロのたたきとマシューイサドレッシングの刺身サラダなどの他ににぎり、ロール寿司など種類も豊富。シーフードや寿司以外にも和牛ステーキ、鶏胸肉のグリル、蕎麦などのメニューもある。シェフ松久氏によると、2008年にクリスタルクルーズで最初のレストランで海上初となる寿司バー「シルクロード」は、2018年に店名を「うみうま」に変更した。Umi Umaでの1回の予約は、クリスタルクルーズの乗船客全員に11日間まで無料、空きに応じて1人当たり50ドル追加の予約ができるとしている。
(引用:cruisecritic)

乗船客が出港時間に間に合わず出港45分の遅れ

【2023.7.11】5月27日米テキサス州ガブベストンを出航するカーニバル・ビスタでの西カリブ海クルーズで、寄港地コスメル島の出港時間に間に合わない乗船客がいた。乗船客のSNS投稿の画像(映像)を見ると、遅れた乗船客女性は特に急ぐ様子でもなく、桟橋を船に向かって歩いてくる様子がわかる。

(Photo by cruisehive-@designsbyd1)
乗船客女性が出港時間に遅れたかは不明だという。クルーズ会社では通常、全ての寄港地で厳格な出発時間に従い、オプショナルツアーに参加する乗船客には例外が認められているが、通常出航に間に合わない乗船客を待つことなはない。「乗船客を置き去りにする」という難しい決定が下される前に、行方不明の乗船客の数や次の目的地への到着予定時刻など様々な要因が考慮される。クルーズ業界では、出港時間に間に合わず乗船できなかった乗船客のことを「桟橋ランナー」と呼ぶ。乗り遅れた場合、乗船客は次の寄港地まで自力で追いつくか、帰国の手配をする責任が課せられ、それにかかる宿泊費や交通費などの費用は当然のことながら自己負担となるが、その場合他国への渡航、帰国の際に必要なビザやパスポートなど渡航に必要な書類を所持している必要がある。(引用:cruisehive)

クルーズ船火災で乗船客がカリブ海の港で立ち往生

【2023.7.10】ドイツに本拠地を置くTUIグループのクルーズ船、マレラ・ディスカバリーは、7月7日深夜に船内で火災が発生、火災報知器が作動し、消防隊が鎮火にあたり乗客乗務員は無事だった。船はドミニカ共和国のアンバー・カバー・クルーズ港を出港し、タークス・カイコス諸島に向かう途中だった。船の損傷確認と乗船客の安全確保のため、同船は次の寄港地であるフロリダ・カナベル港には向かわずアンバー・カバー・クルーズ港に戻っており10日現在もまだ同港に停泊中。同船のクルーズが中断され、1,800人の乗船客への払い戻し対応に追われている。(引用:CruiseRADIO.NET)

ディズニークルーズライン 新ウェアラブルを導入

【2023年7月7日】ディズニー・クルーズ・ラインは7月29日からディズニー・ファンタジーで新しいウェアラブルなハンズフリーバンド、DisneyBand +を導入する。このウェアラブルの導入は同クルーズで2隻目隣、今年度中にディズニークルーズ全船で導入予定とし、現在時期を調整中。DisneyBand +の使用は乗船客のオプションであり、寄港地での乗船時、クルーズ終了時の下船時に引き続き必要な従来の「キートゥザワールド」カードに代わるものではない。DisneyBand +は乗船客の船上アカウント情報に接続される防水リストバンドで、飲食、ショッピング、客室の鍵、一部ラウンジスペースへのアクセスに利用できる。(引用:cruisehive)

中国ブルー・ドリーム・クルーズ日本往復船を再配船へ

【2023.7.6】中国に本拠地を置くブルー・ドリーム・クルーズ社は、同社の客船ブルー・ドリーム・スターを青島に最配船し中国東部の母港から日本への往復旅程が開始される予定。同船は、総トン数24,000トン、836人乗りのクルーズ船で2023年7月から長崎、福岡、熊本、鹿児島、沖縄などへの4〜7泊のクルーズを行う予定。同船は2001年に航海を開始、ロイヤル・オリンピアクルーズから2016年にダイヤモンド・クルーズブランドに買収され、現在はアジアを就航している。中国での国際クルーズ再開に向けたパイロット計画の一環として、ブルー・ドリーム・クルーズでは、2023年5月26日に初めて客船サービスを開始、コロナ後上海呉松口国際クルーズ港から海外クルーズを再開した最初のクルーズ会社となった。(引用:Cruise Industry News)

