ぱしふぃっくびいなす船上見学説明会(1):ロビー他船内主要施設

東京港晴海客船ターミナル

先日晴海客船ターミナルに停泊中の日本船「ぱしふぃっくびいなす」の船上見学説明会に参加しました。

東京港客船ターミナルは現在、晴海、竹芝、有明、青海の4港があり2020年には東京臨海副都心に東京新客船ふ頭ターミナルができる予定です。

関連記事:東京新客船ふ頭ターミナルビル建設予定地を見学-2|東京臨海副都心|豊洲複合ビル


晴海客船ターミナルには見学受付開始の30分ほど前に到着しましたが、まだ誰もいなくて館内は静まり返っていました。


2Fは搭乗口フロアです。テーブルと椅子は沢山あるのですが…ちょっと寂しすぎる印象です。トイレはピカピカに磨き上げられていました!


この日お昼を食べ損ねていたので、何かあるだろうとそのまま直行しましたが飲食店舗は全くありません。1Fの出入り口に飲み物自販機(2Fにもあり)とスナック(お菓子、パンなど)の自販機があるだけです。

…ここ、東京の玄関口港ですよね?いいんですか?なんかとても寂しすぎます!!いま現在、コスタネオロマンチカが東京港に寄港するときはこの晴海客船ターミナルに入港していますが、なんとも…


この日は曇っていましたが、2Fの大きな窓ににはレインボーブリッジがどーんと先に見れてとてもいいスポットだと思うのですが〜。

ぱしふぃっくびいなす船内へ



この日、夕方からぱしふぃっくびいなすは出港予定だったようですでに乗客の受け入れ準備が進められていました。客室階ごとの受付、手荷物預かり、車椅子など準備万端の様子。

いざ乗船!


5・6Fエントランスロビー




階下の5Fがフロントやツアーデスクのあるフロア、5・6F吹き抜けのエントランスロビーは開放感があります。

6Fライティングルーム&パソコンルーム


6Fの左舷窓際にはライティングルームがあり、通路側は一面ガラス張りです。実際に手紙を書くということはあまりないようですが室内の感じから静かに読書を楽しめる場所にも適しているような気がしました。

このライティングルームの隣にはパソコンルームがあり、インターネットが楽しむことができるそうです。ネット接続料は有料で30分1,000円ということでした。

ぱしふぃっくびいなすfree WI-FIサービス

2018.2.22の公式HPでのお知らせによると、ぱしふぃっくびいなすでは船内パブリックスペースでFree Wi-Fiサービスを導入した導入したということです。

(以下、公式HPより抜粋)
・日本国内の沿岸で陸上の電波が届くエリアに限りご利用いただけます。
・お持ちの通信機器(Wi-Fi内臓パソコン・スマートフォン・タブレット)をご用意ください。
・船内のパブリックスペースでご利用いただけます。客室ではご利用になれません。
・接続回数は1日10回、1回の接続で30分間ご利用いただけます。
・通信機器等の故障により本サービスがご利用いただけない場合がありますのでご了承ください。
・お持ちの通信機器の環境や各種設定に関して本船では一切お手伝いができません。
・利用規約にご同意の上、ご利用ください。

6Fシアター


名作・話題作の映画を中心に上映されるということですが、映画『タイタニック』は上映されない(上映されたことがない)そうです。…ですよね。

その他、講演・各種イベントなどにも利用されるスペース60席前後のあまり広くないスペースがかえって落ち着いて映画に集中できるような気がしました。

9Fカードルーム・カラオケルーム・茶室


9F後方には茶室、カードルーム、カラオケルームがありました。カードルームは麻雀卓が2台あり、


壁には「お相手募集」の掲示板が!一人で乗船される方も少なくないとのこと。


カードルームの隣室には立派なカラオケルームもありました。時間貸しとのことだったので、一人で利用してもよし15名(定員)で利用してもよし、とのことでした。1時間1,080円(うろ覚え)と説明があったかと思います。


同じフロアにあった茶室はエントランス周りも和のしつらえ。奥は見ることはできませんでしたが、実際にお茶の先生によるお茶会やお正月クルーズなどではカルタ取りなどに使われるそうです。

まだまだ見学は続きます…

ぱしふぃっくびいなすシップデータ

総トン数:26,594トン
全長:183.40m
型幅:25.00m
初就航:1998年4月
乗客定員:460人
船籍:日本

造船所は石川島播磨重工東京工場第一工場とのことなので、今のららぽーと豊洲で造られたかと思うとよく行く場所なので「ジーン…」としてしまいます。
今年初就航から20周年の記念イヤーを迎えました。

内側客室はなく、すべて海側窓、バルコニー230室。

他の日本船に比べクルーズ料金はやや抑え気味…ということですが「そうでもないかな?」という印象ですが、ホスピタリティーはお墨付き。親しみやすさが特徴のクルーズ船です。

総トン数は飛鳥IIの約半分程ですが、実際外から見ても船内を歩いても小ささは全然感じません。移動するのにはちょうどいい感じでした。

クルーズ乗船記・旅行記をもっと読みたい☆旅行ブログ 船旅

Pocket