コスタネオロマンチカの境港オプショナルツアーの内容・料金|2017年日本発着寄港地観光ツアー

【境港の寄港地観光ツアー(オプショナルツアー)】
※全てUSドル/(  )内は子供料金
・出雲大社と島根県立古代出雲歴史博物館<7h>昼食付 120.00ド(90.00)
・神々が集う出雲大社参拝<6h50分>75.00ドル(56.25)
・松江城と堀川遊覧<6h40分>昼食付 120.00ドル(90.00)
・日本一の庭園・足立美術館<5h20分>昼食付 135.00ドル(101.25)
・青山剛昌ふるさと館と水木しげる記念館<7h>105.00ドル(78.75)
・恵比寿様の総本宮美保神社<5h15分> 昼食付 85.00ドル(63.75)
・鳥取砂丘と砂の美術館<7h25分>昼食付 120.00ドル(90.00)

最初の寄港地、境港では最初は出雲大社へ行こうかと悩みました。
個人的に行くとなると港から出雲大社への往復だけになってしまい、それもギリギリな時間でしたので、行くのであればコスタネオロマンチカのオプショナルツアーに参加することを考えました。
船のオプショナルツアーなら出港までには必ず戻ってこれるので安心です。

オプショナルツアーで出雲大社へ行かれた方の感想は、ツアーのほとんどが移動だったということでしたので、今回は我々はツアー参加を断念し、水木しげるロード、松江城、堀川遊覧を自力で周りました。所要時間は途中昼食を挟み約7h程度、かかった交通費の内訳は以下の通りです。

◎境港→境港駅(往復)シャトルバス800円/人
◎境港駅→高知城(往復)松江境港シャトルバス2,000円/人
◎堀川遊覧(ぐるっと松江堀川めぐり)1,230円/人
◎松江城入場料560円/人

交通費だけの合計だと往復4,590円ということでツアー料金よりもはるかに安く自由度は高いというメリットもありますが、各所移動は徒歩で、バスの時間帯に合わせて行動しないと最終乗船時間までに間に合わないというデメリットもあります。

関連記事:コスタネオロマンチカ乗船記(14):2日目境港-1境港駅|水木しげるロード

関連記事:コスタネオロマンチカ乗船記(15):2日目松江堀川ほっこり遊覧船めぐりと割子そばどちらがいい!ということもなくそれぞれにニーズに合わせて選ぶといいのかなと思います。

個人的には次回境港に寄港してオプショナルツアーを利用するとしたら出雲大社へのツアーか鳥取砂丘へのツアーに参加してみたい、と思っています。バス移動でひたすら車窓を楽しものも悪くはない、というかむしろ好きなので期待大です。

読んで楽しむクルーズの旅がココにある!旅行ブログ 船旅

 

Pocket