タイ・パタヤに大型クルーズターミナル建設を提案

【2023.7.3】タイの海事省は、内閣に人気リゾート地の一つであるパタヤに2億1100万ドルをかけて新しい波止場とクルーズターミナルの建設を提案する予定。この建設プロジェクトが実現すると、世界中で高まるクルーズ観光の人気を活か市東南アジアの国へのクルーズを大幅に発展させることになる。プロジェクトの承認が降りると港の建設は2026年に着工し、2029年までに完成する。新しい港は沖合に位置し、2隻のクルーズ船を同時に寄港することができ、また長さ1kmの波止場と本土を結ぶ橋も同時に建設される予定。現在タイではクルーズ港が不足しており、タイの島々の港では1,000人を超える船舶の受け入れが限られいる。パタ夜行が新たに建設されると、1時間あたり最大1,500人のクルーズ客の受け入れ、寄港地として昨日する場合は1時間あたり3,000〜4,000人の乗船客を受け入れることが見込まれている。(引用:cruisehive)

各クルーズライン米独立記念日セール最大70%OFFも

【2023.7.3】各クルーズ会社は、最大70%オフ、無料ドリンクパッケージ、子供のクルーズ料無料などのアメリカ独立記念日のセールが行われている。(引用:CruiseFever)
【NCL】客室2人目が70%割引、無料の航空券、ドリンク、スペシャリティレストラン、Wi-Fi、寄港地観光ツアーの提供、3,4人目が無料。
【セレブリティ】客室2人目が75%割引
【プリンセス】最大200ドルのオンボードクレジット他
【ロイヤルカリビアン】全クルーズ30%割引、最大650ドル割引、古殿のクルーズ料無料
【カーニバル】クルーズ料金35%割引、オンボードクレジット最大50ドル
【MSC】無料ドリンク、無料Wi-Fi、オンボードクレジット最大400ドル
【HAL】チップ無料の他、ドリンク無料、Wi-Fi、寄港地観光ツアー、特製ダイニングを含むSea to Shining Seaのセール
【ヴァージン】キャビン最大500ドルの割引、最大600ドルの無料ドリンクを含むセール

古い外国船の8つの利点 古いクルーズ船を選ぶ理由

【2023.6.30】15年前、20年前に建造された古いクルーズ船を見落とすとチャンスを逃す?古いクルーズ船でのクルーズを予約する代々の理由とは?
クルーズ会社によって、新しいクルーズ船が建造されると、真新しい船の魅力や輝きに目を奪われ、古い船でのクルーズの「良さ」を見失うのは残念なことです。古い船でのクルーズを予約する最大の理由は以下の通りです。(以下共引用:CruiseFever)

【1.はるかに手頃な旅行代金】

古いクルーズ船での最大の魅力は、同様の旅程の新しい船よりも、旅行代金が約30〜50%安くなる場合がある。新造船は、販売のための広告と需要高のためにそれに伴う割高な費用が発生するので、予算に限度があったり、頻繁にクルーズ船に乗船したい場合は古いクルーズ船がオススメ。また、古いクルーズ船の方が新しいクルーズ船よりも直線のセールを簡単に見つけることができるという利点もある。

【2.人が少ない=混雑しない】

2000年以前に建造されたほとんどのクルーズ船は、定員が2倍の約2,000名の乗客を乗せていた。近年の建造船の乗客定員数は4,000〜5,000名と倍以上となっており、乗船、下船の混雑、船内のブッフェなど特定の場所での混雑が起きるが、古い船では乗船客数が少ないのでリラックスしたクルーズが可能。

【3.より親密な雰囲気】

古いクルーズ船は総トン数6,500〜90,000トンの小型から中型の範囲の大きさが多い。船内のスペースは小さく、前後への移動がラクであり、船の機能を気にしないベテランの乗船客が船旅を本当に楽しめる居心地の良い雰囲気となっている。

【4.ユニークな空間と機能】

一部の古い船には、新しい船には見られない機能や設備が体験できる。

【5.懐かしさと伝統】

古いクルーズ船には懐かしさと伝統がある。船体のエレガントなライン、独特な輪郭などを備えた昔の遠洋定期船を彷彿とさせるデザイン、船内には華やかな装飾、大階段、アートコレクションの展示などありクラッシックな内装も多い。

【6.クルーズの高柔軟性】

古くて小型の船は、大型船がアクセスできない場所にも航行することができる。他の船では通ることのできない橋の下や巨大船が使用できない桟橋などを使用できることがある。

【7.乗船できるラストチャンスの可能性】

クルーズ船は一定の老朽化に達すると寿命が尽きる。古い船で航海することは、運行を停止される前のクルーズを楽しむ最後のチャンスとなる。

【8.ロイヤリティ報酬をより早くランクアップ】

新しい船より古い船でのクルーズが割安であることから、1回のクルーズ船に乗船する回数が増え、また古い船で短いクルーズに乗船することが、ロイヤリティポイントを次のレベルに上げる最も経済的な方法になる。
(引用:CruiseFever)

