コスタネオロマンチカ乗船記(終):JALファーストクラスの様子|博多港で途中下船|福岡-東京

台風18号(2017年)の影響で5泊6日のコスタネオロマンチカでのクルーズ旅行が途中で足止めになり、主人の仕事の都合があるので博多港で途中下船し福岡空港からはJALのファーストクラスで東京に戻りました。

関連記事:コスタネオロマンチカ乗船記(25):4日目無料Wi-Fiで情報収集|台風で足止め船内ライフ-1
関連記事:コスタネオロマンチカ乗船記(46):福岡空港JALプレミアムラウンジを利用

JALファーストクラスのある路線

ANA派だったのでJAL機には久しぶりの搭乗でした。そもそも国内線にファーストクラス席があるということ自体今回初めて知りました。
ファーストクラス席がある路線は東京(羽田)-福岡、新千歳、伊丹、那覇の4路線とのことです。

JAL機は無料Wi-Fiが繋げるので便利です。バッテリーもあって使いましたがこんなに大きい。

ファーストクラスの食事と飲み物


離陸してすぐに飲み物のサービスです。
シャンパンが大好きなので当然シャンパンをすぐにオーダー。
アルコールドリンクはシャンパンの他に日本酒(秋田県:瑠璃生もと純米)、焼酎(鹿児島県:森伊蔵)、赤ワイン、ビールはサッポロ、エビス、プレモル、スーパードライ、一番搾り…と主要どころが全部ありました。
飲みきれない…!
ソフトドリンク類も豊富に用意されていて、ノンアルコールビールもありました。


この日の羽田着便の昼食メニューは和食でした。


俵ご飯は新潟の新プレミアム米「新之助」。
ほかほかでもちもち、とても美味しいご飯でした。


若布のお味噌汁。


メインは鶏の玉子味噌と温野菜。鶏肉が柔らかくてジューシー。

その他の小鉢はカラスガレイ西京焼き、信田巻でした。お昼ご飯の量にちょうどよく、何より優しい味の和食が外国船帰りの胃袋に染みます。


デザートは杵屋本店の「山形ゆべし」とコーヒー…と私は


シャンパン!まだ飲んでいる!…と、言いますかこれで3杯目でして、流石にCAさんも「瓶ごとお持ちしましょうか?」と言ってきてくれて(恥)。本当に瓶ごとおいてもらおうかと思ったのですが、意外と早く飛行機が着陸態勢に入って少し揺れだしたので断念しました。

JALファーストクラスの感想は

席が本当に真ん前で出入り口のすぐそば、前には席がなかったこともあってリラックスできました。椅子の幅もリクライニングもそして昼食も申し分なく全てが「よかった」です。十分に楽しむには1時間半というフライトは短すぎましたのが残念でした。

帰ってきてファーストクラスの写真が食べ物しかなかったので、この時私は、余程シャンパンに気を取られていたことがわかりました。お恥ずかしい限りです。

シャンパンのグラスが空くと、一瞬で次の飲み物を聞きにきてくれるJALのCAさん。一体どこで見ていたの?というくらいの気配り具合に驚きました。またシャンパンからのトークのつなぎ方が非常に上手で感心してしまいました。

羽田に無事に到着し、降機してすぐに仕事に向かう主人と別れて私はリムジンバスで帰宅しました。家に到着すると、台風の雨風でベランダがめちゃくちゃになっていました。

色々あって、色々な体験ができた今回のコスタネオロマンチカでのクルーズ旅行は残念ながら途中下船で福岡から帰京となりましたが、私たちにとってはとても有意義な旅となりました。また別記事で感想を載せたいと思います。

コスタネオロマンチカ号、ありがとう!

ほかの人のコスタネオロマンチカクルーズ乗船記・旅行記をもっと読みたい☆旅行ブログ 船旅



Pocket