2018コスタネオロマンチカ乗船記(34):済州島を散策<3>東門在来市場から済州港までを歩く

済州島で下船後予定なき散策の折り返し、東門在来市場から済州港まで歩いて戻ることにしました。

関連記事(1):2018コスタネオロマンチカ乗船記(31):済州島寄港地観光ツアーの内容・口コミ・関連サイト
関連記事(2):2018コスタネオロマンチカ乗船記(31):寄港地済州島を散策<1>|臨海路から刺身屋通りまで
関連記事(3):2018コスタネロマンチカ乗船記(32):済州島を散策<2>黒豚通りから東門市場・済州牧管衛|済州島Free Wi-Fiの通信状況


山地川沿いを歩けば来た道に戻れるのですが、なんとなく横道にそれてみたくなり…


坂道を上ってみることにしました。緩やかだけれどまぁまぁ距離のある道です。途中で2道に分かれている(笑)。


坂の途中ではなんてことのない建物が見え、その向こうに海が見えたり見えなかったり…


街へ向かった時にしたから見えたヒュンデ(現代)のマンションのエントランスに突き当たりました。


エントランス付近、マンション下にコンビニがありました。


更に進むとセブンイレブンもありましたが、屋台風の一角!おでん売り場のようでした。
更に港方向、道なりに進むと急に開けてきました。


なんと、今まで家ばかりだったのに急に視界がひらけ、海や港が一望できる道に出ました。手前がフェリー、その奥がコスタネロマンチカです。


「目指せー!」とばかりに今度は坂を下って行きます。


(google map)
帰りは↑上記の経路で坂を登り、坂を下って港まで歩いて来ました。

済州島を散策してみた感想

港から歩いて出発したはいいけれど、思っていたよりも歩きがつまらなかったので早々に後悔しました。歩くことが好きなのでそんなに後悔することはないのですが土地勘もないこともあったのかもしれません。

地図で想像するよりも東門在来市場までは結構歩いたように思います。
旧済州島あたりを凝縮して観光するなら歩いていると時間がなく体力消耗するのでタクシーかバスを利用した方がいいですね。

歩いてよかったのは最後に出会った坂の上からの海や港の景色です。ちょうどマジックアワーにさしかかっていい雰囲気でした。


坂の上で写真などに興じているとあっという間に日が落ちて船に戻った時にはどっぷり日は暮れていました。18時過ぎ頃の画像です。


済州港停泊中は、港側であればターミナルで繋いだフリーWi-Fiを使うことができました!


船に戻るとホッとします。この日のドレスコードは『ホワイト』ステージでのリハーサル中の方々も白い洋服を着ています。

コスタネオロマンチカの夜はこれから!私たちはその前に両目を閉じそうな予感です。気分に任せて歩いたせいでかなり疲れてしまいました。

ほかの人のクルーズ乗船記・旅行記をもっと読みたい☆旅行ブログ 船旅

Pocket