クルーズ船の災害シュミレーション訓練を実施

【2023.6.27】米国サウスカロライナ州チャールストン港で6月28日、連邦、州、地方機関が連携し緊急避難訓練を実施する。この日行われる訓練では、クルーズ船が港内で補給船に衝突され、多数の死傷者数が発生した事故を想定して行われる。米国湾岸警備隊によると、この訓練は「大規模な海上緊急事態を想定し、多数の死傷者とその救助の対応」「対応機関間の効果的調整とコミュニケーションの促進」を目的としているという。今回のケースの訓練は、地震訓練、ハリケーン訓練と似ており、既存の緊急プロトコルを実施検証し、問題点を明らかにし、より効率と有効性を高め計画を改善することを目的としている。(引用:cruisehive)

バハマ クルーズ旅客税の増税を2024年1月に延期

【2023.6.26】バハマ政府は2023年7月に旅客税の増税を予定していたが、2024年1月に延期した。バハマ政府は、クルーズ船乗客に対する税率の引き上げを延期することを発表、この度の決定はクルーズ業界からの懸念を慎重に考慮した結果とした。2024年1月以降はフリーポート、ナッソー、ビミニから出港する旅客税は一人18ドルから23ドルに、クルーズ会社のプライベート島であるココケイ、パーフェクトデイなどは20ドル増税の25ドルとなる予定。バハマはクルーズ乗船客の急増から利益を得る権利を多々持っており、ナッソーの港湾インフラの改善やロイヤル・カリビアン・ビーチクラブ、ディズニーのライトハウス・ポイントなど今後のクルーズ会社の計画によって収益も大幅に増加すると予想されている。(引用:cruisehive)

CDCによる最も清潔なクルーズ船を運航するクルーズ社ベスト15

【2023.6.23】アメリカの港から出航するクルーズ船は年に2回、米国疾病予防管理センター(CDC)の船舶衛生プログラム(VSP)による抜き打ち検査を受ける。医療施設、ポータブル給水システム、プール、スパ、調理室、食堂、キッズアクテヴィティセンター、客室宿泊施設、換気システム、船内の共有エリアを含む主要8エリアが検査対象となる。検査終了時にVSP捜査官は、船舶管理者と面談、検査違反を話し合い、検査報告書草案を渡し2週間以内にVSPは検査報告書の最終版をクルーズ会社に送付することになっている。VSPによる検査は抜き打ちで行われ、100点満点中85点以下は不合格となり、再検査を受けなければならない。最近の検査でスコアが高かった上位15のクルーズ会社で、各クルーズ会社の複数のクルーズ船の平均値でランキングを表示している。
【15位】リージェントセブンシーズクルーズ:93.2点
2021年クルーズ再開以降、同クルーズ会社で検査を受けているのはセブンシーズスプレンダーのみ。同船は今年初めの検査で97点を取得。
【14位】MSCクルーズ:93.3点
MSCシースケープは100点だったが、MSCシーサイドは最新検査で67点の不合格だった。
【13位】カーニバルクルーズライン:95.8点
最近の検査で、カーニバルセレブレーション、パノラマ、ヴァラー、サンシャインの4隻が100点だった。
【12位】オセアニアクルーズ:96.0点
オセアニアリビエラは数ヶ月前に完璧な100点を獲得した。
【11位】リッツ・カールトンヨットコレクション:96点
新造船1隻、唯一の検査で96点を獲得。
【9位】ノルウェージャンクルーズライン:96.2点
ノルウェージャンジョイとパールの2隻が100を獲得。
【9位】ホーランドアメリカライン:96.2点
最新船ロッテルダムが完璧な100点を獲得。
【8位】シルバーシークルーズ:96.4点
シルバームーンが100点を獲得。
【7位】ヴァージンボヤージュ:96.5点
ヴァージン社の2隻が受検の平均スコア。
【6位】プリンセス・クルーズ:96.6点
ルビー・プリンセスが最新の検査で100点を獲得。
【5位】ロイヤルカリビアンクルーズ:96.7点
ラプソディ、シンフォニー、ワンダー、アリュール・オブ・ザ・シーズの4隻が100点を獲得。
【4位】シーボーン:97.3点
クルーズ再開依頼受検しているのはシーボーンクエストのみ。
【3位】セレブリティ・クルーズ:98.1点
セレビリティ・エッジ、ミレニアム、サミットの3隻が完璧な100点を獲得。
【2位】バイキング:99.3点
バイキングスター、、シー、スカイの3隻が完璧な100点を獲得。
【1位】ディズニー・クルーズ・ライン:99.8点
最新の検査でディズニークルーズ4隻のうち、3隻が100点、1隻はディズニー・ドリームは99点だった。同船は過去18回の検査のうち14回を完璧な100点を獲得している。
(引用:CruiseFever:全てのスコアは2023.6.23現在CDCのwebサイトで検証されたもの)

