ランドリーサービス」タグアーカイブ

2018コスタネロマンチカ乗船記(7):ランドリーサービス(クリーニング)を利用してみた

船内ランドリーサービスの利用理由


コスタネロマンチカが東京港を出港し、セイルアウェイパーティーから自分の船室に戻り夕食前にまずスーツケースの衣類を全て客室のクローゼット、チェストなどに出す作業を済ませました。
そこで持参した衣類が厚手が多いことに気がつきます。デッキで感じた限りでは意外と外気が暖かく、薄手の衣類、特にシャツ類がまさかの…不足しそうな予感がしました。

コスタネオロマンチカにはランドリールームがない

コスタネロマンチカでは洗濯機などが置いてあるセルフランドリールーム(コインランドリー)が船内にないので自分で洗濯をするには客室内の洗面所かシャワールームで行うしかありません。
シワにならないちょっとしたものならば自分で洗えますが、さすがにシャツ類は難しい…。ここはひとつ、思い切って(?)船内クリーニングに出してみることにしました。

ランドリーサービスの出し方は簡単



クリーニングの出し方は簡単です。

1.クローゼットの中に置いてある『ランドリーサービス料金表』と紙製ランドリーバックを取り出します。
2.紙製ランドリーバックにクリーニングに出したい衣類を入れる。
3.仕上げ方法を『ランドリーサービス料金表』に記入する。


希望仕上げはビジネスシャツのクリーニング仕上がりのようにしたかったので『水洗い』『プレス』『たたみ』の欄に数量を記入しました。「この『プレス』の欄はプレスオンリーの希望欄なのかも?」と思いましたがここにチェックを入れておかないとひょっとしたら、『洗いざらし+折りたたみ』というワイルドな仕上がりになる可能性もあるかも!と思い、とりあえず希望する仕上がり欄に記入しておきました。


最後に合計欄に合計額を記入します。
『水洗い』『プレス』『折りたたみ』を希望すると5.02ドルとなりました。シャツ一枚のクリーニングが「5.02ドルか…」という思いがよぎりました。市価の倍額ではありますが、ここは船の上ですし、ハーモニー・オブ・ザ・シーズの船内見学をした時にクリーニングの作業デッキを見学したことがあるので私的には納得の(やや)金額でした。

関連記事:ハーモニー・オブ・ザ・シーズ乗船記(40):5日目船内アクティヴィティ|オールアクセスツアー

ランドリー袋、記入した『ランドリーサービス料金表』は一つにしてベッドの上に置いておきます。朝・夜に客室清掃に来た担当のルームスチュアートさんが持って行ってくれます。ランドリーサービス料金表の一番上の用紙は剥がして自分の控えに必ず取っておきましょう。

関連記事:コスタネロマンチカのランドリーサービスと料金|手洗いのものはどこに干す?

クリーニングの出来上がり日数と請求額



クリーニングの出来上がり日数


乗船2日目の朝の客室清掃時に回収され、翌日3日目の夜の客室清掃時に戻ってきましたので、翌日仕上がりということになります。仕上がり日数が料金表に記載されていなかったので心配でしたが流石に下船までには戻ってくるだろうと思っていましたが翌日仕上がりとは早くて驚きでした。

仕上がり具合・請求料金


仕上がり具合は上記写真の通り、綺麗に折りたたみ形状で希望通り戻ってきました。全然問題なくまたクリーニング臭もなくて満足でした!

さらに、クリーニング代の請求金額は『水洗い』料金3.0ドルしか計上されていなかったです!サービスだったのか、計算ミスだったのかは不明ですが、明らかにたたみ仕上げの追加料金0.20ドルの加算はありませんでした!

最大25枚で29.99ドル!のランドリーサービス



シャツをランドリーサービスに出した翌日にこんなお知らせが舞い込んできました。
最大25枚29.99ドル、当日15時までに回収され翌日午後仕上がりというMAGIC BAGというお得なサービス!他船でよく聞くランドリーサービスがコスタネロマンチカでも始めたのですね。

船内にセルフランドリールームがないクルーズ船では、ランドリーサービスの利用もアリだと思いました。
しかも想像していたよりもパリッと仕上がってきたのは想像以上でした。

クリーニングの価格もびっくりするほどの高額でもないし、お得なランドリーパックのようなサービスを利用するのも悪くはないのではないかと思いました。

ほかの人のクルーズ乗船記・旅行記をもっと読みたい☆旅行ブログ 船旅

ハーモニー・オブ・ザ・シーズ乗船記(46):ルームサービス|朝食&ランドリー

クルーズ船に乗船してまだ一度もルームサービスというものを利用したことがないので次回乗船の際には是非トライしてみようと思っています。…毎回その意気込みなのですが、朝食は持ってきてもらうより食べに行った方が早いし、ランドリーサービスも簡単なものは自分で手洗いしてしまいます。

キャビンの洗面シンクは浅くて狭い

しかし、ハーモニー・オブ・ザ・シーズ(以下、ハーモニー)に乗船するにあたり前後泊が1泊づつあったので10日間分の荷物を持っていったことになり相当な荷物となりそうだったので途中「船内で洗濯を」と思っていたのですが私たちのキャビン(船室)の洗面シンクとやらが浅くて狭くて…↓


幸い乗船時は肌寒かったのでなんとか洗わずにしのげましたが、洗濯できるような洗面ではなかったです。

ハーモニーのランドリーサービス

紙製のランドリー袋と一緒にランドリーの申込書がクローゼットの中にありました。

価格&出来上がり

◉洗濯&プレス
Tシャツ/ブラウス3.49ドル
半袖シャツ 3.99ドル
長袖シャツ 4.99ドル
パンツ(ズボン) 5.49ドル
下着・靴下 1.99ドル
ドレス 8.99ドル 
…etc.

◉プレスのみ
スーツ 9.99ドル
ドレス 6.99ドル

☆出来上がりにかかる時間

・通常サービス…翌日17:30までにお届け
・その日仕上がり…11:00までに出して当日17:30にお届け。50%増料金。

「洗濯、ドライクリーニング、汚れ除去などクリーニングスタッフの裁量と判断により返却されることがあり、色落ち、破損などクリーニングの損害賠償はクリーニング料金の7倍が上限とされています。全てのクレームは24時間以内に行わなければなりません。」という注意書きがありました。


オールアクセスツアーでランドリー部門も見学できたのでランドリーサービスも身近に感じられました。ものすごく清潔な作業場だったので安心できます。

朝食他ルームサービス


朝食のルームサービスはその日の午前3時までに記入してドアにかけておけば希望した時間に部屋に届くようです。6:00から11:00まで30分間隔で希望時間が申請できます。

コンチネンタル朝食はサービス料が無料。ジュース、飲み物、シリアル、ヨーグルト、フルーツ、ジャム、ドーナッツ、パン類など簡単な食事となります。

アメリカンブレックファストのサービス料は1部屋につき7.95ドル。コンチネンタルブレックファストの内容に卵料理、パンケーキ、ソーセージやベーコンなどのサイドメニューが選べるタイプ。

朝食以外の時間帯でも11:00〜翌朝6:00の時間帯で通常のルームサービス(サービス料は1部屋につき7.95ドル)あるようです。メニューは↑上写真左部分、料金表は客室のテレビ下にありました。


いつも朝食のルームサービスはトライしてみたい、と思うのですがバルコニーで食べる場合お天気が気になります…。



海側バルコニー付きの部屋だとソファもデスクもあるのでバルコニーで食べれなくても十分くつろいで食べることができそうでした。

ほかの人のクルーズ乗船記・旅行記をもっと読みたい☆旅行ブログ 船旅