2018コスタネロマンチカ乗船記(41):5日目夕食&船長主催のパーティー|フォーマルナイト

東京港からコスタネロマンチカに乗船し5日目は佐世保港に寄港。
夕刻定刻通りに佐世保を離れ、この後は最終寄港地鹿児島港を目指します。

関連記事(1):2018コスタネロマンチカ乗船記(38):5日目寄港地佐世保を歩く|させぼ五番街|さるくシティ4◯3アーケード
関連記事(2):2018コスタネロマンチカ乗船記(39):5日目寄港地佐世保を歩く2|佐世保公園|三浦町カトリック教会|佐世保駅


佐世保のぶらぶら歩きから船に戻ったのは15時過ぎ。船内はまだ人もまばらでしたが眺めのいいグランバーピアッツァイタリアの窓際席は寛いでいる方で満席でした。


私たちもカクテルを何杯か飲み、ダラーっとして佐世保港を眺めていました。締めにカフェラテ。オールインクルーシブドリンクパッケージなので飲み放題です。


一時間もするとすっかり夕方の景色に。マジックアワーが近づいてきました。


コスタネロマンチカはゆっくり佐世保港を離れて行きます。またきっとこの港に来る予感がしました!

5日目夕食:ブッフェレストラン ジャルディーノ

佐世保港を出港したこの日の夜は『フォーマル』のドレスコードが指定されていました。寄港地から戻ってからのフォーマルナイトって結構慌ただしいんですよねー。私たちはフォーマルに着替える前にラフな服装でブッフェで食事をとることにしました。




ブッフェレストラン・ジャルディーノは17時からオープン。オープンと同時くらいに入店しました。お料理はいつもの感じでしたが、いつもパルメザンチーズしか置いていませんでしたがこの日は複数のチーズの塊があり好みの量を盛ることができました。


昼間しっかり歩いたのでお腹がペコペコ、炭水化物を盛る量が普段より一層多くなっています。


まだ陽が落ちない前にジャルディーノに入ったので船尾の窓から美しい夕焼けを堪能。夕方の早い時間にビールと好きなものを食べてのらりくらりするのが最高の贅沢です。船旅やめられません(笑)。

キャプテンズパーティー


夜になるとフォーマルタイム。私たちも食事の後部屋に戻りフォーマルな服装に着替えます。

関連記事(3):2018コスタネオロマンチカ乗船記(40):フォーマルナイトの服装・コーデ|他乗船客の服装

19:30からグランバーピアッツァイタリアで船長主催のパーティーが始まる予定でした。
しかし、続々と乗船客がグランバーに集まってきて座席は全て埋まるし、立っている人が増えてきて物凄いことになってきました!正直、「え?こんなに乗っていたの?」という位すごい人でした。


人が多過ぎてクルーが捌き切れない感があり、シャンパンやソフトドリンクも中々回って来ず、そしてオフィサーの紹介から始まるパーティーもどんどん遅れていきました。お隣に座っていた欧米人のご夫妻は「待ってられない」と言った表情で始まる前に離席されていました。
「他船のように2部制にしたらよかったのでは…」という声も聞こえました。確かに…。

とりあえずシャンパンを頂きその後私たちも会場を離れました。ちょっと人疲れしました。


その後キャバレービエンナでマジックショーを観ようと移動したのですが、始まる20分前からすでに満席状態で、席がよくなかったのと前日、この日の疲れで眠くなりまたもや途中退場しました。
私たちが体力がないのか、動き過ぎたのかはわかりませんが、夜中まで盛り上がっていた様子がベッドで横になっても伝わってきて「皆さん元気だなぁ」と思いながらも眠りに落ちていきました。

開始30分前には満席!早めの席確保を

キャプテンズパーティーやマジックショーもそうでしたが、他の催し物の何十分も前から着席して開始を待っている様子は頻繁にみられました。
「絶対に座りたい」「いい席に座りたい」と望むならば早めの会場入り、着席が必須のように感じました。前回乗船時にはなかった傾向でちょっと驚きました。

座れないということは滅多にないと思いますが、マジックショーのように真横から観ても面白くないのである程度余裕を持って会場入りするのがいいのだと思います。

ほかの人のクルーズ乗船記・旅行記をもっと読みたい☆旅行ブログ 船旅

Pocket