AIDA3船でヴィーガンおやつ、飲み物、ディナー体験

【2023.6.22】アイダ・クルーズは2023年6月24日より、AIDAnova,AIDAperla,AIDAprimaでは新しい船内レストランで植物由来を主とした食材の料理が楽しめる。新しいレストラン『ソウルキッチン』では、自家製スプレッド、オーバーナイトオーツからバナナブレッド、新鮮なフルーツ、歯応えのある野菜などを使用した野菜・果物ベースヴィーガンおやつ、フェアトレードコーヒー、オーガニックティー、フレッシュオレンジジュースなどの飲み物も楽しめる。夜は日替わりの3コースのメニューを提供、ココナッツレモングラススープ、アーモンド大麦のリゾット、ハーブリンゴのソテー、ヴィーガン、植物ベースの肉や魚介類の代替品、ノンアルコールワイン、蒸留酒などの提供がある。アイダ・クルーズは昨年、船内の専門レストランで提供を拡大、新しいヴィーガン向けの前菜、メインコース、デザートを追加した。(引用:Cruise Industry News)

バイキングネプチューンで乗船客がノロウイルス100人以上

【2023.6.21】ニュージャージー州に到着したバイキング・ネプチューン号で胃腸炎ウイルスの感染者が100人以上確認され、2023年感染拡大に直面した13隻のクルーズ船となった。米国疾病管理予防センター(CDC)によると、原因はノロウイルスを挙げ動線の乗客838人のうち110人が腹痛、嘔吐、下痢などの症状を訴えている。また、船員の感染者は9人(船員の約2%)とし、症状は同様だという。バイキング・ネプチューンは現在「船のアウトブレイクの予防・対応計画」に則って船員による厳格な清掃と消毒を実施しており、感染者に関する情報をCDC船舶衛生プログラムと日に2回共有している。ノロウイルスはクルーズ船のような狭い空間で急速に広がる可能性があり、通常はトイレ使用後に手を洗わない人によって感染する。(引用:Cruise RADIO.NET)

クルーズ・サウジがアラビアン・クルーズ体験を実施へ

【2023.6.19】公共投資基金が100%所有するクルーズ・サウジは、クルーズ会社『アロヤ・クルーズ』の立ち上げを発表した。「ビジョン」や「夢」を意味する「アラビアン」と「ロヤ」を組み合わせた「アロヤ・クルーズ」は、昨年末オークションで購入した『ゲンティン・ワールド・ドリーム』で運航を開始する予定。豊かな文化遺産、美しい自然、温かいおもてなし、寛大さなどをブランド価値に反映されるようなデザイン、アラビアの体験を紹介することに注力し没入型のクルーズ旅、この地域でユニークな寄港地観光プログラムの提供の予定。アロヤ・クルーズの旅程とパッケージは現在開発中で、今後数ヶ月以内に発表される予定としている。(引用:Cruise Industry News)

米政府が観光客急増のドミニカ共和国へ渡航警告

【2023.6.13】アメリカ国防省は6日、ドミニカ共和国へへの渡航警報レベルを「2」に引き上げ警告を強化した。当局はドミニカ共和国での犯罪を理由に警戒を強化するように警告、ドミニカ共和国全土で武装強盗、殺人、性的暴行などの暴力犯罪が懸念されていると述べている。また、武器の入手、違法薬物の取引、ドミニカ共和国の脆弱な刑事司法制度が広い範囲で犯罪の原因となっているとしている。2023年3月のドミニカ共和国への寄港したクルーズ船の乗船客数は、昨年3月の約2倍、約28万人に達し空路への旅行者数も含め訪れた観光客数の記録増加を更新している。(引用:cruisehive)

世界のクルーズ運航会社 中国市場開拓へ新しい計画

【2023.6.11】国際クルーズ船の発地・寄港地として、中国が世界で最も潜在力のある市場とみられる中、各クルーズ運航会社は中国市場への新しい進出計画をしているという。中国では、海外への団体旅行が再開以来、地中海、紅海、世界一周などクルーズ船での海外旅行人口が増加、人気の航路では2025年分の予約も開始されている。MSCクルーズ中国担当者は「中国はクルーズ市場が伸びる可能性を秘めており、クルーズ利用者は世界第2位。MSCクルーズでは2024年以降、高品質のクルーズ船を中国市場に投入する準備を進めている」と明らかにしている。(引用:AFP BBNews)

クルーズ会社のwebアクセスが15%以上の増加

【2023.6.9】ほぼ全てのクルーズ会社は、今年の数ヶ月で記録的な予約を示しており、2023年の夏に向けクルーズ旅行の人気は、衰える兆しがなく大きく成長している。クルーズ関連のweb検索が大幅に増加、クルーズ業界は2019年に記録した過去の乗客数を今年超える可能性が高い。web検索では、クルーズ会社の名前で検索されることが多く、最近参入したヴァージン・ボヤージュの固有名詞での検索が約60%増加、ノルウェージャンクルーズライン、セレブリティクルーズなどもそれぞれ約25%増加している。特定のクルーズ会社のwebサイトへのアクセス数が増加しているのは、広告キャンペーンの成功やヴァージン・ボヤージュの場合、絶賛の口コミによる効果が大きく、クルーズ旅行の好感度が高まっていると言える。カーニバルクルーズとロイヤルカリビアンにおいては、webアクセスは若干の減少があるにもかかわらず、他の競合他社と比較してもほぼ変わらないアクセスを得ている。(引用:cruisehive)

