コロンバス横浜港初入港歓迎セレモニー&船内見学(2)レストラン&プールサイド

コロンバスが横浜港に初入港した3月12日に、コロンバス船内で歓迎セレモニーが行われたました。

関連記事:コロンバス横浜港初入港歓迎セレモニー&船内見学(1)セレモニーの様子|アトリウム|カジノ

セレモニー後、スタッフの方の引率で船内見学に出発しました。順不同ではありますが関連場所ごとに載せていきます。

レストラン

ブッフェレストラン:プランテーションビストロ


プールと同じリドデッキにあるブッフェレストラン、Plantation Bistro(プランテーションビストロ)に入った時、ちょうどお昼時でしたのでランチブッフェの最中でした。


クルーズ船でこんなに可愛らしいブッフェレストラン、見たことないな〜というくらいカフェのような温かみのある内装でした。


ドリンクバーのコーナー、コーヒーマシンもカウンターもポップで可愛いですよね!




デッキ12後方部分は全てブッフェレストランになっていて、お料理のカウンターは中央部分を取り囲んでいて結構な種類がありました。スィーツカウンターも充実です。


スコーンやパン類が入った容器も可愛い!

メインダイニング:ウォーターフロントレストラン



メインダイニングはデッキ7にあり、2シーティング制になっていました。ブッフェレストランのプランテーションビストロの案内も出ていますが、「ブッフェの開いている時間が短い」と思いました。


ブッフェレストランの爽やかさとは一転、ダイニングレストラン ウォーターフロントレストランの雰囲気はピンク、紫のグラデーション、仕切りに使われておるシフォンのカーテンがゆらゆらするムーディーな空間です。見学時はカーテン全開でしたが夜は素敵な雰囲気になるのではないでしょうか。




シェフズテーブル



メインダイニング の中央あたりにワインセラーの壁に囲まれた半個室の空間はキャプテンとお食事をするダイニングなのだそうです。両壁一面のワインに圧倒されます。

その他のレストラン&パブ&バー

インド料理:Fusion(フュージョン)


デッキ12、ブッフェレストランの並びあるおそらくカバーチャージが必要となるレストランの壁画にご注目!着物を着た女子の絵が描かれていたので「日本料理?」と思いきや…


こちらのレストランはインド料理、なのだそうです。この象さんよりも壁画のインパクトの方が強いと思うのですけれど…。

その他にステーキハウス『The GRILL』も店内を見せてもらいました。カバーチャージは24.90ポンド(約3,700円)とのことでした。
カプチーノ専門店、アイスクリーム店などがあるようです。

トラベラーズパブ


重厚な木のカウンター、ダークな色合いのファブリックが落ち着きのあるイギリスのパブが船上で楽しめるのはイギリスの船会社ならでは。

コネクションズ


小さいステージがあるラウンジ『コネクションズ』で寛いでいる乗船客の方達を多く見受けられました。



いろんなタイプのソファが置いてあり開放感がある明るいラウンジで下。


バーカウンターの上にタッチパネルがあって「これでお酒を注文するのか?」と思いきや…『Crowd DJ』というGoogleのアプリのようでした。バー、ボウリング場、クルーズ船などでお気に入りの曲が聴ける!というアプリだそうです。

プールサイド


コロンバスのプールは2つ。水が張られていなかった深いプール鉄製アーチがかかっていました。このアーチは照明のものということです。


もう一つのプールは一段高い場所にありました。


どちらのプールサイドからも見える大型スクリーンも設置されていました!屋外のスクリーン、映画などが観ることができるのでしょうか〜?

ほかの人のクルーズ乗船記・旅行記をもっと読みたい☆旅行ブログ 船旅

Pocket