横浜新港ふ頭旅客ターミナル開業前情報|CIQホール周辺施設|横浜ハンマーヘッド開業

横浜港新港ふ頭客船ターミナル・横浜ハンマーヘッド開業


横浜港の新しい客船ターミナル『新港ふ頭旅客ターミナル』を含むホテル、商業施設『横浜ハンマーヘッド』が昨日10月31日オープンしました。

関連記事(1):【news】横浜市クルーズ船の受けを入れ強化へ|超大型客船を優先的に着岸できる岸壁の配置計画
関連記事(2):横浜新港地区客船ターミナル(仮)見学|Yokohama Pier9|ヨコハマハンマーヘッドプロジェクト


横浜みなとみらい新港地区に新しいランドマークが昨日オープンしました。
大型客船ターミナルを核としてホテル・レストラン・ショップを併設した複合施設横浜ハンマーヘッドです。

ハンマーヘッドとは?



名称になっている『ハンマーヘッド』とは敷地の海側突端にある、このハンマーヘッドクレーンから由来されています。

ハンマーヘッドクレーン


1914年(大正3年)に設置されたハンマーヘッドクレーンは国内初の港湾荷役専用のイギリス製のクレーン。それまでは人力で沖合いの船まで荷役を行なっていましたが、ハンマーヘッドクレーンの設置により重量物の荷役が可能となりました。

関東大震災では被害を免れたハンマーヘッドクレーンでしたが、1970年以降、海上貨物の主流がコンテナへと変わり、埠頭も外延化したこともあり2001年、約90年に渡るその役目を終えました。

↑突端にはその名残が残されています。

横浜ハンマーヘッド ショップ&レストランが開業


横浜ハンマーヘッドは、旅客ターミナル(CIQホール)、ホテル、ショップ、レストランなどの複合施設となっており、昨日10月31日はショップとレストランがオープンしました。

入り口付近の動画→コチラ(instagram)

新港ふ頭客船ターミナル



「新港ふ頭客船ターミナル」と掲げられた正面の入り口を入りまっすぐに進むと


1,2階の吹き抜け、エスカレーターなどがあるホールに出ます。

CIQホール



1階の突き当たりにCIQ(税関・出入国審査・検疫)ホールがありました。クルーズ船の乗船はこの先で手続き、乗船となります。

ATM機


すぐ横にはATM機・外貨両替機があります。

館内無料Wi-fi


ハンマーヘッド館内には無料Wi-fiもあります。無料Wi-fiへのパスワードはホールにあるインフォメーションのお姉さんに聞くと教えてくれます!
私も早速繋いでみましたが、自宅にいるようなサクサク度、速度良好です。

コインロッカー


CIQホールの前にコインロッカーも設置されていました。もっと台数があっても?

バス・タクシー乗り場



正面入り口から見て建物右側にバス・タクシー乗り場がありました。
こちらからCIQホールへはわざわざ正面から入らなくても建物右側にホールへの入り口があるので便利のように思いましたが、短い横断歩道を渡る際屋根がないので雨の日は濡れるかも!是非屋根を設置してもらいたいです。

↓路線バス情報
関連記事(4):【news】横浜ハンマーヘッド~大さん橋~桜木町を結ぶバス路線『ピアライン』新設

クルーズ船へのアプローチ


1階のCIQホールで乗船の手続きを済ませた後のクルーズ船へのアプローチ。ここから乗船してみたい〜!

新港ふ頭に入港第一号となるのは11月4日6:30入港予定のダイヤモンド・プリンセスになるようです。
当日はイベントがあるようで近日公開予定となっています。

【関連リンク】横浜ハンマーヘッドHP

クルーズの乗船記・旅行記をもっと読みたい☆旅行ブログ 船旅

Pocket