フッティルーテン初のゼロミッションクルーズ船を発表


(出典:cruisehive)
【2023.6.7】ノルウェーのクルーズ会社フッティルーテンは、世界初のゼロミッションクルーズ船の計画を発表した。同社は、この取り組みは2022年3月にプロジェクト名「Sea Zero」として初めて発表され、世界で最もエネルギー効率の高いクルーズ船となる可能性がある初期のコンセプトデザインをも発表している。12の海事パートナーからなる共同企業体と研究機関との協力で設計された画期的な「Sea Zero」プロジェクトは、世界で最もエネルギー効率の高いクルーズ船のコンセプトを導入している。同社のこの計画の船は、電気式で、港で充電できるバッテリーを搭載する予定とし、ソーラーパネルを備えた格納式帆、人工知能操縦、二重反転プロペラ、格納式スライダーなどの革新的なソリューションを備えている。革新的な戦隊と推進ソリューションを備えた船体の流線的形状は、エネルギー需要を削減するだけでなく、乗客の快適性も向上しその過程で新しい設計ツールを開発し、エネルギー効率のために新しい技術を模索している、としている。(引用:cruisehive,Cruise Industry News)
HURTIGRUTEN GROUPフィッティルーテン基本情報

中国船アドラ・マジック・シティが進水


(Photo:Cruise Industry News)
【2023.6.6】中国で建設中のアドラ・クルーズの新造船『アドラ・マジック・シティ』は、6月1日からドッキング解除作業が行われ、進水後救命ボートやその他の安全装置のテストが行われた。6月6日の試験運航終了前に5,000人のゲストを乗せたこの船は、様々な想定を踏まえ、適切な安全性を確保するための傾斜テストも行われた。アドラブランドは、カーニバルコーポレーションと中国国家造船総公司(CSSC)の合弁事業で2022年に発足している。(引用:Cruise Industry News)

プレミアムクルーズ市場、今後10年間で20%増加見込み

【2023.5.31】2023年クルーズ業界ニュース年次報告書によると、世界のクルーズ業界のプレミアムクルーズ市場が2023年から10年間で約20%増加する見込みとされている。今後10年間は、プリンセスクルーズの大型船としてデビュー予定のサン・プリンセス、スター・プリンセスがプレミアムクルーズ市場の最大のブランドとしてリードされるとしている。サン、スター・プリンセスの他に、セレブリティクルーズの新造船、セレブリティ・アセンントの他に2025年に引き渡し予定の名称未定の新造船など、プレミアムクラスのクルーズ船が今後デビューを控えている。割合ベースで見ると、TUIクルーズが最も成長し、ドイツ市場で3隻を追加した。ホーランドアメリカライン、キュナード、P&Oクルーズ、ヴァー人ボヤージュ、オルセン、アザマラなどプレミアムクルーズ市場で存在感を示している。(引用:Cruise Industry News)

ロイヤルカリビアン、NCL乗船率100%超え

【2023.5.31】クルーズ船の運航再開に苦戦した後、ロイヤルカリビアン(RCI)、ノルウェージャンクルーズライン(NCL)、カーニバルクルーズの「クルーズビッグ3」の現状はかなり良好だ。実際、業績は非常に好調で、ビッグ3の2023年第一四半期の平均乗船率は100%超え、またはそれに近くなっている。
ロイヤルカリビアン:102.1%
ノルウェージャンクルーズライン:101.5%
カーニバルクルーズライン:91.0%
クルーズ業界では、クルーズ船の客室を2人1室に基づいて販売しており、2人部屋に子供1〜2人が同室になると、その客室の収容人数は100%を超えることになる。RCIでは、実際こうした高い稼働率は、パンデミック前でも通常103〜107%で運航実績があるので特別新しい現象ではない。2021年にクルーズ会社が運航を再開すると、乗船率は約半分、30%でスタートした船もあった。乗船率が高くなると「占有率」の数値が注目されるが、RCI(のような大型船)を例に挙げると、会場には多くの乗船客を収容可能に設計され、乗船客が分散できるようエンターテイメントやアクテビティが考えられている。クルーズ会社が客室内の乗客をカウントする方法により、特定の船が「売れすぎ」ても、実際の占有率は関係がないことを理解することが重要となる。(引用:RoyalCaribbean blog)

