2018コスタネロマンチカ乗船記(50):6日目アフタヌーンティー|ドレスコード「仮面」|ブッフェで夕食


コスタネロマンチカは定刻通りに鹿児島港を離れ、このあと東京・晴海埠頭へ向かう予定となっていました。鹿児島港を離れても雄大な景色を見せてくれる「桜島」。デッキでは乗船客でいっぱいでした。


17時過ぎには指宿あたりを通過、鹿児島湾を出ました。

アフタヌーンティー


船内の戻るとグリルカプリでアフタヌーンティーが行われていました。通りがかった頃には後数分で終了でお茶することができず残念でした。



ケーキはほとんど売り切れ。クッキーの種類も豊富でした。

本日のドレスコード:「仮面」


この日はコスタクルーズでおなじみの「仮面」ナイトの日!船内の飾り付けも妖艶な仮面女性が描かれたタペストリーが飾られていました。



レンタルドレスを着ての記念撮影サービスも行われていました!

ベネチアンマスクはグランドバーピアッツァイタリアで販売されていました。値段は10ドル前後だったと思いましたが(違っていたらごめんなさい!)、100円均一やネット通販でも手に入ります。

Patymo ベネチアンマスク フェアリー ブラック 【 楽天市場】



私たちはというと、ベネチアンマスクを買うでもなく、それっぽい服装をするでもなく…夜な夜な行われていたカーニバル・オブ・ヴェニス・パーティーを眺めておりました。実際、ベネチアンマスクを装着している人は少なく皆さんカジュアルな服装でダンシング!なんだかんだで宴は夜遅くまで続いていました。

6日目夕食:ジャルディーノ

この日の夕食はメインダイニングとブッフェレストランのメニューを見比べてから決めることにしました。

メインダイニング :ポッティチェッリ



相変わらず人気の高いメインダイニングはこの夜のサンプルが出ると人が集まって混乱に!実際の本物のお料理がディスプレイされているのでブッフェと比較しやすいので助かります。

ブッフェレストラン:ジャルディーノ



この日は全体的に野菜不足に感じたので、生野菜・温野菜が豊富だったブッフェレストランで食事をすることに決めました。パスタもブッフェの方が好みでした。



コロナビール、食事の邪魔をしないしあっさりしているのでもっと早く頼めばよかった!と思いました。


ムース類はミルキーな感じなので牛乳が苦手な私には苦手な感じでしたが、食後に食べるのにいい感じの量だと思いました。


主人は「デザート別腹」男なのでしっかり食べました。盛りがだんだん洗練されて(?)きました。

初めての寄港地、済州島、佐世保、鹿児島と3日続いたせいか少し疲労が溜まってきたように思いました。盛り上がるパーティーを尻目に食後は早々に部屋に戻って眠りにつきました。

ほかの人のクルーズ乗船記・旅行記をもっと読みたい☆旅行ブログ 船旅

Pocket