【2/18更新-プリンセスクルーズキャンセル料免除プログラム】クルーズ旅行のキャンセル発生日起算|金額料率|旅行参加者交替手数料

クルーズ旅行のキャンセル発生日は、通常の国内・海外旅行よりも早めになっているので、申込時に確認が必要です。日本船、外国船の『日本発着クルーズ』を対象に調べてみました。
いずれも全てクルーズキャンセル発生日、料率など固定ではありません。設定はクルーズの販売種類によって変化するので申込時に確認することが必要となっています。

【2月18日更新↓】
プリンセスクルーズに独自のキャンセル料免除プログラムがあることをTwitterのフォロワーさんから教えていただきましたので追加記載したいと思います。

プリンセスクルーズ 出発72時間前まで免除【キャンセル料免除プログラム】

プリンセスクルーズのキャンセル料免除プログラム(アット・イーズ・ウェイバー・プログラム)は、加入すると取消料と払い戻しに記載された取消料(キャンセル料)が出発の72時間前までに免除となります。申込条件、プログラム内容は以下の通りです。

申込条件

1.予約と同時にプログラムの加入をしなければならない。
(※予約時以降は加入できない。)
2.プログラム加入料は、旅行代金の予約金と共にクルーズ代金に応じた額を支払う。

【キャンセル料免除プログラム加入料】
・1人あたりのクルーズ代金が62.5万円以下の場合:クルーズ代金の10%
・1人あたりのクルーズ代金が62.5万円を超える場合:クルーズ代金の8%

3.一度支払われた加入料は、いかなる事由によっても払い戻しはされない。
4.取消料が発生する日以降の予約に関しては加入ができない。

プログラム内容

1.プログラムに加入すると、取消料と払い戻しに記載された取消料が出発の72時間前までに免除となる。
ただし、加入しても出発日の72時間前以降の取り消しに関しては、規定どおりクルーズ代金の全額を取り消し料として支払うことになる。
2.このプログラムの他社への譲渡はできない。
3.同室者がクルーズ予約をキャンセルした場合、1人部屋追加代金が必要となる。
4.このプログラムには受託手荷物保険(保険金額上限500米ドル)も含まれている。
(※諸条件についての詳細は要問合せ)

(ダイヤモンド・プリンセス2020年日本発着クルーズパンフレットより抜粋:2019年10月9日現在)

【2/18更新ここまで↑】

日本発着日本船3船の取消料発生日起算・取消料率


(飛鳥II上半期総合パンフレット2020/07~2021/3裏面より)
飛鳥II、にっぽん丸、ぱしふぃっくびいなすの日本船3船はほぼ同じです。
「国内クルーズ」は日本国内の寄港地を巡るクルーズ、「海外クルーズ」は日本国内と海外の寄港地を巡るクルーズです。
「国内クルーズ」は出発日から遡って21日目からキャンセル料が発生します。通常の国内パック旅行などよりはかなり早いので気をつけたいところです。

また、日本発着外国船クルーズのキャンセル料にはないゴールデンウィーク、夏休み、年末年始の「ピーク時のキャンセル料」が設定されているので要チェックです。

3船共通乗船客の交替に関する手数料

飛鳥II、にっぽん丸、ぱしふぃっくびいなすの3船とも、申込時の乗船客交替がある場合手数料がかかることが旅行条件に載っています。

■お客様の交替
上記取消料が発生する日以降旅行開始前迄にお申し出いただき、当社が承諾した場合、お一人様につき1万円の手数料をお支払いいただくことにより、別の方へ交替することができますが、1室ご利用のお客様が交替する場合は。キャンセル扱いとなります。なお、旅行開始後の乗船者の途中交代はできません。
(飛鳥II上半期総合パンフレット2020/07~2021/3裏面より)

日本発着外国船クルーズ取消料発生日起算・取消料率

日本発着の外国船のクルーズ取消料発生日起算方法・料率の設定は、クルーズによって設定がまるで違うので申込時に必ず確認が必要です。
参考として一例をあげます。
*起算法:出港日の前日から
*料率法:旅行代金

コスタネオロマンチカ

コスタネオロマンチカのキャンセル料は約3ヶ月前から発生するようです。リーズナブルな旅行代金ですが、キャンセル料の発生日は他船に比べて早くからチャージがかかります。バリュープラんは予約完了後からキャンセル料が発生します。

通常プラン(ドリンクパッケージ付)