15隻のクルーズ船が抜き打ち船舶衛生検査をパス

【2023.5.24】米国疾病管理予防センター(CDC)は、アメリカのイナとを出航するクルーズ船をランダムに検査し「船舶衛生プログラム」は、船舶がどれだけうまく運営されているかを判断、各船舶の衛生基準を確認する。抜き打ちによるこの検査の結果、2023年にこれまで完璧なスコア100を取得したクルーズ船は以下の通り。(引用:CruiseFever)
カーニバルクルーズ:パノラマ、セレブレーション、サンシャイン
ディズニークルーズ:ワンダー、ファンタジー
セレブリティクルーズ:ミレニアム、サミット、エッジ
MSCクルーズ:シースケープ
ロイヤルカリビアン:アユールOTS
ノルウェージャンクルーズ:パール、ジョイ
ホーランドアメリカ:ロッテルダム
シルバーシー:ムーン

クルーズ船での胃腸疾患数が2019年より上回る

【2023.5.23】2023年現在までに12のクルーズ船で、胃腸疾患の発生が報告されている。パンデミック前の完全なデータがある2019年の発生件数を上回っている状態だ。2023年が始まって5ヶ月とまだ僅かであるが、クルーズ船内で十数件の胃腸疾患の発生がCDC(米国疾病管理予防センター)の船舶衛生プログラムに報告されている。2019年全体で報告された発生件数よりも今現在では10件多く、2018年、2017年の通年報告数よりも多い。現在までに、セレブリティクルーズ、ホーランドアメリカライン、プリンセスクルーズ、ロイヤルカリビアン、P&Oクルーズのクルーズ船での発生が報告されている。胃腸疾患の原因は様々だが、一般的なものの一つには「ノロウィルス」がある。ノロウィルスの発生は、医療施設、介護施設、レストラン、仕出しイベント、学校などでよく報告されるが、クルーズ船での発表は約1%(CDCデータ)となっている。(引用:cruisehive)

世界のクルーズ、パンデミック以前のレベルを若干上回る

【2023.5.22】クラークソンズ・リサーチ(世界的な船舶関連情報プロバイダー)によると、クルーズ船の毎日の寄港数はここ数週間で新型コロナウイルス感染症拡大前の水準をわずかに上回った、としている。また、海運データ分析専門家は、2025年までには新型コロナウイルス感染症拡大以前よりも20%増加するのではないか、と見ている。主要クルーズ会社の2023年第一四半期における乗船客専有率は平均98%で、2022年の80%から上昇しており、クラークソンズ・リサーチでは、2023年のクルーズ乗船客を3,000万人と予測している。2023年の今現在は、北米、カリブ海地域では、クルーズが活発であるが、中国市場の大部分の閉鎖を受け、アジア地域では40%下回っている。(引用:Seatrade Cruise News)

中国初国産大型クルーズ船「アドラマジックシティ」と命名


【2023.5.19】上海市文化観光局とCSSCクルーズ技術開発有限公司は、上海で初の国産大型クルーズ船の名前を発表するイベントが行われた。このクルーズ船は「アドラマジックシティ」(総トン数135,500トン,最大乗客定員数5,246人)と命名され、2023年末までに引き渡しが行われるという。新クルーズ会社Adora cruisesのクルーズ船となるアドラマジックシティ号は、今後上海を母港とし、主に日本と東南アジアへの往復国際クルーズを展開、将来的には中長距離クルーズの運航の可能性もあるという。(引用:クルーズマッパー)

エミレーツ航空、エミレーツ・シーラインを立ち上げ


【2023.4.4】エミレーツ航空は、新しいクルーズ部門であるエミレーツラインを立ち上げ、2024年4月にドバイ港を出発し、パキスタン・カラチを初寄港地としている。エミレーツ航空は10隻のクルーズ船を約数十億ドルで発注、現在、最新で最も豪華なアメニティを用意している。エミレーツ・シーラインでは、一流の体験、滅多にない訪れることのない寄港地、独自の旅程で豪華なクルーズを再定義することを目指しており、世界中の顧客に超豪華クルーズを提供する予定。また豪華さだけではく、クルーズ船は持続可能性と効率性にも焦点を当て、時速50(現行クルーズ船の約2倍の速度)ノット以上で航行できるクルーズ船を開発予定とし、最先端の技術、人工知能、イノベーションを活用して実現を目指している。旅程と予約は6月30日から開始される。客室タイプは4つで、客室レベルにより、スペース、アメニティ、豪華が提供され予定で、今後はさらに詳しい製品やサービスの発表が待たれる。(引用:cruisehive,TTRW)

