マジェスティック・プリンセス」カテゴリーアーカイブ

マジェスティック・プリンセス海上観覧クルーズ体験(2)

image
マジェスティック・プリンセス海上観覧クルーズの乗り場入り口は、大桟橋埠頭ビルの中にありました。

IMG_3154
大さん橋ふ頭ビル に入ると、右手に京浜フェリーボートの窓口があり、そこでチケットを購入しました。

IMG_3152
中央から奥はホールになっていて、ここで時間まで待つこともできるようイスが置いてありました。

IMG_3151

京浜フェリーボートは、工場夜景クルーズやイベントクルーズなどの近郊のショートクルーズを運営しているようです。

出発10分前になるとチケットの裏に書かれた番号順に2列に並ばされ

IMG_3172
そのまま並んで船まで歩いて行きました。

IMG_3173
タグボートが戻ってきたところに出くわしました。

IMG_3174
いつもはクルーズ船から眺めているタグボートは間近で見ると結構迫力がありました。

IMG_3175
今回乗船する観覧クルーズ船はこの船です。

IMG_3181
1Fの涼しい屋内の座席もあったようですが、ほとんどの人が船外ベンチに座りました。

IMG_3177
海上自衛隊や県警のボートが通り過ぎると引き波でされに揺れ…写真どころではない感じが続きます。

IMG_3183
この日東京は予想気温35℃でした。湿った暑さでここ横浜でも32℃はありました。全体的にモヤっとした風景。ベイブリッジと平行に船は進みます。

IMG_3186
これから積まれる新車が沢山並んでいるのが見えました。

IMG_3191
この窓船で車を積むそうです。

IMG_3195
時々、船内アナウンスが入り、ベイブリッジのさらに先につながっている橋は鶴見つばさ橋という川崎市にまたがる橋だとの説明がありました。ベイブリッジよりも長いそうです!

つばさ橋をくぐると徐々にマジェスティック・プリンセス号が見えてきました。
IMG_3201
総トン数と乗客定員数はおそそダイヤモンド・プリンセスの約1.3倍、全長も約1.1倍程なので大きさ。見慣れた感があってさほど「大きい!」との驚きはありませんでした。
客室の80%がバルコニー付きの部屋ということなので、外観からの第一印象は「マンションみたい」でした。

IMG_3204
IMG_3206
観覧クルーズ船はいろんな角度、方向に船を
移動させてくれるので、前からも後ろからも横からも十分にマジェスティック・プリンセスを見ることができました。

IMG_3228
IMG_3230
船首に近づいたり、全体がわかるようにずっと引きで見せてくれたりという配慮。

IMG_3216IMG_3208
おそらく最寄り駅まで行くであろう乗客専用のシャトルバスが沢山船の前に止まっていました。
タクシーがいたかどうかは見ることができませんでしたが、移動の確保はされているようでした。
この日の停泊時間は、朝6:00に入港し、出港は22:00ということでしたので十分に寄港地横浜での時間はありそうな日程ですね。

マジェスティック・プリンセスの周りを観覧船が移動すること3,40分、十分に外観や大きさそして大黒ふ頭がどういうところかも見ることができ、私としては満足な観覧クルーズのひと時でした。
image
帰りは暑さもあってか、多少ぐったりしていましたがぼんやり横浜港の景色を楽しみました。

無知で無計画な思いつき行動でマジェスティック・プリンセスを見にきましたが、結果満足しました。

マジェスティック・プリンセス海上観覧クルーズ体験(1)

image

日本初入港中国向け豪華客船

マジェスティック・プリンセスが7月3日に横浜港の大黒ふ頭に入港するというニュースを昨日知り横浜港に見に行きました。マジェスティック・プリンセスは中国を拠点として周遊する大型クルーズ船です。

29
(*神奈川新聞社カナコロのサイトよりお借りしました)

“クルーズ客船の寄港数が過去最高になる見込みの横浜港で、受け入れる岸壁の調整に横浜市が腐心している。
国内屈指の規模を誇る横浜大さん橋国際客船ターミナル だけでは受け入れきれず、再開発を控える山下ふ頭や貨物専用の大黒ふ頭も活用する。新港ふ頭新ターミナル開業は2019年春。”

(神奈川新聞社カナコロ2017.07.02より引用)

記事によると、今後横浜大さん橋の着岸予約の船が増えれば、大黒ふ頭や山下ふ頭にも振り分ける、ということでスーパースターヴァーゴは山下ふ頭に寄港予定とのことでした。

マジェスティック・プリンセスとは

マジェスティック・プリンセスは中国向けの客船で、総トン数約14万トン、ダイヤモンド・プリンセスの約1.3倍になります。
2017年春デビューの新しい豪華客船です。

大黒ふ頭行きバスの本数少

横浜大さん橋のように停泊している大黒ふ頭に行けば、マジェスティック・プリンセスが停泊していて眺めることができると安易に考えていたので…とりあえず横浜駅からバスに乗って行ってみようと思いました。

横浜そごう1Fのバスターミナルに確かに大黒ふ頭行きのバスはあったのですが…

2017-07-03-11-27-02

2017-07-03-11-27-41
大黒ふ頭へのバスは、日中は2時間に1本くるかこないかみたいな時刻表です。あと2時間以上はバスも来ないので行けない。
よく見ると、朝の通勤時間帯だけが発車回数が多い時刻表です。
もしかしたら、横浜大桟橋から停泊しているマジェスティック・プリンセスを眺めることができるのではないだろうか?と思いそのまま引き返し、いつもの見慣れたこの桟橋にやってきました。

IMG_3156
今日の大さん橋はなんのクルーズ船も停泊しておらず…

IMG_3157
いつも乗客でごった返している出発ロビーもこの通りガランとしていました。

IMG_3163
横浜大さん橋から大黒ふ頭方面をみて見ると…倉庫の建物が見えるだけでマジェスティック・プリンセスは見えません!当たり前か…。ベイブリッジの先ですからね。

海上観覧クルーズに出会う

何しに来たんだろう…自分の無計画さに落胆しながらも、気を取り戻しつつ帰路に向かうべく歩いていると、こんな看板を偶然に発見しました!

IMG_3153
マジェスティック・プリンセスの海上観覧クルーズがあるという看板を発見!嘘みたい!諦め掛けていたのに!ここに来る運命だったのかも、とさえ思ってしまいました。

じっくり看板を立ち止まって見ていると、係りの方が近寄って説明してくれました。

「大黒ふ頭は入場が制限されているので、一般の人が行くことができないんです。大黒ふ頭に停泊しているマジェスティック
プリンセスはこの船に乗ってしか見れません。」

そうなんだ、そんなことも知りませんでした。教えてくれてありがとうでした。横浜大さん橋にくることはもはや必然だったのかもしれません。

1時間後の観覧船に乗れるということなので、チケットを購入して乗船時間を待ちました。

image
1人2,000円は高いなとは思いましたが、お天気がとてもいい日だったので海上観覧船に乗ることがもう楽しみになってきていました。