~90日前まで:無料
89~57日前:20%
56~29日前:50%
28~15日前:75%
14日以降・無連絡不参加:100%

バリュープラン

予約完了後120日前:20%
119~90日前:50%
89~75日前:75%
74日以降・無連絡不参加:100%

その他取消料・手数料発生について

●出発日の変更・客室(キャビン)タイプの変更
上記のキャンセル料の対象となる。
●同行者の変更
予約完了後の変更:一人につき3,810円の変更手数料がかかる。
取消料発生日以降の変更:一人につき10,800円の変更手数料がかかる。
(2020日本発着パンフレットより)

ダイヤモンド・プリンセス

ダイヤモンド・プリンセスのキャンセル料の設定は一律ではなくクルーズ泊数別になっているのが特徴です。プリンセスセーバーは予約完了後から取消料が発生します。

通常プラン6泊以下

~60日前まで:無料
59~45日前:20%
44~29日前:50%
28~15日前:75%
14日以降〜:100%

通常プラン7泊以上

~75日前まで:無料
74~57日前:20%
56~29日前:50%
28~15日前:75%
14日以降〜:100%

プリンセスセーバー6泊以下

予約完了後から60日以上前:10%
59~45日前:20%
44~29日前:50%
28~15日前:75%
14日以降〜:100%

通常プラン7泊以上の場合

予約完了後から75日以上前:10%
74~57日前:20%
56~29日前:50%
28~15日前:75%
14日以降〜:100%

その他取消料・手数料発生について

●客室(キャビン)タイプの変更
上記のキャンセル料の対象となる。
(2020年日本発着クルーズパンフレットより)

クィーン・エリザベス

キュナードはキャンセル料発生のパターンとして設定されています。また、オプショナルツアーのキャンセル料は別途設けられているので注意が必要です。

キュナード・ライン(74日間)パターン

75日前まで:無料
74~57日前:20%
56~29日前:50%
28~15日前:75%
14日以降〜:100%

その他取消料・手数料発生について

●出発日・コースの変更
上記のキャンセル料の対象となる。
(2020年4,5月横浜発着クルーズのパンフレットより)

日本発着のカジュアル、プレミアム、ラグジュアリーの外国船の一例を調べてみましたが、クラスごと、日数、催行日などの分けでもなくそれぞれのクルーズラインが定めたキャンセル発生日起算、料率となるようです。

 

日本発着外国船チャータークルーズ取消料・料率

2020年ゴールデンウィークに予定されている旅行会社による外国船のチャータークルーズに関して調べてみました。

MSCベリッシマ(H.I.S他3者合同チャーター)

126日前まで:無料
125~90日前:15%
89~60日前:30%
59~31日前:50%
30日〜当日:100%
旅行開始後の解除・無連絡不参加100%

その他取消料・手数料発生について

●キャビン(客室)の変更
上記のキャンセル料の対象となる。
(2020年GWチャーターMSCベリッシマ南国土佐と石垣島・宮古島・台湾美ら海クルーズ9日間パンフレットより)

コスタセレーナ(JTB旅物語チャーター)

90日前まで:無料
89~60日前:30%
59~34日前:50%
33日〜当日:100%
旅行開始後の解除・無連絡不参加100%
コスタセレーナには取消料発生と同じくらい大切な旅行条件が記載されています。

天候等の影響で万一ご帰国日に横浜に入港できず、他の地域への入港となった場合、そこからご自宅までの交通費はお客様のご負担となります。(パンフレットご利用案内とご注意より)

(2020年GW感動の済州島&佐世保クルーズ6日間パンフレットより)

2020年ゴールデンウィークに予定されているチャータークルーズでは、MSCベリッシマの約4ヶ月前からのキャンセル料発生!相当早いと思われますが、チャータークルーズの場合一般的なクルーズ旅行キャンセル発生日よりも早目の設定となっています。
コスタセレーナは通常と同じキャンセル料発生日の起算が同じですが、料率が通常よりも高くなっています。

また、コスタセレーナのパンフレットにも記載されていましたが「万が一」予定されたいた港で下船せず別地域での下船の場合、自力で帰りの交通機関をキャンセルしたり、取り直したりしないといけないこともこの状況下(2020年2月新型コロナウィルス肺炎発生以後)になることも想定の範囲内として考えておかないといけないのかもしれません。

関連記事 クルーズ旅行取消費用特約保険と海外旅行保険の加入について
参考記事【感染防止&船内足止め対策】クルーズ旅行に持っていきたい10アイテム

[クルーズに関する情報をもっと読む]旅行ブログ 船旅

Pocket