オーストラリア人乗船客、ハワイ沖で船外へ

【2023.4.27】4月25日(火)23時頃、太平洋横断クルーズ中のロイヤルカリビアンのクルーズ船クォンタム・オブ・ザ・シーズに乗船していたオーストラリア人男性の乗船客がハワイ沖で船外に出た。誰かが船外へ出たことを合図する「オスカー」アラートが船内に流れ、乗船客は客室に戻るように指示があった。その後船は原則し、船の乗船員はすぐに捜索活動を開始、米沿岸警備隊、米海軍なども捜索のために出動した。翌26日も6時間に渡り5つの捜索方法で捜索が続けられ、27日も朝一番で捜索が再開されたが発見はされなかった。確認はされていないが、船外に出た男性乗船客は25日に緊急医療を受け船上で死亡した誰かのパートナーであるとも言われているが、その男性の詳細は公開されていない。クォンタム・オブ・ザ・シーズは4月28日にホノルルに着岸しクルーズを終了する予定。捜索はすでに終了しているが、この地域での他の船舶引き続き警戒するように勧告されている。(引用:cruisehive,CruiseRADIO.net)

中国初の国産大型クルーズ船、2023年11月に命名へ

初の中国国内製造の大型クルーズ船がこの春ドッグから出て、夏にはテスト走行が行われる予定となっている。中国国産初のクルーズ船は、総トン数14万トン、全長323m、全幅37m。2023年11月に命名が完了し年内に引き渡し予定とされている。2006年7月、上海にコスタ・アレグラが就航、その後半年でコスタ・アレグラに乗船した中国人は1.8万人となり、それ以降海外のクルーズ会社が中国に進出、コロナ禍が発生する以前はアメリカにに次いで世界2位のクルーズ船旅行市場になった。クルーズ船旅行ブームに中国が着眼、2013年10月国産クルーズ船計画が開始され提携先としてカーニバルグループを選美、2017年中国船舶集団は13万トン級のクルーズ船の製造を発注、その後カーニバルなどと大型クルーズ船計6隻の契約を締結、受注総額が45億ドルを超えた。

これまでクルーズ船に無縁だった中国も、クルーズ船ビジネスの春を迎えはじめた。しかし、中国はクルーズ船運営にはまだ疎い。これからはおそらく、クルーズ船運営会社の買収に動き出すと思う。日本のクルーズ船運営会社はすでに打診されている。(引用:Yahoo!ニュース:DIAMOND online)

(引用:Yahoo!ニュース:DIAMOND online)

2023年クルーズ予約最新動向

オンラインクルーズマーケットプレイスCruise Compete.comは2023年2月、クルーズトレンドレポートを発表、最新のクルーズ予約トレンドを紹介している。(引用:TRAVEL PULSE)
◎人気のあるクルーズ会社
ロイヤルカリビアン、セレブリティクルーズ、ノルウェージャンクルーズライン
◎人気のあるクルーズ船
ワンダー,ハーモニー,オアシス,オデッセイ,アユール・オブ・ザ・シーズ、クィーンメリー2
◎人気のあるクルーズ地域
カリブ海、北米
◎人気のある出発港
フォートローダーデール(マイアミ)、ポートカナベル(マイアミ)
◎人気のあるクルーズ港
コスメル(メキシコ)、ナッソー(バハマ)、ココケイ(バハマ)
◎グループ乗船客のお気に入り国
バハマ、メキシコ、アメリカ
◎人気の客室タイプ
バルコニー客室
◎人気のある旅程期間
1週間程度

2028年まで66隻の新造船の受注が明らかに

2023年1月に4件の新造船受注が追加され、2028年までに合計66隻の新造船が建造されることになった。世界のクルーズ船注文リストには、今年サービスを開始するエクスプローラージャーニー、フォーシーズンなど新規参入社のクルーズ船建造を含め、アマングループ、アドラクルーズ、オーシャニアクルーズなど、船の大きさも様々だ。その中で2028年までに就航するクルーズ船が最多はロイヤルカリビアングループで、グループ内4ブランドで合計11隻となっている。11隻のうち、世界最大のクルーズ船になる予定のアイコン・オブ・ザ・シーズも含まれている。次に多いのはMSCクルーズ10隻、ノルウェージャンクルーズ8隻、カーニバルクルーズライン7隻となっている。(引用:Cruise Industry News)

