2018コスタネロマンチカ乗船記(52):ピアッツァナポリで最後のピザランチ|船内でくつろぐ場所

ピアッツァナポリで最後のランチ

コスタネロマンチカでの最後のランチはやっぱりピザ!12時前には店外に長蛇の列。席も相席となりました。それもそのはず、この日は11:30から13:00までの1.5h営業。並んでいても13:00前になると列の後方の方は入れないようでした。


混んでいればなかなかピザもテーブルには運ばれてこないのでピザを作っているところを撮影しに行ったのですが、ちょうど作っているピザがオーダーしたものでした!


作りながら、焼きながら大忙し。かまどの前熱いでしょう、かなり汗をぬぐっていました。


オーダーしたピザは『クアトロ・スタジオーニ』という4つの具材からなるピザで、黒オリーブ、ハム、マッシュルーム、アンティチョークのトマトピザです。

このピザでアンティチョークが大好きになり、それ以降ブッフェでも積極的に取るようになりました。食感は筍のようなで食物繊維豊富な感じで塩気もありバリバリ食べれます。

この日の行動や夕食のことも考えて1枚を二人でシェアして食べました。ランチならその位がちょうどいい量のような気がします。

↓その他のピザメニュー
関連記事:2018コスタネオロマンチカ乗船記(17):2日目ランチ|ピアッツァナポリ|ピザメニュー一覧

船内各所で午後のくつろぎ


終日航海ですので船内には人が多く、午後は全体的にまったりな雰囲気。私たちは翌日下船ですが、神戸から乗船した方たちや外国人の方など2クルーズ目に入る方たちはまだ旅の途中です。誰と話すでもなく”人の気配を感じたい”場合はグランドバーピアッツァイタリアがいいかもしれません。


”静かに過ごしたい”という場合はエノティカヴェローナで。こちらはワインが置いてあるせいか他よりも室内が涼しいです。


ただ、こちらは営業していない時間はスタッフの人がいないので飲み物をオーダーするのが面倒でした。



昼間人が全くいない後方のキャバレービエンナは航跡を眺めながらぼーっとするにはいい空間ですが椅子が長時間座る向けではないのが残念。いくつかあるソファ↑は長居ができそうですが大抵ペーパーバックに集中している外国人の人が座っていました。


サンセットが近づいたら部屋の戻りデッキから海を眺めたり


プールデッキあたりを散歩したりするのも贅沢な時間です。今日一日、食べる、飲む以外に何もしていません…。


あれよあれよと無情に日は暮れていきます。今回は前回のコスタネオロマンチカに比べて充実したクルーズでした。(前回は台風で釜山に3日足止めになりました。)複数回目の乗船になると船内施設の場所もわかるので新しい発見は少ないですが安心感はあります。

↓2017年9月コスタネオロマンチカ乗船時に起きた足止め事件
関連記事:コスタネオロマンチカ乗船記(25):4日目無料Wi-Fiエリアで情報収集|台風で足止め船内ライフ-1


下船説明会でのアンケート記入の方法を思い出しじっくりアンケートを記入しました。4ページほどありました。日が暮れたらまた食事。ラストディナーです。

ほかの人のクルーズ乗船記・旅行記をもっと読みたい☆旅行ブログ 船旅

Pocket