カクテルメニュー表」タグアーカイブ

2018コスタネロマンチカ乗船記(10):カクテルドリンクメニュー表|カクテルの感想|ドリンクパッケージ

コスタネロマンチカのプレミアムキャビン(内側プレミアム・海側プレミアム・バルコニープレミアム)の旅行代金に含まれているオールインクルーシブドリンクパッケージ。
すべてのレストランやバーで12ドル以下(1杯につきサービス料15%を含む)のドリンクが飲み放題です。
ワインカフェドリンクの他にカクテルも同様にいつでも飲むことができました。

コスタネロマンチカ カクテルメニュー






こちらのメニューはキャバレービエンナ、コーヒー&チョコレートバー、グランドバーピアッツアイタリア、タンゴディスコラウンジなどに置いてありました。

カクテル以外にもノンアルコールドリンク、ビール類、ワイン、スパークリングワイン、スピリットなども記載されてあり、ほとんどサービス料15%を含む12ドル以下で飲めるものばかりです。各カクテルのメニューには何が入っているかが記載されているので選びやすいかと思います。

カクテルメニューの中から飲んでみたもの

バナナダイキリ&スプリッツヴェネツィアーノ


左:バナナダイキリ
想像していたよりかなり薄めのバナナダイキリ…酔い防止?
右:スプリッツヴェネツィアーノ
こちらも(私的には)かなり薄め…と思いきや含まれているイタリア産リキュール『アペロール』はアルコール度数11度らしいです。

ベッリーニ&赤ワイン


左:ベッリーニ
スッコディペスカ(イタリアのピーチジュース)とスパークリングのカクテル、甘めです。
右:赤ワイン

オールド・ファッションド


ジンビームバーボン、角砂糖、ソーダ水に苦味の強いアルコール、ビターズのカクテル。角砂糖がなければビターハイボール、っていう感じです。やや甘め。

フレンチ75


ジン、レモンジュース、単シロップ、シャンパンのカクテル。こちらは味見をしませんでした。

マンゴーマルガリータ&ストロベリーマルガリータ


左:マンゴーマルガリータ 右:ストロベリーマルガリータ
マンゴーとストロベリーのエキスがかき氷シロップっぽい(笑)。テキーラがもっと強めでも!

コスタドリーム


ブランデー、ラム、トリプルセック、グレナデン、レモンミックスのカクテル。オレンジの果皮と数種類の柑橘類のトリプルセックのアルコール度は40度!色々混ざって複雑な味…。

ラムコーク


バカルディラム×コーク、ポピュラーな組み合わせ。ラムの度数(40度)高し!

ストロベリーレモネード


カクテルではなくソフトドリンク。朝だったからだと思います。

以上ほとんどが主人がオーダーしたカクテル類です。種類が多いので選ぶのが楽しそうでした。普段全くカクテルを飲まないので色々チャレンジしていました。


私はアルコールに関しては保守的。常に決まったものしか飲みません。ビール、スパークリング、ワインがあればそれでいいかな派。

カクテルまとめ・感想

カクテルメニューは全ページを記事に載せるのが憚れるほど種類が多く、先にも記載しましたがカクテルの内容が記されているのが見やすくてよかったと思いました。バーやカフェで飲めるので船内のあちこちで気軽に飲めます。

コーヒー&チョコレートバーでも飲めるのでこちらで販売されているスィーツと一緒に楽しまれている方も多く見られました。

カクテル類の味は全体的に「薄め」に感じました。ちょっとアルコールの入ったジュースっぽい感じに思えたので「ガッツリアルコール!」という方にはあまり適さないかもしれません。しかし、ベースになっているお酒の度数は結構高めなのでグビグビいってしまうと船の中でもあるので『酔い注意』です。

好みや味に関しては個人差があるので私の感想も当てにならないかもしれません、あしからず…。

関連記事(1):2018コスタネオロマンチカ乗船記(2):ドリンクメニュー・ワインリスト|赤白ワインの感想|ドリンクパッケージ

関連記事(2):2018コスタネロマンチカ乗船記(5):カフェドリンクメニュー表|カフェドリンクの感想|ドリンクパッケージ

ほかの人のクルーズ乗船記・旅行記をもっと読みたい☆旅行ブログ 船旅