2023年デビュー予定の新しいクルーズ船

2023年には各クルーズラインから20隻近くの新しいクルーズ船がデビューする予定。クルーズ船に加えて、新しいクルーズラインもデビューが決まっている。(引用:CruiseFever)
1.カーニバルジュビリー
カーニバルクルーズのエクセルクラスのクルーズ船。
カーニッバルジュビリー
(出典:CruiseFever)
カーニバルジュビリーは2023年ガルベストンから出航し、メキシコのコスメル、コスタマヤ、ホンジュラスのマホガニーベイなどを巡る西カリブ海クルーズが予定されている。
2.セブンシーズグランデュール
リージェントのセブンシーズグランデュールは異なる15のカテゴリースィートがあり、クルーズ業界で最高のスペース比率とスタッフ対ゲスト比率となる。2023年11月に就航、カリブ海と地中海のクルーズが予定されている。
3.アイコン・オブ・ザ・シーズ
ロイヤルカリビアンのアイコン・オブ・ザ・シーズの就航デビュー詳細はまだ未確定となっているが、船自体は2023年中にロイヤルカリビアンに引き渡しが行われる予定となっている。
アイコン
(出典:CruiseFever)
同船は完成、就航すると世界最大にクルーズ船になり世代を問わず楽しめるクルーズ船となる。年間を通して東カリブ海、西カリブ海を運航が予定され、ロイヤルカリビアンのプライベートアイランドのココケイやメキシコのコスメル、セントマーチン島、バセテールなどを寄港する7泊のクルーズが行われる予定。
4.レジエントレディ
大人専用のクルーズライン、バージンボヤージの3隻目のクルーズ船レジエントレディは2023年5月にクルーズデビューの予定。旅行代金にはレストラン、Wi-Fi料金、チップ代、基本的な飲み物代などが含まれているオールインクルーシブとなっている。ギリシャ・アテネからヨーロッパを巡る1週間のクルーズが予定されている。
5.セレブリティアセント
セレブリティクルーズ、エッジクラスの4番目のクルーズ船となるセレブリティアセントは2023年12月にフロリダ・フォートローダーデールから出航し、東カリブ海、西カリブ海クルーズを交互にクルーズする予定となっている。
6.ノルウェージャンビバ
ノルウェージャンクルーズの2番目のプリマクラスのクルーズ船となるノルウェージャンビバは2023年夏の終わりに地中海クルーズでデビューし、その後はプエルトリコのサンファンに移動、南カリブ海のクルーズを予定している。
7.エクスプローラーI
MSCクルーズの新しいクルーズラインとなるエクスプローラージャーニーズの第一船となるエクスプローラーIはシンプルさと快適さを重視して設計され、461室のオーシャンフロントスィートがあり、乗船客と乗組員の比率は1.25対1となっている。エクスプローラーIは4カ国12の港に寄港する北欧15泊クルーズが予定されている。

クルーズ船客室バルコニーから乗船客が落下し死亡

ドイツのクルーズ船、TUIクルーズが運行するマインシフ6号(Mein Schiff6)は先週、地中海クルーズ中、乗船客が客室バルコニーから落下し負傷、その後の残念ながら治療の甲斐もなく死亡したと発表された。
10月14日午前2時頃、乗船客は10デッキの客室バルコニーから数デッキ下の救命ボートの上に落下、船内の医療チームがすぐに駆けつけたが、負傷から生還することはなかった。ドイツメディアによると、転落原因、乗船客の性別も明らかになっていないということで、事故の調査はトルコ当局に引き渡された。(引用:cruisehive)

韓国 10月24日〜国際クルーズ船に港を開放

韓国海洋水産省は10月24日から国際クルーズ船に港を開放、外国人観光客の韓国への入国とクルーズ船による国内の下船ツアーを通常通りに再開することを発表した。同日より韓国に出入りするクルーズ船の乗組員と乗船客は、同国の検疫規則に従って、コンサートホールやレストラン、屋内共有スペースでマスクを着用は必須、検疫ガイドライン等に従う必要があるとしています。(引用:Cruise Industry News)

コスタベネチア,フィレンツェ:カーニバルクルーズ船として北米航海が決定

カーニバルクルーズラインは姉妹ブランドであるコスタクルーズと連携し、コスタベネチア、コスタフィレンチェの2隻をカーニバルクルーズの船として運航する「Costa by Carnival」を2023年から開始すると先月発表された。両クルーズ船は元々は中国市場向けに設計され運航予定だったが、現在はベネチアはトルコ周辺、フィレンツェは地中海クルーズを行っている。コスタベネチアは2023年ニューヨークから、コスタフィレンツェは2024年カルフォルニア・ロングビーチからのクルーズが予定されており、ベネチアのクルーズ旅程の最終決定はされており間もなく発表される予定となっている。(引用:CRUISE HIVE,Cruise Industry News他)

CDC:乗船前日の陽性検査が必須事項ではなくなる

米国疾病対策センターは2022年7月18日、新しいクルーズ船に関するガイドラインを発表した。乗船前日に行う新型コロナウィルス検査が必須時効とされていましたが、新しいガイドラインでは、必須事項から外れ「クルーズラインでは、乗船前の検査を出航の3日以内に、乗船から1日以内に検査を行うこと」を推奨している。この新しいガイドラインの発表を受け、アザマラ、ノルウェージャンクルーズラインなど一部のクルーズ会社が今後数週間で乗船前の検査を停止する予定です。また、同ガイドラインでは、新型コロナウイルスが持続的に発生した場合、クルーズを中止することを奨励しています。CDCは「発病率」という測定値をもとに新型コロナウィルス発生の重大度を特定することも推奨している。7月19日現在、アメリカでは新型コロナウィルス オミクロン株の一種である「BA.5」に感染している割合は(感染者全体の)約80%となり、5月以降2ヶ月ほどで急速に感染の広がりを見せている。(引用:Travel Weekly,NHKニュース)

 

Pocket