コスタネオロマンチカ乗船記(13):2日目朝食|ブッフェレストラン・ジャルディーノ

【2017年コスタネオロマンチカ:古都と城下町を巡る麗しの日本海と釜山6日間(金沢港発着|寄港地/境港、釜山、博多、舞鶴)の旅行記・体験記】

2日目の朝朝食はジャルディーノでブッフェ

2日目の朝は快晴!本当に綺麗な海上の朝でした。2日目は境港へ8:00に入港予定でしたので、ブッフェレストラン、ジャルディーノで手早く朝食をとることにしました。

ジャルディーノは船尾に位置しているので、窓際に座ると航跡を眺めながらお食事がいただけます。窓際もいいですが、船尾の方を向いているソファ席に並んで座るのもオススメかもしれません。


6:30オープンのジャルディーノはすでに人でいっぱい!日本人は朝が早いです。

入り口付近にはスィーツ類やパン類、スープ類が並びます。





プチサイズのスィーツからカップケーキ、ドーナッツ、パン類と炭水化物と糖分たっぷりな感じです。朝に甘いものをいただく方は目移りするかもしれません。他の船よりも圧倒的にこれらが多い印象です。


手前の赤茶色の液体は味噌汁です。具は入ってなかったような。本当に液体だけだった気がします。主人もしていましたが、納豆を入れて納豆汁にして食べている方も多かったです。


お漬物類各種。そういえば一度も食していませんでした。


カットフルーツはほとんどラインナップは同じでしたが、日によって甘さが違いました。この朝はパイナップルが甘かったです。ホールフルーツはご年配に結構人気でしたね。


プレーンタイプから色々な種類のヨーグルト


葉物の生野菜は前半では出てなくて、ブッフェでもこの3種だけでした。あまり生野菜をとる機会がないのでここで取っておきました。炒め物のコーナーでも野菜類はありました。



充実のハムサラミ類、チーズ類は朝昼晩ともありました。



一番最後のレーンでオーダー別で卵料理を作ってくれますが、混んでる時間に行くと待ちます。

他にはおかゆ、白米、ベーコン、ソーセージ、ポテト類など定番のものは一通りありました。魚類は焼いただけのものはなかったような気がします。


テーブルは船尾窓際の席で。カトラリーはテーブルにセットされています。

主人のプレート、偏ってますねぇ。


私もまずは好きなものを。今日は早めの昼食を予定していたので、朝食はなるべく消化の良いものを選んだつもりです。
クロワッサンは小さめサイズでちょうどいい感じでしたが、全体的にしっとりしていて残念。トーズとサラミは美味しかったです。

パンケーキはメイプルシロップがブッフェレーンで見当たりませんでした。テーブルに蜂蜜色のボトルがあったので「テーブルにあるんだ」と思ってドボドボかけたら、なんとラー油でした。

食べ終わっても気がつかず「香ばしいパンケーキだな」って思って4日目あたりにやっと気がついた、という…。後日もう一度パンケーキを食べてみましたが、やや甘さがありそのままでもOKな感じもしました。甘さが欲しい時はジャム類…なのでしょうか。最後まで謎でした。

他にもクルーズの旅いろいろ!旅行ブログ 船旅

JTBでクルーズ旅!お手頃価格が魅力のJTBお買得旅!

Pocket