2018コスタネロマンチカ乗船記(15):2日目ルームサービスの朝食

『太平洋周遊1weekクルーズ済州島・佐世保』のクルーズ2日目。この日は午後に神戸に寄港することになってい他ので朝はゆっくり。

2日目の朝の風景


ベッドで横になって見る朝焼け。何とも美しく、そして1度しか見れない風景。天気がよいと同行カメラマン(夫)が夜明け前からバタバタ騒ぎ出して写真撮影に大忙し。

朝焼けから1時間経過するともう青空が見えます。


さらに30分後にはバルコニーから太陽が見え始めました。
船から見る朝と夕方の景色はやっぱり最高です。

朝食のルームサービス


前夜朝食のルームサービスを8時にオーダーしておきました。7時45分頃に持ってきてくれました。

コーヒー、牛乳、オレンジジュース、ヨーグルト、クロワッサン、デニッシュ、シリアルというシンプルなコンチネンタルブレックファスト!

朝食ルームサービス、楽チン

「何でもっと早く利用しなかったんだろう?」と思うくらい便利なサービス。食事が運ばれてくるって最高です。

朝食を食べに行くということはパブリックスペースに出る訳で、身なりも整えないといけない訳で…とちょっと面倒臭かったりする訳で。
自分の好きな時間に、好きなものを、好きな格好で食べられるのだからものすごくラクでした。

朝食ルームサービスの感想

コーヒーやコーヒーに入れるミルクはドアの外で煎れたのか?というくらいに熱っつアツで寝起きの喉に刺激が走りました。ジュース類のコールドドリンクも冷え冷えで交互に飲むと冷熱を楽しめます。
パン類が温かかったら最高、申し分有りませんでした。
ジュースやパン類はブッフェなどに置いていある同じもので特別ルームサービス用であるものではありません。

朝食ルームサービスの面倒なところといいところ

朝食ルームサービスは便利だけれども前夜にオーダーしておかないといけないのが少し面倒です。前夜の気分でオーダーするので食べる時にはまた違った気持ちになることもあります。
30分単位で持ってきてもらう時間を選べるので、寄港地への入港が早い時も部屋で食べてしまった方が身支度の時間が短縮できそうです。

とかく食べ過ぎてしまうクルーズ船内でシンプルなコンチネンタルブレックファストで少し食べる内容を軽くしてあげることができことがイイところだと思いました。
ブッフェも食べる量を調節できますが、その場に行くとついついお皿に沢山お料理を盛ってしまいがちですしね。

ほかの人のクルーズ乗船記・旅行記をもっと読みたい☆旅行ブログ 船旅

Pocket