コスタネオロマンチカ乗船記(5):ドレスコードの服装|フォーマル・テーマカジュアル

【2017年コスタネオロマンチカ:古都と城下町を巡る麗しの日本海と釜山6日間(金沢港発着|寄港地/境港、釜山、博多、舞鶴)の旅行記・体験記】

コスタネオロマンチカのドレスコードの服装は

コスタネオロマンチカに乗船してみてのドレスコードの服装の感想は「自由でいい」と思いました。

一応、毎日の船内新聞『TODAY』で翌夜のドレスコードのお知らせが記載されていますが、実際2日目の船長主催の乗船歓迎カクテルパーティーのフォーマル以外はずっと『カジュアル』でした。

そのカジュアル指定(下記参照)もいろいろありましたが、どれも沿ったものを持ってきてなかったので本当に普段着でずっと過ごしていました。

クルーズガイドで目安で書かれていたドレスコードの服装は

事前に送付されたコスタネオロマンチカのクルーズガイドによると、5泊6日のクルーズならば

カジュアルナイト 2回
ホワイトパーティー 1回(白いものを身につける)
浴衣パーティー  1回
フォーマルナイト  1回

と、いうドレスコードの服装目安という表が載っていたので、実際にそのような服を用意して行きました。

しかし!実際に毎晩配られる船内新聞『TODAY』に記載されていた翌夜のドレスドは以下のような指定でした。

船内新聞TODAYでお知らせがあったその日ごとのドレスコード

<<実際の指定ドレスコード>>
1日目 カジュアル/カーニバル(お持ちであれば)
2日目 フォーマル/ガラナイト
3日目 カジュアル/イタリアン(緑・白・赤)
4日目 カジュアル/70年代リバイバル(お持ちであれば)
5日目 カジュアル/トロピカル
6日目 カジュアル/フォーマル(お持ちであれば)
(※後述しますが、台風のために足止めになり1泊延泊となりました)

…浴衣の日はどこにもないし!(笑)
…最終日のカジュアル/フォーマルって、どっちなの?(笑)
…70年代リバイバルってどんな?(笑)

毎夜、翌日の船内新聞TODAYで翌夜のドレスコードを確認するのが楽しみになってくるくらいツッコミどころ満載なドレスコード指定でした。

むちゃ振りドレスコードで実際に着た服装は

・1日目 カジュアル/カーニバル

先月ににっぽん丸のランチで着たコーデそのまま…。1日目はボートドリルの後に駆け込みでダイニングルームに入ったので、トップスを変えただけ、という…カンタンな着替えで済ませました。

・2日目フォーマル/ガラナイト

2日目の夜はフォーマル指定でした。
キャプテン主催の乗船歓迎カクテルパーティー に集まった乗船客の方々はほぼ99.9%フォーマルな装いでした。私はロイヤルブルーのロングドレスで。


主人はダークスーツとグレー&ブラック系でタイ、チーフ、シャツで。

この日のフォーマルナイトでは、お着物姿のご婦人も多数いらしていました。全体的に結婚式披露宴or二次会に出席するような服装の方が多かったです。女性はワンピースが多数派でロングドレスの人は少なかったように思いました。

Tシャツに短パン&スニーカーという方もお見受けいたしましたが、全くの少数派ですのでものすごく目立っていました。

2日目のこの夜までは、予定通り持って着たものを着用しました。そして3日目以降はクルーズガイドに記載されていた内容と用意して持って行ったものとは違いますので、手持ちの中で近い服でなんとか着てみました。

・3日目カジュアル/イタリアン(赤・白・緑)
イタリア船ならではのイタリア国旗に使われている色、赤・白・緑を服装に取り入れればOKなのか、3色とも使うのかは不明ですが、私は白を使ってみました。


まるっきり、ただのモノトーンです。(笑)私的には鉄板の配色。
この日のドレスコード、イタリアンナイトを意識した服装の人は見かけなかったです。

・4日目カジュアル/70年代リバイバル

70年代、子供だったし…リバイバルって言われても。そもそもこんなドレスコードテーマ、聞いてないです。

70年代なのか、リバイバルなのかわかりませんが…デニムのワイドパンツとボーダーTシャツで。デニムの人、いなかったかも(笑)。

・5日目カジュアル/トロピカル

たまたま持って来た服の中にトロピカルっぽいものがあったので合わせて着て見ました。元はムームードレスだったものをスカートにした適当なリメイクスカートが役に立ちました。
この夜もトロピカルっぽい服装の人も見なかったです。

・6日目カジュアル/フォーマル
もう、フォーマルが2回なんて聞いてませんし!2日目で着用したものはスーツケースにしまってしまいました。

この日は一番ラフな船内で着ていたジャージャー素材のガウチョパンツにTシャツでした。

個人的に家でも旅先でもヘビロテな本当にラクチンなガウチョパンツ。裾が自分の好みに切れてしかも切りっぱなしでもほつれない優れもの。

>>ゆったり着れてお尻のラインが美しいフレアパンツ<<

最終日のこの日は、遅い時間に食事に出かけたのですがきちんとフォーマルでキメたカップルもいましたし、私たちのようなカジュアルの方もいらっしゃいました。

コスタネオロマンチカのドレスコードまとめ

コスタネオロマンチカのドレスコードは基本カジュアルでOKなのではないかと思います。

有料レストランに行く時や、ガラパーティなどへは女性はワンピース、男性なら襟付きシャツ&ジャケット(またはスーツ)で対応できるかと思います。

私も次回コスタネオロマンチカに乗船することがあれば、ワンピース1枚を持参してあとはカジュアルでいいかなと決めました。

ドレスコードをあまり気にすることなく寛いで楽しめるクルーズ船、そんな印象でした。ドレスコードがあると確かに船内生活にメリハリは生まれますが、いつもリラックス、気楽な格好で過ごすのも悪くないと思います。

 

>>JTBで行く、コスタネオロマンチカのクルーズ旅<<

 

クルーズの旅いろいろ!旅行ブログ 船旅

Pocket