にっぽん丸事故」タグアーカイブ

【news】続報2・にっぽん丸のグアムでの事故|船長からアルコール検出


船尾の右舷の穴の他に左舷に亀裂も

昨年12月30日商船三井客船が運行するクルーズ船、にっぽん丸がグアム港でアメリカ海軍施設の桟橋と接触、船体の一部を損傷した。
これによりニューイヤークルーズは途中で中止となり、以降予定されていたクルーズも複数催行中止となっています。

関連記事(1):【news】にっぽん丸がグアムにて船尾損傷のためクルーズ中止に|2018.12.30

関連記事(2):【news】続報・にっぽん丸のグアムでの船尾損傷事故|海外メディア報道

1月8日に商船三井客船から発表された事故の詳細によると、最初の報道にあった船尾右舷の2メートルの穴が開いた他に左舷にも数十センチの亀裂ができたとのこと。

船長からアルコールが検出

米当局による事故後の調査で船長からアルコールが検出され、国土交通省によると血中アルコール濃度が現地の基準値0.04%を上回っていたという。
この数値は呼気に換算すると1リットル当たり0.2ミリグラムほどで
日本の船員法が定める基準値(呼気1リットル当たり0.15ミリグラム)を超えているとみられている。日本の法律ではアルコール検知気を使った飲酒検査は義務ではなく、同社は勤務前に対面で乗組員の状態を確認していた。
船長は「気持ちを落ち着かせるために事故の後に酒を飲んだ」と話しているということです。

同社は社内規則で、当直開始4時間前以降の飲酒を禁じている。

(引用:時事通信社,読売新聞,毎日新聞,NHK News Web)

関連サイト:にっぽん丸のグアム港における港内施設との衝突事故について(2019.1.8)

グアム港での現地調査、船体の修繕などでまだ続くようです。

【news】続報・にっぽん丸のグアムでの船尾損傷事故|海外メディア報道

新たに2クルーズ中止発表

昨年12月30日にニューイヤーズクルーズ中に船体を損傷し、現在グアム港にて修繕作業中のにっぽん丸。

関連記事:【news】にっぽん丸がグアムにて船尾損傷のためクルーズ中止に|2018.12.30

1月5日付でにっぽん丸HPにて新たに2クルーズの中止が発表されました。

にっぽん丸は、「ニューイヤー グアム・サイパンクルーズ」12月30日(日)グアム出港時の桟橋との接触による船体損傷のため修繕が必要なことから、現在もグアムに停泊し作業を行っております。

グアムでの修繕には今しばらく時間を要することから、以下2クルーズについて、誠に遺憾ではございますが催行中止との判断に至りました。
(引用:にっぽん丸HP)

1.1月8日(火)発 新春初旅にっぽん丸クルーズ
2.1月12日(土)発 にっぽん丸新春オペラクルーズ



(画像引用:Pacific Island Times)


船体の損傷の大きさは5フィート×7フィート、船内で調査中の男性の全身が見えるので大きい穴だとわかります。(画像引用:THE GUAM DAILY 2019.1.1)

にっぽん丸桟橋衝突事故メディア続報

パシフィックデイリーニュース

日曜日の夜にデルタ桟橋に衝突した後、クルーズ船にっぽん丸はグアムのJose D. Leon Guerrero商業港に停泊したままです。

事件の原因は、副Cmdrによるとまだ調査中です。(中略)修理が行われるまで船は停泊することになり、 船の出発日は未定となっています。

船の代理人によると、乗客の大半は帰国の途につきましたが未だ16人は手配中とのことでグアムに残っているとのことです。

にっぽん丸の乗組員は、事故の調査を受けるため現地に残っています。(引用:Pacific Daily News2019.1.3)

パシフィックアイランドタイムズ

米国沿岸警備隊は事故原因を調査中。
アプラ港の内側にあるアメリカ海軍の燃料桟橋に突き当たった日本のクルーズ船。
 海軍当局者は、誰も怪我をしていないと述べたが、発生源の被害によると、費用は当初300万ドルと推定されている。
(引用:Pacific Island Times2019.1.1)

事故の原因はまだ調査中とのことですが、報道されている写真を見るとかなり痛々しい様子です。

ほかの人のクルーズ乗船記・旅行記をもっと読みたい☆旅行ブログ 船旅
 

【news】にっぽん丸がグアムにて船尾損傷のためクルーズ中止に|2018.12.30


にっぽん丸 ニューイヤーズクルーズが中止に

2018年12月26日『ニューイヤーグアム・サイパンクルーズ』のために横浜港を出港したにっぽん丸は12月30日、寄港地グアムより出港時に岸壁に損傷し、グアムに戻り現地で修繕することになったというニュースが飛び込んできました。
以下、商船三井客船にっぽん丸のサイトでの発表内容です。

「ニューイヤーズグアム・サイパンクルーズ」運行中止の件
”にっぽん丸は20181226日(水)横浜を出港して「ニューイヤー グアム・サイパンクルーズ」をスタートさせました。
1230日(日)にグアム寄港、同日2100(現地時間)に出港予定でしたが、出港時に岸壁に接触したため、再着岸し、船体の調査をいたしました。

 その結果、船尾に損傷があり、直ちに本船ならびに船客の皆様に危険はございませんが、このままでは日本までの航行はできないとの判断に至り、現地で修繕することになりましたが、それには時間を要す見通しのため、誠に遺憾ではございますが、1230日(日)をもって、本クルーズの運航を断念することといたしました。

ご乗船のお客様につきましては、グアムで下船をしていただき、空路により日本にご帰国していただくこととなります。
お客様、ならびに関係者の皆様におかれましては、ご心配・ご迷惑をお掛けすることとなり、誠に申し訳なく、深くお詫び申し上げます。”

(引用:商船三井客船(株)にっぽん丸HP 2018.12.31)

またこれにより、1月4日催行予定だった「初春の宝船クルーズ」も修理に相当な時間を要する見通しとのことで中止することが発表されました。

関連サイト:にっぽん丸「初春の宝船にっぽん丸クルーズ」催行中について

Pacific Daily newsのニュース記事

“グアム港湾局によると、日曜日(12月30日)の夜にクルーズ船『にっぽん丸』がデルタ桟橋と衝突し、船と桟橋に損傷を与えたという。

港からの声明によると、事件の原因は現在調査中。
「同日午後9時14分頃、にっぽん丸はアプラ港の内側で米国海軍の燃料パイプに衝突した」と港当局者は述べた。同船は、デルタ桟橋と衝突したと述べた。

乗船してた乗客524人、乗組員224人に怪我などはなかった。同船はサイパンへ向かう予定だった。
港湾局長のJoanne Brownは
「事故は残念だが、乗客と乗組員が怪我をていなかったことはありがたい」と声明で述べている。
中尉米海軍のスポークスマン、KJレットウ氏は、燃料の流出はないと述べた。
船の右舷側に「約5フィート×7フィート」の穴が開いているのが確認されている。
米国沿岸警備隊は現在調査中で、にっぽん丸はグアム港に戻り現在修理中。”
(翻訳引用:Pasific Daily News『Cruise ship Nippon Maru collided with pier at Apra Harbor』2018.12.31)

5フィート×7フィート、ということは約152.4cm×約213.36cmということなので相当大きな損傷ではないでしょうか。無事に横浜港に戻ってきてほしいと思います。乗客・乗組員共に無事でよかったです。

ほかの人のクルーズ乗船記・旅行記をもっと読みたい☆旅行ブログ 船旅

関連記事:【news】続報・にっぽん丸のグアムでの船尾損傷事故|海外メディア報道